「クリーピー偽りの隣人」のネタバレあらすじ結末

クリーピー 偽りの隣人の紹介:2016年6月18日公開の日本映画。第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を、黒沢清監督が映画化したサスペンス・スリラー。ある夫婦が怪しい隣人への疑惑と不安から、深い闇へと引きずり込まれていく様子が描かれる。「クリーピー」とは「ぞっとするさま」の意。

予告動画

クリーピー偽りの隣人の主な出演者

高倉幸一(西島秀俊)、高倉康子(竹内結子)、本多早紀(川口春奈)、野上刑事(東出昌大)、西野雅之(香川照之)、西野澪(藤野涼子)、大川(戸田昌宏)、松岡(馬場徹)、西野多恵子(最所美咲)、谷本警部(笹野高史)

クリーピー偽りの隣人のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①犯罪心理学に詳しい元刑事の高倉は妻・康子と愛犬・マックスと共に、一軒家に引っ越す。あいさつに行った隣人は、付き合いを嫌う田中家と変人の西野家だった。殊に西野の変人ぶりは常軌を逸していた。 ②日野市一家失踪事件の捜査を手伝った高倉は、その事件と自宅との共通点を見つける。ところが既に遅く、康子は西野の魔の手に落ちていた。高倉も西野の術中に嵌まるが、西野の弱点を衝いて最後に逆襲した。

【起】- クリーピー偽りの隣人のあらすじ1

1年前…。
犯罪心理学を勉強した警視庁捜査一課の刑事・高倉幸一は、8人の人間を殺した凶悪犯・松岡の精神構造を知りたくて、事情聴取をしていました。
「俺、やりもしないで諦めるの嫌なんです」「どうせやるなら楽しいことをしたい」という松岡の考え方は高倉にとって興味深く、「犯罪でもいいってこと?」とカマをかけてみるのですが、松岡は尻尾を出しません。「俺には俺のモラルがある」と断言する松岡をサイコパス(反社会性人格障害)だと思った高倉は、1週間の留置ぎりぎり粘って話を聞き出していました。
部下の野上に呼び出され「検察へ引き渡さないとならない」と高倉は言われますが、その隙に松岡が監視の警官を殺して取調室から脱走し、階段の踊り場でフォークを武器に女性を人質に取ります。
銃を構えた野上を制止し、高倉は必死の説得をします。「君にもモラルがあるんだろう」と言った高倉は、信頼を得るため(プラス、モラルがあるなら刺されないと油断した)松岡の希望通りに背中を見せ、フォークで刺されました。人質の女性も首を切られます。
松岡は射殺されましたが、高倉は刺された際に松岡が言った言葉「どうですか俺のモラル」という言葉が、いつまでも脳裏に残りました…。
…1年後。
刑事を辞めた高倉は、今は東洛大学で犯罪心理学の教鞭をとっていました。刑事時代に多忙で妻・康子と一緒にいられなかった穴を埋めようと、一軒家を購入して、オールド・イングリッシュ・シープドッグ(大型犬)の愛犬・マックスと共に転居します。
転居初日に高倉と妻・康子は、ご近所に挨拶回りをしました。高倉の家の周辺は右側にはアパートが立ち並び、左側には隣家が2つあります。すぐ隣の西野家は通りよりも少し奥まった場所に位置し、その先の隣家(厳密には二軒先になるか)は田中家です。家同士の位置が三角形になっています。
まず田中家に行くと中年女性が出てきましたが、高倉らが挨拶しても「うち、ご近所とこういう付き合いしてない。面倒でね」と挨拶の品を突き返されました。愛想の悪い対応です。
奥から老婆のうめき声が聞こえました。中年女性の母に当たる老婆が寝たきりで、女性は介護をしているそうです。
1軒めで無愛想な対応をされ、高倉と康子は落ち込みつつ西野家のインターホンを押しました。応答がなく、挨拶は明日にしようといいます。
翌日の昼間に再び西野家を訪問した妻・康子は、中年男性・西野雅之に会いました。ところが西野の応対の奇妙さに戸惑います。
西野宅が留守だと思って最初、康子は挨拶の品を門扉につりさげて帰ろうとしました。すると奥から西野が出て来たのですが「なんですか?」と聞きます。「昨日隣に越してきた高倉です」と挨拶しても「だから、それ、なんですか」と、西野が聞いているのは挨拶の品の中身でした。
「チョコレートです」と答えると、「ああ、チョコレート。今、1粒で1000円とかするの、ありますよね。ああいうのですか?」と西野は言い、康子が違うと答えると目に見えて落胆します。落胆しながらも「チョコレート、嫌いじゃないですよ」と西野は付け足しました。
続いて門扉からすたすたと出てくると、西野は唐突に「お宅、犬飼ってます?」と聞き、「犬も好きですよ」と言います。康子が犬のしつけはしていると触れると「え? 犬にしつけするんですか? …いいと思いますよ」と、なんとも奇妙なやりとりでした。
帰宅した康子は、隣人・西野の厚かましさと変人っぽさに憤り、もう1つの挨拶の品(田中家に突き返された品)をごみ箱に叩きつけます。
その日の夜もまだ康子は気分を引きずっており、西野のことを「感じの悪い人だった」と高倉に言いました。「変人っていうか、取りつく島がないっていうか」と付け足しますが、高倉は「だいたい凶悪犯は近所には愛想がいいから、安心かな」と言い、康子はその言葉に笑います。
高倉は大学の犯罪心理学の助手・大川が、ここ10年関東で起こった犯罪事件の分類をしているのを見て興味を惹かれました。
そのうちのひとつ「日野市一家失踪事件」は未解決です。6年前に両親と長男の3人が行方不明になったもので、長女・本多早紀(当時中3)だけが残されていました。早紀は証言がころころ変わり、証言能力なしとみなされていました。
大川に誘われて高倉は日野市の事件があった家に行きます。家は線路脇の茶色い瓦屋根の家で、無人になって久しいものでした。そのたたずまいを見て、犯罪現場特有の匂いを感じ取った高倉は「これ以上介入すべきじゃない」と言って帰ります。

【承】- クリーピー偽りの隣人のあらすじ2

西野が高倉家の愛犬・マックスにじゃれつかれて転倒し、康子は謝りました。西野は「犬は好きなんですけど、どう扱っていいのか」と照れます。
西野は先日の無礼を康子に謝罪しました。「この辺の人たちは近所づきあいをせず無愛想なので、感じ悪くて失礼しました。今後は失礼のないよう気をつけます」と紳士的に接する西野に、康子は印象を改めます。さらに挨拶の品を手作りのチョコと気づかれ「すごくおいしかったです」と西野は礼を言いました。西野家の中学生らしき娘・澪が帰って来て挨拶します。西野家は西野と妻と澪の3人暮らしだそうです。
去り際に挨拶のつもりで康子が「今度は奥様もぜひ」と声をかけると、西野は急に「どういう意味です?」と言い出して康子は驚きました。礼儀正しくても、やはり西野は少し変だと思います。
高倉が日野市の事件の家に行ったことが、元同僚の野上刑事にすぐ知れました。野上刑事は高倉の大学を訪問し、6年前に取り残され現在は成人になった娘・早紀が、犯罪心理学に詳しい高倉になら会ってくれるかもしれないと言います。高倉は野上に協力することにして、現場に行きました。
すると現場に早紀がいたので高倉は大学教授であることを告げ、何か助けが必要なら言ってくれと告げます。早紀は当時マスコミと警察に無神経なことを聞かれたようで、逃げるように去りました。
帰り道、高倉は西野に話しかけられます。自己紹介をした後、西野は突然「あなたの奥さん、どうしたんです? 根掘り葉掘り聞かれて迷惑してるんです」と初対面の高倉に指摘しました。高倉も気分を害し、その日康子に「近所づきあいはやめとけ」と言います。
日野市一家失踪事件の早紀は事件当時の記憶が曖昧でしたが、最近断片的に記憶が戻ってきたそうで、高倉は話を聞きます。それは非常に漠然で奇妙な話でした。
事件の直前、父や母の電話の相手、兄が接した相手が同一人物で、ある時は母は楽しそうだったり怯えていたりしていました。当時高校生の真面目な兄は、見知らぬ相手に定期的に酒を飲まされて帰ってきていました。それらが全て、同じ人物だったように早紀には思えるのだそうです。
あるいは全て自分の妄想かもしれないと、早紀は言います。
事件時に早紀は修学旅行で3日前から留守にしていました。
そしてさらに後日、早紀は興味深いことを言いました。その人物を見たことがあるような気がするというのです。自室の窓からで、位置的に隣の庭に当たります。
それを聞いた高倉は、本多家の隣家・水田家を野上に調べさせました。事件当時から隣家の水田家とは付き合いがなく、現在空き家になっています。
空き家を捜索した野上刑事は、押し入れの中に入った、布団圧縮袋に入った5人の遺体を発見しました。水田家の2人と本多家の3人のものです。事件は解決したかに思われましたが、では早紀が見たのは誰かという疑問が残りました。
高倉が事件に協力している間、妻・康子と西野の距離は縮まります。
ビーフシチューのおすそ分けに行った康子は、西野に家の中へ誘われますが、気味が悪いので玄関先で辞去しました。西野は高倉のことを「すばらしい方ですね。あれ、モテるでしょう」と言います。
追いかけて来た西野は、自分の妻が鬱病でどうしていいか悩んでいる、精根尽き果てたと告げました。康子は、そのせいで西野の態度が妙なのだと納得し、なるたけ協力しようと思います。
高倉が帰宅すると、康子が隣家の娘・澪に料理を教えているところでした。しかも西野も家に入りこんでいます。4人で食事した高倉は西野に職業を質問し、西野は「株式の協会関係」と言葉を濁しました。高倉は怪しいと感じます。
別の日、電車の中で西野と会った高倉は、西野がかつて出版社の営業をしていたことや、その時代に東洛大学の事務の人と現在も年賀状のやりとりが続いていると聞きました。西野は別れ際、「今度うちにいらっしゃってください」「今度どっかで一杯」とやたらフランクに言います。
愛犬・マックスを探した康子は、公園で西野と一緒にいるマックスを見つけました。街をうろうろしていたので保護したと西野は言い、「奥さんじゃなくて、康子さんって呼んでいいですか」「康子さんも、もっと自由に走り回りましょうよ」「ご主人と僕と、どっちが魅力的ですか」と聞きます。
康子は西野と接する時間が長くなるにつれ、少しずつ西野に影響されていきました。ここにはある薬物が影響していますが、それは後に触れます。
高倉は野上刑事の捜査に協力していたため、気づかないままでした。

【転】- クリーピー偽りの隣人のあらすじ3

ある日、高倉は西野家の娘・澪に「あの人、お父さんじゃないです。全然知らない人です」と言われました。どういう意味か図りかねている時に西野と康子、マックスが戻ってきたのでそれ以上追及できません。
康子が階段で誰かに電話しているのを見つけた高倉は、電話の相手を聞きますが、康子が激怒しました。康子の感情の爆発も、新しい環境に慣れていないせいかと高倉は思いこみます。
マックスを散歩させた高倉は坂の上から我が家を見て、あることに気づきます。日野市一家失踪事件の「本多家」「水田家」の配置と、「高倉家」「西野家」の位置関係が共通しているのです(共通事項:近所づきあいがない、水田家と西野家は少し通りから距離がある、住宅地にあり周囲がアパートで他との接点がないなど)。
すごく突飛な考えですが、本多早紀が言っていた「家族と会っていた同一人物」と西野が同じ人なのではないかと思った高倉は、野上刑事に「西野雅之」について調べてくれと頼みました。
野上刑事は早速調べます。その結果、本多の父の職業が協会理事で、西野雅之と同じでした。さらに驚くべきことに、西野雅之という人物の免許証の顔写真は、実際の西野とまるで別人です。
西野宅を訪問して事情聴取しようとした野上刑事は、玄関先で放置されたので断って家に入りました。家の奥に進むとコンクリートむきだしの部屋があり、金属の分厚い扉を開けます…(注:映画では描かれないが自己注射器で動けなくされた可能性あり)。
その夜、高倉は田中家で爆発が起こるのを見ました。高倉は救助に行こうとしますが、立て続けに爆発が3回起こって家はすぐ炎上し、玄関先からも炎が出たため、救助は無理でした。
近所のアパートの住人も見物に出ているのに、西野家はテレビを見ていて誰も出てきませんでした。
現場検証をした谷本警部から、田中家の爆発はガス漏れで焼け跡から3体の遺体が発見されたと聞きます。2体は田中家の住人(女性と寝たきりの母)で、もう1体は野上でした。それを聞いた高倉は、爆発が起きた時も平然とテレビを見ていた西野の犯行だと思いますが、物証がありません。
焦った高倉は日野市の事件の早紀に西野の写真を見てもらおうとしますが拒否されて、「それでもあなたは人間か」と責められました。
その間に西野は康子と会っています。康子の腕には注射痕が残るようになっていました。
隣家の西野家のコンクリ部屋には、下着姿の西野多恵子が布団圧縮袋にパックされた全裸の男の死体(本物の西野雅之)を処理していました。西野は澪に通帳の場所を聞き、残高が少ないことを嘆きます。
澪が母・多恵子に注射を打ってもいいかと聞き、自己注射器を使います。
そろそろ詳しい事情が出てきたので、少し解説します。
自己注射器は押し当てるだけで注射針が簡単に打てる器具で、アナフィラキシーショック(重度のアレルギー反応)の治療で使われるものです。薬剤はエピネフリン(アドレナリン)で筋弛緩剤の作用も果たし、これを多用することで依存性が増します。
西野はアナフィラキシーショックの際に使う自己注射器を乱用して、澪の母・多恵子を廃人同様にしていました。野上刑事を動けなくしたのも、高倉の妻・康子に打つのもこの注射です。1回きりだと行動能力が落ち、日常的に打ち続けると依存症(薬物依存)になります。
西野は、6年前には日野市一家失踪事件の首謀者で本多家と水田家の財産を奪い、今回は西野雅之になりすまして西野家の財産を奪っていました。西野はサイコパス(反社会性人格障害)です。
ひとつ特異な点があるとすれば、西野は自らの手で殺人や殺害をしたがらないというところです。誰か他者にさせます。今回は、本物の西野雅之の遺体の処理は妻・多恵子にさせ、多恵子の注射は娘の澪に代わりにさせました。他者にさせて「他者のせい」にすることで、自分なりのモラルを保っています。
布団圧縮袋に入れられた西野雅之の遺体は、西野家のコンクリートの床中央にある、はめ込み式の板が張られている下に捨てられました。
注射を打って落ち着いている筈の妻・多恵子が西野を襲い、西野は多恵子が反抗したから殺せと言って、拳銃(野上刑事から奪ったもの)を金庫から出して澪に命令します。実の母に手を下せずに躊躇する澪にイラついた西野は銃で多恵子の頭を撃ち、「これじゃ犯罪者になっちゃうじゃないか。全部お前のせい。後始末、ちゃんとやっときなさい」と澪に言いました。
澪は1人でできないと言い、西野は康子を連れてコンクリの部屋に入れます。康子は多恵子の死体を見て驚きますが、「澪がやった。警察を呼んだら澪が逮捕されちゃう」「元々は康子さんの責任です」と言って、責任を康子に転嫁しました。澪からもそうだと言われた康子は、そんな気になって死体の処理を手伝い始めます。

【結】- クリーピー偽りの隣人のあらすじ4

ガムテープで遺体の両手両足首を固定して布団袋に入れ、液体消臭剤を遺体にかけ、ガムテープで袋の入り口を途中まで縛り、大型吸引機で空気を抜きました。
高倉は警察で西野の素性を教えろと要求しますが、一個人なので教えてもらえません。では野上刑事のパソコンを見せてくれと言いますが、それも拒否されます。
帰宅した高倉は妻・康子の不在に気づきます。さらにドアチャイムが鳴り、隣家の娘・澪が逃げ込んできました。高倉は家に入れ「そうか、(西野は)お父さんじゃないんだな」と言うと、澪は頷きます。
澪を追った西野がドアチャイムを鳴らして乱暴にノックし、鍵を開けて入ってこようとしました。鍵は康子から受け取ったものです。
高倉は澪に警察への通報を指示し、西野を取り押さえました。警察がやってきますが、澪が「私まだ警察呼んでない」と言います。西野が先手を打って通報していました。西野を取り押さえた高倉が、傷害罪で逮捕されます。
谷本警部が高倉に応対しました。
先の野上刑事殺害の件について、谷本警部は野上刑事には借金があったと言います。高倉宅に金の無心に行ったけれども留守で、自暴自棄になった野上刑事が隣家の田中家に入って無理心中を図った、拳銃は暴力団に横流ししたのだろうというのが、警察の見解でした。
高倉は「西野は水田である可能性」を指摘しますが、遺体の1つは水田の確認が取れています(だから西野は過去にわたって事件を起こしている可能性あり)。
但し…と前置きして、谷本警部は、野上刑事のパソコンの履歴に西野雅之を検索した記録があったと言いました。別室にその西野を呼んでいるから一緒に会おうと、高倉に告げます(谷本警部は高倉の主張を信じている)。
取調室に行くと西野はいませんでした。帰宅したと警官が言います。谷本警部と高倉は2人で家に行きます。
高倉は妻・康子を探しに自宅へ行き、谷本警部は西野宅へ赴きました。谷本警部は西野宅のコンクリートの部屋を見つけ、木の床部分を踏み抜いて落ちて自己注射器を打たれ、意識朦朧となります。
高倉は自宅に康子がいないので隣家に行き、注射で呆然自失としている康子を見つけました。「あなたまでここに来る必要なかったのに。私、もうとっくに諦めちゃったの」と言われた高倉は「もう一度やり直そう、やり直せる」と康子の肩を抱きます。
康子を連れ出そうとした高倉は、コンクリートの部屋に気づき入りました。高倉は谷本警部の姿を見つけ、奥から西野が銃を持って現れます。
西野は銃を高倉に向けながらも撃つ意志がない証に、康子に銃を渡しました。康子は西野に返します。西野は犯罪を「全部人にやらせる」と言いました。自分が手を汚さないことを自慢したいようです。
高倉は西野に「サイコパスだ、可哀想に」と言いますが、操られた康子が高倉に注射を打ちました。高倉は気力喪失し、西野はそんな高倉に「いかれてるな」と言います。
注射を打たれ続けた高倉と康子は無気力になりました。西野は家族が増えたと喜び、次の住みかを探すべく、車で移動を始めます。康子に運転させ、助手席に澪、後部座席には西野と愛犬・マックスと、手錠で車に繋がれた高倉が乗りました。
16号線を北上してくれと康子に指示し、閉店したレストランの駐車場に停めさせると、西野は屋上から周囲を望遠鏡で見て、次のアジトの目星をつけます。そして該当する条件の家を見つけて笑い、みなに「見つかったぞ、新しい家」と言いました。
高倉夫妻と西野の関係は従兄弟と決めたところで、マックスを見た西野は「やっぱり邪魔だな、ごめんね、マックス」と呟きます。
銃を突きつけたものの、自分で銃の引き金をひきたくない西野は、手錠を外して高倉に銃を渡すと「これやって」と言いました。
その瞬間を高倉は狙っていました。高倉はまだ薬物依存が進んでなく、操られないよう強い意志を持ち続けていました。
銃を手渡された高倉は「これがあんたの落とし穴だ(自分で手を下したくないから人にさせるという行為が自らの首を絞めたという意味)」と言うと、西野に連続で3発撃ち込みます。
西野の死を澪は喜び「ざまあみろ、バカだこいつ」と嘲り笑います。ただ、いつまでも笑い続ける澪も、正気の沙汰ではありませんでした。マックスは澪のところへ行き、そのまま澪はマックスを連れて散歩に行きます。
康子は落ち着いたところで怯えて取り乱し、絶望的な悲鳴を上げました。高倉は康子を抱きしめながら、落ち着かせます。
西野は笑顔のまま死んでいました。
(この映画の主たる意図はタイトルのとおり「ぞっとさせる」ことなので、細かなアラがあるが、監督がしたいことを汲みとればよいようになっている。例:薬物の扱い
また西野はサイコパスなので、犯罪動機はあってなきがごとしである)

みんなの感想

ライターの感想

香川が圧巻の演技。気持ち悪さ、薄気味悪さ全開で演じてくれた。
タイトルにあるとおり、この映画で描きたかったのは「ぞっとする様子」なので、細部のアラについては触れまい。
それでもやっぱり釈然としない部分はいくつかある。特に注射器の使い方、扱われ方については疑問が大きい。
(あらすじに書いたのはあくまで私個人の見解。薬物の種類については「こうではないか」と推理しただけなので、もし異論がおありの方はご指摘ください)
露見せずにやっていけるのかとか、西野の正体とかも、たぶんどうでもいいことなのだろう。
見終わってみると、ほぼ出ずっぱりで西島が力演していたにもかかわらず、印象が薄いのは、香川演じる西野のインパクトが大きすぎるからだろう。
  • たまごちゃんさんの感想

    う〜ん。。。 なんだろ? 面白いんだかどうだかって感じの映画かな。。。。 役者の演技は素晴らしいし、予告も面白そうだし。
    ただ見ていて、なんというか、イライラしっぱなしでした。こんなに日本の警察官はバカなのか? なぜ主人公は声を荒げるだけでキチンと説明しないのだ?? こんなにバカの集まりで大丈夫か??? てな感じでイライライライラ。つまり脚本がだめなのか? わかりません。でも役者は良かった。

映画の感想を投稿する

映画「クリーピー偽りの隣人」の商品はこちら