「スタンドオフ」のネタバレあらすじ結末

スタンドオフの紹介:2016年製作のカナダ映画。「ミスト」のトーマス・ジェーンと「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンがぶつかり合うシチュエーションスリラー。元軍人カーターの家に、暗殺者に追われた少女が逃げ込んでくる。カーターは少女を守るため、銃を手に死闘を繰り広げる。

予告動画

スタンドオフの主な出演者

カーター・グリーン(トーマス・ジェーン)、セイド(ローレンス・フィッシュバーン)、イザベル・モーガン〔バード〕(エラ・バレンタイン)、マーラ(ジョアンナ・ダグラス)、ジェラルド・ベイカー(ジム・ワトソン)、ロジャー(ジョン・テンチ)、クレイトンの母(ローラ・デ・カートレット)、神父(テッド・アザートン)

スタンドオフのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①殺し屋・セイドが暗殺する現場を目撃し、素顔をカメラにおさめた少女・バードは追われてカーターの家に。カーターは2階で、セイドは1階で互いに銃を持ちこう着状態に陥る。 ②セイドがカーターの妻・マーラを呼び出して人質に取るが、最終的にカーターが勝利。セイドは死亡。

【起】- スタンドオフのあらすじ1

カナダの荒野。
人里離れた一軒家に、元軍人のカーター・グリーンは住んでいました。
かつては妻・マーラと息子・サミュエル、通称:サムとの3人暮らしでしたが、サムが7歳で亡くなってから、妻も家を出ていきました。今ではカーターが独りで暮らしています。
まだ息子を亡くして1年も経過していないので、カーターは自分も家を出る気になれずにいました。妻が去った家で、毎日抜け殻のように過ごしています…。

イザベル・モーガンは叔母さんの元カレのロジャーに連れられて、両親の墓参りに出かけました。ロジャーは車道の車の脇で待ち、イザベルだけお墓に向かいます。
イザベルの両親は交通事故で亡くなっていました。
イザベルは生まれた時に小さかったので、父親から「バード」と呼ばれていました。その関係で、みんなからも「バード」と呼ばれます。ここでもバードと呼びます。
バードはメガネをかけた少女で、カメラを肌身離さず持ち歩いていました。首から提げた一眼レフのフィルム式のカメラで撮影していると、その間だけ安心できるのです。
墓地では、クレイトンという人物のお葬式をしています。神父と、クレイトンの両親とおぼしき男女2人がお墓の前で祈りを捧げています。
バードは両親の墓前に花を手向けながら、お葬式の様子を見ていました。
するとその神父と参列者の夫婦が、バードの目の前で殺されました。狙撃したのは黒いマスクをかぶった男です。
おどろいたバードは墓の陰に身をひそめました。
マスクをかぶった男はクレイトンの墓の近くまで来ると、2人が死んでいるのを確認して、マスクを取ります。バードは男の顔をカメラで撮影しました。
その男はセイドという中年男性でした。神父と両親の遺体と、彼らを撃った武器を墓の棺の上に入れると、無造作に土をかぶせます。
そこへ、帰りが遅いのを気にしたロジャーが、バードを探しにやってきました。バードはロジャーを制止しようとしますが、ロジャーはセイドに声をかけ、射殺されます。
同時に、バードの存在もセイドに知れてしまいました。顔を見られたセイドは、少女を始末するためにあとを追います。

走って逃げたバードは、カーターの家に駆け込みました。玄関でぼんやりと亡くした息子・サムのことを考えているカーターに助けを乞います。
追ってきたセイドが銃撃し、カーターは右足首付近を負傷しました。カーターは家にあった猟銃ですかさず応戦し、セイドは脇腹を負傷します。
カーターはバードを連れて2階へ逃げ、セイドは家の1階に入り込みました。
そのまま、両すくみの膠着状態に陥ります。

カーターは2階でバードの手を借りて、セイドは1階でカーターの私物をあさり、酒を得ました。
両者ともに傷口を消毒し、火薬を爆破させて血止めをします。
カーターは1階にいるセイドを牽制するために、「通報するぞ」と脅しました。しかし1階にも受話器があり、通話が止められていることがばればれです。

【承】- スタンドオフのあらすじ2

「携帯電話があるんだぞ」とカーターは言いますが、その携帯電話は1階に置き忘れていました。それを指摘したセイドは高らかに笑います。
セイドの方も取引をしようとしました。カーターはまだセイドの顔を見ていないので、少女さえ引き渡せば見逃してやる、命までは取らないと言います。
しかし息子のサムを亡くしたカーターにとって、これ以上怖いものなどありませんでした。むしろ怖いのは、目の前にいる少女・バードを救えないことです。
カーターはバードに必ず助けると約束すると、2階にある電球を集めてきてくれと頼みました。袋に入れて割ると、2階の階段から電球の破片をばらまきます。
そうすることにより、階段の下に人が忍び寄ると、ガラスを踏む物音でそれと分かります。

カーターが住んでいる場所は、かつては栄えていましたが、大企業が土地を買収してから墓場同然になっていました。人通りも全くありません。
膠着状態ではありますが、セイドもカーターも負傷しているので、持久戦でもあります。
カーターの残弾は1発でした。しかしそのことをセイドは知りません。
バードの話を聞いたカーターは、フィルムを回収するとビンに入れてビニールで包み、バードに「トイレのタンクに入れてこい」と言いました。こうすることで、もし屋敷で火事が起きても、フィルムの消失を防げます。
予想していたとおり、セイドが屋敷に火をつけると言いだしました。カーターはフィルムをトイレタンクに隠したと言い、牽制します。事態は泥仕合の様相を呈します。

若い男性警察官のジェラルド・ベイカーは、管轄地域の見回りをしていました。墓場に複数の車が放置されたままなのを不審に思って下車し、クレイトンの墓場で起きたことを知ったベイカー警官は、その直後、発砲音を聞きます。
この時の発砲音は、セイドがカーターに「油断するな」と威嚇する意味で発射した1発でした。
近くのレッドペッパーの射撃場がすでに営業停止になっていると無線で確認したベイカー警官は、発砲音がした家の方に近づきます。

カーターに頼まれて酒を取りに屋根裏に行ったバードが、犬のぬいぐるみを持って帰ってきたのを見て、カーターは血相を変えると、元の場所へ戻して来いと言いました。
息子のサムは、自宅の庭で亡くなりました。
カーターが見守っている最中にうたたねをしている間に、庭に放置していた車のタイヤに足を取られて転倒し、石に頭をぶつけて死んだのです。
妻のマーラは息子の死を嘆き、夫のカーターが目を離したせいだと責めました。家にいるとどうしても息子のことを思い出してしまうと言い、家を出ていきます。
1階の荷物で事情を悟ったセイドが、精神的な揺さぶりをかけるために、息子や妻のことを話題にしました。知りつつも、わざとカーターに質問します。

【転】- スタンドオフのあらすじ3

唯一つるした電球がちかちか点滅し始めたのを見て、カーターは焦りました。地下の発電機に燃料を足していないので、もうすぐ燃料が切れるのです。
明るいうちにバードを逃がすべきだと思ったカーターは、2階の角部屋の真下に木箱が積み重ねられており、そこが低いので足が届きやすいことを告げ、バードにひとりで逃げるよう言いました。
バードは言われたとおり、角部屋に行きます。
ところがその時、家にパトカーがやってきていました。家のドアをノックしたベイカー警官を、ドア越しにセイドが撃ちます。
倒れた警官を尻目に、セイドは外へ出てパトカーを運転し、納屋へ移動させました。セイドが外へ出たのでバードは逃げられず、戻ってくるとカーターにそれを言います。
2階のバルコニーに出たカーターは、狙いを定めながら戻ってくるなと言いますが、セイドが撃ちそうになったので家に引っ込みました。

セイドの方でも焦ってきます。足首付近を負傷したカーターに対し、セイドは脇腹を負傷しているので、持久戦では不利なのです。
部屋に戻ったセイドは、カーターの携帯電話をチェックします。
ベイカー警官を椅子に縛りつけると、指をハンマーで潰す拷問を施し、カーターとバードにおりてこいと言いました。
それでもカーターが屈しないので、セイドは警官の頭部を撃って殺し、椅子に乗った死体を階段下に転がせます。

セイドの足音が聞こえなくなったので、鍵をかけてトイレにこもれとバードに言い、カーターは投降する振りをしました。
1階に降りたカーターは、脱ぎ捨てられた靴を見つけます。セイドは靴を脱いで移動していたのです。
セイドは外から2階へ移動していました。それに気付いたカーターが外へ出て、2階の窓にいるセイドを狙って撃ちました。
(この時点でカーターの残弾はゼロになった!)
セイドは慌ててはだしの足で階段に行き、電球の破片を踏んで足の裏を切りました。階段を転げ落ちます。
痛みも手伝ってセイドは怒りまくり、家に火をつけようと思いましたが、ふとあることを考えつきました。

日没を迎えました。発電機の燃料が乏しく、いつ電気が消えるか分かりません。
カーターがセイドに、なぜ助けを呼ばないのかと質問しました。本来ならば、仲間を呼べばいい話です。
セイドは自分がプロの殺し屋だと言い、「目撃者は俺の問題だ(そのせいで雇い主に迷惑をかけたくない)」と答えました。
人殺しをすることで安眠を得られたというセイドは、「けだものと化すものは人としての痛みを忘れる」という小説の一説を引用し、殺人を楽しみにしているわけではなく、あくまで仕事だと言います。

【結】- スタンドオフのあらすじ4

殺し屋などする人間は怪物だと思っていたカーターにとっては、意外な答えでした。
緊張の連続と出血で、2人とも朦朧とします。その時、外に赤いものが光りました。

赤く光ったのは車のテールランプでした。セイドはカーターの妻・マーラを携帯で呼び出したのです。
「会いたがっているのに連絡できない」と言い、呼び出したと言います。
セイドはマスクをするとマーラを拉致し、人質にしました。
妻のマーラを人質に取られ、カーターは最も焦ります。見捨てられるかもしれないと思ったバードも、泣いて懇願します。
カーターはバードに銃を渡し、自分ひとりで降りていくことにしました。バードに猟銃の撃ち方を教えます(弾は入っていないのだが)。
ひとりで階段を降りたカーターは、セイドと対峙すると「どうしても彼女(バード)は渡せない」と言いました。
もう何時間も相手になっているカーターの顔をやっと拝めたと言ったセイドは、自分もマスクを外して顔を見せると、発砲しようとします。
カーターを撃ったセイドは、2階のバードに向けて「何人殺す気か」と挑発しました。バードのせいで無用な死人が増えたことを指摘し、呼び出す作戦です。

バードが銃を持ちながら降りてきました。階段下で撃たれたカーターが、こっそりナイフを持ちます。
電球が点滅した瞬間、マーラがセイドに肘鉄を食らわせました。その隙にカーターがナイフでセイドを刺し、セイドも発砲します。
完全に電気が消え、真っ暗になりました。
妻のマーラは外へ出て警察に通報し、バードは銃を持ったまま移動し、セイドの確認に行きます。
バードがセイドを見つけて狙いを定めて至近距離で撃ちますが、中身は空でした。
ハッタリだったと知ったセイドが、笑って銃をバードに向けます。
バードは覚悟を決めて「撃てば?」と言いますが、セイドはもう撃つ気がありませんでした。
自分がもう死ぬと悟ったセイドは、バードを殺しても意味がないことを知っており、「怪物だとでも?」と答えると、撃つだけの力が残っていながら、撃たずにそのまま死にます。

バードはカーターのところへ近づきました。カーターは壁を背にして倒れています。
カーターは生きていました。カーターは、バードが肌身離さず持っていたカメラを置いてきたことを知ります。
(両親を亡くしたバードにとって、カメラを持つことが精神安定剤の役割を果たしていた。今回の件でカメラを手放せることになった、克服したということ)
カーターはバードの父が生前によく使ったことば「失うものは何もない」と言ってバードを慰めました。
マーラが駆け寄ってきます。

みんなの感想

ライターの感想

なんというか、毛色の変わったシチュエーションスリラー。
1階に殺し屋、2階に元軍人。互いに銃を持ってはいるものの、銃撃戦を展開するわけではなく。
どちらかというと心理戦。こういう縛りがあるの、私は好きだが、アクションとか期待した人はあてが外れたかも?
なぜカーターがそこまで身を呈してバードを守るのか(=息子のサムを失っており、それ以上子どもを目の前で失いたくないから)というのが、きちんと描かれるので肩入れしやすい。
両者ともに負傷し、同じタイミングで同じやり方で止血してるのとかも興味深かった。

映画の感想を投稿する

映画「スタンドオフ」の商品はこちら