「インサイドマン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

インサイド・マンの紹介:2006年公開のアメリカ映画。スパイク・リー監督&デンゼル・ワシントン主演による犯罪サスペンス。ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンほか豪華キャストが出演。ラストのどんでん返しも鮮やかである。

この映画を無料で観る

予告動画

インサイドマンの主な出演者

キース・フレージャー(デンゼル・ワシントン)、ダルトン・ラッセル(クライヴ・オーウェン)、マデリーン・ホワイト(ジョディ・フォスター)、アーサー・ケイス(クリストファー・プラマー)、ジョン・ダリウス(ウィレム・デフォー)、ビル・ミッチェル(キウェテル・イジョフォー)

インサイドマンのネタバレあらすじ

【起】- インサイドマンのあらすじ1

NYのマンハッタン信託銀行で、白昼、銀行強盗事件が発生しました。4人の銀行強盗犯は塗装工を装って入りこみ、監視カメラを赤外線で壊して占拠し、約50名の客や行員を人質にとって籠城します。
強盗犯たちは人質の衣服を脱がせ、自分たちと同じつなぎの服を着せ、アイマスクとマスクをつけさせました。これで見た目は強盗犯と人質の区別がつきません。
強盗犯は、心臓が悪い老人を出し「銀行に近づくと人質を2人撃つ」と伝言させました。
NYPD(NY市警察)は交渉役としてフレージャーとミッチェルを派遣しました。フレージャーは以前扱った麻薬事件で14万ドルの小切手を紛失して、内務調査課に目をつけられています。 この映画を無料で観る

【承】- インサイドマンのあらすじ2

銀行の取締役・ケイスは腕利きの女性弁護士・ホワイトを雇いました。ケイスは銀行の貸金庫に「知られたら窮地に立たされる」物を入れており、強盗事件の早期解決目的でホワイトを強盗相手との交渉役にしました。
新たに解放された人質が黒いボードを首に下げ、そこに「バス2台と、ケネディ空港にジャンボ機を用意しろ。夜9時以降、1時間ごとに人質を殺す」と書かれています。
ジャンボ機という無茶な要求に違和感を抱いたフレージャーが交渉すると、クイズが出題され、正解して猶予が延びます。フレージャーは、犯人の目的は金ではなく別のものだと踏みました。
弁護士・ホワイトはフレージャーの出世を約束して銀行に入れてもらいます。

【転】- インサイドマンのあらすじ3

ホワイトは犯人と交渉して、貸金庫を放置する代わりに懲役の短縮と200万ドルを保証しました。
フレージャーも犯人と会って自分の推理を述べ、犯人ともみ合いになります。フレージャーは追い出され、見せしめのために人質が射殺されます。フレージャーは担当から外されました。
警察の突入情報は、解放された人質のボードに仕掛けられた盗聴器で犯人に筒抜けでした。かくて、人質も犯人も区別がつかないまま確保されます。
犯人が見せた射殺は偽の処刑で、誰も死なず金も奪われなかったので強盗事件にならず、事件は解決して犯人不明のまま全員解放されます。
犯人の目的は強盗ではなく、取締役・ケイスの貸金庫の中身でした。

【結】- インサイドマンのあらすじ4

主犯・ダルトンは物置部屋の奥に穴を掘り、1週間潜伏して脱出します。
ケイスは第二次大戦時にナチと手を組んで財をなして、今の銀行を作りました。その証拠である「ナチスのマークの封筒」と「ユダヤ人から略奪した大量のダイヤと指輪」が貸金庫にあります。
強盗犯たちの真の目的は、貸金庫の中身をオープンにし、ケイスの悪行を世に知らしめるものでした。
フレージャーは貸金庫の真相に迫ります。
ダルトンは指輪をわざと貸金庫に残し、入れ違いで銀行に来たフレージャーのポケットにダイヤを入れます。手間賃のつもりです。
ダルトンの意図を汲んだフレージャーは、貸金庫のダイヤの指輪を見せながら、ケイスに詰め寄りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「インサイドマン」の商品はこちら