「ガールオンザトレイン」のネタバレあらすじ結末

ガール・オン・ザ・トレインの紹介:2016年公開のアメリカ映画。世界45か国でベストセラーとなった小説を映画化したミステリー。ある夫婦の姿を車窓から眺めていたヒロインが、人妻の死によって疑いの目を向けられるようになる過程がつづられる。エミリー・ブラントが事件に巻き込まれていく主人公を、キーマンとなる人妻を若手注目株のヘイリー・ベネットが演じる。

予告動画

ガールオンザトレインの主な出演者

レイチェル・ワトソン(エミリー・ブラント)、アナ・ワトソン(レベッカ・ファーガソン)、メガン・ヒプウェル(ヘイリー・ベネット)、トム・ワトソン(ジャスティン・セロー)、スコット・ヒプウェル(ルーク・エヴァンス)、リリー刑事(アリソン・ジャニー)、カマル・アブディク医師(エドガー・ラミレス)、マーサ(リサ・クドロー)、キャシー(ローラ・プレポン)、スーツ姿の男性(ダーレン・ゴールドスタイン)

ガールオンザトレインのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①夫も職も失った女・レイチェルは列車から見える夫婦を憧れとし、見るのを楽しみにしていた。ある日その妻・メガンが別の男性とポーチで抱き合うのを見たレイチェルは、理想像を崩されたように感じて下車するが、以後数時間の記憶がなく、メガンは行方不明に。のちにメガンは遺体で発見される。 ②記憶がないレイチェルは疑われる。女好きのレイチェルの前夫・トムが犯人、子守りをしていたメガンと関係を持ち、堕胎を拒否されたため殺した。トムに殺されそうになったレイチェルは反撃、現妻のアナも手伝ってトムを殺害。

【起】- ガールオンザトレインのあらすじ1

アメリカ・ニューヨーク州ウェストチェスター郡。

レイチェル・ワトソンはアルコール中毒などが理由で、夫のトムと離婚して、現在は友人のキャシーと一緒に暮らしています。
広告関係の仕事に就いていましたが、それも1年ほど前に辞めました。
レイチェルは現在、ルームメイトのキャシーには出勤している振りをしながら、毎日メトロノース鉄道に乗る生活をしています。
3両目に乗り、ある白い壁の家を見るのがレイチェルの楽しみでした。その家には仲睦まじい夫婦が住んでいます。
レイチェルはいつも列車から夫婦を観察し、「たぶん彼女は画家。彼は医師か建築家」などと勝手に想像を巡らせていました。

レイチェルがトムと離婚した一番の理由は、レイチェルがなかなか妊娠しなかったからです。
悲しんだレイチェルは酒に逃げ、酒を飲むと前日の記憶を失いました。
ある時、夫婦で招かれた立食パーティーの席で、レイチェルはトムの上司のパーティーの食事を、罵倒しながらひっくり返しました。そのせいでトムは失職します。
やがてトムはアナという女性と浮気し、アナが妊娠しました。
それでレイチェルはトムと別れ、キャシーと暮らし始めたのです…。

…6か月前。
レイチェルが憧れるその夫婦は、妻・メガンと夫・スコットのヒップウェル夫妻でした。
メガンは17歳の時、兄の親友であるマックという男と大恋愛をし、1年間狩猟小屋でマックと暮らした経験があります。
そんなメガンは、アナのベビーシッターの仕事をしていました。
アナの家には、毎日無言電話がかかります。アナはその電話を、前妻のレイチェルからだと思っています。
メガンは「画廊からスカウトがあり、明日からそこで働く」と言うと、アナに鍵を返して帰って行きました。

現在。
レイチェルがいつものように憧れの夫婦の家を見ていると、妻・メガンが全く知らない男と、自宅のポーチで抱き合っているのを目撃します。
それを見たレイチェルは、深く傷つきました。自分のささやかな楽しみまでをも奪われる気がしたレイチェルは、列車内で持っていた酒を飲みます。
昼間から酒を飲むレイチェルを、冷やかに見るスーツ姿の男性がいました。いつも同じ列車に乗るために、その男性と会話はしたことがありませんが、いつしか顔なじみになっています。
酒の勢いもあり、レイチェルは憧れの夫婦の家がある最寄り駅、アーズリー=オン=ハドソン駅で下車しました。よろよろと道を歩き、メガンに詰問しようと家に向かいます。
ところが、そこまでしかレイチェルの記憶はありませんでした。酒を飲んだために、意識を失ったのです。
断片的な映像しか記憶に残っておらず、気がついたレイチェルは、右の頭をケガして家にいました。
ルームメイトのキャシーには、大丈夫だと言います。

レイチェルはその後、女性刑事・ライリーと男性刑事・ガスキルの訪問を受けました。
レイチェルが記憶を失っている日を境にして、メガンが行方不明になったことをレイチェルはライリー刑事に聞かされます。
そのメガンがいなくなった金曜日のアリバイを、レイチェルは聞かれました。レイチェルがアーズリー=オン=ハドソン駅で下車したことをライリー刑事は知っていました。
「夫に会わなかったのに、何をしていたの?」

…レイチェルがあこがれているメガン夫妻の家は実はベケット通り13番地で、レイチェルが前の夫・トムと住んでいた家はベケット通り15番地なのです。

【承】- ガールオンザトレインのあらすじ2

つまり、知り合いではなかったものの、レイチェルもかつてはそのメガン夫妻の2軒隣に住んでおり、現在のトムとアナ夫妻はメガンの2軒隣に住んでいるのです。
(アナのベビーシッターをメガンがしていたのは、近所だったから)
そもそも仕事を辞めて1年経過しているのに、なぜ毎日電車に乗っているのだとレイチェルはルームメイトのキャシーの前で質問されました。会社を辞めていることは、キャシーに内緒だったので、キャシーは驚きます。
レイチェルは家賃の心配をされたくないので黙っていたのですが、キャシーは刑事が去った後「出てってくれ」と言いました。
刑事が去った後、レイチェルは「あの日メガンが知らない男性とポーチにいて、それがきっかけで怒って下車したこと」を思い出します。しかし刑事にそれを言ったところで、飲んだくれの自分の言い分が通用するようにも思えませんでした。

レイチェルは自分に子どもができなかったので、アナとトムにできた赤ん坊に固執していました。
別れてからも、酔っ払っては前の家…アナとトムの家に行っては、迷惑をかけていました。
そういう事情もマイナスに働きます。

…4か月前。
メガンはカマル・アブディクというひげ面の精神科医師に、カウンセリングを頼んでいました。
メガンはアブディク医師に、夫のスコットが異様なまでに嫉妬深いことを嘆きます。スコットは独占欲が強く、パソコンのロック解除をしてまでも、メガンのことを詮索するとメガンは語りました。

現在。
ヒプウェル夫妻の家に行ったレイチェルは、メガンの友人の振りをして、夫のスコットに接近しました。
メガンが失踪した金曜の朝、ポーチで見知らぬ男と抱き合っていたことを話すと、スコットはレイチェルの話に食い付いてきました。
スコットはレイチェルに、その男の特徴を聞きました。と同時に、「彼女は無事で、男と逃げただけではないか」と言います。
スコットは、メガンと一緒にいた男にこだわりました。写真を見せられたレイチェルは、メガンの精神科医のカマル・アブディク医師がポーチにいた人物だと話します。

…2か月前。
アブディク医師に相談するうちに、メガンはアブディクに好意を寄せるようになりました。
アブディクは「患者と医師が恋愛感情に陥ると、診療が難しくなる」と拒否しますが、メガンの誘いを断れなくなります。(但し肉体関係ではなく、ハグする程度)

現在。
アブディク医師は刑事に連行されたものの、すぐに釈放されました。どうやら容疑は解かれたようです。
スコットがレイチェルに連絡を取ってきました。レイチェルが家を訪問すると、スコットは、自分が疑われていると言います。
「夫がメガンを支配したがっている」という供述をアブディク医師がしたそうです。
帰り道、アナとトムと赤ん坊の3人に会ったレイチェルは、なぜスコットの家から出てきたのか怪しまれました。元夫のトムには「君は誰の力にもなれない」と言われます。
酒を飲むと記憶を失ってしまうことを口実にして、レイチェルはアブディク医師のカウンセリングを受けに行きました。酒びたりになったきっかけとして、妊娠に失敗したことを告げます。

レイチェルが自宅の周辺をまたうろつき始めたので、アナはライリー刑事にレイチェルの話をします。
レイチェルが赤ん坊を取り上げようとしたことがあることや、非通知の電話が何度もかかってきていることを告げたアナは、レイチェルが怪しいと訴えました。

【転】- ガールオンザトレインのあらすじ3

一方でアナは、トムのパソコンにロックがかかっているのを知り、パスワードを解除しようとします。しかし赤ん坊・イーヴィの名を入れても解除できず、そもそもパソコンにロックがかかっていることで、自分に見られたくないことがあるのかもしれないと考えました。
アナは、トムがまだレイチェルに未練があるのではないかと考えます。
その頃レイチェルのところへスコットが来ると、メガンが妊娠していたことを告げました。
スコットは両親を亡くしており、家族を欲しがっていました。レイチェルはスコットが深い愛情をメガンに寄せていたのだと思います。

…1か月前。
メガンはアブディク医師に、過去の恋愛の話を告白しました。
メガンは17歳の時、兄の親友・マックと狩猟小屋で暮らしましたが、その時に出産をしていました。赤ん坊はリビーと名付け、大切に育てていました。
ところが共に10代の若いカップルの暮らしは楽ではありませんでした。
ある時マックと口論をした後に風呂に入ったメガンは、そのまま居眠りをしてしまい、赤ん坊を溺死させてしまいました。
マックとメガンは黙ってその遺体を山奥に埋葬し、それ以来、別れました。
そんな過去があったことを、メガンはアブディク医師に話しました…。

現在。
レイチェルはメガンが失踪した日のことを、必死で思い出そうとします。
あの日、レイチェルはメガンの家へ行こうとしましたが、前の家が無性になつかしくなり、ふらふらとアナの家に入りこみました。
アナは居眠りをしており、赤ん坊・イーヴィを見たレイチェルは、思わず抱っこします。
ただ赤ん坊を抱っこしたかっただけなのですが、抱っこして外へ出たところをメガンに見られ、さらにアナにも目撃され、赤ん坊を置いて急いで逃げたことを思い出しました。

メガンの腐乱死体が発見されました。メガンは失踪ではなく、殺されたことが判明します。
メガンの事件は殺人事件に切り替わりました。
ところでメガンのお腹の子の父は、検死の結果、スコットでもアブディク医師でもないことが警察側で明らかになります。
スコットは、レイチェルとメガンが友人ではないと警察から聞かされて、なぜレイチェルが自分に接近して、あれこれ相談に乗っていたのか不可解に思います。
「ひまを持て余したイカレ女か」と罵倒されたレイチェルは、スコットの暴力的な面を見て警察に訴えますが、スコットには犯行時にアリバイがありました。

…先週の金曜日。事件当日。
メガンは朝一番に電話をし、アブディク医師を呼び出しました。
自宅のポーチで会話をし、メガンはアブディク医師に抱きつきます…。

現在。
レイチェルの見たとおりで、そこまでは確かだとレイチェルは思います。
メガンの家の近所のバーに行ったレイチェルは、バーの隣に座るスーツ姿の男性に「あなたを見た」と話しました。列車でよく一緒になる男性です。
スーツ姿の男性は「あなたはいつも酔っている」と返しました。そして事件当日、レイチェルを見かけたことも肯定します。

では何が正解なのかと、依然として肝心の部分の記憶がないレイチェルは、悩みました。
列車の中で、かつてトムの上司であり、レイチェルがパーティーで失態をしたためにトムが解雇されることになった女性・マーサに会ったレイチェルは、バーベキューの失態を謝罪します。

【結】- ガールオンザトレインのあらすじ4

するとマーサは意外なことを言います。「あなたは気分が悪くなって寝ていただけ。トムは女癖が悪くてクビにした」とマーサは答えました。
自分のせいでクビになったとトムに聞かされていたレイチェルは、意外に思います。

アナは夫・トムのパソコンのパスワードを解除できず悩み、見つけた携帯を充電しました。
充電が完了した携帯電話は、メガンのものでした。アナはショックを受けます…。

レイチェルも真相に近づいていました。アナも同じく、知りたくない事実に近づきつつありました。
かつての会社の上司・マーサの言う通り、トムは会社の女性に片端から手をつけて回る、女癖の悪い男でした。
レイチェルと別れ、子どもができたアナと結婚したトムですが、女癖の悪さは変わっていません。
ベビーシッターとして出入りしていたメガンとも、トムは関係を持ちました。6か月前にメガンはベビーシッターを辞めましたが、以後もトムと会っていたのです。
事件当日。メガンはアブディク医師と会った後、トムとデートする予定でした。
そこへ、酔ったレイチェルがやってきたのです。レイチェルはメガンを見ると、「アバズレ!」と罵りました(これは、憧れだった夫婦がそうじゃなかったから)。
するとトンネルの向こう側からトムがやってきて、レイチェルを殴りました。レイチェルは頭を何度か殴られて、朦朧となります。
トムはそのままトンネルを戻って車にメガンを乗せ、立ち去りました。
頭を怪我して倒れたレイチェルに2人の若い男が絡み、それを目撃したスーツ姿の男性が若い男たちを追い払います。しかしレイチェルはスーツ姿の男性に話しかけられて、罵倒して去りました…。

トムが関係していると思い出したレイチェルは、アナのところへ行って「話がある」と言います。
メガンの携帯を見つけたアナも、うっすら事件の全貌が見えていました。しかし「聞きたくない」と言います。
レイチェルはアナに「イーヴィを連れて逃げて」と言いますが、そこへトムがやってきました。トムはレイチェルを殴りつけます。

…事件当日の金曜日。
レイチェルを殴りつけて去ったトムは、メガンと共に森へ行きました。
関係を迫られたメガンはトムに、妊娠を告げます。トムは堕胎しろと言いました。
メガンはそれを拒否します。トムはメガンを突き飛ばし、石で殴って殺しました…。

レイチェルを殴りながら、トムは「あの夜あそこに君がいなければ、こんなことにならなかった。ある意味、君が殺したのだ」と言います。(全く関係のない責任転嫁)
庭で追いかけられ、なおも攻撃されそうになったレイチェルは、ワインのコルク抜きでトムの首を刺しました。
アナはトムに近寄ると、ワインのコルク抜きをさらに奥深くまで押し込みます。
(アナもレイチェルの共犯になることを決意した。
レイチェルの攻撃だけではトムは致命傷を負っておらず、生きながらえる可能性があった。
トムが生き残った場合、将来的にアナとイーヴィにも危険が及ぶ可能性があり、それを考えたアナは、レイチェルと共犯になってでもトムを殺そうと思った)
庭で白昼堂々起きた出来事なので、すぐに警察も駆け付けます。
連行されたアナとレイチェルを、スコットが見送っていました。

別々に事情聴取を受けながら、レイチェルは「ほかに方法がなかった」と答えます。アナも同じ証言をしていました。

正当防衛とみなされたのか、釈放されたレイチェルは、メガンの墓を探します。
列車に乗り込みますが、3両目ではなく違う車両にしました。これからは前を向いて乗ろうと決意します…。

みんなの感想

ライターの感想

これは、あらすじ読むより見てください!! その方が数段判りやすいです!!
過去と現在をいったりきたりする形式で、それにより少しずつ事件の真相が明らかになっていくというもの。
面白いです。しかしあらすじ書くとなると、このようにもってまわった表現になってしまいます。
むしろ映画を見てもらったほうが、現在と過去との行き来が判りやすいと思うんだよね。
レイチェルが必死になって犯人探しをするところは、確かにヒマツブシなのかと思ってしまっちゃったけど、トムの上司のマーサさんの証言が出たあたりから、はらはらどきどき。
まさかトムが犯人だとは!と吃驚しちゃった。おすすめ。

映画の感想を投稿する

映画「ガールオンザトレイン」の商品はこちら