「ストロベリーナイト」のネタバレあらすじ結末

ストロベリーナイト(映画)の紹介:2013年公開の日本映画。誉田哲也の警察小説シリーズ「姫川玲子シリーズ」を原作とする、フジテレビの刑事ドラマ『ストロベリーナイト』の劇場版作品。監督は佐藤祐市、主演は竹内結子。

この映画を無料で観る

予告動画

ストロベリーナイトの主な出演者

姫川玲子(竹内結子)、菊田和男(西島秀俊)、葉山則之(小出恵介)、石倉保(宇梶剛士)、湯田康平(丸山隆平)、今泉春男(高嶋政宏)、和田徹(三浦友和)、柳井千恵(横山美雪)、柳井健斗(染谷将太)、藤元英也(鶴見辰吾)、龍崎神矢(石橋蓮司)、川上義則(金子賢)、牧田勲(大沢たかお)

ストロベリーナイトのネタバレあらすじ

【起】- ストロベリーナイトのあらすじ1

警部補・姫川は警視庁捜査一課・殺人犯捜査係の主任です。暴力団員・小林充の刺殺体が発見され、遺体の状況は別の2つの暴力団員殺しと共通点がありました。捜査一課は連続殺人事件として組対四課との合同会議を開きます。被害者全員が龍崎組所属で、内部抗争と考える組対四課と、それに疑問を持つ捜査一課は対立し決裂します。会議後、姫川は「小林殺しの犯人はヤナイケント」という密告電話を受けますが、上層部に捜査禁止を命令されました。極秘で調査開始した姫川は、ヤナイケント(柳井健斗)が9年前に起きた殺人事件の関係者だと知ります。柳井の姉・千恵が殺害され、性的虐待をしていた父・篤司が重要参考人として取り調べを受けました。

【承】- ストロベリーナイトのあらすじ2

警官から銃を奪った篤司は、健斗の目の前で自殺します。その後の調査で篤司にはアリバイがあったことが判明しますが、警察は篤司に罪を着せたまま被疑者死亡として書類送検し隠蔽を図りました。今回殺された小林は当時の千恵の恋人で、恐らく千恵殺しの真犯人です。健斗が復讐として殺害する動機になりますが、そうなると9年前の不祥事も明るみになり、警察上部は避けたいと考えたのでした。健斗を訪問した姫川は、龍崎組の若頭補佐・牧田と出くわします。牧田は不動産会社の社員と偽りました。龍崎組は組長・龍崎が跡目を若頭・藤元に継がせようと考えていますが、藤元は組を裏切る行為をしており、牧田は健斗にその調査を依頼していました。

【転】- ストロベリーナイトのあらすじ3

しかしその藤元が何者かによって射殺されます。組対は藤元亡き後に龍崎組を継ぐ牧田を連続殺人の犯人と考えました。牧田は姫川が警察官と知りながらも惹かれており、姫川に積極的に連絡を取って行方不明の健斗の情報を流します。健斗は情報屋の仕事をしていました。姫川の単独捜査が本部に露見し捜査から外されますが、姫川は牧田から得た健斗の銀行隠し口座を託します。それにより健斗のアジトが判明しますが、健斗はそこで首を吊った状態で発見されました。健斗は、連続殺人の犯人であるという遺書を残していましたが、ひっかかりと感じた姫川は捜査を続け、とうとう牧田の正体が不動産屋社員ではなく龍崎組の人間だと知ります。 この映画を無料で観る

【結】- ストロベリーナイトのあらすじ4

街頭で会った牧田は小林殺しの自供をします。当初は姉の復讐のため健斗に殺害させようとし、おじけづいた健斗にかわり牧田が殺したのです。しかし小林殺しだけです。そのとき牧田の部下・川上が姫川を襲い、姫川を庇った牧田が刺されました。小林以外の連続殺人の犯人は川上でした。牧田を慕う川上は、牧田に組を継いでもらうため邪魔な人間を排斥し、健斗を自殺に見せかけて殺し、全ての罪を着せたのです。川上は逮捕され、牧田は亡くなりました。上層部は事件を隠蔽しようとしましたが、記者会見で捜査第一課長・和田は9年前の事件と今回の事件の関連性について発表し、マスコミは騒然とします。姫川のチームは解散し皆所轄に異動しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ストロベリーナイト」の商品はこちら

ストロベリーナイト DVD