「キューブ2CUBE2」のネタバレあらすじ結末

キューブ2(CUBE2)の紹介:2002年製作のカナダ映画。日本でロングラン・ヒットを記録した、密室スリラー『キューブ』の続編が登場。前作の斬新なアイデアにひねりを加え、奇怪な立方体からの脱出を図る新たな男女の苦闘を描き出す。

予告動画

キューブ2CUBE2の主な出演者

サイモン(ジェラント・ウィン・デイヴィス)、ケイト(カリ・マチェット)、ジェリー(ニール・クローン)、マックス(マシュー・ファーガソン)、ペイリー夫人(バーバラ・ゴードン)、ジュリア(リンゼイ・コネル)、サーシャ(グレース・リン・カン)、マグワイア大佐(ブルース・グレイ)、将軍(フィリップ・エイキン)

キューブ2CUBE2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①立方体の部屋で目覚めた老若男女は協力して出口を探すが、今回は時間も空間も次元も異なる謎の超立方体だった。ひとりまたひとりと殺されていく。 ②死ぬ順番「1.マグワイア大佐(部屋に残って壁で圧死)」「2.ローゼンズワーグ博士(衰弱死、見つかった直後に死ぬ)」「3.ジェリー(部屋の中央に現れたトゲトゲキューブに呑み込まれる)」「4.ペイリー(サイモンに刺され、壁から生えた石柱に押しつぶされる)」「5.ベッキー・ヤング(登場するなりサイモンに刺される)」「6.マックス&ジュリア(抱き合ったまま衰弱死)」「8.サーシャ(サイモンに首を折られた)」「9.サイモン(ケイトと戦い手拳で倒された)」「10.ケイト(キューブから生還するも、口封じのため将軍に銃殺された)」

【起】- キューブ2CUBE2のあらすじ1

ラップで包まれた意識のない男女が数体、運び込まれます…。
心理療法医の女性・ケイトは、立方体の箱(キューブ)のような部屋に閉じ込められていました。部屋の壁が全体的に白く光っていて、立方体の各面には中央に正方形のハッチ式の扉があります。
ハッチに手をかざすと自動的に扉が開きますが、隣も同じ形状の部屋があります。たまに手をかざしても開かない部屋もあります。
ケイトは部屋を移動していて、別の男女に会いました。サイモンという男性にナイフで脅され、敵意がないか試されます。
・ケイト…白いシャツに黒いズボンを履いた女性。心理療法医。
・サイモン…黒いスーツを着た男性。実は私立探偵である調査を依頼されている。
・マックス…茶髪の若い男性。
・マグワイア大佐…眼鏡をかけた初老男性。国防総省に勤務。アタッシェケースを持っているが中身は空っぽ。
・サーシャ…青い服を着て黒いサングラスをかけたアジア系の女性。目が見えないらしい。
・ジェリー…黒髪の眼鏡をかけた小太り男性。ドアにせっせと部屋番号を書いている。
・ペイリー…初老の女性。認知症の気があり、ここをジムと思っている。
・ジュリア…後に加わる、赤いドレスの女性。
(・ローゼンズワーグ博士…遺体で発見される。ノーベル賞候補で理論物理学の第一人者。)
サイモンの質問攻めになんとか合格したケイトは、合流を許されました。彼らは全く分からないうちに部屋に運びこまれていました。
部屋は空間や時間、引力がおかしくなっているようです。ジェリーが言うには、何時間か探索をしているのですが、まだやっと4つめの部屋を見つけたばかりでした。
皆だれも、どうしてここにいるのか、何のために閉じ込められているのか知りません。どうして選ばれたのかも分かりません。
部屋の繰り返しに規則性があるとジェリーが言い、音がするたびに何かが近づいているとサーシャが言いました。
壁が波打ち、人の形をしたシルエットが浮かび上がりました。少しして壁が圧迫してくるので、皆は別の部屋に移動しますが、マグワイヤ大佐は行かないと拒否して壁に呑まれます。
皆は協力し、次々に部屋を移動します。ジェリーは新たな部屋が見つかるたびに、通し番号をつけていきました。10まで到達します。
ジェリーが、自分はドアのタッチセンサーを設計したと告白しました。実験的なものだと聞いて作ったのですが、全体像は知らされていません。
それを聞いたサイモンがジェリーに詰問しますが、ジェリーも全体像を聞かされていないので、ろくに解答できませんでした。
部屋の扉に描かれているイラストを見て、「テセラクト(超立方体)、綺麗」という言葉をペイリーが発言したことから、ジェリーが分かったと喜びます。 この映画を無料で観る

【承】- キューブ2CUBE2のあらすじ2

ジェリーいわく、ここはハイパー・キューブという、空間移動もできる四次元の立方体なのです。但し超立方体は理論上のもので、実在はしないと言いました。
「僕らは意志に反してゲームに参加させられて、カメラで撮影され、テレビで放送されているのだ」と、マックスは言います。
天井に「60659」という数字が書かれていました。どういう意味なのだろうと皆は考え、まさか6万以上も部屋があるということだろうかと悩みます。
隣の部屋に移ろうとすると、重力が違っていてマックスは驚きます。部屋の向こう側に赤いドレスの女が寝ており、近づきました。
赤いドレスの女性はジュリアといい、目覚めたばかりです。なぜここにいるのかという問いに、皆も互いに部屋にいた直前は何をしていたか言い合いました。
ジェリーはネブラスカ州在住で、既婚男性です。ベッドで寝るところだったと言いました。
ケイトは勤め先の病院から車で帰る途中で、長時間勤務で疲れて早く帰りたかったと言います。
サイモンはニューヘブン在住の経営コンサルタントで(注:後に違うと判明する)、呑みに行った後記憶がないと言います。
マックスはパロ・アルト(サンフランシスコ近辺の高級住宅街)でゲームソフトを作っていて居眠りをしたと言いました。
サーシャはニューメキシコに住んでいて、いつも通り台所で宿題をしていたそうです。
ペイリーが覚えていたのは、犬を散歩に連れて行ったことです。
ジュリアはサンタモニカで試写会後のパーティーに参加していましたが、女優ではなく弁護士です。
互いの情報を出し合ってもまだ共通点が見つからず、皆は頭を抱えます。「60659」の謎も解けていませんでした。
マックスが「式で導き出された数式かも」と言い出しますが証明はならず、移動しているうちにマックスは、自分の時計と全く同じ時計を見つけます。
隣を覗いたペイリーが、新しい男を見つけました。ところがその男は死にかけた男性・ローゼンズワーグ博士でした。見つかってすぐに亡くなります。
60659は博士が解いたものと判明しました。ノーベル賞候補になった理論物理学の第一人者が解いたものだから、何か意味があるだろうと皆は受け止めます。
ケイトは博士のポケットから黒いペンを見つけ、腕に数式をメモしていきます。
「アイゾン」と犬の名を呼んだペイリーを聞き咎め、ケイトは質問しました。ペイリーは現在は認知症ですが、退職前は理論数学の研究員で「勤務先はスキッピー・リサーチ機関」と答えます。ワシントン州にある研究組織だと言いました。
ケイトは「会社の名がアイゾン・リサーチで、犬の名がスキッピーなのでは?」と聞き、ペイリーは頷きます。

【転】- キューブ2CUBE2のあらすじ3

伝説の天才ハッカー、アレックス・トラスクのしわざではないかという説も出ました。正体が不明の、単に噂かもしれない人物です。
隣の部屋を覗くと、ペイリーとサイモンがいました。サイモンは全くの同一人物です。ところが隣の部屋では横から透明な立方体の棒が突き出て、サイモンの首が切断されました。隣を見た後、同一人物が複数いるので皆混乱します。
ジェリーが「多次元の量子空間なら平行した別の次元が存在する」と言いますが、皆は懐疑的です。ジェリーはマックスにもう1度同じ扉を開けてみろと言いますが、サイモンはびびっており「ジェリーの罠だ、麻薬で幻覚を見せられているんだ」と言います。
サイモンはもう1人の自分が「信じるな」と言っていたと主張し、隠し持っていたナイフを取り出すと皆に命令して部屋を移動し始めました。
移動中、アレックス・トラスクなるハッカーの話題になります。そのハッカーはコンピュータ・ウィルスで東京の株式市場を混乱させたとも、アメリカの軍事予算に抗議してハッキングをし、空軍機を落としたとも言われています。遺伝子工学で初めて作られた人間で、一般人にまぎれて生活しているという噂もありました。
疲れて仮眠している時、サイモンがジェリーに話をします。実はサイモンは本当は私立探偵で、アイゾンという会社に勤務していた行方不明の女性ベッキー・ヤングを探していたというのです。
サイモンは、自分がこの立方体の部屋に閉じ込められたのは、一種の警告かもしれないと考えました。
部屋の中央に透明な何かが現れました。それは四角形になり、超立方体のモデルに変化します。
「綺麗」と言って近寄ろうとしたペイリーをかばい、ジェリーが背中を負傷しました。超立方体の表面がトゲトゲになって攻撃したのです。
隣の部屋に移動しようとサイモンが動き始め、ジェリーは2回目の攻撃でキューブに絡めとられます。ケイトは盲目のサーシャを助けに戻ったため、他者とはぐれました。
サーシャとケイトはそれぞれ部屋の隅にしゃがんでいます。サーシャのサングラスは立方体が吸収しますが、音を立てなくなると、立方体は大人しくなりました。ケイトはサーシャに静かにするよう指示し、しばらくすると立方体は消えました。
ケイトとサーシャはしばし置いておいて、別の人たちを。
「超立方体に入った人間は苦しい死を遂げるのだ」と精神的に追いつめられたサイモンは、ペイリーがわざと認知症の振りをしていると思いこみ、脱出方法を教えろと、拘束したペイリーを脅します。
ところが部屋の隅から尖った石柱が現れたので、サイモンはペイリーの拘束を解こうとしますが、ペイリーがしがみついてきたのでナイフで刺しました。ペイリーの遺体は石柱に呑み込まれます。 この映画を無料で観る

【結】- キューブ2CUBE2のあらすじ4

逃げるマックスとジュリアの残像を見たサイモンは、混乱しているうちに孤立しました。これは可変タイムスピード空間といい、時間がずれて見えるのです。
マックスとジュリアは別の部屋に移動しながら、話をします。マックスはレラティビティーという可変スピードのゲームを作ったのですが、そのアイディアがサイバー社に盗まれたと言います。
訴えたいと言うマックスに、ジュリアは「訴えても示談になる。サイバー社は子会社で、アイゾンが背後についているから」と答えました。ジュリアはアイゾンの弁護士でした。
互いにタイプじゃないと言いながら、マックスとジュリアは抱き合います。そしてそのまま衰弱死しました(ケイトらが開けたキューブの中にそれらしき死体がある)。
さてはぐれたサイモンは、死んだ筈のジェリーを見つけました。そのジェリーはさっき死んだジェリーとは別物で、つい先ほど起きたばかりだと言います。平行現実がクロスオーバーしているというジェリーの説を信じはじめたサイモンは、新たに出会ったジェリーを殺して食べます。
ジェリーともう1度会って殺したサイモンは、探していた女性ベッキー・ヤングを見つけて刺殺しました。
ケイトとサーシャは移動しながら、いろんな部屋を見ます。6人(ケイト&ジュリア&ペイリー&マックス&ジェリー&サイモン)が餓死した部屋や、骸骨の男女が抱き合っている部屋や、首吊りをしているサラリーマンの部屋など。
絶望的になったサーシャは「ここに人を淹れていると知り、警告しようと逃げた」とケイトに告げます。サーシャの正体は、天才ハッカーのアレックス・トラスクでした。
元の部屋に戻ったとケイトが言った時、サーシャが気づきます。時間がくれば1つの部屋に全てのものが集まるのではないかと考えたサーシャは、60659という数字は、その集まる時間(6時06分59秒)と言いました。
そこへサイモンが乱入し、サーシャを拉致します。サイモンはすっかり殺人鬼と化しており、ケイトはサイモンの目をペンで刺しますが、サイモンはサーシャの首の骨を折って殺しました。
ケイトはナイフを突きつけられながらも、サイモンを手拳で殺しました。サーシャのネックレスを回収します。
そして6時6分59秒になった瞬間に下の床の扉を開けてジャンプしました。気づくと水の床に倒れており、ケイトは保護されます。
ケイトはアイゾンの組織側の人間で、ハッカーのアレックス・トラスクの持つUSBの回収を命ぜられていました。
ケイトは将軍にペンダントネックレスを渡しますが、直後に機密保持のため銃殺されます。
将軍は閣下に第2段階が終了したと電話で報告しました。
(サーシャのペンダントのUSBの中身については語られないまま)

みんなの感想

ライターの感想

今度のキューブはただのキューブではなく、ハイパー・キューブなのです。
…と、風呂敷を広げたものの、もったいない感。せっかくいろんな面白そうな設定が新たに加わったのに、生かし切れてない。
サーシャが謎のハッカー、アレックス・トラスクらしいのだが、…目が見えなくてもハッカーできるのかな(差別的発言のつもりじゃございません、お気を悪くしないでください)。
アジア人女性が出てきたもんだから、ついつい肩入れして見ちゃうんだけど、オチがね、納得できないというか。
サイモンも途中からの暴走はイタかったぞ。
キューブは、実は裏には大きな組織が関わっていたんです的な結末は、ちょっと考えれば判ることなのでね。
もうちょっと詳しい情報とか入れてほしかった。正統の続編なんだから。

映画の感想を投稿する

映画「キューブ2CUBE2」の商品はこちら