「シャドー・チェイサー」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

シャドー・チェイサーの紹介:2012年公開のアメリカ映画。外交官であるはずの父親が国家間の事件に巻き込まれ、家族を誘拐された青年が謎の組織に追われながら、陰謀の真相に迫っていく姿を描いたサスペンス・アクション。

この映画を無料で観る

予告動画

シャドー・チェイサーの主な出演者

ウィル・ショー(ヘンリー・カヴィル)、ジーン・キャラック(シガニー・ウィーバー)、マーティン・ショー(ブルース・ウィリス)、ルシア・カルデラ(ベロニカ・エチェーギ)、ローリー・ショー(キャロライン・グッドール)、ジョシュ・ショー(ラフィ・ガヴロン)

シャドー・チェイサーのネタバレあらすじ

【起】- シャドー・チェイサーのあらすじ1

ウィル・ショーは会社を経営する青年ですが、会社は破産寸前です。
ウィルは家族に会うため、仕事を放ってスペインに行きました。
ウィルを空港まで迎えに来たのは、外交官の父・マーティンです。マーティンは厳格な父で、ウィルは父との間がぎくしゃくしていました。
母・ローリー、弟・ジョシュ、ジョシュの恋人のダラと合流したウィルとマーティンは、一家で夕食をとります。
しかしその最中に自分の会社が破産した知らせを受けたウィルは、自暴自棄になり、楽しい夕食の雰囲気を壊してしまいました。
翌日、外出したウィルが戻ってくると、家族が乗っていたはずのクルーザーが荒らされて、全員が行方不明になっていました。 この映画を無料で観る

【承】- シャドー・チェイサーのあらすじ2

ウィルは通報して捜索を依頼しますが、警官たちに襲撃されます。車に乗った父・マーティンがウィルを助けました。
その父・マーティンは、自分が外交官だというのは嘘で、CIAの工作員だったとウィルに告白します。
マーティンは同僚であるCIAの女性工作員ジーン・キャラックと、マドリードで合流して協力を頼みました。
「ブリーフケースを24時間以内に返さないと家族が殺される」と言った直後、父・マーティンは何者かに狙撃され死亡しました。
マーティンの携帯と拳銃を持って逃げたウィルはアメリカ大使館に駆け込みますが、大使館員はウィルの訴えを聞き入れないばかりか、警官殺しの容疑をかけます。ウィルは逃走しました。

【転】- シャドー・チェイサーのあらすじ3

父・マーティンの携帯電話に「午後6時に太陽の門に来い」という誘拐犯からの電話があります。
マーティンの携帯履歴には、ディエゴ・カルデラという人物に何度か電話した形跡がありました。ウィルは電話し、出た相手の女性の指示に従って女性と会おうとしますが、CIA工作員ジーンの部下の襲撃に遭い、相手を倒します。
電話の女性はディエゴの姪・ルシアで、ディエゴはジーンに殺されていました。
事件の黒幕はCIA女性工作員・ジーンで、父・マーティンを殺したのも彼女です。
国家機密の入ったブリーフケースを外部に売ろうとしたジーンの企みに、父・マーティンは気づき、犯行を防ぐためジーンよりも先に持ち出して殺されたのです。

【結】- シャドー・チェイサーのあらすじ4

ウィルはジーンの手先の殺し屋・ゴーマンに狙われながら、ブリーフケースを持って太陽の門に行きました。誘拐犯は、モサドのザヒールです。
ザヒールに捕まり拷問を受けたウィルは、父・マーティンが殺されたと話します。
殺し屋・ゴーマンが現れ、ブリーフケースを奪って逃げます。ゴーマンと合流したCIA工作員・ジーンは、取引相手を殺し、金を手に入れました。
それを監視していたモサドのザヒールがゴーマンとジーンを殺し、ウィルの家族を解放します。
ディエゴの姪・ルシアの父はマーティンで、ウィルたちとは異母兄妹でした。ウィルは解放された家族に、ルシアを紹介しました。
(ブリーフケースの中身は明らかにされません)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シャドー・チェイサー」の商品はこちら