「コンテイジョン」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

コンテイジョンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。巨匠スティーヴン・ソダーバーグ監督が、突然、世界中に蔓延していく謎のウイルスの恐怖を描くサスペンス・ドラマ。綿密なリサーチに裏付けられたリアリティあふれる設定が恐怖感を高めている。

予告動画

コンテイジョンの主な出演者

レオノーラ・オランテス医師(マリオン・コティヤール)、ミッチ・エンホフ(マット・デイモン)、エリス・チーヴァー医師(ローレンス・フィッシュバーン)、アラン・クラムウィード(ジュード・ロウ)、ベス・エンホフ(グウィネス・パルトロー)、エリン・ミアーズ医師(ケイト・ウィンスレット)

コンテイジョンのネタバレあらすじ

【起】- コンテイジョンのあらすじ1

アルダーソン社に勤務する女性・ベスは、香港出張の帰りにシカゴで元恋人・ジョンと密会しました。ミネソタ州ミネアポリスの自宅に帰ったベスは、夫・ミッチや息子・クラークに出迎えられますが、風邪の症状を呈します。
同じ頃、バスに乗る東京の男性サラリーマン、ロンドンのビジネスホテルに宿泊した女性にも症状が出ており、ロンドンの女性は昏睡状態で発見されます。
ベスも高熱を出して昏睡状態に陥り、帰らぬ人となりました。
You Tubeの人が倒れる動画を見たフリージャーナリストの男性・アランは、伝染病を国家が隠匿していると調査を始めます。
ベスの死後さらに息子・クラークと元恋人・ジョンも同じ症状で亡くなります。 この映画を無料で観る

【承】- コンテイジョンのあらすじ2

世界保健機構(WHO)のオランテス医師、アトランタの疾病予防センター(CDC)は調査を開始しました。
チーヴァー医師は女医・ミアーズ医師をミネソタ州に派遣します。ベスの遺体を解剖したミアーズ医師は脳が壊滅状態だと突き止めますが、感染し死亡しました。徐々に情報が集まります。
新種ウイルスはコウモリと豚のウイルスが混在したもので、最初の感染者はベスで、感染源は香港だと判明しました。病気は接触感染(コンテイジョン)や飛沫で伝染します。新種ウイルスに対抗するワクチンを作ることが最優先課題でした。
感染したが植物レンギョウで治したとブログに書いたアランは時の人となり、巷はレンギョウを買う人で溢れます。

【転】- コンテイジョンのあらすじ3

アランの言うことはデマで、アランは投資家と組んで詐欺を働いていました。
世界中でワクチンを作りますが、新ウイルスは変異を続けるため、いたちごっこです。
そんな中、女性のヘックストール医師がようやくワクチン開発に成功しました。ヘックストール医師は自らにワクチンを打ち、感染患者を診察し続けて感染した父と接して効果を確認しました。
ただちに世界中でワクチンが作られ始めます。混乱を避けるため接種は抽選の「誕生日」で決められました。
最初のワクチンMEV-1の摂取が始まったのは、最初の発病から135日目でした。世界では2600万人以上の死者を出しました。点鼻薬のワクチンが配られ、徐々に混乱が収まります。 この映画を無料で観る

【結】- コンテイジョンのあらすじ4

アランは詐欺容疑などで逮捕され、チーヴァー医師は婚約者に情報を洩らしてスケープゴート(生贄)の役割を担いましたが、知人の掃除夫の息子・アンソニーに自分のワクチンを譲ります。
オランテス医師は故郷の村を助けたい中国衛生局スン・フェンに誘拐され、ワクチンと交換されましたが、ワクチンが偽薬だと知らせに走ります。
ベスの夫・ミッチは娘・ジョリーのプロムナイト(高校パーティ)でデジカメを探し、ベスの写真を見ながら涙しました…。
…デジカメ画像から…アルダーソン社が伐採したバナナを食べたコウモリが根城の厩舎で糞をし、それを食べた豚が香港の調理場で料理される。料理人が手を洗わずにベスと握手したのが発生源!

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「コンテイジョン」の商品はこちら