「インファナル・アフェア無間序曲」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェア 無間序曲の紹介:「インファナル・アフェア」3部作の2作目であるが、ストーリーは前作のラストから11年前に遡る。1991年にヤンとラウがそれぞれ黒社会と警察に潜入してから1997年の香港返還までの時期を描く。2003年香港。原題は「無間道Ⅱ」。監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック。

インファナル・アフェア無間序曲の主な出演者

ヤン(ショーン・ユー)、ラウ(エディソン・チャン)、ウォン警視(アンソニー・ウォン)、サム(エリック・ツァン)、サムの妻マリー(カリーナ・ラウ)、ンガイ・ハウ(フランシス・ン)、ルク警視(フー・ジュン)、キョン(チャップマン・トゥ)、ロ・ガイ(ロイ・チョン)、サンスク(リウ・カイチー)、ラウの恋人マリー(チウ・チョンユー)

インファナル・アフェア無間序曲のネタバレあらすじ

【起】- インファナル・アフェア無間序曲のあらすじ1

1991年香港。マフィアのサムの手下ラウは、サムの妻マリーの命令で黒社会のボスのンガイ・クワンを暗殺します。ラウは密かにマリーに想いを寄せていましたが、サムから警察への潜入を命じられます。
ウォン警視とルク警視はクワンの死で黒社会の四大天王のコッワ、チン、ハクワイ、カムディがンガイ家に造反して権力争いが始まるとみて、それに乗じて黒社会を壊滅させようと警官隊を引き連れて乗り込みます。しかし、クワンの息子ハウは知略で四大天王を抑え込み黒社会のボスの座を継ぎます。
警察学校の首席訓練生のヤンは、この一件で実はクワンの庶子だったことがばれて学校を退学処分になります。ウォン警視はヤンが優秀なのを見込んで、黒社会への潜入捜査官になることを条件にヤンに警官の身分を与えます。任務はヤンの異母兄であるハウの逮捕でした。
ヤンは逮捕歴を作るため刑務所に入り、訓練生時代にトラブルを起こしたサムの手下のキョンと再会します。

【承】- インファナル・アフェア無間序曲のあらすじ2

1995年。ラウはサムから得た情報で逮捕の実績をあげ順調に昇進していました。マリーはサムをボスにするためにクワンを暗殺させたのですが、ハウの台頭で思惑が外れ暗殺の件が知れたらハウに殺されると恐れていました。ラウはマリーに自分が守ると約束します。
ハウは「事業を売却して外国へ移住するので麻薬取引を継がせる」とサムをタイへ行かせますが、マリーはハウの罠でサムが殺されるのではと危惧します。4年前、マリーはウォン警視と共謀してラウにクワンを殺させたのです。
ハウが父親の命日に四大天王を始末する計画だとヤンから情報を得たウォン警視とルク警視は、ハウを逮捕する作戦を立てます。ハウの取引現場に警察が乗り込みますが、取引の相手は私立探偵で受け取ったのは1本のビデオテープでした。
ハウが警察で取り調べを受けている間に四大天王は次々に暗殺され、タイにいたサムとキョンも襲われますが辛うじて逃げ延びます。

【転】- インファナル・アフェア無間序曲のあらすじ3

ハウが連行された時に所持していたビデオテープには、ウォン警視とマリーがホテルでクワンを殺したことを話している様子が撮影されていました。ラウはマリーのもとに駆けつけハウの殺し屋から助け、田舎に匿います。ハウの側近ロ・ガイはルク警視が7年前から潜入させていた捜査官だったのがばれて殺されました。
ウォン警視はクワンの殺人教唆の件で辞職して自宅に籠っていましたが、ルク警視が迎えに来て警察に戻るように説得します。ルク警視がウォンの車に乗りエンジンをかけた瞬間、車は爆発して炎に包まれました。ウォンを狙ったハウの報復の身代わりになったのです。
ラウはサムを助けにタイへ行こうとするマリーを止めようとして自分の想いを伝えますが、激しく拒絶されます。
ラウはマリーが空港へ行くことをハウに密告し、空港に行ってマリーの目の前で携帯に電話しますが、マリーは無視します。その瞬間、マリーはハウの部下の車に轢かれて即死します。

【結】- インファナル・アフェア無間序曲のあらすじ4

1997年。クワンの殺人教唆の件で内部調査審問を受けるウォンは嫌疑を認めますが、調査委員会はウォンを復職させます。ウォンは重傷を負ってタイに潜伏していたサムを訪ね、ハウの裁判の証人になるように頼みます。
ハウは政界への進出を狙っていましたが、ウォンに逮捕されます。ヤンはハウの犯罪の記録をウォンに渡します。ウォンがヤンの父の死に関わった自分に協力するのかと尋ねると、ヤンは「俺は警官だからだ」と答えます。
サムが検察側の証人になると知ったハウはタイにいるサムの妻と娘を人質に取りますが、サムもハウの家族を人質にしていました。ハウがサムに銃を突きつけている所へウォンと警官隊が駆けつけます。ウォンはヤンの目の前でハウの額を撃ち抜きました。
7月1日、香港は中国に返還され、サムは黒社会の新しいボスになりました。ヤンはサムの手下になり、警部補に昇進したラウは「マリー」という名前の小説家志望の女性と出会いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「インファナル・アフェア無間序曲」の商品はこちら