「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年公開のアメリカ映画。人の夢の世界に入り込む企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描いた作品。斬新なストーリー展開と、クリストファー・ノーラン監督独自の、スタイリッシュな映像世界に引き込まれる。

この映画を無料で観る

予告動画

インセプションの主な出演者

ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)、サイトー〔斉藤〕(渡辺謙)、アーサー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、モル(マリオン・コティヤール)、アリアドネ(エレン・ペイジ)、イームス(トム・ハーディ)、ユスフ(ディリープ・ラオ)、ロバート・フィッシャー(キリアン・マーフィー)

インセプションのネタバレあらすじ

【起】- インセプションのあらすじ1

コブは人の夢(潜在意識)に入り込んでアイデアを『抜き取る(=エクストラクト・盗む)』企業スパイの仕事をしています。
コブは大企業のトップ・サイトーから、ライバル会社社長の息子・ロバートの夢に入り、会社を解体するアイデアを『植え付ける(=インセプション)』依頼を受けました。インセプションはエクストラクトよりも遥かに高度な技術を必要としますが、妻・モル殺害容疑で国際指名手配されたコブの犯罪歴の抹消を条件に出されたコブは、要求を呑みます。
植え付けられた人物がそのアイデアを自然に受け入れられるよう、コブは3階層の夢を作ることにし、スタッフを集めました。依頼主・サイトーも作戦に同行すると言い出します。

【承】- インセプションのあらすじ2

長年の相棒・アーサー、夢の世界の設計士・アリアドネ、他人に変身できる偽装師・イームス、夢に導入する鎮静剤を作る調合師・ユスフをスタッフとして集めたコブは、作戦を練りました。
ロバートが自然にアイデアを受け入れるよう、「第一階層では不和の関係にある父との関係を潰す」「第二階層で身近な人間が裏切り者だと思わせる」「第三階層で父と和解させ、父の遺志『自分の道を行け、真似をするな』と暗示させる」三段構えで記憶の植え付けを行うことにします。
夢の階層は深く潜るほど時間の経過がゆるやかになり、また深い階層ほど夢と現実との区別がつきにくくなります。
ロバートと同じ飛行機に乗ったコブたちは、作戦を決行します。

【転】- インセプションのあらすじ3

しかし作戦は序盤から波乱続きです。コブのように夢に入り込むスパイ対策として、ロバートは訓練を受けていました。ロバートの意識が生んだ自己防衛本能が、武装した人間の形を取ってコブたちを襲います。
第一階層で作戦を果たせず第二階層に入ったコブたちは、そこでロバートと接触し道案内することに成功しました。しかしそこにも武装集団はいます。
ロバートの潜在意識以外にも、コブの妻・モルが邪魔をしました。コブの過去が関係しています。
モルはコブと同じ技術を持っていました。モルとコブはかつて2人だけの夢の世界を、深い階層に作り上げます。しかしそのうちにモルは夢と現実を混乱し始め、夢に永住したがるようになりました。 この映画を無料で観る

【結】- インセプションのあらすじ4

モルはコブの前で投身自殺をし、コブに殺害容疑がかかります。コブ自身も罪悪感で、夢にモルを投影させます。
コブは独楽(コマ)を持ち歩き、コマが回り続ければ夢、止まれば現実と区別していました。コマはモルの形見です。
第三階層でロバートに記憶を植え付け、作戦は成功しました。しかしコブは夢の中で死んで「虚無の世界(第四階層)」に落ちた依頼主・サイトーの救出に行きます。
サイトーを連れコブは現実世界に戻りました。サイトーはコブの犯罪歴を消し、コブは子どもたちと再会しました。
(ラストで独楽が回り続けるシーンで終わり両論ありますが、少女の靴が夢では黒、ラストは茶色なのでラストは現実世界だと分かります)

みんなの感想

ライターの感想

主人公のコブがパリのカフェで座っていると突然に爆発が起こるんですが、パリでは火薬を使えないので高圧窒素を使用したみたいです。また、吹き飛ばす素材に発泡スチロールを使用しているのですが、このことによって、通常とは異なる爆発の仕方をするので、夢の中に潜入する作品の世界観にピッタリな印象的なシーンになっています。
また、ラストで、雪崩に襲われるシーンがあるんですが、一瞬CGに見えるんですが、実際に火薬を使って雪崩を起こして撮影をしたみたいで本物ならではの迫力があります。

ライターの感想

インセプションで一番印象に残っているシーンは最後のコブが持っているコマを回すシーンです。このコマはコブが今夢の世界にいれば回り続け、現実の世界にいれば回転が止まります。コブが子供達と念願の再開を果たしたんですが、映画はコマが机の上で回っているシーンで終わるため、ここが夢の世界なのか現実の世界なのか分からず、モヤモヤとした気持ちになった人は多いのではないでしょうか。
個人的には現実の世界であってほしいですね。

ライターの感想

人の夢に入り込んでアイデアを盗むというストーリーのこの作品ですが、公開当時、アイデアの元となったのでは?と噂された映画があるのをご存知でしょうか?
その映画というのは、日本のアニメで、残念ながら46歳という若さで癌によって亡くなられた、今敏(こんさとし)監督の「パプリカ」という作品です。こちらは、筒井康隆の小説が原作で、ある研究者が開発した、他人と夢を共有する装置が何者かによって盗まれた事から、異常事態へと発展していく、というストーリーです。
単に「人の夢に侵入する」というアイデアだけなら、偶然似ただけだと思わなくもないのですが、どちらにも「ホテルの廊下で、人が無重力状態で浮いている」というカットがあったりして。映画さながらに「アイデアを盗んだ」とまではいかないものの、何らかの影響は受けているのではないかと思います(ちなみに、公開は、「インセプション」が2010年、「パプリカ」が2006年)。
ノーラン監督は、インタビューで「映画のアイデアは10年以上前から温めていた」と言っているのですが、はてさて、2作品を見比べてみて、皆さんはどう思います?

映画の感想を投稿する

映画「インセプション」の商品はこちら