「セブン」のネタバレあらすじ結末

セブンの紹介:1995年製作のアメリカ映画。「七つの大罪」をモチーフに繰り広げられる連続殺人事件に新人刑事とベテラン刑事が挑む。ベテラン刑事をモーガン・フリーマンが、新米刑事をブラッド・ピットが演じる。

予告動画

セブンの主な出演者

デイヴィッド・ミルズ刑事(ブラッド・ピット)、ウィリアム・サマセット刑事(モーガン・フリーマン)、トレイシー・ミルズ(グウィネス・パルトロー)、警部(R・リー・アーメイ)、マーティン・タルボット検事(リチャード・ラウンドトゥリー)、マーク・スワー弁護士(リチャード・シフ)、ジョン・ドゥ(ケヴィン・スペイシー)、テイラー刑事(ダニエル・ザカパ)、カリフォルニア(ジョン・C・マッギンリー)

セブンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①雨の多い大都会で七つの大罪をモチーフとした連続殺人が発生。定年間際のサマセット刑事と、赴任してきたばかりの若いミルズ刑事が捜査に当たる。犯人の目星をつけて部屋に突入するが、犯人・ジョンは逃走。 ②計画の変更を宣言したジョンは、ミルズ刑事を自分の犯罪に組み込むことを計画。ミルズの妻を殺すことで、ジョンは七つの大罪を完成させた。

【起】- セブンのあらすじ1

〔日曜日〕
ある大都会(注:明かされない)。そこでは、雨が続きます。
定年間際の老刑事ウィリアム・サマセットは、2時間口論した後、妻が夫を殺害した現場へ赴くと、事情聴取をしました。
いち早く駆け付けた巡査は「これほど犯人が明らかなものはない」と言いますが、サマセット刑事が気にしていたのは「夫婦の子どもが、発砲現場を見たのか」ということでした。子どもへのトラウマを気にかけていたのです。
そこへ1日早く着任の挨拶をしに、若い刑事デビッド・ミルズが現れました。
サマセット刑事は34年間勤務しており、あと1週間で定年を迎えるところでした。その後任として、若いミルズ刑事が配属されたのです。
ミルズ刑事は血気盛んな男性で、刑事としての活躍を望んでいました。大都会で事件を解決する夢に燃え、異動の届を出して、このたび受理されたのです。
「5年間殺人課に所属していた」とはやるミルズ刑事に、サマセット刑事は「ただ7日間見ておけ」と言いました…。

〔月曜日〕
ミルズ刑事は妻・トレイシーを連れて、この都会へ引っ越してきたばかりです。
この日も雨でした。ミルズ刑事は殺害現場へ向かいます。サマセット刑事と現場で落ちあい、2人で現場を見ました。
発見された男性は、異様なまでに太っていました。椅子に座った男性は、スパゲッティの中に顔をうずめて死んでいました。手足を拘束されていることで、他殺と判明します。
検死した結果、胃の内壁が裂けていました。12時間以上えんえんと食べさせられて食物を過剰摂取のところで、腹部を蹴られたことによる内臓破裂だろうと、検死官は言います。
現場にレシートがあり、犯人が2度も買い物に出かけていることを知ったサマセット刑事は「これは定年前にする仕事じゃない」と断りました。連続する可能性があると、分署長に示唆します。
しかし分署長はサマセットに捜査を命じました。横でミルズ刑事が立候補しますが、分署長はそれを押さえます。

〔火曜日〕
新たな殺人事件が起こりました。今度は高級ビルの一角の弁護士事務所です。
今度の現場は明らかに他殺でした。被害者は意地汚い仕事ぶりで知られるグールド弁護士で、彼はオフィスの床に正座させられて、1ポンド分の自身の肉を切り取るよう命ぜられていました。現場の床には被害者の血で『GREED(強欲)』と書かれています。
被害者は腹のぜい肉を切り取って秤に乗せていましたが、力尽きて死んでいました。
この事件を担当したのはミルズ刑事でした。ミルズ刑事は現場を見て、机の上の夫人の目に、血痕でふちどり(眼鏡マーク)が施されているのに気づきます。
ミルズ刑事は事件を受け、すぐに夫人を安全な場所へ移動させました。

サマセット刑事は検死官から、被害者の腹の中にあった、プラスチックのかけらを受け取っていました。現場へ再び行きます。
現場をじっくりと観察すると、床に削れた跡がありました。冷蔵庫を移動した時についたものだと気付いたサマセット刑事が、冷蔵庫を移動させると、裏側に『GLUTTONY(暴食)』という脂で書かれた文字と、メモ用紙がありました。メモには「地獄より光明に至る道は長く険しい」という、ミルトンの『失楽園』の一節が書かれています。
サマセット刑事は、この事件は『七つの大罪(セブン)』をテーマとしており、つまりあと5つ起きる(ミルズ刑事の担当した弁護士の殺人事件も入っているから)と分署長に告げました。
夜、サマセット刑事は図書館へ行きます。夜警のメンバーとはすっかり顔なじみで、ポーカーをする彼らもサマセット刑事の定年を知っていました。
『カンタベリー物語』『神曲』などを手に取ったサマセット刑事は、ダンテの地獄の図解をコピーしたりした後、ミルズ刑事へ「これらの本を読んだ方がいい」というアドバイスの手紙をしたため、職場のミルズ刑事の机の上に置きます。

〔水曜日〕
ここで少し脱線。
七つの大罪は『GREED(強欲)』『GLUTTONY(暴食)』『SLOTH(怠惰)』『LUST(肉欲)』『PRIDE(高慢)』『ENVY(嫉妬)』『WRATH(憤怒)』の7つです。
これらのことを知るには当然、知性や教養もあるということを意味しています。

さて、ミルズ刑事はサマセット刑事の手紙を読みましたが、恥ずかしいのでこっそり巡査に頼んで本を買って来てもらいます(虚勢を張っている)。
この日は、サマセット刑事が使っていた部屋を、ミルズ刑事のものに引き渡す日でした。個室の入り口の文字も貼り替えが始まっており、サマセット刑事はミルズ刑事に机を渡し、自分は横にある作業用机とパイプ椅子に座ります。
同じ個室で作業していると、電話がかかってきました。促され、ミルズ刑事が電話を取ります。
電話の相手は妻・トレイシーからでした。恥ずかしいミルズ刑事がこそこそと話をしていると、トレイシーは相棒の刑事に代わってくれと言います。
サマセット刑事が電話を代わり、しばらく話をしました。電話を返すと、もう妻のトレイシーは電話を切っていました。
「話の用件は?」とミルズ刑事が聞くと「お世話になっているからと、夕食の招待をされた」とサマセット刑事が答えます。

仕事終わりに2人で帰宅すると、トレイシーが迎えました。
トレイシーとミルズは高校時代の同級生で、最初のデートの時にトレイシーは「この人と結婚する」と思ったそうです。サマセット刑事は「いまどきの若者には珍しい(初恋を実らせる純情なものだ)」と褒めます。

【承】- セブンのあらすじ2

ミルズとトレイシーにはまだ子がなく、ミルズは犬をかわいがっていました。
なれそめを話したトレイシーは、サマセット刑事に「なぜ独身なの?」と聞きます。サマセット刑事は、機会はあったのだが逃してしまったと苦笑しました。
食事中、すさまじい振動がミルズの借りたマンションの一室を襲います。
驚くサマセット刑事に、ミルズ刑事がぼやきました。内覧の時、いつも不動産屋がきっかり5分で立ち去ったのだそうです。
その部屋は地下鉄が通るたび、振動がひどい部屋だったのでした。
サマセットは「明るく楽しい、揺れるわが家」と茶化し、その冗談にミルズとトレイシーも笑います。

食後もサマセット刑事とミルズ刑事は、家で飲みながら捜査の話をしていました。
発見されたのはサマセット刑事の『暴食』が先ですが、事件の時系列からいくと、事務所が閉まる金曜の夜に侵入し、月曜定休で火曜日に発見された『強欲』の弁護士の方が先だと分かります。
大都会のビルならば人目も多かろうに(目撃者も多かろうに、という意味)とミルズ刑事が言いますが、「都会では人は他人に関心を持たない」とサマセット刑事が嘆きます。
弁護士の夫人の写真に施されていた、目のまわりをふちどる血をミルズが話題にしました。
「何かを見た、あるいは何かを気付く筈」という意味に捉えたサマセットとミルズは、その足で保護しているグールド夫人のところへ出かけます。
トレイシーが気付いた時には、2人とも外出していました。

警察が保護した夫人のところへ行き、弁護士の遺体は付箋で隠して写真を見せると、夫人はある絵画がさかさまになっていると指摘します。
鑑識が到着する前に撮影したものでした。ですから、スタッフが間違ってかけたものではありません。
現場へ行きその絵画を調べますが、何も手がかりはありません。
サマセット刑事が家具にのぼって壁にはけで黒い粉末をつけると、そこに指紋がありました。指紋で「HELP ME(私を助けて)」という文字が残されています。
初めて得た指紋でした。早速鑑識に回し、指紋の照合を手配します。
この日、サマセット刑事とミルズ刑事はそのまま警察署のソファで仮眠を取りました。

〔木曜日〕
出勤した分署長が「指紋照合の結果が出た」として、ソファで眠っているサマセット刑事とミルズ刑事を起こします。
指紋は前科者・ヴィクター、本名はアランという人物でした。彼は長い間精神を病んでいました。
分署長は警察の突撃部隊を向かわせます。
移動しながらサマセット刑事は、ミルズ刑事に「こいつとは思えない。奥深さがないから」と洩らしました。
サマセット刑事は34年の勤務で、撃たれたことも撃ったこともないと言います。まだ若いミルズ刑事は撃たれたことはありませんが、1回だけ撃ちました。銃を乱射した薬物中毒者相手に銃を撃ち、相手の男は救急車内で死んだそうです。
(サマセット刑事は思慮深く、ミルズ刑事は激昂型だということの示唆)

SWAT(アメリカ特殊部隊)が突入すると、ヴィクターは奥の部屋のベッドに拘束され、まるで蝋人形のように痩せ細っていました。ありとあらゆる薬物を投与された形跡が残されており、壁には『SLOTH(怠惰)』の文字が書かれています。
ヴィクターは犯人ではなく、被害者でした。左手首が切断されており、指紋はこの切断した手首を使ってなされたものでした。
横の机にあった写真から、1年前からずっと薬物を投与され、観察を続けられていたことが判明します。
てっきり死んでいると現場の誰もが思いましたが、かすかに息がありました。すぐに救急車でヴィクターを運びます。
現場を見ていたミルズ刑事は、報道カメラマンに写真を撮られ、横柄な態度で追い払いました。

ヴィクターを担当した医師は「目に光を照らしただけでもショック死するほど衰弱している」と答えます。ヴィクターから事情を聞ける状態ではありません。
またヴィクターは苦しさから、舌を噛んで自死しようとした形跡がありました。それほどまでに苦しんだということを、サマセット刑事は知ります。
夜、サマセット刑事の家に電話がありました。ミルズの妻・トレイシーからです。
話があると言われたサマセット刑事は、翌日カフェで会うことを約束しました。

【転】- セブンのあらすじ3

〔金曜日〕
まだ雨が降ったり止んだり、続いています。
朝、出勤前にサマセット刑事はトレイシーと会いました。「悩みは旦那さんに言いなさい」とアドバイスしますが、「負担をかけたくないのだ」とトレイシーは言い、この町にまだほかに知り合いがいないとこぼします。
トレイシーとミルズは州の北部から異動してきていました。引っ越して浅いので、知り合いがいないのです。
トレイシーはサマセット刑事に妊娠を打ち明け、どうしようか悩んでいると言いました。
サマセット刑事は、自分の過去を語ります。
かつてサマセット刑事は恋人の女性と暮らしていました。その女性も妊娠しました。
それを聞いたサマセット刑事は、初めて恐ろしいと思ったそうです。こんな殺伐とした世の中に新たな命を生み出していいのかと悩んだサマセット刑事は、恋人を説得して中絶させたそうです。
それが、サマセット刑事が独身を貫いている理由のようです。
「生まない決断を後悔はしないが、ちがう決断をしたら…と思わない日はない」
そう告げたサマセット刑事は、トレイシーに「生むのなら、思い切り子どもを甘やかしなさい。生まないならミルズ刑事には内緒に」と助言します。

ミルズ刑事は、続く事件に焦っていました。犯人をバカにしており、軽んじる向きもあります。
サマセット刑事はミルズ刑事に繰り返し、こういった連続殺人を行なう手合いの人物は賢い、だから用心しないとならないと警告しました。
その1つとして、ヴィクターを「1年前から」拘束して、木曜日にSWATが突入することまで計算に入れていたことも引き合いに出します。
しかしミルズ刑事は「殺人をおこなう者はいかれてる」として、全く聞き入れませんでした。ミルズ刑事の元来の性格も関係しているようです。

サマセット刑事は裏の手口を使おうと考えました。図書館へ行き、これぞという参考資料の書籍のタイトルを打ち出すと、カフェで金を渡し、ある人物に机の下で封筒を渡します。
相手の男性は1時間後にと言って、立ち去りました。
ミルズ刑事は「あいつは何者だ」と怒りますが、サマセット刑事は「FBI(連邦捜査局)の人だ」と言い、FBIでは内密に利用者の閲覧記録を追跡していることを告げます。
本来は、違法捜査でした。ですから秘密裏に行なっていたのです。
1時間後、閲覧記録を得たサマセット刑事とミルズ刑事は、該当する書籍を共通して借りているジョン・ドゥという人物に辿り着きました。

ところがこの時点では、ジョン・ドゥという人物に特に容疑はなく、あくまで聞き込みという形でしか捜査方法はありません。
ジョン・ドゥのアパートへ行くと、留守でした。廊下に帰ってきた人影が見えると、いきなり発砲して去ります。2人とも無事です。
ミルズ刑事は早速追いかけました。見失ったミルズ刑事はトラックの上から頭を殴られ、銃を奪われます。
しかし銃口を頭に突きつけられただけで、男はそのまま立ち去りました。

サマセット刑事はFBIの内密捜査(図書閲覧のこと)がバレると困るので落ち着けと言いますが、ミルズ刑事は怒りに任せてドアを蹴破ります。
サマセット刑事が改めて金を握らせ、偽の証人を仕立て上げて、部屋に踏み込みました。
ジョン・ドゥの部屋からは数々の証拠品がありました。ミートソースの缶、ホルマリン漬けにされたヴィクターの指、一番奥の暗室にはたくさんの写真があります。
びっちりノートに書きつけられた手記を見て、サマセット刑事は改めて、ジョン・ドゥが頭脳犯だと思い知らされます。
ミルズ刑事は浴室で現像された写真を見て、怒り心頭に発していました。ヴィクターの現場に報道記者として、写真を撮った相手がジョンだったのです。
(ヴィクターの現場で最初に会った時に、ジョンはミルズ刑事に横柄な態度を取られている。この時点からジョンはミルズ刑事に目をつけていた可能性あり)

警察の本格的な捜査の手が入りますが、ジョンの指紋はひとつも出ませんでした。
ジョンの手記は200冊以上もあり、仮に捜査員50名が徹夜して全て読んだとしても、2か月かかるほどの大量なものです。
ジョンの部屋に電話のベルが鳴り響きました。ミルズ刑事が音の発信源から電話機を探し当てて、とります。
電話の主はジョンからでした。こんなに早く辿り着くと思わなかったと言い、「今後の予定を変えることにした」と宣言します。

【結】- セブンのあらすじ4

〔土曜日〕
暗室にあった女性の写真が気になりつつも、短期間では女性の身元までは割り出せません。
ワイルド・ビル皮革店の控えがあり、聞き込みに行きます。

バーから通報があり、サマセット刑事とミルズ刑事は駆け付けます。
今度は『LUST(肉欲)』でした。娼婦が殺されていました。
ある男が凶器を腰につけられ、口に拳銃を突きつけられて強要されて性行為に及んでいました。腰につけた凶器で、娼婦が死んでいました。
しかし依然としてジョンの行方は知れないままです。
定年が迫ったサマセット刑事は、何度も根気よくミルズ刑事に「犯人はあくまで、普通の人物の延長にあるのだ(だから発狂しているわけではない。むしろ狡猾だ)」と言い聞かせますが、ミルズ刑事はそれを聞き入れません(短絡的というべきか、犯人はみんな狂っていると思いたいのか)。
分署長はサマセット刑事に定年後も事件が解決するまで、手伝ってほしいと打ち明けます。

〔日曜日〕
「またやったぞ」というジョンの電話が警察署に入ります。
行くと、ホテルの一室に美人のモデルが死んでおり『PRIDE(高慢)』という文字が書かれていました。
ジョンはモデルの顔を切り刻んだうえで、片手に受話器を、もう片方の手に睡眠薬を握らせており、「救急車を呼べば命は助かる(が顔は切り刻まれたまま生きることになる)、睡眠薬を飲めば死ぬ(けれども美しいままこの世を終える)」の選択をさせていました。
美人モデルは死を選んでいました。
今回の事件で、七つの大罪のうち五つまでが完了しています。
サマセット刑事は、事件解決まであと数日、勤務することを告げました。

そこへ警察署に血まみれの服を着たジョンが現れ、自首します。指示された通り床に伏せたジョンは「弁護士を呼んでくれ」と言いました。
取り調べの結果、ジョンはだいぶ前に手の皮膚の皮をすべて剥いており、そのために指紋が検出されなかったと判明します。
さらにジョンには財産も教養もありました。
突然、自首をしてきたことには必ず意味がある、そうサマセット刑事は踏みます。
ジョンはサマセット刑事とミルズ刑事を指名すると「6時に残りの犯行現場に案内する」と言いました。
それを裏付けるかのように、『高慢』の殺害現場には、すでにもう1人の血が発見されています。

サマセット刑事とミルズ刑事は洗面所で胸毛を剃り、隠しマイクをセットしました。防弾チョッキを着用し、ジョンを乗せて移動を開始します。
サマセット刑事が運転し、助手席にミルズ刑事が乗り、プラスチックの覆いを隔てて後部座席にジョンが乗っています。上空からヘリが追跡しました。
向かった先は一面が見渡せる、荒野でした。
車中で少しずつ、ジョンがミルズ刑事を挑発し始めます。口数の少なかったジョンが、次第に饒舌になり、追走劇でミルズに銃口を向けた時「わざと殺さなかったんだ」と言いました。これにはミルズ刑事もカチンときます。
ミルズ刑事も応戦し「せいぜいワイドショーのネタ」「殺人愛好者扱い」とバカにします。

高圧線の鉄塔のそばで、車は停止しました。周囲に家はなく、さびれた小屋がある程度です。犬の死体を見てジョンは「私の仕業じゃない」と言います。
時間が来ました。遠くから車がやってきます。
ミルズ刑事がジョンを引き連れ、サマセット刑事が車に向かいました。車は運送屋で、ミルズ宛の箱を持っています。
運転手を追い払うと、サマセット刑事は車のそばで箱を開けてみました。
箱の中身を見てショックを受けたサマセット刑事は、思わずミルズ刑事を振り返ってしまいます。
サマセット刑事はヘリコプターに離れろと指示し、「奴の罠だ」と言いました。
その瞬間、ジョンはミルズ刑事に囁きます。
「今朝、君が出たあとお邪魔した。抵抗したので土産を持ってきた。女房の首だ」トレイシーのことです。

「妬んだ私も罪人だろ?」というジョンは、自分を『ENVY(嫉妬)』にしたがります。そしてミルズ刑事を『WRATH(憤怒)』に仕立てたいつもりでした。
サマセット刑事は罠だと繰り返し言い、ジョンの挑発に乗ると犯罪が成立してしまうことを指摘します。
ミルズ刑事は必死で落ち着こうとしました。
しかしジョンからトレイシーの妊娠のことを聞かされた瞬間、ミルズ刑事は驚きます。妊娠を知らなかったことを知って、ジョンはにやっと笑いました。
逆上したミルズは引き金を引き、全弾をジョンに撃ちこみます。
撃ち尽くしたミルズは放心したまま、膝から崩れ落ちました。
サマセット刑事が勤務延長することなく、定年最後の日に事件は解決し、成立してしまいました。

ミルズ刑事は連行され(相手が犯人とはいえ無抵抗の相手を銃殺したので、殺人罪)、分署長は「このあとの(ミルズ刑事の)面倒はみる」とサマセット刑事に言います。
サマセット刑事は『この世はすばらしい。戦う価値がある』というヘミングウェイの言葉を思い出しながら、「後半は賛成だ」と思いました。
(いちばん大きな功績? は七つの大罪が完成したことだが、それだけでなく、ジョンは7人を殺害している。
「太った男(暴食)」「弁護士(強欲)」「ヴィクター(怠惰)」「娼婦(肉欲)」「モデル(高慢)」「トレイシー」「トレイシーの腹の子」。最後の2人はミルズ刑事を憤怒に仕立て上げるために殺したので、直接の罪は該当しない)

みんなの感想

ライターの感想

7つの殺人全てが背筋が凍り付くような恐怖を抱く事件です。ブラッド・ピット演じるミルズ刑事のラストの葛藤シーンは「引き金を引かないで!引いたら負けてしまう。」と祈るような思いで見ておりました。生きて裁きを受けさせたかったです。切ないラストだっただけに,未だに強烈に記憶に残っている作品です。
この作品のオープニング・クレジットには犯人役のケヴィン・スペイシーはネタバレを防ぐため出てきません。その代わりエンディング・クレジットでは最初に名前が出てきます。確認してみて下さい。

ライターの感想

ラストシーンでの、ブラッド・ピットが拳銃を撃つのか撃たないのかという葛藤のシーンが一番印象的でした。
これまで地道に犯人を追いかけていて、最終的に泣きながらためらうという時間がとても長く感じ、自分ならどうするだろうと何度も考えました。
やはり人間の感情というものは否定できないですし、あの判断はけして悪くはなかったと思います。「7つの大罪」に引っ張られる必要はないという強さもあのシーンには強く感じました。

ライターの感想

非常によく知られている通り「あとあじの悪い」映画。
雨が続く大都会、他者に無関心な都会の人間、じめじめして暗い画面。
ラストが荒野なのも対照的ですばらしい。
ベテランの落ち着きある刑事をモーガン・フリーマン、若さゆえにはやる短絡的な刑事をブラッド・ピッド、この組み合わせもすごい。
印象的なシーンはいくつかあるのだが、ラストシーンも強烈。これ、箱の中身は決して見せてない。
見せていないのに容易に想像がついてしまうというのが、怖い。
グロいだけではなく、「見せない」ことにより想像力をかき立てさせるというのも上手い。

映画の感想を投稿する

映画「セブン」の商品はこちら

セブン [DVD]