「シーラ号の謎」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

シーラ号の謎の紹介:轢き逃げ事故で妻を失った映画プロデューサーが容疑者全員を自分のヨットに集めてゲームを仕掛ける。1973年米国。監督:ハーバート・ロス。脚本は「ウェストサイド物語」などの作詞家のスティーヴン・サンドハイムと俳優のアンソニー・パーキンスが手がけた。私生活でもゲーム好きで知られるこの2人の共作により、緻密で完成度の高いプロットとなっている。

映画「シーラ号の謎」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「シーラ号の謎」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

シーラ号の謎の主な出演者

クリントン・グリーン(ジェームズ・コバーン)、トム(リチャード・ベンジャミン)、クリスティン(ダイアン・キャノン)、フィリップ(ジェームズ・メイソン)、アリス(ラクエル・ウェルチ)、リー(ジョーン・ハケット)、アンソニー(イアン・マクシェーン)、シーラ・グリーン(イヴォンヌ・ロメイン)、ヴィットーリオ(ピエロ・ロッソ)、グイード(サージ・シートン)、キャプテン(ロベルト・ロージ)

シーラ号の謎のネタバレあらすじ

【起】- シーラ号の謎のあらすじ1

大物映画プロデューサーのクリントンの妻シーラは、ある晩パーティで夫とケンカして会場を飛び出し歩いているところを車に轢き逃げされ死亡します。
1年後、クリントンは南フランスの自分のヨット「シーラ号」に6人の客を招待します。
脚本家のトムとその妻リー、芸能プロの女社長クリスティン、映画監督のフィリップ、女優のアリスとその夫でマネージャーのアンソニーで、皆は傲慢で陰険なクリントンを嫌っていましたが仕事目当てで集まって来ます。
クリントンは6人を船の前に並ばせて写真を撮り、これから6日間毎晩ゲームをすると言って、各自にカードの入った封筒を渡します。カードには「万引き」「密告者」などの秘密のゴシップが書かれていて、誰がどのカードをもっているかを当てる「ゴシップ・ゲーム」です。優勝者にはクリントンが製作する「シーラの最後」という映画の仕事が与えられます。
1日目に上陸した港では、「万引き」のカードの持ち主について証拠集めをしました。(カードの持ち主はフィリップ)

【承】- シーラ号の謎のあらすじ2

翌日クリスティンがヨットの周りで泳いでいると、誰かがスクリューを回して巻き込まれそうになりましたが、犯人はわかりませんでした。
その晩のゲームは、小さな島の廃墟となった修道院で「ホモセクシュアル」のカードの持ち主についての証拠捜しです。クリントンは女装して(カードの持ち主アリスに扮している)懺悔室に隠れ、フィリップ、トム、クリスティンの順に室内に入ります。最後にアリスが来た時には部屋は閉ざされ入室できませんでした。
翌朝クリントンがヨットに戻らないので皆が修道院に捜しに行くと、クリントンの死体が見つかります。最初は事故で崩れた石柱の下敷きになったように見えましたが、柱の上部ではなく土台の石が頭に乗っていたことから、事故を装った他殺が疑われます。他にも懺悔室の窓の格子がなくなり、クリントンはタバコを吸わないのに奇妙な形の吸い殻が落ちていました。

【転】- シーラ号の謎のあらすじ3

トムは皆にゲームのカードを出すよう言います。カードは万引き“Shoplifter”、ホモセクシュアル“Homosexual”、前科者“Ex-convict”、密告者“Informer”、小児性愛者“Little child molester”、そしてトムのカードは轢き逃げ犯“Hit and run killer”でした。
それらは架空のネタではなく、実際に6人それぞれに該当するのではないかと推理します。万引きはアリス、ホモセクシュアルはトム、密告者はクリスティンが自分だと名乗り出て、小児性愛者はフィリップで、前科者もアンソニーだとわかります。
最後に残ったリーは、1年前に酔って車を運転してシーラを轢き逃げし、昨夜クリントンを懺悔室の窓越しに燭台で殴って殺したと告白します。
その後リーは自分の部屋で睡眠薬を飲み手首を切って自殺し、事件は解決しました。
しかし、何かがひっかかるフィリップはヨットに残って考えます。その時、最初の日にクリントンが6人を船体のSHEILAの文字の前に並べて撮った写真が目に入りました。

【結】- シーラ号の謎のあらすじ4

フィリップはカードの頭文字を並べるとシーラ“SHEILA”で、トムのカードは轢き逃げ“Hit and run killer”ではなくアル中“Alcoholic”だったのでは?と推理します。
妻のリーに飽きてアリスと浮気していたトムは、リーが轢き逃げ犯だと知っていたので「轢き逃げ」のカードを偽造しました。
懺悔室でトムはクリントンの首の後ろをアイスピックで突き殺してその後ろに隠れ、クリントンの声色を使ってリーを脅しました。逆上したリーは燭台でクリントンの死体を殴って自分が殺したと思い込んだのです。
リーも自殺ではなく、トムが睡眠薬を飲ませて手首を切ったのでした。
真相を知られたトムはフィリップを殺そうとしますが、クリスティンが現れ2人の会話をインターコムで全部聞いたと言います。
トムは口止め料としてせっかく手に入れたリーの財産をフィリップが作る「シーラの最後」の製作に全てつぎこまなければならなくなり、しかも脚本は他人が書いたものをトムがリライトするだけだと言われ、憮然として坐りこんでいました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シーラ号の謎」の商品はこちら