「セキュリティコール」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

セキュリティコールの紹介:2016年製作のアメリカ映画。母親が義理の息子と共に、セキュリティのプロとタッグを組んで奮闘する密室サスペンス・スリラー。嵐の夜、武装した3人組の強盗に襲われた母と息子の災難を、スリリングに描く。

この映画を無料で観る

予告動画

セキュリティコールの主な出演者

クロエ・ペイジ(ナターシャ・ヘンストリッジ)、マイク(ジェイソン・パトリック)、ジェイコブ(リアム・ディキンソン)、ヘフリン・ピアース(スコット・アドキンス)、ジェイソン・アスター(マイケル・ロジャーズ)、ヴィクトリア・ノックス(カイラ・ザゴルスキー)、ザンダー(クリスチャン・テッシャー)、ベス(ブレンダ・クリッチロー)、リズ(リーン・ラップ)、アリス(ジョアンナ・ニューマーチ)

セキュリティコールのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①クロエは夫・マクファーソンの息子・ジェイコブと2人で郊外の家に暮らしていた。ある夜強盗3人組に襲われたクロエは、セキュリティ会社のマイクのナビゲートの下、邸内からの脱出を図ろうとする。 ②しかし脱出は困難をきわめる。想定外の事態が起こり、強盗組も内輪もめが始まる。クロエとジェイコブとマイクが協力し、強盗を撃退した。

【起】- セキュリティコールのあらすじ1

〝住居侵入の発生率は12秒に1件。
日中より夜間の侵入が増加。
犯罪増加で警察の対応が遅いため、ホームセキュリティを導入する家も多い〟
…クロエ・ペイジは中年女性です。デイヴィッド・マクファーソンという大富豪と結婚しましたが、マクファーソンには10代前半の前妻との息子・ジェイコブがいます。
マクファーソンはクロエとの再婚にあたり、郊外に最新のホームセキュリティを導入した豪邸を1年前に購入しました。自身が留守にしがちの職業なので、家族には安全とを考えたのです。
気持ちはありがたいのですが、肝心のマクファーソンが家に帰って来なくなりました。
上海に行っているはずの夫は、携帯電話にも出なくなり、決定打は夫との共同口座が凍結されているという事態です。クロエはマクファーソンに新たな恋人ができたのだと怪しみました。義理の息子のジェイコブは「財産目当てで結婚するからだ」と、義理の母・クロエにきつい言葉を投げかけます。
クロエはジェイコブの頬をぶちました。ジェイコブは納屋の収納スペースに隠れます。
後でクロエはジェイコブにぶったことを謝り仲直りしますが、ゲームばかりするのを注意しました。
その日の夜、クロエは家に友人女性のアリスを呼び、女2人だけのワインパーティーをします…。
…セキュリティ会社では上司の中年男性・マイクが若い部下たちに、電話対応のイロハを教えていました。大事な点は「PART」というアルファベット4文字の、4点あると言います。
「P=パスワード」契約者の確認のため、電話で契約時のパスワードを確認すること。
「A=オーソリティ(関係機関)」もしパスワードが言えない時(契約者がパスワードを忘れて、などの時)には警察や消防にも連絡を取らせて、連携を取れということ。
「R=連絡先」契約者の指定の緊急連絡先で、隣人や親戚であることが多いです。第三者に状況を知らせるということ。
「T=対応を続けること」電話を切らず、問題解決まで回線を確保しておくこと。
プロのセキュリティ対応ができる人は少ないので、マイクはこのところ勤務超過でした。同僚の黒人女性・ベスが休めばと言ってくれますが、もう少しだけ働いて帰宅するとマイクは言います。
…クロエは気づいていませんでしたが、このところクロエは見張られていました。
見張っていた男・ザンダーは、市内からクロエが住む郊外への途中の旋回橋の管理人・アルを麻酔で眠らせ、操作盤のコードを切って壊します。これで操作盤を直すまで橋を車で通行できなくなりました。
そして雷鳴がとどろき、強風注意報や洪水警報などが出た嵐の夜、クロエ宅は強盗に襲われます。 この映画を無料で観る

【承】- セキュリティコールのあらすじ2

アリスと2人でワインを飲んでいたクロエは、夜22時半の突然の来客に驚きました。アリスは「きっと家を間違えたのだ」と言い、応対してくると外に出て行きます。
監視カメラで見ていたクロエは、アリスが車から出て来た人にいきなり射殺されるのを見て、玄関を施錠した後にホームセキュリティのパニックボタンを押しました。警察に電話をかけます。
通報した相手がすぐに保安官を寄越すと言ったので、クロエは安心しました。ところがこの電話の相手は強盗の1人が対応したものでした。
強盗は3人組で、仮面舞踏会で着用するようなマスクをつけて顔を隠しています。
・ヘフリン・ピアース…リーダーの男性。強盗と恐喝で手配中。パリの美術館強盗にも関与。
・ジェイソン・アスター…スキンヘッドの男性。湾岸戦争で爆発物処理をした経験を持つ爆弾のプロ。シカゴでの爆破の容疑者。
・ヴィクトリア・ノックス…黒髪の女性。リーダーのヘフリンの恋人。
・ザンダー…直接は顔がばれない。旋回橋を見張っている男性。保安官の足止め係。無線でヘフリンに連絡を取り、旋回橋の修理状況などを知らせる。
電話を切った後、クロエはセキュリティ会社にも電話をかけました。クロエは「友人が銃撃された」と訴えますが、新人女性・リズが昼間に教わった講義どおり「パスワードは?」と聞くので、クロエは怒ります。
処理しきれないリズは「人が撃たれて、パスワードは不明です」とセンター内に助けを求めたので、マイクが電話を代わりました。
該当住所の監視カメラをすぐ呼びだしたマイクは、クロエの家がマスクをつけた強盗に襲われているのを確認しました。マイクは不審者が3人いるとクロエに言い、セーフルーム(避難部屋)の有無を聞きましたが、ありません。
強盗が玄関に爆弾を仕掛けるのを見たマイクは、玄関には近づくなと言って、隠れる場所を探せと指示します。
クロエはジェイコブを起こして隠れようとしますが、玄関が破壊された爆風で少しの間気絶しました。その間にマイクは担当保安官に連絡を取ります。
保安官は壊れた旋回橋の対応のため、出払っていました。クロエとジェイコブは台所に移動しています。
建物内に侵入した強盗は、手分けして監視カメラのレンズを次々にスプレーで塗りつぶしていきました。まだ生きているカメラを見ながら、マイクはクロエを安全な場所に誘導します。
クロエとジェイコブは遊戯室に避難しました。クロエはいざという時には隣家のジョンソン宅へ行けと言います。
保安官と連絡が取れないのを知ったマイクは、強盗はプロだと判断しました。
同じ時、初老のケイン保安官は通行止めになった橋を直すようチャッコに指示します。その後にマイクと話をして、通報したはずのクロエの内容が伝わっていないと知りました。人を送ってくれと言いますが、ケイン保安官は「橋が使えないので1時間は無理だ」と答えます。

【転】- セキュリティコールのあらすじ3

強盗たちは邸内の監視カメラを塗りつぶすと、マスクを取りました。外で見張っていた女性・ヴィクトリアは妨害電波を出し、クロエとマイクの通話が切れます。
ところが強盗3人組は知らないことですが、監視カメラは邸内にまだ10個近く設置されていました。いずれも茂みの中やソファーの中に埋め込まれたものです。
マスクを外したので、強盗3人組の顔が割れました。マイクはリズに指示し、3人の身元を照会させます。
ヘフリンとジェイソンは金属探知機を持って邸内を移動し、ヴィクトリアはクロエとジェイコブを探しました。
クロエとジェイコブは2階の収納部屋にあるクローゼットに隠れます。同じ部屋にやってきたジェイソンは、金属探知機が反応するので壁を壊しました。目当てのものが真下にあると知り、1階へ移動します。
ジェイコブは妨害電波で通話ができないのなら、Wi-FiのVOIP(ネット電話)を使おうと考えます。回線は隣家のジョンソン宅のものを利用しました(ゲームのしすぎで自宅のはクロエに切られた。隣家のパスワードは飼い犬の名だとジェイコブは知っている)
強盗3人組は2階収納部屋の真下にある柱の壁を破壊して、金庫を探り当てていました。金庫の中身が3人の目的でした。
鍵穴は1つでボルトは12本タイプの金庫です。開けるまで最低45分は見てほしいとジェイソンは言いますが、ヘフリンは30分で作業を終えろと言いました。
ジェイソンは金庫を開ける作業を開始し、ヴィクトリアは再び邸内に潜むクロエとジェイコブを探し始めます。
Wi-Fiでセキュリティ会社に電話をかけたクロエは、マイクと通話を再開しました。マイクはクロエに狙われる心当たりや、犯人たちの声に聞き覚えがあるか聞きますが、クロエは全く見当もつきません。
マイクが監視カメラで見ながらクロエたちを車庫へ誘導します。
ところが車庫へ行ったところでヴィクトリアに気づかれました。ジェイコブがバットで、クロエがシャベルでヴィクトリアを殴って気絶させると、車庫の奥の物置に隠します。
マイクとクロエは車で脱出する計画を立てました。車庫ガレージを開ける音を消すためにマイクが本館の音楽システムを作動させることを思い付きましたが、決行した瞬間に落雷で停電します。
金庫も開けられなくなり、配電パネルを確認しに来たジェイソンはクロエとジェイコブを見つけましたが、見逃してくれました。
クロエとジェイコブは再び2階へ移動しますが、イライラし始めたヘフリンがクロエに挑発するような言葉を投げかけ始めます。ジェイソンに見つけてもらったヴィクトリアは怒って2人を殺すと言いますが、ヘフリンは最後の切り札(金庫が開かなかった場合、暗証番号を聞くため)として2人は生かしておけと言いました。

【結】- セキュリティコールのあらすじ4

金庫はタングステンカーバイト(超合金)でできており、破壊できません。旧式のダイヤル錠を開けるしかありませんが、時間がかかります。
ジェイソンはダイヤル錠の周囲に聴診器をつけて、錠が噛みあう音で金庫を開こうとしました。集中力のいる作業なのに、横にいるリーダーのヘフリンがいろいろ喋るので集中しづらい状況です。
ケイン保安官は旋回橋の反対側まで移動し、顔なじみの一般市民・フィルに車を借りてクロエ宅に駆け付けようとしますが、見張りのザンダーに射殺されました。
ジェイコブが外へ逃げます。ヘフリンはイライラしてきて当たり散らしますが、うるさいので金庫を開けるジェイソンの邪魔になりました。
ヘフリンとジェイソンの口論が始まり、クロエは自分の夫・マクファーソンと連絡が取れなかったのは、新たな女ができたからではなく、ヘフリンに殺されたからだと知ります。マクファーソンはヘフリンの大事なものを盗んでこの家の金庫にしまっていました。
ジェイコブがヴィクトリアに捕まり、ジェイコブを人質に取られたクロエは、マイクの説得をきかず強盗3人組の前に姿を現します。
ヘフリンは金庫の番号を聞きますが、クロエはそもそも金庫の存在すら知りませんでした。当然、解錠番号も知りません。
それでも何か記念の番号で試してみろと言われたクロエは、いくつか試してみますが、無理でした。
旋回橋が通れるようになり、警官隊が到着するとザンダーが言います。ケイン保安官は先手を打って応援も呼んでいました。ヘフリンはザンダーに食い止めろと指示し、ザンダーはパトカーと銃撃戦になりますが、撃たれて死亡します。
再びヘフリンとジェイソンの間で内輪もめが始まりました。ジェイソンはヘフリンに撃たれます。
監視カメラで見ていたマイクは、アラーム音を鳴らしました。ヘフリンがひるんだ隙にクロエが斧でふとももを刺し、ジェイコブは肘鉄をヴィクトリアに食らわせて逃げます。
ジェイコブはそのまま外へ逃げ、犯人たちの車に乗り込んで逃走しました。車の前に出て来たヴィクトリアを轢き、ヴィクトリアは死にます。
クロエは再びマイクと通話しながら2階の夫・マクファーソンの銃を取り出しました。撃ったことがないので怯えるクロエに、マイクは落ち着けば大丈夫と手順を教えます。
クロエはバスルームに隠れ、マイクは今までの通話のクロエの音声を別方向から流し、ヘフリンの注意を惹きつけます。
ヘフリンの背後に立ったクロエは躊躇しましたが、邸内に戻ったジェイコブを狙うヘフリンに銃弾を浴びせ、殺しました。
助かったジェイコブとクロエは抱き合います。警察も到着して2人が無事に保護される様子を監視カメラで見たマイクは、これで一安心とヘッドセットを外しました。
娘・ロビンから電話を受けたマイクは、これから家に帰ると答えました。
(金庫の中身は最後まで明らかにされず。犯人たちとマクファーソンの関係も分からないまま)

みんなの感想

ライターの感想

全く期待をしないで見れば、そこそこスリリングでスピーディな展開に、はらはらどきどきさせられて面白い。
豪華なキャストに期待して見ちゃうと、もしかしたら肩すかしかも(ナターシャ・ヘンストリッジは『スピーシーズ 種の起源』で惜しげもなくヌードを披露した美女。ジェイソン・パトリックは『スピード2』『スリーパーズ』などで活躍)
実はつっこみどころ満載の作品。そのアラをあえてつっつきながら鑑賞するという楽しみ方もあるかもしれない。
プロの強盗集団って! この手際の悪さはプロじゃないだろ! みたいな感じで。
あと微妙~に『パニック・ルーム』と内容がかぶるんだよなあ。

映画の感想を投稿する

映画「セキュリティコール」の商品はこちら