「カイジ2 人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじ結末

カイジ2 人生奪回ゲームの紹介:2011年公開の日本映画。福本伸行による人気コミック『賭博黙示録カイジ』シリーズを、藤原竜也・主演で映画化したサスペンス・ドラマの第2弾。原作にはないゲームを原作者が考案するなど見どころも満載である。

この映画を無料で観る

予告動画

カイジ2 人生奪回ゲームの主な出演者

伊藤開司(藤原竜也)、一条聖也(伊勢谷友介)、石田裕美(吉高由里子)、利根川幸雄(香川照之)、坂崎孝太郎(生瀬勝久)、大槻太郎(松尾スズキ)、村上保(柿澤勇人)、石田光司(光石研)、黒崎義裕(嶋田久作)、船井譲次(山本太郎)

カイジ2 人生奪回ゲームのネタバレあらすじ

【起】- カイジ2 人生奪回ゲームのあらすじ1

帝愛グループとの戦いに勝利して5億手に入れた伊藤開司(カイジ)は、再び借金を作って地下の重労働をしています。
地下の仲間と協力して359万ペリカを手に入れたカイジは、地上に一時的に出るサービスを利用します。14日間の時間と現金109万5000円を手にしたカイジは、協力してくれた仲間の借金総額2億を稼ぐために地上に出ました。
2週間で2億稼ぐゲームを探すカイジの前に、ホームレスとなった利根川が姿を見せます。利根川は情報料としてカイジから5万ふんだくり、裏カジノの店を教えました。
帝愛グループの裏カジノ「La Mare Au Diable(魔の沼)」の売りは、レート千倍のパチンコ「沼」でした。

【承】- カイジ2 人生奪回ゲームのあらすじ2

沼には3段のクルーン(玉が入る穴が数個ある皿)があり、1段目は3分の1、2段めは4分の1、3段めは5分の1…という確率(合計60分の1)で大当たりが出ると10億以上の金が手に入る算段です。過去に大当たりしたのは帝愛グループの会長・兵藤と、兵藤の側近・黒崎のみです。
しかし実際はカジノの支配人・一条が、絶対に攻略できないよう機械に細工を施し、コントロールしていました。
カジノには会員カードがあれば金を引き出せる裏ATMがあり、1000万まで引き出せます。その日のうちに返済すれば問題はありませんが、返済できなければ地下行きです。
カイジは沼を攻略したいと願う坂崎と出会い、協力しあうことにします。

【転】- カイジ2 人生奪回ゲームのあらすじ3

坂崎はカジノの従業員・裕美を仲間にしており、裕美を見たカイジは驚きます。裕美はカイジの過去の戦い(『カイジ』参照)で運命を共にした石田の娘でした。
裕美は父が帝愛グループに殺されたことを知り復讐を企んでいました。
釘の目の設定が甘い日を知った坂崎はカイジや裕美と協力し、磁石入りの缶ビールで玉を引き寄せる作戦を決行します。しかし裕美の裏切りに遭い、真鍮製の玉に交換された坂崎は全財産を失いました。
負けた坂崎に一条がチャンスを与え、カイジが挑戦します。
「姫と奴隷」というゲームはライオン2頭と姫が入った檻を用意し、3つのボタンを押すものです。姫は正解を知っていますが、正解を言うとはかぎりません。 この映画を無料で観る

【結】- カイジ2 人生奪回ゲームのあらすじ4

カイジは姫・裕美の告げた番号を押し勝ちます。金を取り戻した坂崎とカイジに、利根川と裕美が協力を申し出ます。
傾斜でクルーンに入りにくい設定を、ビル全体を傾けて攻略したカイジは沼に挑戦します。さらに外れ玉が排出口に溜まり穴が埋まりました。
カイジと坂崎の財産をつぎこんでも出ませんが、その時利根川が裏ATMから会員カードで出した金を渡します。それでも出ず落胆する一同に、裕美が金を出しました。裕美も裏ATMで金を引き出したのです。
大当たりが出てカイジたちは13億円を手にしました。一条は地下行きです。
地下の仲間の借金を返済したカイジは残りの金も仲間と分けようとしましたが、利根川に騙し取られました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」の商品はこちら