「エネミーオブアメリカ」のネタバレあらすじ結末

エネミー・オブ・アメリカの紹介:1998年制作のアメリカ映画。トニー・スコット監督作品。テロ防止法を巡る暗殺事件の証拠となるビデオを偶然掴んだ弁護士が、事件の首謀者である国家安全保障局(NSA)の高官に追われることになる。

この映画を無料で観る

エネミーオブアメリカの主な出演者

ロバート・クレイトン・ディーン(ウィル・スミス)、ブリル&エドワード・ライル(ジーン・ハックマン)、トーマス・ブライアン・レイノルズ(ジョン・ヴォイト)、デビッド・プラット(バリー・ペッパー)、カーラ・ディーン(レジーナ・キング)、ジョン・ビンガム(イアン・ハート)

エネミーオブアメリカのネタバレあらすじ

【起】- エネミーオブアメリカのあらすじ1

アメリカ連邦議会で「通信の保安とプライバシー法」案の採択をめぐり議論がなされました。この案は犯罪やテロ防止対策と謳っていますが、一方で市民のプライバシーを侵害するおそれがあります。
NSA(国家安全保障局)に出向中の行政官・レイノルズは、法案を可決させるため、反対を唱える下院共和党議員・ハマースリーを人目のない湖畔で殺害し、偽装工作をしました。
ハマースリーの乗った車が湖で見つかりますが、心臓発作による事故死と報道されます。
しかし殺害の一部始終が、渡り鳥観察のために設置された無人カメラに録画されており、動物研究者・ザビッツが暗殺を知りました。同じ頃レイノルズの部下もカメラの存在に気付きます。 この映画を無料で観る

【承】- エネミーオブアメリカのあらすじ2

ザビッツはジャーナリストに渡すためビデオテープをPC用カードディスクにダビングしている最中に、レイノルズが仕向けた暗殺者に狙われました。慌ててザビッツは逃げ出しますが、GPS機能で追跡されます。
逃走中にザビッツは女性下着店で、大学時代の同級生で弁護士のディーンと出会い、ディーンの買い物袋にディスクを忍ばせました。店を出た直後、ザビッツは車に撥ねられて死にます。
ディーンは妻・カーラへのクリスマスプレゼントとして、下着店でブラジャーを購入しました。
ザビッツの遺体にディスクがないことから調査したレイノルズは、ディーンの名刺と店の監視カメラから、ディーンにディスクが渡ったと目星をつけます。

【転】- エネミーオブアメリカのあらすじ3

レイノルズはディーン宅を捜索させますが、ディスクは見つかりません。実はディスクをゲーム機だと思った息子・エリックが、持ち出していました。
レイノルズはディーン宅に盗聴器や監視カメラを仕掛け、NSAの力でディーンの不名誉な噂を流し、失職に追いやります。元恋人・レイチェルとの浮気を疑われ、ディーンは妻・カーラから家を追い出されました。
ディーンは元恋人・レイチェルに調査員・ブリルとの仲介を依頼されていました。ブリルが原因と思ったディーンは接触を試みますが、元NSAでNSAのやり口を知るブリルは避けます。
しかしレイチェルが殺され、ディーンが濡れ衣を着せられたことから、ブリルは協力することにします。

【結】- エネミーオブアメリカのあらすじ4

息子からディスクを受け取ったディーンとブリルは中身を確認し、狙われる理由を知りました。
ブリルはレイノルズに仕返ししますが失敗し、ディスクは破損し2人は捕まります。
ディーンは咄嗟に「別の場所にある」と言い、別の訴訟でFBIの監視付きのマフィアのボスの元へ案内します。マフィアと揉めたレイノルズは銃撃戦となり、レイノルズは死に他のNSA職員もFBIに逮捕されました。ブロイは姿を消します。
ハマースリー暗殺が露見し、法案は見直されることになりました。
後日ディーン宅のテレビに、海辺の砂文字「君もバカンスを」とブリルの足と飼い猫が映し出され、ブリルの監視カメラがあるのを知ったディーンは苦笑しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「エネミーオブアメリカ」の商品はこちら