「アズミハルコは行方不明」のネタバレあらすじ結末

アズミ・ハルコは行方不明の紹介:2016年12月3日公開の日本映画。OL失踪事件の背景と行く末を、3世代の女の子たちの生き方を浮き彫りにしつつ描いた山内マリコの同名小説を映画化した青春ドラマ。主人公の春子を蒼井優、その行方を捜すグラフィティ・アートを拡散させる20歳の少女を、高畑充希が演じる。

予告動画

アズミハルコは行方不明の主な出演者

安曇春子(蒼井優)、安曇春子〔幼少期〕(豊嶋花)、木南愛菜(高畑充希)、富樫ユキオ(太賀)、三橋学(葉山奨之)、曽我雄二(石崎ひゅーい)、今井えり(菊池亜希子)、吉澤ひろ子(山田真歩)、川本(落合モトキ)、杉崎ひとみ(芹那)、少女ギャング団リーダー(花影香音)、津川ジロー(柳憂怜)、社長(国広富之)、警官・沢井(加瀬亮)

アズミハルコは行方不明のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①少女ギャング団が跋扈する町である日、28歳の春子が行方不明に。ユキオと学が町に春子をデザインしたステンシルの落書きを描いたことで絵とハルコの名は一躍有名に。 ②春子は失恋し職場の人間関係などのしがらみが嫌になり家出しただけ。ユキオに弄ばれた愛菜は憧れの先輩・えりと春子に声をかけられる。

【起】- アズミハルコは行方不明のあらすじ1

(この映画は時系列が入り乱れています。分かりやすくするために、映画で描写された順番ではなく、時系列どおりに並べかえてお送りします)
栃木県足利市。

2013年。
…18歳の女性・木南愛菜(きなみ あいな)はキャバクラ嬢をしていましたが、自分にはあまり向いていないと思います。
大好きで憧れの職場の先輩・今井えりが、野球選手と授かり婚でキャバクラを辞めることになりました。
ロッカー室で、えりは愛菜に「美容師の方が向いてるんじゃない?」「これからは手に職だよ」と言います。それを聞いた愛菜は、資格を取ろうと決めました…。

2014年。
…安曇春子(あずみ はるこ)は27歳のごく平凡な女性でした。地元で生まれ育ち、そのまま地元の小さな事務所『まつや商事』に就職して、自宅から通っています。
両親は健在で、さらに痴呆症ぎみの祖母もいました。猫も飼っています。

元同級生の杉崎ひとみが結婚し、その披露宴に春子は招待されました。久しぶりに会うメンバーには、バツイチで子持ちの今井えりがいます。

職場は社長と専務のほかには、春子と吉澤ひろ子という、37歳の女性がいるくらいでした。男性社員は外に営業に出ているかもしれません。
社長と専務は口さがなく、しかも一昔前の古い考え方をする男たちでした。ひろ子が席を外した時には、社長と専務が容赦ないセクハラの言葉をかけてきます。
社長と専務にとっては、37歳で独身のひろ子は「女として終わっている」そうです。ひろ子にかぎらず、女性は35歳を過ぎたらおしまいで、老化して腐ってきているのだそうです。
そういう考え方をする2人に「安曇さんは大丈夫だよ。結婚できる人だよ」と言われても、春子はなんにも嬉しくありません。むしろ不愉快です。
女性の人生のゴールが結婚と出産、というふうに思いこんでいる上司たちに、嫌気がさしました。
ある日ひろ子と昼食を一緒に摂った春子は、社長と専務が裏で話している内容をひろ子が把握していると知ります。それでもひろ子は気にしていませんでした。
春子の給料は手取り10万ちょっとですが、長く勤めているひろ子ですら15万くらいと知り、社長と専務は仕事をしていないのに100万近くもらっているとひろ子から聞いて、春子は驚きます。「資本主義社会だから。私が言うのもなんだけど、結婚相手を見つけて結婚して、会社を辞めて忘れちゃいな」と、春子はひろ子に言われました。
女性差別のような発言を社長たちがするのは一種の肩たたきで、長い年数勤務されるよりも、若い女性を安い給料で使いたいからだと、ひろ子は言います。

ある日いつものように母にせがまれて、ドラッグストアにトイレットペーパーを買いに行った春子は、ドラッグストアのレジ店員が元同級生の曽我雄二だと知ります。
曽我は昔、春子の向かいの家に住んでいましたが、転居して今は別のところに住んでいます。曽我が幼少期に住んでいた家は、曽我が越した後もそのまま放置されていました。
その日、曽我の仕事上がりに会って話をした春子は、曽我がときどき放置された廃屋に入り込んでいると知りました。
久しぶりに曽我と話をした春子は、幼少期のことを思い出します。
春子の家にいる猫・みーちゃんは、15年前に曽我が名付けたものでした。みーちゃんが健在だと話すと、曽我は部屋から見せてくれと言います。
部屋に戻って2階の窓からみーちゃんを見せた春子は、懐かしい気持ちになりました。

その頃、町では「少女ギャング団」なるものが出没していました。女子高校生(JK)たちが集まり、無差別に男性を襲うのだそうです。
ある夜、春子が車を運転していると、目の前に女子高校生の集団が通り過ぎました。
彼女たちが立ち去ったあとに、うずくまる影を見た春子は、近づいてそれが「襲われた曽我」だと知ります。曽我は6~7人の女子高校生たちに、殴る蹴るの暴行を受けていました。

【承】- アズミハルコは行方不明のあらすじ2

病院へ行こうと言う春子に対し、曽我は家に連れていってくれと言います。
曽我の廃屋へ連れていき、自宅から救急箱を持って手当てをした春子は、曽我と関係を持ちました。
それ以来、曽我と春子は会うたびに身体を重ねます。

春子は曽我と付き合っているつもりでした。
社長と専務に「彼氏できた?」と聞かれた時に「できました」と答えたのは、ひとつにはセクハラ男性連中の応対が面倒くさくなったのもありますが、曽我との関係も頭にあったからでしょう。
社長と専務をギャフンと言わせられるできごとが起きました。
ひろ子がフランス人と結婚して、ブルキナファソ(アフリカの国)に住むことになったのです。
相手の人は、ひろ子が昔一度だけ海外旅行に出かけた時に、知り合った男性でした。
最近になってフェイスブックで連絡を取るようになり、結婚にこぎつけたそうです。
厳密にはフランス国籍のアフリカ系の人なのですが、それは言わずにおきました。
最後に社長と専務にひと泡吹かせて去ったひろ子を見て、春子も痛快に思います。
しかしそれはすなわち、春子が年長者になることを意味しました。
社長と専務はすぐさま次の若い女性を探し始め、やがて若い女性が入ります。
春子も露骨に肩たたきをされるようになりました…。

2015年。
28歳になった春子は、このところ曽我と連絡が取れなくなっています。
ドラッグストアに行っても、曽我の姿を見かけなくなりました。
ある日、会社の近くのコンビニに行った春子は、同級生のコンビニ店員・川本から、昨年結婚したばかりの杉崎ひとみが、不倫をしているという噂を聞きます。
ひとみの不倫相手は、曽我でした。
曽我は小学生の時からひとみのことが好きで、既婚者になったひとみをあきらめきれずにいたようです。
曽我は人妻のひとみと昼間に会うために、ドラッグストアの仕事を辞めていました。
(後述するが、ここのコンビニに後述の富樫ユキオと三橋学が落書きをするシーンあり)

その噂を川本から聞いた春子は、無性にイライラしました。
図書館で曽我を見つけた春子は、声をかけます。そして「これからのこと」を話しました。
夏になったら海に行こうと誘いますが、曽我は言葉を濁します。
「恋愛とかもよく分かんねーし」と言う曽我に対し、ではひとみとは付き合っているのかと聞き(答えはノー)、「じゃ私と付き合ってよ」とついつい重たいことを曽我に話してしまいます。
それでも拒否され、ふりほどかれた春子は、ある夜、また母にトイレットペーパーを買ってきてくれと頼まれます。
軽自動車を出し、煙草を吸ってみた春子は、再び自由奔放に町をかけめぐる女子高校生たちを見ました。思わず「待って」と声をかけます。
女子高校生のリーダーは春子に「来る?」と聞きました。
春子は少し考えたのち、「私、女子高生じゃないし」と言って断ります。
輝かしい女子たちが去るのを見送った春子は、自分にもかつて「怖いものしらず」の年代があったことを思い出しました。
そして、春子はそのまま行方不明になります…。

…20歳になった愛菜は、地元の成人式に振り袖で参加し、同級生たちとにぎやかに過ごします。
その席で愛菜は、同級生にも人気者だった富樫ユキオと再会しました。ユキオは大学を辞め、つい先日帰郷したそうです。
ユキオと会って嬉しかった愛菜は、その日、ユキオが住む団地まで車で送っていきました。
別れ際、連絡先を交換し、連絡してねと言います。彼氏募集中であることも、人間に飢えていることも告げました。

【転】- アズミハルコは行方不明のあらすじ3

愛菜はキャバクラ嬢を辞め、ネイルの資格も取りました。現在はアクセサリーショップの店員をしています。
愛菜がユキオに身体を許すのも、たいして時間がかかりませんでした。ユキオは軽い気持ちで愛菜を抱いたのですが、愛菜の方は本気です。
ユキオの誕生日を知った愛菜は誕生日プレゼントとして、ユキオが欲しがるDVDを買います。それはアートグラフィックのDVDですが、愛菜はその価値が分かりません。
本屋でDVDを買った時、レジ店員が元同級生の三橋学でした。
愛菜が気付き、学に声をかけます。それがきっかけで、ユキオと学も再会します。

ユキオが学に声をかけ、グラフィックアートのDVDを見せました。最初は興味を持っていなかった学も、DVDを見て興奮します。
もともと絵心があったのは学のほうでした。
DVDのグラフィクアートに影響されたユキオは、深夜にスプレー缶で橋の下に落書きをしてみますが、しっくりきません。ところが学がそのアルファベットを変形させ、縁取りをするとアートっぽくなりました。ユキオが無邪気に喜びます。
喜ぶユキオの姿を見ると、学もまんざらでもない気になりました。
ユキオと学はその後、キルロイというチーム名にします(「キルロイ」とはアメリカの大衆文化の句の一つで「Kilroy was here(キルロイ参上)」という落書きのこと)。

さらに活動内容を考えた学は、交番に貼ってあった「探しています」という張り紙の失踪人・安曇春子の写真を見て、インスピレーションが湧きました。
春子の写真をステンシル調のデザインにし、ボール紙で型紙を作り、スプレーで塗布するのです。色も変えれば同じデザインのものがいくつも作れます。
肖像権を学は気にしますが、ユキオはこのイラストがきっかけで春子が見つかれば大手柄で、むしろいいではないかと言いました。
夜ごと学とユキオは繰り出し、街のあちこちにステンシルのアズミ・ハルコを描いて回ります。
その傍ら、ユキオは愛菜のことを「すぐやらせてくれる。お前も一発お願いすれば?」と言いました。

爆発的にその絵が知れるようになったきっかけは、ある中学生が流したツイッターでした。
中学生男児がその絵を写真に撮り、ツイッターで流すと、その話題でもちきりになります。
失踪した女性は殺されているだろう、殺した彼氏が絵も描いているのではないか、描かれた場所を繋いでいけば、死体の場所が分かるかも…噂ばかりがひとり歩きしていきます。
それはやがて都市伝説が大好きな女子高校生によって「携帯の待ち受けにすると幸せになるらしい」という噂にまで発展しました。
最初にツイッターに流した男子生徒は、自分の母が携帯の待ち受けにしているのを見て、思わずむせます。

全くユキオが相手にしてくれなくなったので不満に思った愛菜が押しかけ、ユキオと学がしていることを知ります。
愛菜も一緒に活動したがります。

ツイッターで話題になった「イラスト」と「少女ギャング団」が同一視され始めました。
時期はずれているのですが、同じ町で起きたことということもあり、犯人は一緒なのではないかと噂されます。
交番に張り紙がされました。「落書き禁止」というものです。
巡査に「落書きをすると器物損壊で3年以内の懲役または30万円以下の罰金」と聞いたユキオはおじけづきました。
一転して、学と愛菜にやめると言い出し、逃げるように立ち去ります。
残された学は、愛菜と関係を持ちました。その時に、「一発お願いすれば、すぐやらせてくれる」とユキオが言っていたことを、ぽろっと口にします。
愛菜は激昂し、ユキオを呼べと騒ぎました。学はユキオに電話をせざるをえなくなります。
ユキオは別のものに興味が移っていました。ラインで知り合った女子高校生と会う約束をしたそうです。

【結】- アズミハルコは行方不明のあらすじ4

会う場所を知らせるから来いよと言われた学は、愛菜に言われて仕方なく一緒にその店へ行きました。
ユキオは女子高校生と約束した店にいます。
学は愛菜に促され、ユキオに話しかけに店に入りました。連絡するために、店を出て愛菜の車のところへ戻ろうとします。
ところが駐車場にいきなり、女子高校生が6~7人現れると、いきなり金属バットで学を襲い始めました。目の前で起きていることを、愛菜は信じられない思いで呆然と見ます。
少女ギャング団はラインなどで言い寄って来る男を誘っては、おびき出して制裁していたのでした。少女ギャング団は、ターゲットのユキオと学を勘違いしたのです。
愛菜は慌ててクラクションを鳴らしますが、学は袋叩きに遭ったあとでした。
学は自分の車に入れるよう愛菜に頼み、そのまま車中で朝を迎えます。

後部座席で朝を迎えた学は、心配する巡査に声をかけられました。まだ処分していなかったステンシルも見つかったため、落書き犯として捕まります。
ところが学の絵を「アート」と評価する男性・津川ジローが現れました。
津川は学の絵がネットで評判になったことも踏まえ、スカウトします。
地元のイベント会場で製作物を作ることになり、若者も多く集められました。
怖がっていち早く抜けたユキオでしたが、絵がアートと評価されたと知ると、すぐさま学に声をかけ、自分も仲間だったとアピールします。
学とユキオは地元のイキイキ再生プロジェクトのアートとして、ステンシル作品を掲示しました。

ところが現実はそう甘くありません。
蓋を開けてみると、イベント会場には誰も足を運びませんでした。無人のまま、飾られたフラッグ(旗)が展示されているだけです。
おだてられてその気になったものの、キルロイの実力はその程度でした。
ユキオは明日から現場の仕事に入ると言い、学も仕事を見つけようと考えます。

学とユキオがプロジェクトのイベントで製作物を作ったことを知った愛菜は、やけになっていました。
ユキオに愛情を向けてもらえず、相手にされなかった愛菜は、フラッグを燃やしてその場で自分も死のうと思い、夜に掲示物を壊しに現れます。
ステンシルの絵の春子を見た愛菜は、春子に問いかけられているような気持ちになりました。
幻の春子は愛菜に、「やられたらやり返さなくちゃ」と言い「女の子は、優雅な生活が最高の復讐である」と言います。
「行方不明になった女の子たちが、どこかでへらへら生きている。だってそうじゃなきゃ、割に合わないでしょ?」
そう言われた気がした愛菜は、朝までその場で酔っ払って仰向けに寝ます…。

…町の小さな映画館にかかったアニメーション映画に、女子高校生たちが鈴なりになっていました。
アニメは大勢の男たちに、女子高校生が銃を乱射するというもので、女子高校生たちはそれを見て喜びます。
外には警官が待ちかまえていました。少女ギャング団との関連性をかんがみ、事情聴取のための補導も考慮に入れています。
映画を観終わって階段を降りてきた女子高校生たちは、指でピストルを作り、警官に発砲しました。そして女子高校生たちは、いっせいに走り去ります…。

…朝を迎えた愛菜に、「海へ行こう」と話しかける者がいました。
それは2年前、キャバクラで愛菜があこがれだった女性・今井えりでした。野球選手とは離婚してバツイチです。
今井えりの横にいたのは、安曇春子でした。春子はえりといっしょに暮らしているそうです。
「はじめまして」と言われた愛菜は、春子がにあいさつし返しました。前の夜、自分が見た幻は、当たらずとも遠からずだと思います…。

(話は主に「春子」「愛菜」の2つを軸とし、そこに「女子高校生たち」が加わる。
男はみんなダメ男。
町の中に必ず知り合いがいるという閉鎖的な町の中で、徐々に追いつめられてしまう女性2人を描き、それと対照的に「無知だが怖いもの知らずの女子高校生」を出すことで、「行方不明になることもひとつの道だ」と示そうとしている)

みんなの感想

ライターの感想

…時系列をわざわざ入れ変える必然性を、なんら感じなかった。
むしろすっきりとあった順番に描いたほうがよかったのじゃないのかな。
グラフィックアート同様に、アートっぽくしたかったんだろう。しかしそれがいい効果を及ぼしているとはいえない。
原作もおおむね同じ感じ。
違うところは「原作では、春子が連れてってとJK団に頼み、JKが断る」だが、映画版では逆。JKが来るかと聞き、春子が断る。
ここは映画版のほうを買う。もう子どもじゃない、大人なんだという悲壮な感じが伝わってくるので。
原作では「春子は家出。その後、家族には連絡を入れて消息を知らせている」のだが、映画版では詳細は判らないまま。
ユキオみたいな奴いそう~と思いつつ、この役が一番最低だな(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「アズミハルコは行方不明」の商品はこちら