「ゲーム」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ゲームの紹介:もらい受けた一通の招待状から始まる奇怪な出来事の連鎖。一連の出来事に主人公はどう対処していくのか?そして向える驚くべき結末。今もなお根強いファンがいる作品。

この映画を無料で観る

ゲームの主な出演者

ニコラス・ヴァン・オートン(マイケル・ダグラス)、コンラッド・ヴァン・オートン(ショーン・ペン)、クリスティーン(デボラ・カーラ・アンガー)、ジム・ファインゴールド(ジェームズ・レブホーン)

ゲームのネタバレあらすじ

【起】- ゲームのあらすじ1

ニコラス・ヴァン・オートンは投資家として成功を収めていたましが、妻とは離婚し、打ち解けられる友人もなく、傍から見れば寂しい人生を送っていました。
ある日久しぶりに再会した弟のコンラッドから、ニコラスの誕生日プレゼントと称して一通の封筒がプレゼントされます。中にはカードが入っており、そのカードには「CRS」と書かれていました。いぶかしがるニコラスにコンラッドは、「人生を楽しむためにそこに電話しろ」と告げます。
コンラッドに念をおされたニコラスでしたが、特に気に留めるでもなく孤独な屋敷に帰っていきました。屋敷で別れた妻からの電話を受け取ったり、幼少期の父親の自殺のフラッシュバックを見たりして、その日は眠りにつきました。 この映画を無料で観る

【承】- ゲームのあらすじ2

ある日仕事で訪れたビルでニコラスは「CRS」の文字を目にします。持っていたコンラッドにもらったカードを見て、興味をそそられたニコラスは中に入っていきます。
中に入ると人がせわしなく作業をしていました。受付でカードをもらった旨を告げると、ジム・ファインゴールドを紹介されました。ジムのオフィスに案内されたニコラスは尋ねます「何の会社なんだ?」するとジムはこう答えます「お客様に合ったゲームを提供する会社だ」と。
ゲームをやめたかったらいつでもやめることができることを説明され、ニコラスは申込書にサインをすることにしました。別の日、ある施設のロッカールームでニコラスは「CRS」の言葉を耳にします。話をしていた二人にニコラスは尋ねます。「どんなゲームか?」と、すると一人が聖書の一説を引用します。そしてこう言いました「私は盲人であったが、今は見える」と。
帰宅したニコラスは、中庭で奇妙なピエロの人形を見つけます。ピエロの口には「CRS」と書かれた鍵が入っていました。居間で不思議そうに鍵を眺めていると、点けていたテレビの中の男性が突然話しかけてきて「君のゲームは始まった」と告げました。

【転】- ゲームのあらすじ3

その日からニコラスの周りで奇妙な出来事が次々と起こるようになります。ある晩食事をしていたニコラスは、ささいなアクシデントからウェイトレスのクリスティーンと顔見知りになります。
そして例のごとく今度は彼女も巻き込んだ奇妙な出来事に遭遇します。翌朝クレジットカードを預かっているとの連絡をホテルから受けたと秘書から連絡がありニコラスはホテルに向かいます。
案内され泊まった覚えのない部屋に向かうと、そこにはクリスティーンと思しき艶めかしい写真が大量に散乱していました。そして異変はエスカレートしていき、身の危険を感じるほどの状況にまで進展していきました。コンラッドはCRSに騙されたとわめきちらし、ニコラスは状況が分からずパニックに陥ります。
そしてゲームを止めるべくCRSのオフィスに向かうもそこはすでにもぬけの殻でした。写真のことでクリスティーンを問い詰めると最初はしらを切っていましたが、ニコラスの鋭い指摘に急に慌て始めます。すると突然銃を持った複数の男に襲撃され、ニコラスたちはその場を後にします。
クリスティーンよるとCRSは犯罪組織で、狙いはニコラスのお金であると白状します。また自分は雇われただけで、コンラッドもグルだということも。慌てて銀行に確認すると口座はすでに空になっていました。二人は安全な場所に身を隠し、ニコラスは弁護士に預金の件を伝えると、奇妙なことに彼は預金は無事だと言います。
混乱するニコラスにクリスティーンは彼もグルよと伝えます。すると突然意識が朦朧としてくるニコラス。クリスティーンによって睡眠薬を盛られてしまったのでした。

【結】- ゲームのあらすじ4

目を覚ますとそこはメキシコの墓地でした。ニコラスは棺桶に入れられ埋葬されていました。何とかアメリカに戻り自宅に行くと、そこには競売中の張り紙。身も心もボロボロになってニコラスは今までの態度を悔いたのか、別れた妻に謝罪をします。
するとそこに置いてあったテレビにジムの姿が映ります。何かを決心したかのようにニコラスは行動を開始します。そして手を尽くしてようやくジムを見つけたニコラスは、銃を突きつけCRSへ案内しろと脅します。ジムを人質に取りCRSのオフィスを進んでいくニコラス。
そこでクリスティーンを見つけたニコラスは、今度は彼女を人質に取り警備員の銃撃をかわし屋上に立てこもります。黒幕を呼べと声を荒げるニコラスですが、クリスティーンは誰も来ないわとあしらいます。すると突然銃の違いを指摘するクリスティーン。訳が分からないニコラスは、それが何なんだと怒りをあらわにします。本来ならCRSが用意した偽の銃をニコラスが持っているはずで、その銃を持ってCRSに乗り込み屋上に立てこもるまですべて予想済みで、ゲームの脚本のうちであると説明します。そして屋上のドアの向こうにはコンラッドたちがシャンパンを持ってニコラスの誕生日を祝おうとしていると言います。
銃が本物であることに危険を感じたクリスティーンは慌ててゲームの中止を要求します。信じられないニコラスは、ドアに銃口を向け開かれる瞬間を待ち構えています。そして開いた瞬間ニコラスは引き金を引きました。そこにはクリスティーンが言った通りシャンパンを持つコンラッドたちが。無情にも銃弾はコンラッドの体を貫きます。
自暴自棄になったニコラスはそのままビルの屋上からダイブします。すると下には大きなクッションが引かれていて、ニコラスは傷一つ負うことなく地上に着地しました。なんとこれまでもがゲームの内だったのです。
全てをさらけ出し心が氷解したニコラス。コンラッドにお礼を述べ、会場を後にしたというクリスティーンを追います。クリスティーンはこれから別の仕事でオーストラリアに向かうとニコラスに告げました。
帰ってきたら食事を、と誘うニコラス。出立まで時間があるからコーヒーでも、と返すクリスティーン。二人は空港へ向かうのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゲーム」の商品はこちら