「インファナル・アフェア」のネタバレあらすじ結末

インファナル・アフェアの紹介:香港マフィアに潜入する捜査官ヤンと、そのマフィアからスパイとして警察組織に送り込まれたラウ。交差する2人の男の生き様を描いた香港ノワール映画の傑作。2002年香港。監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック。原題は「無間道」で、涅槃経第十九巻にある「絶え間無く責め苦にあう地獄」の意味。2003年公開の「インファナル・アフェア 無間序曲」と「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」の3部作で完結となる。2006年にハリウッドでリメイクされ(マイケル・スコセッシ監督作品「ディパーテッド」)、日本では2012年のTBS・WOWOW共同制作ドラマ「ダブルフェイス」の原案となった。

インファナル・アフェアの主な出演者

ヤン(トニー・レオン)、ラウ(アンディ・ラウ)、ウォン警視(アンソニー・ウォン)、サム(エリック・ツァン)、Dr.リー(ケリー・チャン)、マリー(サミー・チェン)、若き日のヤン(ショーン・ユー)、若き日のラウ(エディソン・チャン)、キョン(チャップマン・トウ)

インファナル・アフェアのネタバレあらすじ

【起】- インファナル・アフェアのあらすじ1

1991年。香港マフィアのサムは新入りのラウをスパイとして警察学校に入れ、同じ頃警察学校長とウォン警視は優秀なヤンを潜入捜査官として黒社会に送り込みます。
表向きは退学処分となり警察学校を去るヤンと、学校に残るラウの視線が一瞬交差します。
10年後、順調に昇進したラウは恋人マリーとの結婚も間近でした。一方ヤンはサムの下での過酷な生活で心身共に疲弊し、唯一心安らぐ場所は精神科のDr.リーの診察室だけです。校長は既に亡くなり、ヤンが警官である事を知るのはウォン警視だけになっていました。
サムがタイ人と麻薬取引することをヤンから知らされたウォン警視は大規模な捕縛作戦を仕掛けますが、ラウの内通を受けたサムは取引を中止させます。
あと一歩の所で逮捕に失敗したウォン警視と、仕入れた麻薬を証拠隠滅のため捨てざるを得なかったサムは、互いに身内の中に内通者がいると気付き、それぞれの組織でスパイ捜しが始まります。 この映画を無料で観る

【承】- インファナル・アフェアのあらすじ2

ラウは警察内部のスパイを見つけるべく内部調査課の課長に抜擢されます。一方でサムからは潜入捜査官を捜せと言われ、手下全員に身上書を書かせるようサムに頼みます。ヤンは書類を書くときに封筒に標師(用心棒)の「標」の字を試し書きします。
サムを尾行していたヤンは、映画館でラウがサムから書類を受け取るのを見て正体を確かめようとしますが、途中で気づかれ失敗しました。
ヤンは街で6~7年ぶりに昔の恋人に出会います。彼女は娘を連れていて、本当は6歳なのにヤンには5歳だと言いました。
ヤンがビルの屋上でウォン警視と会っていると、サムの手下たちが玄関から屋上目指して上がって来るのが見えます。警視を監視させていたラウの手引きでした。逃げたヤンはビルの裏からタクシーで正面玄関に乗りつけて今駆けつけたふりをします。
その瞬間、屋上からタクシーの屋根にウォン警視が降って来ます。ヤンは警視の死体の前に茫然と立ちつくします。

【転】- インファナル・アフェアのあらすじ3

サムの手下たちは警官隊と銃撃戦になり、ヤンは兄弟分のキョンの車で逃げますが、撃たれていたキョンは死んでしまいます。ラウはウォン警視の携帯からヤンに連絡を取り、警視の遺志を引き継ぐと言います。
ラウは死んだキョンを潜入捜査官だと発表し、ヤンの協力でサムを倉庫におびき出します。倉庫の地下駐車場で警官隊に囲まれたサムは独りで逃げますが、その前にラウが現れサムを射殺します。ラウは警官として生きる道を選んだのです。
ラウが現場から署の自分のオフィスに戻ると、ヤンが待っていました。ラウはヤンが10年も潜入していたと聞いて敬意を示し、警官の身分に戻す手続きを取ろうとします。しかし、ラウの机の上の封筒に自分が書いた「標」の字を見たヤンは、瞬時にラウがサムの手下だったと悟り逃げます。ヤンに気づかれたと察知したラウは、ウォン警視のPCの中にあるヤンの警官としての身分を証明するファイルを抹消してしまいます。 この映画を無料で観る

【結】- インファナル・アフェアのあらすじ4

ヤンはDr.リーに会い自分は警官だと話し、マリーにもラウの正体を知らせます。ヤンはラウをウォン警視が死んだビルの屋上に呼び出し、銃を突き付けて手錠をはめます。ラウは「善人の道を選ぶチャンスをくれ」と頼みますが、ヤンは耳を貸しません。
そこへラウの部下の警官が現れ、「自分は警官でラウがスパイだ」と言うヤンの額を撃ち抜きます。ラウは知りませんでしたが、その警官もサムに送り込まれたスパイだったのです。警官は、これからはラウに従うと言って一緒にエレベーターに乗り込みます。エレベーターが下に降りる途中、銃声が響きます。1階でドアが開き、ラウが独りで下りてきます。中にはヤンと警官の死体が転がっていました。
半年後、Dr.リーがヤンの資料を見つけて警官としての身分が証明され、ヤンは殉職した英雄としてウォン警視の隣に埋葬されます。式典が行われ居並ぶ警官たちの前に、ヤンの墓に敬礼するラウの姿がありました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「インファナル・アフェア」の商品はこちら