「コピーキャット」のネタバレあらすじ結末

コピーキャットの紹介:1995年製作のアメリカ映画。タイトルは『模倣犯』という意味。過去の有名な事件の手口を模倣する正体不明の連続殺人犯と、それを追う2人の女性の対決を描いたサイコ・サスペンス。『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバーと『ピアノ・レッスン』のホリー・ハンターのアカデミー女優2大競演。

この映画を無料で観る

予告動画

コピーキャットの主な出演者

ヘレン・ハドソン(シガニー・ウィーバー)、M・J・モナハン刑事(ホリー・ハンター)、ダリル・リー・カラム(ハリー・コニック・ジュニア)、ルーベン・ゲッツ刑事(ダーモット・マローニー)、ピーター・フォーリー(ウィリアム・マクナマラ)、クイン署長(J・E・フリーマン)、ニコレッティ刑事〔ニコ〕(ウィル・パットン)、アンディ(ジョン・ロスマン)、スーザン(シャノン・オハーリー)

コピーキャットのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①サンフランシスコで連続殺人が起こる。殺人鬼・ダリルに狙われて屋外恐怖症に陥ったヘレン博士は、モナハン刑事と協力し、犯人の手口を見破る。 ②犯人を特定したヘレン博士は犯人・ピーターを挑発し、ピーターはヘレン博士を狙う。モナハン刑事がピーターを射殺。しかし黒幕は死刑囚・ダリルで次の弟子を作っていた。

【起】- コピーキャットのあらすじ1

アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ。
犯罪心理分析医の中年女性ヘレン・ハドソン博士は、大学生を前に犯罪心理学の講義をしていました。壇上ではきはきと喋るヘレン博士は、ショートカットに赤いレディーススーツを着ており、できる女性といった感じです。
快楽殺人犯について話をするヘレン博士は、会場にいる男性たちを立たせて、「20歳以下と35歳以上は座って」「東洋系、アフリカ系の人も座って」というふうに指示をし、残った男性たちを示して「連続殺人犯の9割は20~35歳の白人男性だ」と言います。「デサルボ、ビアンキとブオーノ、バーコウィッツ、ダーマー、バンディ」と連続殺人犯の名を挙げた後、だから立っている人は該当すると言わんばかりに、冗談めかして示唆します。
快楽殺人犯は往々にして、定職を持ち、感じのよい目立たない男たちであるのだと言ったヘレン博士は、現在だけでもFBI(連邦捜査局)が捜査中の者が35人いると言いました。
講義の最中、ヘレン博士は聴衆の中に殺人鬼のダリル・リー・カラムを見た気がして、一瞬言葉を呑みこみます。改めて見直すと全くの別人だったので、講義を続けますが、ヘレン博士は不安でした。
ヘレン博士には護衛がついています。というのも、先の殺人鬼・ダリルの心理分析をしたことがきっかけで、いい意味でも悪い意味でもダリルに目をつけられていました。今でいうところの、ストーカーのようなものです。
ダリルは死刑判決を受けていますが脱獄し、ヘレン博士を狙う可能性がありました。それでヘレン博士に護衛がついているのです。
講義の後、女性トイレに行った際にも、先に護衛がトイレをチェックしました。女性トイレには個室に黒いハイヒールを履いた人物しかいないので、護衛はヘレン博士をトイレに通します。
しかし…この黒いハイヒールの足はダリルでした。個室に入って便座にトイレットペーパーを敷いている(便座に直接座りたくないため)ヘレン博士の首にワイヤーをかけると一気に吊りあげます。
ヘレン博士は排水管ごしにワイヤーで首を吊られました(この映像がインパクト大)。
いつまでも出てこないので、護衛が呼びかけながらトイレに入り、吊られているヘレン博士を見ました。ヘレン博士はワイヤーに両手をかけて首に食い込むのを避け、つま先がぎりぎり便座に届くか届かないかなので、死んではいません。そして、即死させないということこそが、快楽殺人犯・ダリルの楽しみでもあるのです。苦痛に歪む、大好きなヘレン博士の顔を見るのが好きなのですから。
入ってきた護衛の銃を右手で掴んだダリルは、左手に持ったナイフで護衛の首を切ると、銃で護衛を仕留めました。
そして嬉しそうな顔で「ハドソン先生」とヘレン博士に呼びかけます…。
…13か月後。
ダリルは再び捕まって投獄されています。死刑囚であることに変わりはありません。死刑執行もまだです。
ヘレン博士は13か月前の出来事がきっかけで、パニック障害と屋外恐怖症を併発していました。幸い著書が大ヒットしたので豪邸を買い、大柄でゲイの男性助手・アンディに身の回りのことを頼み、家の中だけで生活しています。
悪夢を見るとパニック発作を起こし、過呼吸に陥ります。アンディがいる時はアンディが措置をしてくれますが、そうでない時には薬を飲むので、薬物依存症になりかけていました。
屋外恐怖症は重症で、朝刊を取るのすら恐怖です。朝刊配達が少しでも扉から遠くに置いた場合には、舌打ちしてほうきで必死に手繰り寄せようとします。それでも届かない場合には決死の覚悟でダイビングし、這いながら玄関に戻ります。
外に出られなくなったヘレン博士は、パソコン3台を操って、チャットとネットゲーム対戦くらいしか楽しみがありません…。
…その頃、サンフランシスコで3件の殺人が起こります。被害者はいずれも若い女性で、浴槽に絞殺死体を残し、ストッキング(パンティストッキングではなく、太ももまでしかないストッキング)を蝶結びにするという手口でした。同一犯と思われます。
サンフランシスコ市警察殺人課に所属する女性M・J・モナハン刑事(MJはメアリー・ジェーン)と若いイケメン男性ルーベン・ゲッツ刑事は、2人組でこの事件の担当になっていました。
ちょび髭を生やした初老の男性・クイン署長は連続殺人犯だと思われたくなくて、通報を受けて最初に到着したマイク巡査に指示し、モナハン刑事とルーベン刑事に内緒でストッキングを隠させます。連続殺人犯だとマスコミが大騒ぎしますし、犯人が捕まえられない場合には署の威信に関わるので、証拠を隠匿したのです。
しかしモナハン刑事はすぐに気づきました。マイク巡査に詰めより、白状させます。
ストッキングのことと死因はマスコミには伏せています。秘密の暴露(真犯人しか知らないこと)として、隠していました。
というのも、こうした殺人が起こると警察署に「俺が犯人だ」と言い出す者もいるのです。ハーヴェイという男がそうで、毎回事件が起こるたびに「俺がやった」と名乗りを上げていました。今回で87回目です。ハーヴェイは刺殺と答えたので、追い返されました。
いたずら電話もよく署にかかってきます。そういう場合には逆探知も行ないます。 この映画を無料で観る

【承】- コピーキャットのあらすじ2

3件目の殺人事件が起こった後、モナハン刑事に匿名電話がかかってきました。その電話では「犯行は28日間隔、月の満ち欠けに関係している」と告げます。
黒人女性・ジジに逆探知させたモナハン刑事は、電話の主がヘレン・ハドソン博士と知り、興味を持ちました。電話には「いたずら電話でしょ」と告げたものの、相棒のルーベン刑事を連れ、ヘレン博士に会いに行きます。
ヘレン博士も「いたずら電話呼ばわり」にカチンときており、当初2人の刑事に反感を持っていました。モナハン刑事は捜査資料一式をヘレン博士のところに置き、「なんなら警察署まで同行してもらって話を聞いてもいいのだ」と告げます。
この「警察署まで同行」という言葉を聞いて、ヘレン博士にパニック発作が起きました。助手のアンディが駆け付け、紙袋を過呼吸のヘレン博士の口にあてがうのを見て、驚きます。
ヘレン博士を寝かせつけた後、アンディが事情を説明しました。モナハン刑事は申し訳ない気持ちになります。ヘレン博士が連続殺人事件について、電話をかけて口出ししていたのは、自分が外に出て仕事ができない裏返しだったのだと知りました。
助手のアンディはモナハン刑事に、ヘレン博士がよくなったら捜査資料を見せると約束します。実際、回復したヘレン博士は酒を飲みながら捜査資料に目を通しました。
ひと晩じっくり資料を見て考えたヘレン博士は、夜更けにカーテンを閉め、シャワーを浴びます。着替えの服は黒を出したつもりでしたが、戻ってくると赤いスーツ(冒頭の、事件が起きた時のスーツ!)に変わっていました。訝しく思いつつも、侵入者という確信が持てなかったヘレン博士は、黙っていました。
モナハン刑事もその日、残業してヘレン博士の事件について調べます。生え際が後退ぎみの元恋人の同僚・ニコレッティ刑事、通称・ニコが話しかけますが、相手にしません。
モナハン刑事はニコと別れていますが、完全に嫌いになったわけではありませんでした。そして現在の相棒ルーベン刑事は年下ですが、年上女性のモナハン刑事に思いを寄せており、できれば口説きたいと思っています。ニコ刑事もルーベンの気持ちを知って、早くモナハン刑事と復縁したくて、それで事あるたびに力になると言うのです。
翌日、ヘレン博士はモナハン刑事とルーベン刑事を呼ぶと、資料について見解を述べました。実はモナハン刑事は1つだけダミーの資料を入れていたのですが、ヘレン博士は看破すると、残り3件の事件は同一犯だと指摘します。
犯人は快楽殺人鬼で、自分が力を持っていることを相手に示したいのだと告げたヘレン博士は、「舌骨が折られている」「絞殺」「パンストではなくストッキングで、蝶結び」といったことを次々に言い当てました。モナハン刑事は内心舌を巻きます。
ヘレン博士は「これはボストン絞殺魔のデサルボの真似だ」と指摘しました。20年前に起きた連続殺人鬼の手口の真似をする、模倣犯(コピーキャット)なのです。
犯罪心理学を20年間研究し続けたヘレン博士だからこそ、あっという間に突き止められた事実でした。
モナハン刑事は捜査の協力を依頼しますが、ヘレン博士は過去に起きたダリルの体験から、こりごりだと答えます。
しかしそう言っていられなくなりました。ヘレン博士にメールで挑戦状が届いたのです。
それは次の犯行予告で、被害者と思しき女性の顔がドクロマーク変化する動画が、ネットゲームの挑戦状を装ってヘレン博士に向けて送られました。
自分宛にわざわざメールが送信され、しかも動画をコピーしようとするとファイルが消えるウイルスを添付されていたので、ヘレン博士は神経を尖らせます。
災いが及ぶかもしれないと言うヘレン博士に、モナハン刑事はガードマンをつけると答えました。そして実際、警備の者を派遣します。クイン署長はヘレン博士の協力にしぶい顔をしますが、モナハン刑事は協力を要請し、ヘレン博士も犯行予告が送られてきた以上、関係者になったので退くわけにはいきません。そして後に判明するのですが、モナハン刑事がヘレン博士に協力を要請したことを察知したから、犯人がヘレン博士に挑戦状を送りつけてきたのではなく、初めからヘレン博士を巻き込むつもりだったことが分かります(この段階では分からず)。

【転】- コピーキャットのあらすじ3

イケメンの若い刑事・ルーベン刑事と話をしたヘレン博士は、ルーベン刑事がモナハン刑事に気があることを見抜きます。「(年上の)あなたも視野にある」と言われたヘレン博士はルーベン刑事の恋に協力するために、ルーベン刑事と関係を持ったかのように振る舞いました。ルーベン刑事もヘレン博士の香水をつけて朝帰りを装い、モナハン刑事の気を引こうとします(本当は肉体関係にない)。
翌朝、第4の遺体が発見されますが、それまでの手口と全く異なっていました。共通点は若い女性というだけで、第4の遺体女性は暴行を受け、丘の頂上にポーズをつけた状態で捨てられていました。
それを聞いたヘレン博士は、分泌型と非分泌型の2種類の精液がまじっていないかと指摘します(注:血液型が容易に特定できるものかどうかで分泌型か非分泌型に分類される。特定できるのが分泌型。DNA鑑定できるようになった現在はあまり関係がないが、およそ8割の人物が分泌型)。その通りでした。
ヘレン博士は、「ビアンキとブオーノの丘の上の2人組殺人鬼の模倣だ」と言います。
わずか6週間で4件の殺人事件が発生したので、マスコミは大騒ぎしていました。
続いて白人女性の射殺体が森の中の車中で発見されます。電話でこの話を聞いたヘレン博士は「カーステレオで〝パートリッジ・ファミリー〟のテーマソングが流れていなかったか」と質問し、第一発見者に聞くと大音量で流れていたので、消したそうです。これはバーコウイッツの犯行の真似でした。
モナハン刑事も気づき、もしバーコウイッツの真似ならば、現場に残って必ず見ている筈だと野次馬に目を凝らしますが、分かりませんでした。
同じ頃、警備のバート警官の目を盗んでヘレン博士の家に侵入者があり、ヘレン博士は襲われかけます。モナハン刑事はヘレン博士に「犯人は常に先手を打っている。あなたも考えて」と言いました。
ザ・ポリスの曲と犯行文が警察に送られてきます。クイン署長はヘレン博士にもう頼むなと言いますが、モナハン刑事は無視してヘレン博士に話しました。ヘレン博士は、犯人は親に突き放され辱められた人物で、人真似をしてでも有名になりたくて、人殺しを芸術だと思っている研究職の男性だと言います。逮捕されて有名になりたいというのが、殺害動機だろうとも言いました。
ヘレン博士のベッドに、大量のアリとダリルの著書『ナイフのある人生』の本と指が置かれていました。本にはダリル直筆のサインまで入っていました。
ヘレン博士の家のパソコンで、モナハン刑事はダリルとテレビ電話で会話できるよう手配し、質問します。ダリルは「ハドソン先生(ヘレン博士)を出してくれたら答えてやる」と言います。
ヘレンが話すと「先生! 連絡を待ってた」とダリルは喜んで、犯人はピーター・カーテンだと答えました。ピーター・キュルテン(ドイツの連続殺人鬼の名前)かとヘレン博士が聞くと「あいつ偽名を使ってやがったのか」とダリルは言います。
ダリルは自分宛にファンレターを寄越してきた者がいたので、それでサイン入りの本を届けたとあっさり自供しました。さらにその相手が自分の精液を欲しがったので液体せっけんを送る手筈をし、2日前に出所した男に届ける予定だと言います。
ヘレン博士のパンティーをもらえたら時間と場所を教えると言い、「今夜10時、ダンバー食肉工場」と答えました。
モナハン刑事は相棒のルーベン刑事をチャイナタウンに派遣していましたが、署に戻るよう指示します。
ところが…署内で大量の中国人を摘発し、そのうちの1名がニコの拳銃を奪ってルーベン刑事を人質に取り、逃走を図りました。廊下で見つけたモナハン刑事が中国人の肩を撃ちますが(生きて確保するため、わざと肩を撃った)、油断したルーベン刑事が中国人に射殺されます。
拳銃を奪われて有給停職処分になったニコは、処分よりも自分の銃でルーベン刑事が死んだことを嘆き、モナハン刑事も相棒の刑事の死に落ち込みます。
この騒動が署内であったため、せっかく取引現場の日時が分かっていながら、犯人を取り逃がしてしまいました。
ヘレン博士は怒りますが、ルーベン刑事が死んだと聞いてショックを受けます。そしていつぞやの朝帰り(ルーベン刑事の香水のにおい)は嘘で、特別な関係はなかったと告白しました。
ヘレン博士の助手・アンディがクラブに行った後、殺されます。手口はダーマーだと見抜いたヘレン博士は、あることに気づきます。ヘレン博士の講義を収めたビデオを見たモナハン刑事も分かりました。

【結】- コピーキャットのあらすじ4

デサルボ、ビアンキとブオーノ、バーコウィッツ、ダーマー…この順番は、ヘレン博士が殺人鬼・ダリルに襲われる直前に講義を行なった際、列挙した殺人犯のとおりなのです。
つまりその通りだと次は殺人犯テッド・バンディで、ひと晩に3人の女性を殺す予定です。
テッド・バンディは片方の腕にギプス、松葉杖のケガ人を装って女子寮に現れ、目立つ車「金色のフォルクスワーゲン」に乗っていました。
80km圏内の女子大に警備をかけるとともに、ストレートヘアの女性は見知らぬ接触を避けるよう口頭注意させ、モナハン刑事はフォルクスワーゲンのオーナー記録を調べました。そしてアンディのゲイのパートナーにオーナー記録の顔写真を見てもらい、犯人に辿り着きます。犯人はピーター・フォーリーという、眼鏡をかけた若い男性でした。
助手のアンディが殺されたのを受け、ヘレン博士も犯人を挑発します。自分とドクロマークの男性のウェディング写真を合成して「ヘレンからピーターへ」とメール送信し、挑発します。
クイン署長はSWAT(特殊部隊)をピーター宅に出動させましたが、すでにピーターの母は殺され、地下室から火の手があがっていました(注:本編で触れられなかったが、ピーターは母親に愛犬チワワよりも格下に冷遇されていた)。灯油が部屋中に撒かれており、火の回りは速く、証拠は残りませんでした。
しかし犯人は女子大の方に意識が向けられている隙をつき、ヘレン博士を襲います。ドアチャイムを鳴らして制服警官を装ったピーターは、もう1人の警官と談笑している振りを装って開けさせ、ナイフで制服警官を殺すとヘレン博士を殴って気絶させました。
ヘレン博士に赤いスーツを着せながら、電話をかけてきたモナハン刑事に「後手後手じゃないか。ひとりで追ってこい」と言います。モナハン刑事は防弾チョッキを着用すると出かけました。
気つけ薬をかがされて目を覚ましたヘレン博士は、自分が講義をした女子トイレにワイヤーで首を吊られていることに気づきました。ダリルの犯行の再現です。
殺人鬼・ピーターは、殺した制服警官を配置させようとしていました。そしてヘレン博士の前で、得意げにべらべらしゃべりながら、ヘレン博士のスーツのボタンをちぎり、メスでスリップに縦に4本の筋を入れます。
ヘレン博士はピーターを罵倒すると、唾を吐きかけました。
(ピーターが金のフォルクスワーゲンを所持していたことから、当初は女子大を襲うつもりだったと思われる。しかしヘレン博士の挑発を受けて、ターゲットを変更したのではないか)
モナハン刑事は講義のあった大学に着くとクイン署長に連絡しました。しかしそこでセンサーが鳴ったので、ひとりで女子トイレに向かいます。
センサーはピーターの方で鳴っていました。ピーターは殺した警官に化けて潜み、女子トイレに入ってきたモナハン刑事を撃ちます。
倒れたモナハン刑事を見て、ヘレン博士はわざと首を吊って死のうとします。
快楽殺人鬼にとっては「相手が苦しみながら死ぬのを見るのが、たまらなく楽しい」ので、ワイヤーで素直に死のうとするヘレン博士を止めようと、ピーターは慌ててワイヤーを切ってヘレン博士が死なないように止めました。
これこそがヘレン博士の作戦でした。解放されたヘレン博士は、銃撃で割れた鏡の破片をピーターのふとももに刺し、蹴り、トイレ掃除備品のスプレーをかけて逃げますが、屋上に出ようとしたところで、屋外恐怖症の発作に見舞われます。
めまいに襲われながらも、ヘレン博士は克服して屋上へ出ました。追ってきたピーターは得意げに「屋外恐怖症を治してやったぜ」と言います。
ヘレン博士は大笑いしました。笑いの意味が分からないピーターが不審に思っている(笑いには実はあまり意味がない)隙に、防弾チョッキで死ななかったモナハン刑事が後ろからピーターを銃撃します。
肩口を撃ったモナハン刑事ですが、そのせいでルーベン刑事を失ったことを思い出し、全ての銃弾を撃ち込みました。ピーターは死にます。
ヘレン博士はピーターが持っていた銃を蹴り(念のため)、モナハン刑事の元へ歩きました…。
…事件は解決しました。
…しかし。実はこれはダリルが黒幕でした。ダリルはピーターを弟子に仕立てて、ヘレン博士に向かわせるように仕組んでいました。
ピーターが失敗に終わったことを知ったダリルは、次なる弟子・コンラッドへ手紙を書き、他の弟子の失敗を繰り返してはならないと綴ります。封筒の糊を舐めて便箋をおさめたダリルの目は、目の前にいないはるか遠くのヘレン博士を見ていました。

みんなの感想

ライターの感想

後味の悪い終わり方。しかも細部にまで細かく気配りのされた作品。
あらすじには省いたが、冒頭でモナハンとルーベンが会話をしているシーンでは、射殺した相手の妻から訴えを起こされている(銃を乱発したために)ルーベンをモナハンがいさめている。
そういうモナハンは最低限しか銃弾を発射しない。しかしこれが皮肉にも、最低限しか撃たなかったために相棒・ルーベンを失うことになった。だからラストでは、一瞬躊躇した後、全弾をピーターに撃ち込む。
このように、一見他愛ないとスルーしそうな科白が「あとできちんと伏線回収」というふうになされている。冒頭のヘレンの講義の殺人鬼列挙もしかり。
ヘレンが赤いスーツでトイレに吊られている姿は本当にインパクトがあり、一度見たら網膜に焼きついて離れない。
DVDのパッケージは犯人ピーターならびに「眼鏡越しにパソコンのスクリーンを見せる」という手法のひとつをモチーフとしている。
この作品、今では入手困難だが、ぜひとも視聴してもらいたい作品。

映画の感想を投稿する

映画「コピーキャット」の商品はこちら