「アイスピットオンユアグレイヴ」のネタバレあらすじ結末

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴの紹介:2010年製作のアメリカ映画。1978年に製作され、内容の過激さから「発情アニマル」の邦題でポルノ映画として劇場公開されたという曰くつきの“女性レイプ復讐もの”伝説的作品をリメイク。オリジナルを超える過激なバイオレンスシーンに注目。

予告動画

アイスピットオンユアグレイヴの主な出演者

ジェニファー・ヒルズ(セーラ・バトラー)、ジョニー(ジェフ・ブランソン)、スタンリー(ダニエル・フランゼーゼ)、アンディ(ロドニー・イーストマン)、マシュー(チャド・リンドバーグ)、ストーチ保安官(アンドリュー・ハワード)、アール(トレイシー・ウォルター)

アイスピットオンユアグレイヴのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①都会から来た若い女性作家・ジェニファーは執筆のため森のロッジを借りる。若者たちがジェニファーに目をつけて絡み、逃げたジェニファーを保護した保安官も一緒になってレイプする。 ②始末されそうになったジェニファーは自ら川に飛び込んで、後日復讐を果たした。 ③死ぬ順番「0.ロッジの管理人・アール(都合が悪いとみなされ、ストーチ保安官に猟銃で射殺される)」「1.アンディ(水酸化ナトリウムで顔を溶かされた)」「2.スタンリー(まぶた固定され、カラスについばまれた)」「3.ジョニー(前歯をペンチで抜かれ、巨大植木バサミでアソコをチョッキン)」「4.ストーチ保安官(お尻に刺さった猟銃で内臓から口まで銃撃)」「5.マシュー(その猟銃で頭やられた)」

【起】- アイスピットオンユアグレイヴのあらすじ1

ジェニファーは若い女性作家です。執筆に専念するためにロッジを借りたジェニファーは、都会の喧騒から逃れて、田舎・モッキングバードの森を訪れました。
ロッジの管理人である初老の男性・アールから鍵を受け取ると、簡単な地図を受け取ってロッジに向かいます。
途中のガソリンスタンドで、ジェニファーは若い男性3人組に会いました。ジョニーが親しく声をかけてきて、ジェニファーはロッジまでの道を聞きます。
ジョニーはさらにナンパ目的で給油を手伝おうとしますが、ジェニファーはその気がないと示そうとして、給油スタンド脇にあった消火用の水をこぼし、ジョニーの足にひっかけてしまいました。
先に男性について触れておくと、
・ジョニー…リーダー格の若い男性。
・アンディ…ジョニーと仲が良い若い男性。
・スタンリー…カメラが大好きな若い男性。
(・マシュー…後で加わる。少し障害者っぽい若い男性。腕に輪ゴムをつけている。)
(・ストーチ保安官…中年の少し頭髪が薄くなりかけた男性。妻子持ち。)
ロッジに着いたジェニファーは荷ほどきをすると、パソコンを出して早速執筆を開始しました。近くには川もあり、裏は森で環境もよく、執筆に専念できます。
夜、編集者の女性・バーバラに電話してはかどっていることを告げたジェニファーは、前作の時もロッジに来ればよかったと言いました。
通話の途中、変な物音がしたので「また掛け直す」と言い、ジェニファーは戸外へ出ます。
少し離れた場所に納屋がありました。無人ですが、壁には工具類がずらりと並べられており、机には〝水酸化ナトリウム 劇薬〟と書かれたボトルもあります。
不気味に思ったジェニファーは、家に戻ってワインを飲みながら執筆の続きを始めようとしましたが、ワインを膝にこぼしました。人の目もないので、下着姿のまま服を洗います。
ジェニファーは気づきませんでしたが、この下着姿の映像をスタンリーが盗撮していました。物音はスタンリーが立てたものでした。
翌朝ジョギングをしたジェニファーは、森の中に廃屋があるのを見つけます。そこは長い間使われていないようで、倒れたバスタブ以外は野ざらしになったものばかりです。
ロッジに戻ったジェニファーは水道から汚水が出てきてトイレの水も流れないので、修理業者を呼びました。トイレを覗きながら携帯で連絡し、通話後に携帯をトイレに落としてしまいます。
慌ててドライヤーで乾かしますが、携帯は使えませんでした。
修理業者の若い男性・マシューが来てあっという間に直したので、感激したジェニファーは思わずキスします。キスに照れたマシューは超特急で帰ってしまい、ジェニファーは修理代金を払えずじまいでした。
この一部始終も、盗撮していたスタンリーは知っています。
さて川辺で釣りをしていた男性4人は、釣った魚を叩いて内臓を露出させていました。その映像をスタンリーが撮影し、「こういうのアップロードすると人気がある」と言います。
ジェニファーの話になった時に、覗いていたスタンリーが「マシューにキスした」と言ったのでジョニーは怒りました。マシューはよくて自分は駄目なのかと怒ったジョニー(いちおうジョニーのほうがイケメンである)は、都会の女が田舎に来る理由は知らない男とヤリまくるためだろと暴言を吐きます。 この映画を無料で観る

【承】- アイスピットオンユアグレイヴのあらすじ2

午前4時過ぎ、ソファでうたたねしていたジェニファーは、ガラスに何かが当たる音で目覚めます。見ると、ガラス窓の外に鳥の死骸がぶつけられていました。
外に出たジェニファーは納屋に灯りがついているので見に行きます。帰って来ると、パソコンのスクリーンに4人の男性の写真がありました。家の中からジョニー、アンディ、スタンリーが出てきます。外からはマシューが入ってきましたが、マシューはおじけづいていました。
ジェニファーは警察に通報したとか、彼氏がいるから連絡が来るとか言いますが、ジェニファーが携帯をトイレに落としたのを覗いていたスタンリーが知っているので、効果がありません。
ジョニーは「田舎のダサい男は相手にしないのか」と詰め寄り、酒を飲むようジェニファーに強要しました。この前のことは謝るとジェニファーは言いますが、ジョニーは木製バットで脅し「歯を見せろ」と口を開けさせ、銃を出すと「咥えろ」と言います。
童貞のマシューにヤラせようという話になりました。ジェニファーは隙を見て酒瓶を割ってジョニーの足に刺し、バッグからスプレーを出してスタンリーに目潰しして森へ逃げます。サンダルが邪魔なので脱いで、裸足で走りました。
猟銃を持って早朝の狩りに来た男性2人に、ジェニファーは出会いました。ロッジの管理人・アールと、ストーチ保安官です。ストーチ保安官はアールに先に帰るように言い、パトカーにジェニファーを乗せました。ジェニファーは安心します。
ロッジへ行ったストーチ保安官は家を見回り、酒や散らかった下着を見て「ドラッグをやっていたのではないか」と言いました。疑われたジェニファーは焦ります。
身体検査をされたジェニファーは、本当のことを話せと言われました。若者4人組も出てきます(家を見回った時に示し合わせたものと思われる)。ストーチ保安官もグルになるつもりでした。
ストーチ保安官は猟銃で脅して叫べと言い、ジェニファーがビンタするとすかさずビンタし返します。脱がないとジェニファーを切り刻むと言ってマシューを脅し、マシューはジェニファーをレイプしました。
初体験でわけが分からない状態のマシューは途中からジェニファーの首を絞め、絶頂に達します。ストーチ保安官には幼い愛娘・チャスティティから電話がかかったので出ました。祝童貞喪失を祝う連中の隙を見てジェニファーはロッジの外に逃げますが、先回りした男性らに囲まれます。
今度は水たまりに顔をつけられながら、ストーチ保安官が「ケツの穴だ」と言ってジェニファーを犯しました。ジョニーはその間にフェラチオを要求します…。
…全裸でレイプされ終わったジェニファーは、それでもよろよろと立って歩き始めました。少し離れてその様子を見ていた男たちは、証拠隠滅のために背後からジェニファーを猟銃で撃とうと考えます。
それを見越してか、橋のところまで歩いたジェニファーは、両手を広げて川に後ろ向きに落ちました。
ジェニファーが生きていたらまずいので、ストーチ保安官は10km下流までの川の終点までジェニファーの遺体を探せと命令します。
証拠となる車はアンディとジョニーに始末するよう指示し、録画していたスタンリーのテープを取り上げて踏み潰しました。ジェニファーの荷物は焼却処分されます。

【転】- アイスピットオンユアグレイヴのあらすじ3

夜に帰宅したストーチ保安官は、何事もなかったように振る舞います。娘・チャスティティは小学校の特進クラスに上がることが決まり、喜びました。
翌朝、出勤したストーチ保安官はロッジの鍵を渡すと「ジェニファーはマリファナがバレて逃げるように帰った」と言います。
…何事もなく1カ月が経過しました。男たちはすっかりジェニファーを忘れていますが、マシューのみ、時折フラッシュバックでジェニファーを思い出して苦しんでいます。
そしてこの間、ジェニファーは森の奥にあった廃屋で暮らし、復讐の機会を窺っていました。
ある日ストーチ保安官の家に、ロッジの管理人・アールから電話が入ります。バーバラという女性編集者がジェニファーと1カ月連絡が取れないと電話をかけてきたらしく、ストーチ保安官が最後の目撃者かもしれないから連絡をしてやってくれというものでした。ストーチ保安官は「明日連絡する」と言います。
スタンリーのカメラがなくなりました。実はスタンリーはあのレイプ映像を持っていました。ちょうどテープチェンジした時に保安官が新品のテープを取り出して踏み潰したのだと、スタンリーはジョニーとアンディに言います。
ジョニーの家のガラス窓に鳥の死骸が落ちていました。ジョニーはあまり気にせず死骸を捨てますが、しばらくすると別の鳥の死骸が落ちています。
ジョニーはアンディのいたずらだと思いましたが、3回目はジェニファーのサンダルでした。さすがにジョニーは焦ります。サンダルの少し向こう側に輪ゴムが落ちていたことから、ジョニーはマシューの嫌がらせだと考えました。
翌日のストーチ保安官の勤務中に、差し出し人がスタンリーのビデオが保安官宅に届きます。妻は、娘の発表会をスタンリーが撮影して届けてくれたのだと思いこみ、保安官に電話しました。
あせった保安官はすぐに帰宅すると妻からビデオを取り上げ、スタンリーとジョニーとアンディがいるところへ怒鳴りこみ、怒り狂います。
サンダルの件で、ジョニーはマシューの嫌がらせだと言いました。マシューはジェニファーに好意を持っていて、レイプしたがらなかったのもあって、今頃になってこんな仕返しをしているのだと皆は思います。保安官は焚火にテープを入れて燃やしました。
管理人・アールと早朝の狩りに出かけた保安官は、アールを銃殺して口封じをします。もし再びバーバラから問い合わせが入れば、知らんぷりを決め込むつもりでした。
マシューはジェニファーの幻聴を聞き、ロッジの階段から落ちて頭を打ちます。見ると、ソファにジェニファーがいました。幻ではありません。
「あなたは(私を)助けようとした」と言うジェニファーに近寄ったマシューは、泣きながら許しを乞います。
ジェニファーはマシューを油断させ、首を絞めました。「ごめんなさい」とマシューは謝りますが、「それじゃ足りないわ」とジェニファーは言います(注:マシューはまだ死んでない)。
翌朝、マシューの嫌がらせだと思いこんだジョニーたちはマシューを探しました。マシューの声が聞こえたように思いますが、見つかりません。森の廃屋には生活感があるのですが、アンディもスタンリーも気づきませんでした。 この映画を無料で観る

【結】- アイスピットオンユアグレイヴのあらすじ4

スタンリーがトラバサミ(狩りの罠)にかかり、悲鳴を聞いたアンディが駆け寄りますが、2人は忍び寄ったジェニファーにバットで殴られて気絶します。
目覚めたアンディは後ろ手に縛られて、浴槽の上に渡された木の棒の上に置かれていました。ジェニファーが来て浴槽に水を張ります。
アンディは「やめてくれ」と言いますが「私もそう頼んだが、あなたの答えは『咥えろよ』だった」と返し、顔を水につけます。その水に〝水酸化ナトリウム〟を溶かしました。
アンディは、木の棒2本だけで浴槽の上に置かれているので、のけぞる姿勢を保つのも限界です。顔をつけると、皮膚が溶けてしまいます。しかし我慢できず、顔を幾度もつけてしまい、顔面の皮膚が溶けて死にました。
スタンリーは廃屋近くの樹に縛られ、頭をガムテープで固定されていました。気絶から覚めたスタンリーは釣り針をまぶたに刺され、上方に固定されます。
ジェニファーはスタンリーの前で魚のはらわたを出すと、それを顔や身体に塗りました。そのまま放置されます。魚のはらわたの臭いで集まったカラスたちについばまれ、スタンリーは死にました。
ジョニーはガソリンスタンドで給油している女性の後ろ姿に声をかけ、振り返ったジェニファーにバールで殴られて気絶します。気づくとロッジで全裸で手を上方に縛られ、口にはさるぐつわをされていました。
「歯があるからいけないのだ」と言うと、ジェニファーはペンチでジョニーの前歯を抜きます。さらに、植木バサミで陰茎を切られました。失血死します。
ストーチ保安官は、身重の妻に特進クラスの先生が来ているという電話を受け、先生に代わってもらいました。
電話の主は「ジェニファー・ヒルズです」と名乗るので急いで帰宅すると、娘・チャスティティは先生と一緒に公園に行ったと、妻は言います。
広い公園に行って探しますが、それらしき影はありません。車に戻ったところを、後部座席に隠れていたジェニファーに殴られて、ストーチ保安官は気絶しました。
気がつくとストーチ保安官はロッジで拘束されています。椅子に四つん這いで後ろ手に縛られ、尻の穴に猟銃が刺さっていました。
「あなたはケツの穴が好きなのよね」とジェニファーが言うと、ストーチ保安官の真向かいに座っている、気絶したマシューの腕に紐を繋ぎ、猟銃の引き金に繋ぎます。
「もうすぐ子どもが生まれる」と保安官は許しを乞いますが、そんなことジェニファーの関知するところではありません。
マシューは気絶から目を覚まして動き、猟銃の引き金が引かれました。弾はストーチ保安官の尻から内臓を貫いて口から出て、保安官は即死し、マシューの頭部にも当たりました。マシューも死にました。

みんなの感想

ライターの感想

「レイプされた女性がリベンジを果たす!」はい、ひとことで言うと、こういう映画。
完璧に作りものだ~、と割り切って鑑賞するといいかも。
というのも、もしリアリティを追求するとおかしいもん。1箇月も連絡なかったのに、編集者・バーバラは不思議に思わなかったのか、とか。
どうみても廃屋にしか見えなかった廃屋で、1箇月どうやってジェニファーは飢えをしのいだのか。着用している服はどこで手に入れた。
どうやってジェニファーは復讐のプランを練ったのか。そういう気概があるならば、最初のレイプの時点でどうにかできたのではないか。
みんながみんな、殴られて気絶してるんだが、撲殺はありえないのか。だって一様にみんな殴られて気絶して、意識が戻ったら拷問シーン…なんだもん。
だから「これは作りもの」と思えばね、そしたら、前半のレイプシーンであれやこれや言ってたりしてたりしたことが生きてくる。
なのであまり深く考えず「凌辱された女性が果敢にもリベンジを果たすのだ」と思って見ると、爽快かも。

映画の感想を投稿する

映画「アイスピットオンユアグレイヴ」の商品はこちら