「ザセル2」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ザ・セル2の紹介:2008年製作のアメリカ映画。他人の潜在意識の中に入り込める特殊能力を持った女捜査官が、神出鬼没の連続殺人鬼の凶行を食い止めるべく能力を駆使して立ち向かうサスペンス・スリラーの続編。

予告動画

ザセル2の主な出演者

マヤ(テシー・サンティエゴ)、ダンカン(フランク・ウェイリー)、ハリス(クリス・ブルーノ)、スカイラー捜査官(バート・ジョンソン)、ケッセル捜査官(マイケル・フリン)、ペネロピ(アミー・ウォーデン)

ザセル2のネタバレあらすじ

【起】- ザセル2のあらすじ1

アメリカ。初老の男性・ケッセル捜査官はFBIと司法省の合同チームを率いて、ある事件を追っていました。
近年では凶悪すぎて従来の科学捜査では手に負えない事件があり、狡猾な殺人犯や異常者を捕まえるため、特殊な能力を持つ市民に協力を求める場合があります。
今回もまさしくそうで、ケッセル捜査官は黒髪の若い女性・マヤに協力を求めました。
ケッセル捜査官らが追っているのは連続殺人犯・カスプです。
カスプとは若い女性を誘拐しては、何度も殺しては蘇生させて楽しむ快楽殺人鬼でした。死ぬ前に命乞いする声を録音するのが好きで、被害者女性に小型録音テープを向けては殺します。
カスプは女性を何度も殺して楽しんだ後、やがて女性が本当に死を望むようになった時、本当に殺しました。
実はマヤもカスプの被害者女性でした。マヤが6回目に死んだ時、蘇生したのですが脈が弱かったため、死んだものとみなされて捨てられたのです。
マヤは殺されては蘇生される行為を繰り返されたことによって超能力を得ました。その人の持ち物から人物の居場所や手がかりを探す、サイコメトリー能力です。
しかしマヤ自身が対峙したであろうカスプの姿は覚えておらず、事件当時の記憶が曖昧でした。また画家志望だったマヤは、事件がきっかけで絵を描くことができません。
被害者女性の衣服を触ったマヤのサイコメトリー能力により、FBIは犯人・カスプの潜伏先を突き止めようとしていました。彼らは車3台とヘリ1台に分乗し、マヤの言葉を手がかりにして城壁みたいな壁を探し、雪の残る高原を走ります。
やがてそれらしき邸宅を発見したFBIは、武装して突入しようとしました。
マヤはさらに情報を得ようと、犯人・カスプの残した遺留品を手にしてサイコメトリーします。
地下室に鍵つきの箱(ザ・セル)をかぶせた女に向かった男・カスプの姿がありますが、カスプはフードをかぶっていて顔が見えません。もっと深く覗こうとしたマヤは、サイコメトリーで覗いているのがばれました。
その瞬間にFBIが突入しますが、カスプは被害者女性サラ・ミラーの胸を抉って心臓を取り出すと、逃げました。
FBIの若い男性・スカイラー捜査官に責められるマヤを、遠くから逃げおおせたカスプが双眼鏡で見ていました。

【承】- ザセル2のあらすじ2

…1年後。
マヤは普通の生活に戻り、探偵事務所のようなオフィスを構えていました。迷い犬・ビリーの行方を探す飼い主から、行方を探してくれと頼まれます。
連続猟奇殺人犯・カスプは捕まっていません。
1年振りにカスプの殺人が再開されました。ビクトリア・オースティンという女性の遺体が発見され、殺し方も、被害者のタイプもカスプの方法と酷似しています。
新たな行方不明者が出ました。地元のハリス保安官の姪・ペネロピです。
ケッセル捜査官は再びマヤに協力を要請しました。
しかしマヤは前回のミスを悔やんでおり、ためらいます。ケッセル捜査官は新たな犠牲者の写真を見せ、マヤの情に訴えかけました。マヤは協力を承諾しました。
拉致現場の目撃情報で、’87年型の紺色のレジェンドの車があったと言われ、また近くの自動車修理工場跡地では、同じ車種の車のタイヤ痕と、29cmのカウボーイブーツの足跡が見つかります。
さらに毛髪も見つかり、DNA鑑定に出されました。
ハリス保安官はマヤの能力に半信半疑でした。「どんな風に人の心の中に入るのだ」と訊かれたマヤは、ハリスのはめている指輪を借ります。
指輪に触れながら、マヤはハリスがかつてアフガニスタンでヘリコプターから撃墜されたことを言い当てました。その事実は軍事機密になっており、言い当てたマヤをハリスは信じます。
マヤはペネロピの私物を渡されてサイコメトリーします。ペネロピは拘束されていました。鍵のかかる箱を顔にかぶせられており、カスプによる犯行だと思われます。
カスプは女性に拷問を加える時以外は、鍵をかけた箱を顔にかぶせて椅子に拘束します。
ペネロピはビニール袋を顔にかぶせられ、窒息死しては、心臓マッサージで生き返っていました。カスプは今までの女性の命乞いのテープを聞かせて、ペネロピにも喋れと言います。
さらに生きた身体にAED(自動体外式除細動器)で電流を身体に流し、心臓が停止したのを脈で確認した後、また蘇生措置されていました。
マヤにはペネロピが拷問を受ける様子が見えましたが、ハリス保安官はペネロピの叔父に当たるので気遣い、言葉を濁します。
ハリス保安官には捜査上で気がかりなことがありました。なぜ証拠の残るぬかるみに車を止めたのか、マヤに指摘している最中に、不審な車両が見つかります。

【転】- ザセル2のあらすじ3

追跡を開始したハリスとマヤでしたが、車には逃げられました。
鑑定結果が出ましたが、2人目の犠牲者ビクトリア・オースティンからも、遺留品はありませんでした。再開する前からカウントすると、23人目の被害者にあたります。
その頃FBIは拉致現場の遺留品の毛髪のDNA鑑定で、ハリスが犯人だと結論を下しました。マヤは追われる身となったハリスと行動を共にします。
ハリスは事件をミスリードするための罠に陥れられたと知り、警察の情報に敏い人物ではないかとあたりをつけました。
マヤの助言もあり、ハリスは検死官に「注射器や血液ポンプを大量に購入する個人」を調べてくれと頼みます。
ハリスの隠れ家に行ったマヤは、前回の作戦での失敗をハリスに告白しました。サイコメトリーで心の中に忍び込んだ時に、感情を乱してしまうと失敗するのです。ハリスは「次は相手の感情を乱せ」と助言しました。
夜、悪夢を見て目覚めたマヤはカスプの私物を触ろうとして、ハリスに制止されます。気づかれたらまずいというのが理由です。
検死官が結果を知らせました。血液ポンプの方は駄目でしたが、個人で注射器を大量購入した者は3人いて、そのうちのデビッド・バーコウィッツというのは、昔の大量殺人鬼の名です。犯人・カスプが使った偽名でした。住所が「フォーダム通り403番地」と分かります。
アジトへ向かいながら、マヤは「もしもの時は迷わず私のことを撃ってくれ」と頼み、ハリスは承諾します。
マヤとハリスは住所の場所でバラの花弁を見つけました。バラの花は、ペネロピの車中に残されており、ハリス保安官はFBIのスカイラー捜査官に電話連絡して現場に呼び寄せます。
マヤはハリスに頼み、カスプの遺留品に触ります。
カスプの心の中に入ったマヤは、カスプが暗闇を嫌うことを知りました。また貯水池がある、何年も使われていない古い工場が潜伏場所だと突き止めます。
街の外れに該当する工場があるとハリスが言いますが、スカイラー捜査官がやってきてハリスを逮捕しました。マヤは先に車で街はずれの工場に向かいます。
ハリスはスカイラー捜査官に、犯人は医療に詳しく救命措置に詳しい警察関係者だと言います。ハリス保安官の同僚のフィンチが、該当する人物としてダンカン保安官代理を挙げました。
ダンカンはハリスの隣のロッカーを使っていて、ハリスの毛髪を入手できる立場にありました。ダンカン保安官代理がカスプです。

【結】- ザセル2のあらすじ4

その頃、神経系統に電流を流す実験をしようとしたカスプは、ブレーカーが落ちて暗闇になってあせり、配電盤を見に行きます。
ハリス保安官、スカイラー捜査官、フィンチ保安官らも街の外れの工場にヘリコプターで行きます。
マヤは工場跡地に行きましたが、カスプに捕まりました。
犯行を再開したカスプの狙いはマヤでした。何度も蘇生させたことによって超能力が目覚めたマヤに興味を持ったカスプは、マヤがまた自分を追ってくるのを待っていました。
そのマヤを捕まえて「心を傷つける(死にたいと思わせる)」のがカスプの最終目的でした。マヤのために殺人の世界に戻ったとカスプはマヤに言います。
マヤは最初の死の実験の時に、額にあたる脳の一部の神経操作を施され、カスプの顔を思い出せないようにされていました。
現実世界で行動を起こしながらも、精神世界で併行してカスプとマヤは戦います。カスプはマヤの記憶を「自分に関係するもの以外」は消そうとし、マヤは目潰ししてカスプの嫌いな闇を作り攻撃します。
スカイラー捜査官は現場でハリス保安官に謝罪した後に握手を求め、ハリスが差し出した手に手錠をかけ鉄パイプに拘束します。危険な捜査に参加させないための配慮です。
ハリスは鉄パイプごと外してスカイラー捜査官の後を追います。
マヤを手に入れたカスプは、ペネロピを殺そうとしますが、カスプのいない間に手首の拘束を解いたペネロピはナイフを隠し持ち、カスプの手の甲を刺しました。ペネロピはハリスに保護されます。
カスプはマヤを連れて、ヘリコプターでスタジアムまで逃げました。ヘリコプターの乗降用ステップ(足みたいな場所)を掴み、ハリスもヘリに乗ってついてきていました。
カスプはマヤを人質にして脅し、マヤは「約束は?」と言います。もしもの時は迷わず撃ってという約束を思い出したハリスは撃ち、マヤはタイミングを合わせて身体を傾けて交わしました。
カスプとマヤは一緒にスタジアムの上階から落ちかけます。精神世界では「お前も死ぬぞ」とカスプは言いますが、「私は経験済みよ(何度も殺されては蘇生されていたから)」と答えます。
カスプは落ちて死に、マヤは気絶だけで助かりました。精神世界でマヤは、カスプの頭に鍵のついた箱を取りつけました。
(エンドロール途中)高山の景色&撮影風景&アクションシーンの裏側

みんなの感想

ライターの感想

2000年製作の映画『ザ・セル』の正当な続編にあたる今作品ですが、内容は全く異なります。
特殊な機械を使って、相手の内面世界に入りこむ前作と異なり、今作品では遺留品によって持ち主の思念を読み取る「サイコメトリー」が使われます。
もう、ここからして前作品とまったく異なります。
展開も、若干もたついた感じ。証拠を残したのは捜査をかく乱させるためらしい。
ダミーとしてハリス保安官の毛髪を採取してFBIの目をあざむくわけだけど、む、「ペネロピはハリスの姪」この設定忘れてないか?
拷問シーンは、内容的にはけっこうえげつない感じに聞こえますが、実際のところ「何度も蘇生させてあげる」…どんだけ親切な犯人なんだろう。
個人で大量に注射器を購入している人を探して犯人を絞り込むんですが…FBIはそれまで、どういう捜査をしてきたんだろ。被害者23人なんですよ。
犯人・カスプの殺害にいたるまでの目的は「若い女性を拉致し、拷問を加えて『いっそ殺して』と絶望させる」ことのようですが、…まわりくどい。
前作品の映像美を求めて視聴すると、がっかりするかも。
そうそ、エンドロール途中で撮影風景が出てきます。
クライマックスのヘリコプターのシーンが、すぐそばに高速道路が走る、そのへんのただの空き地で撮影されてたという…別の意味でびっくり、な内容でした(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「ザセル2」の商品はこちら