「ザシークレットサービス」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ザ・シークレット・サービスの紹介:1993年公開。大統領を狙う暗殺者と、ベテランのシークレット・サービスとの戦いを描いた作品。監督は「トロイ」のウォルフガング・ペーターゼン。音楽は「ヘイトフル・エイト」のエンリオ・モリコーネ。出演は「ダーティハリー」シリーズのクリント・イーストウッド、「マルコヴィッチの穴」のジョン・マルコヴィッチ、「ティン・カップ」のレネ・ルッソ。

予告動画

ザシークレットサービスの主な出演者

フランク・ホリガン(クリント・イーストウッド)、ミッチ・リアリー(ジョン・マルコヴィッチ)、リリー・レインズ(レネ・ルッソ)、アル・ダンドゥレア(ディラン・マクダーモット)、ビル・ワッツ(ゲイリー・コール)、サム・キャンパーナ(ジョン・マホーニー)

ザシークレットサービスのネタバレあらすじ

【起】- ザシークレットサービスのあらすじ1

ベテランのシークレット・サービス、フランク・ホリガンは相棒のアルと潜入捜査をしていました。アルが遅刻してきますが、偽札の取引場所へと向かいます。
犯人達にアルの素性がバレてしまいます。フランクも敵かどうかを試す犯人達でした。弾の抜かれた銃でアルを撃とうとして、合格を言い渡されます。
隙をついて犯人達を射殺して、逮捕します。アルは九死に一生を得ます。2度の大統領の警護を行ったフランクは、生ける伝説と呼ばれていました。
しかし、ケネディ暗殺の時に守れなかったことを悔やんでいました。フランクは、異常者の通報を受けて現場の家に入ります。
そこには異常なほどの大統領の情報が張り付けられていました。後日、アルと犯人逮捕に向かいますが、家を出た後で、証拠は無くなっていました。代わりにフランクの大統領を警護していた写真が張られていました。
夜になって、フランクの家にその犯人から電話が来ます。犯人はブースと名乗ります。
フランクは事態を重く見て、上司や捜査官達と会議を開きます。そして、大統領を警護することを決意します。
反対を押し切って警護に参加しますが、年齢的に体力がついていきません。ブースはその様子を見ていて、再度電話をかけてきます。
逆探知して向かいますが、回線をいじっていたため、ブースはいませんでした。

【承】- ザシークレットサービスのあらすじ2

フランクは大統領補佐官に危険を知らせます。しかし支持を得るためにも、活動を中止するわけにはいかないのです。
女性捜査官のリリー・レインズにフランクは興味を持ち始めます。その頃、ブースは銀行で口座を作っていました。
窓口を担当した女性のパムを尾行します。自宅に潜入して、情報を漏らさないためにも殺害します。
ブースはフランクの職場に電話をかけてきます。逆探知すると、近くの公園からでした。
ブースを発見して追いかけます。しかし、逃げられてしまいます。車についたブースの指紋を調べます。
指紋認証すると極秘扱いになります。フランクには知らせず、CIAにその事が知らされます。
ブースは合成プラスチックで銃を作ります。分解可能で、威力は高く、大統領暗殺に使用する計画です。
また、小切手を切って、大統領が出席する会場の会社に寄付をします。寄付によって内部に侵入する計画なのです。
大統領の警護を続けるフランクは、交代の時間がきてリリーをバーに誘います。ベッドインにまで発展しますが、仕事の連絡がきて途中止めになります。
ある会場で、雨が降り続けます。フランクは風邪を引きながら警護を続けます。誤認してしまって銃だと言ってしまいます。

【転】- ザシークレットサービスのあらすじ3

リーダーのワッツから警護を外されてしまうフランクでした。アルと共にブースを追うことにします。
アルはオタクを追えと言われていたことから、ブースと接触した美術の教授を見つけます。教授からフェニックスにいるウォルターと話したという情報を得ます。
ウォルターはブースに恨みをもっていました。ブースの本名がミッチ・リアリーであることが分かり、住所に向かいます。
CIAと鉢合わせして、一緒に捜査をすることになります。ミッチはCIAに以前勤めていて、凄腕の暗殺者だと分かります。彼は友人を殺させた政府を恨んでいて、その復讐のため大統領暗殺を考えたのです。
アルは悪夢を見続けていて、明日仕事を辞めると言います。フランクが必要だと繋ぎ止めます。
ミッチはフランクの職場に電話してきます。本名がバレて、過去をほじくり回されて怒ります。
逆探知してホテルへと急ぎます。フランクとアルが追いかけます。フランクはミッチを殺せば、自分が死ぬ状況になります。
ミッチはフランクを助けて、後からきたアルがミッチを銃で脅します。喜んだのも束の間、ミッチに撃たれてアルは死亡します。
フランクはリリーにお願いをします。ワッツに相談して、警護に参加させてほしいと頼んでもらいます。

【結】- ザシークレットサービスのあらすじ4

ミッチは変装をし、銃を分解して、弾をキーホルダーの中に詰め込みます。大統領の来る会場で見つかることなく、持ち込むことに成功します。
フランクの警護は過剰すぎて、他の者達からクレームがきます。ついには補佐官だけでなく、大統領命令で帰されることになります。
空港についたフランクは、送り届けてくれた捜査官から電話番号のつづりを聞きます。ミッチが泊まっていたホテルから見つけたメモが、電話番号であることに気づきます。
電話をかけると銀行で、急いで向かいます。担当業務のパムが殺されていて、他の銀行員にデータをファックスしてもらいます。
会場に戻ったフランクは、ファックスに書かれている人物が会場の参加者にいることに気づきます。
ワッツに座席表を見せてもらうと、ミッチは今まさに大統領を撃つ所でした。飛びついたフランクが大統領の代わりに撃たれます。大統領は急いで避難し、会場はパニックに陥ります。
ミッチはフランクをエレベーターに乗せて立て籠もります。防弾チョッキで助かったフランクは、無線機を通してリリーに合図を送ります。
狙撃によって、ミッチは高所にいたエレベーターから落ちそうになります。フランクが手を差し伸べますが、ミッチは自ら落ちて死亡します。
ヒーローとなったフランクは拍手を送られて、引退を決意します。リリーとデートに行って、肩を寄せ合ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、クリント・イーストウッドとジョン・マルコヴィッチの二人の演技が見所です。年齢的に体力が厳しいのですが、勘と経験が豊富なフランクと、狂気に満ちた元暗殺者のミッチの対決が恐ろしくも面白いです。
両者が屋上を駆け抜けて追いかけるシーンは、派手なアクションや演出は無いのですが見ものです。また、公園での追いかけるシーンも見て欲しい場面です。異常者として立ち尽くしているミッチの姿は恐ろしいです。
ストーリーが凝っていて、内容が深いのも魅力の作品です。ケネディ暗殺を防げなかったフランクは、アルを失ってしまいます。警護もクビにされたりと、散々な思いをしていきます。
リリーにケネディを救う事をできなかった事を打ち明け、今度こそ大統領を守りたいという気持ちが伝わってきます。
最後には大統領を守ることができて良かったです。この作品は、映画の中に引き込むのが上手な作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ザシークレットサービス」の商品はこちら