「オー! ファーザー」のネタバレあらすじ結末

オー! ファーザーの紹介:2014年公開の日本映画。伊坂幸太郎の同名小説を、岡田将生・主演で映画化したコミカル・サスペンス映画。年齢も性格もバラバラな4人の父親を持つ高校生が事件に巻き込まれ、父親たちが力をあわせて救出に挑む姿が描かれる。

予告動画

オー! ファーザーの主な出演者

由紀夫(岡田将生)、多恵子(忽那汐里)、悟(佐野史郎)、鷹(河原雅彦)、勲(宮川大輔)、葵(村上淳)、鱒二(賀来賢人)、古谷(駿河太郎)、スナイパー(長江英和)、小宮山の母(古村比呂)、富田林(柄本明)

オー! ファーザーのネタバレあらすじ

【起】- オー! ファーザーのあらすじ1

由紀夫はごく普通の高校生ですが、由紀夫の家庭は変わっています。
由紀夫の母・知代が妊娠した時、母は二股ならぬ四股をかけていました。相手の4人の男は別れるどころか、一斉に父親として名乗りを上げたため、由紀夫は母・知代と4人の父親と暮らしています。
父は「ギャンブラー・鷹」「元ホスト・葵」「体育教師・勲」「大学教授・悟」で、4人とも幼い頃から由紀夫を愛し、それぞれの得意分野を教えました。4人の父は性格は違えど、知代と由紀夫への愛はゆるぎないものです。
由紀夫の「自称彼女」の多恵子がまとわりつき、父が4人いることがばれてしまいました。でも多恵子は面白そうにします。

【承】- オー! ファーザーのあらすじ2

街が知事選で赤羽・白石両者の立候補を擁立し選挙活動まっただ中の頃、由紀夫は同級生・小宮山の不登校に悩み、父たちに相談してみました。
鷹のアドバイス通り「俺は全て知っている」と小宮山に言って混乱させてみます。
ある日由紀夫は、街の黒幕・富田林がオープンさせたゲームセンターで、サラリーマン風の男の鞄がすり替えられる現場を目撃しました。気になって鞄を持った男を追いかけますが、鞄はさらに別の男に手渡されタクシーで運ばれ、鞄をすり替えた男はバスに乗りました。バスに乗った男を尾行しようとした由紀夫に、友人・鱒二が話しかけてきて尾行は失敗に終わります。
その直後から周囲でおかしなことが連続して起こりました。

【転】- オー! ファーザーのあらすじ3

由紀夫の自宅が車で見張られたり、侵入者が入ったり…。
由紀夫はふとある時、自分の周囲で起きているそれら全てが繋がっていることに気づき、小宮山家を訪問します。すると小宮山の母が出てきて招かれました。そのまま由紀夫は、小宮山家に監禁されました。
小宮山の家にはスナイパー夫妻と鞄を盗んだ男がいました。夫妻の娘は白石に妊娠させられて自殺したことを恨みに思っていて、小宮山の向かいのマンションに住む愛人宅に白石が水曜に来るのを待ち伏せていました。白石殺害後、赤羽陣営の仕業と見せかけるため、鞄を盗ませたのです。
由紀夫が意味深な「俺は全て知っている」発言をしたため、由紀夫宅は見張られ、監禁されたのでした。

【結】- オー! ファーザーのあらすじ4

男が由紀夫に携帯電話で自宅に連絡しろと指示しますが、由紀夫が「お父さん」と言い、電話を受けた鷹は異変を嗅ぎつけました(父が4人いるから普段は名前で呼ぶ)。
悟がクイズ生番組に出演し、手旗信号で「ブキノウム、テキノカズ(武器の有無、敵の数)」と知らせます。自称彼女・多恵子が直後に携帯電話で「誕生会でプレゼント貰う気があるか、パーティに何人招待したか」と問いました。悟が最後にテレビで「明日迎えに行く」宣言をします。
予告通り、翌日父親4人が小宮山家に押し入り、犯人たちは逮捕されました。
由紀夫家に平和が戻ります。しかし知代が合コンに参加すると聞いて、父親4人は一斉に慌てました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「オー! ファーザー」の商品はこちら