「サドンデス」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

サドン・デスの紹介:1995年公開のサスペンスアクション映画。アイスホッケーのスタジアムを舞台に、テロリストに立ち向かう元消防隊員の男の活躍を描いた作品。監督・撮影は「エンド・オブ・デイズ」のピーター・ハイアムズ。主演は「タイムコップ」のジャン=クロード・ヴァン・ダム。ピーター・ハイアムズとジャン=クロード・ヴァン・ダムは「タイムコップ」でもタッグを組んでいる。

この映画を無料で観る

予告動画

サドンデスの主な出演者

ダレン・マッコード(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)、ジョシュア・フォス(パワーズ・ブース)、副大統領(レイモンド・J・バリー)、エミリー・マッコード(ホイットニー・ライト)、タイラー・マッコード(ロス・マリンジャー)、ホールマーク(ドリアン・ヘアウッド)、キャシー(ケイト・マクニール)

サドンデスのネタバレあらすじ

【起】- サドンデスのあらすじ1

消防隊員のダレン・マッコードは、火災現場に突入して女の子を救出します。しかし、動けない状況になり、仲間からの助けを待ちます。
しかし、爆発が起こって女の子は死亡してしまいます。精神的な理由からダレンは消防隊員を辞職します。
スタジアムの消防管理官となったダレンは、息子のタイラーと娘のエミリーに会いに行きます。元妻からはルール違反と怒られます。
ダレンは子供達のために、アイスホッケーのチケットを持って誘いに来ていました。元妻が今回だけと許してくれます。
テロリスト達はスタジアムを標的に準備を整えていました。アイスホッケーの試合には副大統領も来るのです。
テロリストは内部に侵入するために警備員の服を手に入れます。また、爆弾を内部に持ち込めるように手配します。
副大統領のいるボックス席に行くには、厨房を通らなければなりません。護衛がエレベーター付近に待機します。
ダレンは子供達を連れて選手たちのいる中に入ります。マスコットの着ぐるみの中に入っているジョーンと出会います。
タイラーを選手達と会わせると喜びます。副大統領も選手達を激励します。 この映画を無料で観る

【承】- サドンデスのあらすじ2

テロリストの一人が厨房長の妻を人質に取ります。要求は仲間達をエレベーターに案内して、副大統領のいるボックス席に向かわせることです。
仕方なく要求に応じますが、厨房長の妻は殺されます。テロリスト達はボックス席に侵入し、シークレットサービス達や厨房長を殺します。副大統領や市長達を人質に取ります。
ダレンは子供達を席につかせて応援しています。仕事の電球交換のために席を外します。絶対に席を動かないようにと子供達に言い聞かせます。
テロリスト達のリーダーで政府関係の仕事をしていたジョシュア・フォスは、副大統領に数字の書かれた紙を見せます。
それは政府が凍結している口座番号で、大金が入っていました。その大金を指定した口座に振り込むように脅します。
振り込まらなければ、ホッケーの試合のピリオドが終わるごとに人質を殺すと言います。また、スタジアム全体に爆薬を仕掛けているため、観戦者が全員死ぬとも脅してきます。
副大統領に電話させて、大統領に伝えさせます。スタジアム全体は警察やシークレットサービスが囲んでいました。その場を仕切るのはホールマークです。
タイラーとエミリーは喧嘩をしてしまいます。エミリーはトイレに行ってしまいます。戻ってきたダレンがエミリーを探しに行きます。

【転】- サドンデスのあらすじ3

エミリーはトイレでマスコットを発見します。ジョーンだと思って話しかけますが、中はテロリストに変わっていました。
殺害現場を見たエミリーは捕まえられて、ボックス席に連れていかれます。マスコットに連れていかれるエミリーを見ていて、ダレンが追いかけます。
ジョーンだと思って話しかけると違っていて襲ってきます。戦闘になってダレンは殺すことに成功します。
警備員に事情を説明しにいったダレンでしたが、その警備員もテロリストで戦闘になります。拷問をして状況を知ります。
外部へ連絡をしようと電話機を探します。しかし、回線が切られていて繋がりません。ジョーンの死体を見つけた後、携帯電話を発見します。
警察に電話すると、ホールマークから折り返しの電話がかかってきます。爆弾を仕掛けていることを知ったダレンは、元消防官の知識を使って解除しに向かいます。
外では爆発が起こり、空から侵入しようとしたヘリの部隊も壊滅させられます。ホールマークは部下を歩いて潜入させますが、殺されて戻ってきます。
市長の妻と市長がピリオドが終わって殺されます。ダレンは20個もある爆弾を少しずつ解除していきます。爆弾の位置を的確に予想したダレンでした。
我慢できなくなったホールマークが単身で忍び込みます。ダレンと出会って解除に向かいます。ホールマークはタイラーの避難を任されます。
しかし、ホールマークはジョシュアの仲間だったのです。タイラーを人質にしようと向かいますが、父の言いつけを守るタイラーは席から動かないので失敗に終わります。

【結】- サドンデスのあらすじ4

ダレンはテロリストの一人から奪った無線機で、ジョシュアに宣戦布告します。その後、折り返しの電話をかけて、一部の爆弾を爆発させます。
その音からダレンの居場所がバレてしまいます。テロリスト達が捕まえに来てダレンは逃げます。
一方ホッケーの試合では、名キーパーの一人が体調不良で控室に戻ります。ダレンは彼の服装を着て試合に戻ります。
見事なセーブをして喜ばれます。タイラーに向けてメッセージを送ると、タイラーはダレンであることに気づきます。
敵チームの一人を殴ってダレンは退場になります。テロリスト達が追ってきますが、何とか倒します。
最終ピリオドが終わる直前に同点になります。試合は「サドンデス」に突入します。
ダレンは屋上に仕掛けられた爆弾を解除しに行き、テロリストの二人を倒します。一人が落下して、試合は中断します。観客は急いで逃げ始めます。
屋上から簡易の爆弾を投げて、ボックス席にダレンが乗り込みます。皆を救い出してテロリスト達を倒します。
ジョシュアだけは変装してスタジアムから逃げ出そうとします。エミリーを連れて、パニックの中でタイラーを迎えに行きます。
エミリーはジョシュアの手にスタンプを押していました。ジョシュアを見つけるとエミリーは拉致されます。
ダレンが助けに向かって、エミリーを助け出します。ジョシュアはヘリに乗って逃げようとしますが、ダレンが下から銃で撃ちます。ジョシュアはスケートリンクに落下して爆死します。
ダレンが救急車に運ばれてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ダレン演じるジャン=クロード・ヴァン・ダムの体を張ったアクションシーンの数々です。
特に圧巻だったのはスタジアム屋上でのバトルです。テロリスト二人と戦闘をして、一人が落下していきます。
その場面ではダレン自身も落ちそうになるのですが、大丈夫なのかとドキドキが止まらなくなります。
落ちずに済んでホッとなるのも束の間で、自ら落ちて行きながら配線のようなのにつかまってボックス席に乗り込んでいきます。
このシーンでのハラハラ感は凄かったのですが、それだけでは終わりません。ジョシュアがエミリーを人質にとります。
その後、ダレンが追いかけて救出します。更にヘリで逃げようとするジョシュアを追いかけるのですが、ロープのようなハシゴにジャンプしてつかまります。
そこから片手で銃を撃って操縦士を倒します。下に落ちてしまうのではないかと、手に汗を握ります。
そしてヘリがスタジアムに落下して大爆発します。製作費が莫大なんだろうなあと思いつつ、その迫力に満足感を覚えました。
また、アクションシーンだけでなく、アイスホッケーの試合を見れるのも今作の魅力です。選手達の迫力あるプレーを堪能できます。
サスペンス映画特有のハラハラ感と、アクション映画特有の迫力を感じることができる作品でお勧めします。

映画の感想を投稿する

映画「サドンデス」の商品はこちら