「スイミングプール」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

スイミング・プールの紹介:2003年公開。別荘で出会った対照的な二人の女性の姿を描いた作品。監督は「8人の女たち」のフランソワ・オゾン。出演は「愛の嵐」のシャーロット・ランプリング、「ピーター・パン」のリュディヴィーヌ・サニエ、「エイリアン3」のチャールズ・ダンス。

この映画を無料で観る

予告動画

スイミングプールの主な出演者

サラ・モートン(シャーロット・ランプリング)、ジュリー(リュディヴィーヌ・サニエ)、ジョン(チャールズ・ダンス)、フランク(ジャン=マリー・ラムール)、マルセル(マルク・ファヨール)、マルセルの娘(ミレーユ・モセ)

スイミングプールのネタバレあらすじ

【起】- スイミングプールのあらすじ1

推理作家のサラは、出版社のジョンと会います。新人作家の作品が良い様子で、サラは気分が良くありません。
ジョンは、サラに別荘を使ってよいと紹介します。後から来るのか聞くと、娘がいるからと言います。
南フランスにやってきたサラは、別荘の管理をしているマルセルと会います。彼に別荘まで車で送ってもらいます。
近くの村で食料を買って、店に入って長閑な時間を過ごします。別荘も広くて天国のようだとジョンに報告します。仕事も順調に進んでいきます。
夜になって、一台の車が止まってきます。どうやらジョンの娘のジュリーがきてしまったのです。
自由奔放な彼女に、サラは毛嫌いをします。ジョンに電話して、娘が来るなんて聞いてないと留守電に入れます。
翌日、別荘にあるプールにジュリーは入ります。サラは、細菌が多そうで入りませんでした。
サラは、ジュリーの騒がしくて片づけない性格にイラつきます。外でご飯を食べることにします。その店の店員のフランクと話しをして癒されます。 この映画を無料で観る

【承】- スイミングプールのあらすじ2

ジュリーは、ジョンから電話で怒られたと言います。サラに代わると電話は切れてしまいます。折り返しかけても、ジョンは外出中と言われます。
サラは、こっそりとジュリーが買ってきたフォアグラを食べます。飲み物も飲んで、水で足しておきます。
ジュリーは男を連れて帰ってきます。エッチの声が激しく聞こえてきて、サラは耳栓をして寝ることにします。
次の日もジュリーは男を連れてきます。今度は違う男性でした。マルセルがやってきて、プールを掃除してくれます。
サラは、ジュリーを題材にして作品を作り始めます。彼女がいない隙に、日記を拝借したりして書いていきます。
ある日、サラはプールの近くで、ジュリーのパンツが落ちているのを発見して持ち帰ります。
サラは、ジュリーが帰ってこなくて心配していました。プールの側でウトウトしてると、目に痣をつけて帰ってきたジュリーがプールに入ります。
サラは、次第にジュリーの事が嫌いではなくなります。ジュリーを食事に誘う事にします。出掛ける時に呼びに行ったジュリーが、サラの部屋でパンツを見つけます。

【転】- スイミングプールのあらすじ3

食事はフランクのいる店で食べることにします。彼の事や村の事など、ジュリーはここで育ったため知り尽くしている様子です。
ジュリーは、ジョンが母と自分を捨てたと語ります。母は今、ニースに引っ越したと語ります。
また、ジュリーの母は作家で、ジョンに貶されて本は出版されなかったと言います。ジョンの奥さんに別れて欲しかったと、ジュリーの母は言っていたそうです。
翌朝、サラがマルセルとプールにいる間に、ジュリーはサラの作品を探します。自分の事が書かれていて驚いた様子です。
サラは、フランクと今日も楽しい会話をします。その夜、ジュリーは今度はフランクを家へと連れてきます。
ダンスを踊った後、サラは自分の部屋に帰ります。ジュリーは、フランクとプールでエッチをしようとします。
サラはベランダから見ていました。石をプールに投げつけます。フランクが気づいたのか、今日はやめて帰ろうとします。
その後、ジュリーはフランクを大きな石で殴って殺害します。翌朝、サラはフランクの店に行くと、彼が来てないことを知ります。

【結】- スイミングプールのあらすじ4

サラはマルセルに聞いてフランクの家に行きます。やはりいませんでした。
マルセルの家に行くと、彼の娘が応対してくれます。彼女にジョンの母の電話番号を聞くと、彼女は交通事故で亡くなった事を知ります。
帰るとジュリーが取り乱した様子です。ジュリーはフランクを殺したことを白状します。理由は、サラの作品のためにやったのだと言います。
サラは、ジュリーと一緒にフランクを庭に埋めます。翌日、マルセルが気づいたので、サラは体を使って気を引きます。
ジュリーは自分の職場に帰って行きます。その時にサラは、ジュリーのお腹の傷は何でできたのか聞きます。交通事故でできたと返答されます。
ジュリーは、母の本のコピーをとっていたことを置手紙でサラに伝えます。サラは、彼女の母の本を作品として、別会社経由で出版します。題名は「スイミング・プール」でした。
内心腹の立っていたジョンに、その事を言ってやります。帰っていると、ジョンの娘のジュリアが出版社を訪れてきます。
別荘で、サラとジュリアがお互いに手を振ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ジュリーが何者なのか謎で終わっていく部分だと思います。最後にジョンの娘のジュリアが登場することで、その謎が浮き彫りになって驚きます。
監督自身も言っているのですが、空想と現実が入り混じった作品です。なのでジュリーが何者なのかなど、真実は視聴者側にゆだねられるものになっています。そういった想像するのも今作の魅力です。
他にも今作で魅力的なのは、リュディヴィーヌ・サニエやシャーロット・ランプリングのセクシーな映像です。サニエの露出はかなり多くて、男性諸君には嬉しい内容になっています。
そして、映画の舞台である長閑な雰囲気や、自然やお店などが映し出されている映画です。見ているだけで気持ちがゆったりとしていきます。しかし、ストーリー自体はミステリアスな部分があって、その対照的な演出が面白さを引き立てていると思います。
最後まで見終わって、奥の深い想像力豊かな映画だと思いました。このような映画を見ると、自分自身の想像力も豊かになったのではないかと思うほどです。素晴らしい作品なのでお勧めします。

映画の感想を投稿する

映画「スイミングプール」の商品はこちら