「アブダクティ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

アブダクティの紹介:2013年公開の日本映画。コンテナに拉致された、しがない中年男の奮闘を描くシチュエーションサスペンス。「アブダクティ」は「(異星人などに)誘拐・拉致された被害者」という意。

この映画を無料で観る

予告動画

アブダクティの主な出演者

千葉厚志(温水洋一)、エリ(麻亜里)、遠藤(仁科貴)、明後日結婚式の女(播田美保)、ヨウコ(正木佐和)、豊田(清水智史)、大野(田中敬司)、宇宙人(ジジ・ぶぅ)

アブダクティのネタバレあらすじ

【起】- アブダクティのあらすじ1

千葉厚志は50歳の男です。かつては妻・ヨウコと娘・エリと幸福な家庭を築いていましたが、ギャンブルや株にのめりこんで漫画家の仕事をおろそかにした千葉は、借金を作って離婚しました。
現在は名古屋にて、派遣で日雇いの警備員の仕事をして、借金500万円を少しずつ返済しています。
そんな千葉が目覚めると、謎の状況下に置かれていました。手足を縄で拘束され、顔にはビニール袋がかぶせられているのです。
持っていた鍵でナイロン袋に穴を開き、縄をほどいた千葉は、自分がコンテナの中にいると知りました。仕事中に拉致されたらしく、仕事道具の誘導灯や携帯電話もあります。
ほかには大きめの謎の石が転がっていました。

【承】- アブダクティのあらすじ2

コンテナは移動しているらしく、最初はトラック、次は船舶、そのあとは列車というふうに、聞こえてくる音から察せられます。
なぜこのような状況に陥ったのか、千葉には心当たりがありませんでした。借金している会社「スマイル金融」からの電話を受けますが、借金取りは千葉が逃げたと思っています。
110番しても相手にしてくれません。千葉が訴えたのと同じような内容の電話が相次いでいるということで、いたずら電話だと勘違いされました。
そのうち千葉は自分のコンテナの周囲に、同じようにコンテナに閉じ込められた人がいることに気づきます。
明後日結婚式を控えている女性や、40歳の営業職の遠藤、25歳の豊田がいました。

【転】- アブダクティのあらすじ3

彼らと話すうちに、被害者は100人以上いることが判明します。
千葉の腕にはアルファベットと数字が書かれているのですが、遠藤と会話するうちに、千葉はそれがある飛行機の座席番号だと気づきました。
その飛行機は東京発イギリス行きの10年前の便で、中国上空を飛んでいる最中に採石場の爆発事故が起こったことから、緊急着陸したものです。コンテナに集められた人物は、その飛行機の乗客と乗務員だと思われました。
千葉はその飛行機に、ヨウコとエリと家族旅行で乗っていました。ヨウコもエリもコンテナに積まれている可能性に思い至り、千葉は2人を探してくれと周囲に告げます。
謎の石は事故が起きた中国採石場のものです。 この映画を無料で観る

【結】- アブダクティのあらすじ4

デルハイトと呼ばれるその石は強力な磁力が原因で爆発し、現場は立入禁止になっていると地質学者の大野が言いました。
千葉は妻子の無事を祈りつつ、昔の連載漫画『バトルドラゴンARAKI』の続きを描きます。
描き上げた時、エリの声がしました。千葉は元妻・ヨウコが3年前に病死したことを知ります。
…今回の拉致は、宇宙人によるものでした。デルハイトが人間に特殊な力を授けるかの実験のため、乗客たちを誘拐し石と共に置いたのです。
千葉は石により超人的な怪力を得ます。エリはパイロキネシス(発火する能力)が目覚めました。
千葉とエリが触れ合った瞬間、地球に新たな種ができました(これにより地球滅亡っぽいです)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アブダクティ」の商品はこちら