「スモークスクリーン疑惑の炎」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

スモーク・スクリーン 疑惑の炎の紹介:2010年のサスペンス映画。放火と殺人にからむ政治的な隠ぺい工作に巻き込まれた男女の姿を描いた作品。主演は「DOA/デッド・オア・アライブ」や「マイネーム・イズ・アール」のジェイミー・プレスリー。

この映画を無料で観る

スモークスクリーン疑惑の炎の主な出演者

ブリット・シェリー(ジェイミー・プレスリー)、ギャノン(カリー・グレアム)、スージー(マリー・アジェロポウロス)、クレバーランド(ダスティン・ブロックス)、アレックス(アレックス・ブルハンスキ)、サム(ジャン・キャシーニ)

スモークスクリーン疑惑の炎のネタバレあらすじ

【起】- スモークスクリーン疑惑の炎のあらすじ1

人気テレビリポーターのシェリーは目を覚まします。友人で刑事のジェイがベッドの横にいて、昨夜の記憶がありません。
ジェイが死んでいて、警察を呼ぶ事にします。警察はシェリーが犯人だと疑います。
昨晩、ジェイに呼び出されたシェリーは、酒を一杯飲んでから意識が無くなりました。酒の中に薬を入れられたと考え、尿検査を受けることにします。
この状況は、以前シェリーが報じたニュースの事件と似ていました。その事件を報じたことがきっかけで、消防士のギャノンは社会的に抹殺されました。
シェリーは、上司から休むように言われます。自宅で寝ていると、ギャノンがやってきて拉致されます。
ギャノンは、今回の事件の詳細を聞いてきます。自分の事件と類似している事が分かって、彼女を放します。
シェリーが報じたニュースは、放火事件でギャノンが捜査をしていました。担当していた刑事はジェイでした。ジェイからの情報提供で、シェリーはギャノンを窮地に追い込む報道を行ったのです。 この映画を無料で観る

【承】- スモークスクリーン疑惑の炎のあらすじ2

放火事件は、その時に唯一死亡したジョーンズが犯人だとされていました。しかし、彼は頭蓋骨を骨折してる疑いがあって、ギャノンはジェイに調書を依頼します。
ジェイはパーティーに来たら渡すことを約束します。パーティーに出席したギャノンは、薬物中毒の女性に迫られて薬で眠ります。
翌朝、目が覚めると彼女は死んでいました。シェリーと同じ状況でした。
ギャノンは、ジェイとジョージ、パット、そして判事のキャンディからアドバイスを受けます。そして、遺体処理は彼らに任せて、自分は戦わずに黙り込んだのです。
しかし、その事をシェリーに報じられて、ギャノンは仕事をクビになり、婚約者との縁談が破棄になります。現在は一人孤独に生きる日々です。
シェリーは、真相を明らかにすることを決意します。その頃、シェリーがいなくなったことで、逃げたと判断した警察でした。シェリーは指名手配されます。
ギャノンは怪しまれるため、シェリーに帰るように車を貸します。その帰り道、シェリーはキャンディの雇った暗殺者に車を横転させられて燃やされてしまいます。

【転】- スモークスクリーン疑惑の炎のあらすじ3

ギャノンが駆け付けて、ギリギリ逃げ出していたシェリーと合流します。ギャノンは追われないためにも、シェリーを死んだことにしておこうと考えます。
二人は、ジョーンズの父親に会いに行きます。彼から、ジョーンズが良く公園にたむろしていた事を聞きます。また、頭蓋骨を骨折していたことを警察からは知らされていなかった事も聞きます。
ギャノンは、ジェイの葬儀に出席します。そこで、ジョージ達と再会して、事件の真相に近づいている事を話します。
外出するなと言われていたシェリーでしたが、パソコン端末機を探しに行って調べ始めます。
5年前に、公園でパットの息子が襲われた事が分かります。その事が原因で彼は傷を負っていました。
ギャノンにその事を知らせて、二人は真相が分かり始めます。ギャノンは、シェリーを恨んでいましたが、彼女が仕組んだことでないと知って考えを改めます。二人は盛り上がって結ばれます。
シェリーとギャノンは、パットの息子の家に向かいます。彼がゲイバーに行くのを見かけて後をつけます。
事情を聞こうとしてると、暗殺者がやってきて銃撃してきます。ギャノンがかすり傷を負うだけで済みます。

【結】- スモークスクリーン疑惑の炎のあらすじ4

翌朝、二人はパットの息子に真実を聞きに行きます。パットは同性愛について認めない人でした。
公園で息子が襲われて、パットとジョージ、ジェイがジョーンズの尋問を行いました。そして頭蓋骨を骨折させて、事件を明るみに出さないために放火をしたのです。実は尋問の時にキャンディもいました。
その後、パットの息子も暗殺者によって殺されます。マスコミはシェリーの仕業だと考えます。
シェリーはキャンディに事件の真相を話して追及します。ギャノンはジョージに追及しに行きます。
暗殺者がシェリーの元にやってきて、返り討ちにしてやります。シェリーは銃を奪ってキャンディに向けていると、警官が駆け付けてきます。
警官は、シェリーが一連の犯人でないことに気づいていました。ギャノンも駆け付けて、シェリーとギャノンの疑いは晴れます。
ギャノンは消防士に戻ってこないかと言われ、シェリーも仕事の復帰を求められます。二人が一緒に住み始めて、キスをしてエンディングです。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、丁寧に作り込まれたストーリーが見所です。登場人物の名前が多く、混乱しそうと初めは思うかもしれません。しかし、丁寧に描かれているので、最後には納得できるかと思います。
また、主演のジェイミー・プレスリーのセクシーなプロポーションを見ることのできる映画でもあります。強烈なセクシーシーンはないのですが、健康的で夏場の服装なのが男性には嬉しいのではと考えます。
時間も90分ほどで、サクッと見れるのでお勧めな作品です。カメラワークも激しくぶれたりしないので見やすくなっています。

映画の感想を投稿する

映画「スモークスクリーン疑惑の炎」の商品はこちら