「アザーライフ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

アザーライフの紹介:娘を失った男性を中心に、接点が無いかと思われていた12人が一つの運命に辿り着く。全編に伏線を張り巡らせたミステリー映画。現役サラリーマンである赤地義洋が監督と脚本を手がけるという日本では類を見ない作品で、2006年に公開した。

この映画を無料で観る

予告動画

アザーライフの主な出演者

大杉航一郎(遠藤憲一)、大杉遥・マキ(金田美香)、藤堂修(笠原浩夫)、大杉葵(木内晶子)、日向直之(松田悟)、恩田友則(岩崎大)、中田美優(清水ゆみ)、小菅友美(徳沢直子)、内藤雄二(大内厚雄)、中田大輔(山本芳樹)、典光(池田成志)、成本恭平(岡田達也)

アザーライフのネタバレあらすじ

【起】- アザーライフのあらすじ1

・大手企業の社長である大杉は娘の遥を亡くし、仕事も手につかない日々が続いています。秘書の友美はそんな大杉の様子を、恋人でヤクザの組長である藤堂に報告していました。
・大杉の後妻である葵は友則という男と不倫しており、1年以内には友則と一緒になると企んでいます。
・娼婦のマキは家に無職の日向をここ数カ月居候させています。
・恋人に捨てられ身投げをしようとしていた美優は、その瞬間に見知らぬ男性の恭平に止められ、「命を少しの間貸してほしい」とある提案を持ちかけられました。

大杉は仕事帰りの車中から遥によく似たマキを見かけ、車を降り思わず後をつけました。マキに気付かれて責められる大杉でしたが、彼女が煙草を吸っていることを注意し、この地域は危ないと忠告して去りました。帰り道に大杉は易者の典光に声を掛けられ、マキが運命を変えると告げられます。典光は最近知り合ったマキにも、大杉と再会すると予言しました。 この映画を無料で観る

【承】- アザーライフのあらすじ2

ある夜大杉の家へ遥の家庭教師をしていた中田が訪ねて来ます。中田は生前に遥から託されていた大杉宛ての手紙を届けに来たのです。手紙には遥のベッドの下に隠した物があると書かれていましたが、葵が帰宅したため大杉は見つけることが出来ませんでした。
葵と友則は大杉を殺害する計画を立て、まずは大杉の運転手の内藤に色仕掛けを始めます。実は友則は藤堂の手下で、藤堂の企みを実行するために葵に近づいたのでした。そして藤堂は計画を遂行次第、大杉の会社を乗っ取ろうとしていました。
葵を求めた内藤は、大杉を自動車事故に遭わせるつもりが、失敗します。車を降りた大杉が、先日マキと出会った場所へ行くと、二人は再会を果たしました。大杉は娘の死に目に会えなかった後悔の念をマキに打明けます。両親がおらず男性に叱られた経験がないマキは、前回の大杉の言動が嬉しかったのだと伝え、二人の心が通い出します。

【転】- アザーライフのあらすじ3

計画実行まで恭平と暮らしている美優は、大切な人に死なれると一生苦しみを抱えるから、今回の件が終われば実家に帰れと恭平に諭されます。妹を突然失った恭平の経験からの言葉でした。
マキの店でよく彼女を指名していた藤堂は、マキが大杉と会っていることを知り、腹を立てて彼女を暴行しました。
大杉も同じく藤堂の手下に尾行され、背後からナイフを向けられますが、間一髪で中田が現れ難を逃れます。帰宅した大杉は遥が遺したビデオテープを見つけ出し、再生しました。ビデオには大好きな父へのメッセージそして、中田が急に家庭教師を辞めたこと、日に日に体調が悪くなること、その原因は葵が食事に毒を入れたことだという証拠が収録されていました。真実を知り呆然とする大杉は、葵に鈍器で殴られます。葵がとどめを刺そうとした瞬間再び中田が現れ、大杉を救出しました。
大杉を殺しきれなかった葵は、計画が乱れたと友則に激怒されます。そこへ「地図の場所まで来い」という手紙が届き、苛立った二人は指定先に向かいました。

【結】- アザーライフのあらすじ4

海に来た友則と葵は、美優に遭遇します。美優も友則に騙された女性だったのです。そして友則は恭平に刺されました。恭平の妹もまた友則が原因で死んだのでした。
恭平は自首する前に、共に来ていた中田に「君の妹は美人だ」と告げました。美優は中田の妹で、彼らは友則に妹を苦しめられた共通点があったのです。中田は妹の件や、遥のSOSサインに気付けなかったことを気に病み、ずっと大杉を見守っていました。
藤堂が滞在しているホテルに、日向がやってきます。実は日向は刑事で、藤堂の動きを見張るために身分を隠してマキの部屋に潜入していたのでした。

退院した大杉は、遥の誕生日にマキを連れて墓参りに出掛けました。奇遇にもその日はマキの誕生日でした。
日向は藤堂の計画を立件できませんでしたが、事態が収束したため、マキの部屋を出ました。「マキが可愛かったので、淋しいのでは」と日向をからかった先輩刑事こそ、易者のフリをしていた典光です。「奢ってください」と典光にねだる日向も今日が誕生日でした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アザーライフ」の商品はこちら