「コールドバレット凍てついた七月」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

コールド・バレット 凍てついた七月の紹介:田舎町で家族と平凡に暮らしていたリチャードは、真夜中に家に侵入した見知らぬ男を射殺してしまう。正当防衛とみなされ罪に問われることはなかったが、事件はその後思いもよらぬ方向へと進んでゆく。原作はジョー・R・ランズデールの小説「凍てついた七月」。2014年米国。監督:ジム・ミックル。原題「COLD IN JULY」。途中からの展開が予想の斜め上を行くサスペンス。

この映画を無料で観る

予告動画

コールドバレット凍てついた七月の主な出演者

リチャード・デイン(マイケル・C・ホール)、ベン・ラッセル(サム・シェパード)、レイ・プライス警部補(ニック・ダミチ)、フレディ・ラッセル(ワイアット・ラッセル)、ジム・ボブ・ルーク(ドン・ジョンソン)、ジョーダン・デイン(ブローガン・ホール)、アン・デイン(ヴィネッサ・ショウ)

コールドバレット凍てついた七月のネタバレあらすじ

【起】- コールドバレット凍てついた七月のあらすじ1

東テキサス1989年。小さな額縁屋を営むリチャードは、妻と幼い息子と平凡に暮らしていました。
ある晩階下の物音で目を覚ましたリチャードは、居間に侵入した見知らぬ男を見て護身用の銃で思わず撃ったら弾は男に命中し、殺してしまいます。
警察を呼ぶと、警部補のレイは死んだのは指名手配中のフレディ・ラッセルという男だと言って、リチャードは正当防衛とみなされ事情聴取だけで済みました。
町の人たちは「家族を守るため当然のことをした」と言いますが、普段暴力とは無縁のリチャードは気が晴れません。
墓地でフレディの埋葬を遠くから見ていると、犯人の父親で最近刑務所から出てきたばかりのベンに会い、その日からベンはリチャードにつきまとい嫌がらせをするようになります。
リチャードはベンが息子の復讐に自分の息子を狙っていると訴えて警察に警護されますが、それを嘲笑うかのようにベンは家に侵入して警官を襲い、息子の部屋に入り窓から逃走します。 この映画を無料で観る

【承】- コールドバレット凍てついた七月のあらすじ2

幸い息子は無事で、ベンもメキシコへ逃亡したところをあっさり捕まります。
手続きのため署に行ったリチャードは、壁に貼られていたフレディ・ラッセルの指名手配写真を見て愕然とします。あの夜彼が射殺した男とは別人でした。
そのことをレイに言いますが、見間違いの一言で片づけられてしまい、どうしても納得できないリチャードは夜にまた署に行きます。
するとレイが密かにベンを連れ出し麻酔薬を筋注して線路に置き去りにするのを目撃します。列車が迫るのを見たリチャードは思わずベンを助けてしまい、彼を山小屋に匿って自分は彼の息子を殺してないと釈明します。
それを証明するため夜中に墓を掘り返した2人は、死体がフレディとは別人で身元を隠すために指を全て切り取られているのを発見します。
本物のフレディはどこにいるのか?
リチャードが殺した男は一体誰なのか?
ベンは謎を解くため古い知人で私立探偵のジムをヒューストンから呼び寄せます。

【転】- コールドバレット凍てついた七月のあらすじ3

ジムの調査によると、マフィアの下っ端をしていたフレディは逮捕されて刑務所行きを逃れるため仲間を警察に売り、証人保護プログラムで名前を変えて別人になりました。
マフィアからの報復を恐れたフレディはFBIと取引し、そこに都合よくリチャードの事件が起こったので、FBIの指示を受けたレイは死体をフレディだと偽装して埋葬したのです。
ベンは「息子が生きているなら会いたい」と捜すことになり、妙に意気投合したリチャードも加わり3人でヒューストンへ行きます。
しかし捜し当てたフレディは、不法入国した未成年の娼婦を殺害するスナッフ・フィルムを大量に製造・販売していました。
フレディが騙して連れて来た少女をバットで殴り殺す映像を見たベンは、絶望して自分の手で息子を殺す決意をします。
「飼い犬が人を傷つけたらできることは2つだ。鎖に繋ぐか始末するか。どちらが残酷だと思う?」
それを聞いたリチャードはもう自分の手には負えないと感じて家に帰ります。

【結】- コールドバレット凍てついた七月のあらすじ4

しかしリチャードは家に着いても他のことが手につかず、ついにジムとベンの元へ戻ります。
3人は夜を待って銃を持ちフレディの家へと出かけますが、フレディと仲間が娼婦を車に乗せ出かけるのを見て尾行します。
郊外の建物で、フレディと5人の男はスナッフ・フィルムの撮影を始めます。
ジムとベンに続いてビビりながらも腹を括ったリチャードは建物へ乗り込み、敵の一人を射殺します。その後もジムとベンは一人ずつ敵を片付け、最後にフレディが残ります。
ベンは二十数年ぶりに会う息子に銃を向けますが引き金を引けず、フレディはベンとジムの肩を撃ちリチャードに銃口を向けます。
その時、起き上がったベンがフレディの腹を撃ちました。
「フレディ、俺はお前の父親だ。お前を殺しに来た」
「本当に親父なのか?」
「俺の知る限りな」
ベンはフレディの眉間を撃ち抜きました。
3人は娼婦を解放すると建物に火を放ち、負傷した体を引きずりながら帰還しました。
リチャードは家族の待つ平穏で平凡な生活へと戻って行くのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「コールドバレット凍てついた七月」の商品はこちら