「ア・フュー・グッドメン」のネタバレあらすじ結末

ア・フュー・グッドメンの紹介:1992年公開のアメリカ映画。キューバ米海軍基地で起こった不審な殺人事件の真相をさぐる若い弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描いたドラマ。

この映画を無料で観る

予告動画

ア・フュー・グッドメンの主な出演者

ダニエル・キャフィ中尉(トム・クルーズ)、ネイサン・ジェセップ大佐(ジャック・ニコルソン)、ジョアン・ギャロウェイ少佐(デミ・ムーア)、ジャック・ロス大尉(ケヴィン・ベーコン)、ジョナサン・ケンドリック中尉(キーファー・サザーランド)、サム・ワインバーグ中尉(ケヴィン・ポラック)

ア・フュー・グッドメンのネタバレあらすじ

【起】- ア・フュー・グッドメンのあらすじ1

キューバにある米海軍基地で、海兵隊員・サンティアゴ一等兵が就寝中に襲われて死にました。
サンティアゴを襲った被疑者は、同じ部隊に所属するダウニー一等兵とドーソン上等兵です。
検察官・ロス大尉は、ダウニーとドーソンを殺人罪で起訴しました。しかし事件の背景にコードRがあると感じた内部調査部・ギャロウェイ少佐は被告の弁護を申し出ます。
弁護には、ハーバード出身ではあるものの、法廷での経験がないキャフィー中尉が任命されました。
コードR(RED)とは「規律を乱す者への暴力的制裁」のことです。

【承】- ア・フュー・グッドメンのあらすじ2

キャフィーは今まで担当した事件を、検察側との事前取引で処理してきました。キャフィーが夢中なのは草野球で、有能ではあるのですが、仕事は手抜きで片付けてきたのです。
しかしギャロウェイはそんなキャフィーを叱咤し、キャフィーもやる気になりました。またキャフィーの助手に、同僚のウェインバーグ大尉もつき、3人は調査を開始します。
さて、やはりギャロウェイの見立てどおり、ダウニーとドーソンは上官のケンドリック中尉から、コードRの命令を受けていました。
サンティアゴは軍での訓練に嫌気がさして、転籍を申し出ており、それを知ったジェセップ大佐がコードRを発令しました。

【転】- ア・フュー・グッドメンのあらすじ3

もしそれが本当ならば、ダウニーとドーソンは命令に従っただけで無罪となります。キャフィーは被告人の無罪を申し立てました。
しかし状況は不利でした。コードRの発令証明は難しいからです。当然、発令した本人がそれを証明することはありません。自分の首を絞めるようなものです。
キャフィーに一条の光が差し込みました。失踪中のマーキンソン中佐が現れて、証言してくれるというのです。しかしマーキンソンは出廷の直前に自殺し、キャフィーは落胆しました。
考えた末、キャフィーは発令した本人であるジェセップ自身を証言台に立たせることにします。 この映画を無料で観る

【結】- ア・フュー・グッドメンのあらすじ4

キャフィーはジェセップを証言台に立たせ、複数の矛盾点を述べました。そしてそれをもとにジェセップを追いつめます。
怒ったジェセップは、つい「自分が命令したのだ、コードRを発令したのだ」と白状してしまいました。
これによってダウニーとドーソンは無罪となりましたが、軍に対する背信ということで、除隊処分を受けます。
上官、軍、国のために命令に従っただけなのに、処分を受けるという理不尽さを受けたドーソンは、キャフィーに対して「守るべきものは軍の規律ではなく、弱者(サンティアゴ)だった」と言いました。
キャフィーとドーソンは敬礼を交わし合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する