「セブンデイズ(2007年韓国)」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

セブンデイズ(2007年韓国)の紹介:勝率100%の女性弁護士の娘が誘拐され「7日間で、ある殺人犯を無罪にしろ」と要求されるという、2007年公開の韓国映画。監督は「鬘 かつら」「サスペクト 哀しき容疑者」のウォン・シニョン、脚本は「シークレット」のユン・ジェグ。緻密に練られたストーリー展開と二転三転する犯人像、そして娘を思い命懸けで闘う母親という、見ごたえのあるサスペンス映画です。

この映画を無料で観る

予告動画

セブンデイズ(2007年韓国)の主な出演者

女性弁護士ユ・ジヨン(キム・ユンジン)、キム刑事(パク・ヒスン)、ジヨンの娘ウニョン(イ・ラヘ)、殺人犯チョン・チョルジン(チェ・ミンス)、被害者ヘジンの母親ハン・スッキ(キム・ミスク)、ヘジンの彼氏ジウォン(ヤン・ジヌ)、チェ検事(イ・ジョンホン)、検事部長カン・サンマン(チョン・ドンファン)、ジヨンの事務所の事務長(チャン・ハンソン)など。

セブンデイズ(2007年韓国)のネタバレあらすじ

【起】- セブンデイズ(2007年韓国)のあらすじ1

ジヨンは勝率100%の女性弁護士です。今日もチェ検事から悪徳企業のボス、チャングを無罪にし感謝され苦笑い。家では8歳の娘ウニョンと運動会を楽しみにしていました。
けれど運動会当日、娘が行方不明となり身代金が要求されたのです。けれど警察に知らせたため交渉は決裂、3日目に嘘をつき警官を返すと、犯人から「死刑囚チョルジンを2審で無罪にしろ」という本当の要求があります。
それは美大院生ヘジンが惨殺され、前科5犯のレイプ魔チョルジンが逮捕、1審で死刑が確定している事件でした。担当刑事は彼女の幼なじみキム刑事で、ジヨンは彼に事実を隠し協力を頼み、チョルジンの弁護人となりますが”強盗目的で侵入したらヘジンが死んでいた”という話を薄笑いで聞く彼を無罪とは思えません。検死官チョ博士にも不合理な点や幻覚剤が出たこと、凶器がないことなどを聞き、ヘジンの母スッキには死刑を望んでいる言われます。 この映画を無料で観る

【承】- セブンデイズ(2007年韓国)のあらすじ2

一方、ジヨンは犯人から娘がアレルギーを持つツナを食べたことを聞き焦ります。
ヘジンの部屋では、開錠がプロでも困難な鍵と知り顔見知りの犯行だと確信、デザイナーのブルースを知ります。幻覚剤から彼女が通っていたクラブを訪ね、彼女の元彼ウルフから、今彼は鼻ピアスの男で事件当夜2人が乗った赤い車がジャガーと事故を起こしたことを聞き出します。
一方、犯人から娘が呼吸困難と連絡があり、ジヨンは1人荒れ地に行き、薬は犯人に渡り娘も見ますが逃げらます。泣き崩れる彼女を支えたのはトランクに隠れていたキム刑事。ジヨンは全てを話し、彼は単独で協力することに。
ヘジンのパソコンから鼻ピアスの男がカン・ジウォンと判明しますが、院長に事件当夜はヤク中で入院中だったと言われ犯行は不可能。キム刑事はチョルジンの妻ギョンイクを誘拐犯としていましたが、彼女は老義母の保険金の受取人となるため死刑の方が好都合と知ります。

【転】- セブンデイズ(2007年韓国)のあらすじ3

水曜の裁判でヘジンの素行を言及するジヨン。スッキは心痛を訴えますが、彼女は荒んだ男性関係から顔見知りの犯行と断言。また検察側にギョンイクが出廷、夫は売人で犯行日にヘジン宅に集金に行ったと証言しチョルジンの偽証がバレます。その後、自分が殺したと言い出すチョルジンに、謎の男が「釈放されたら駐車場で待て」のメモを見せます。絶望したジヨンには石膏の子供の手が届きます。
必死で証拠を探す2人は、ヘジンの葬儀にジウォンがいたことから、何者かの隠蔽工作を感じます。またヘジンの車から出たピアスがジウォンのものだとするため、証拠を取りに自宅に戻ったジヨンは、検事部長サンマンとチャング一味に拘束され証拠品を焼かれます。そこにキム刑事からサンマンはジウォンの父親だと電話が来ます。サンマンは保身から息子のスキャンダルを隠蔽したのです。一方、ジャガーの持ち主ブルースも薬を盛られホテルで朦朧としていました。

【結】- セブンデイズ(2007年韓国)のあらすじ4

ついに誘拐犯がわからないまま迎えた木曜日。ジヨンは娘に影膳を供えて臨み、一転犯人をギョンイクと断定。彼が衝動的に殺害しジウォン親子が証拠隠滅した論証をします。けれど証拠は焼かれています。責めるチェ検事に凶器が無いと反撃、検察側に証拠が無い裁判は無効と主張し勝訴します。
釈放されたギョンイクは、謎の男の指示通り上機嫌で駅の駐車場で待ちますが、迎えの車に全力で撥ねられ拉致されます。「おまえに絞首刑は贅沢だ」送信されたテレックスにはこう書かれていました。謎の男は無言で彼に火を放ち焼殺します。
一方、荒れ地に放置されたスーツケースに駆け寄るジヨンは、弱った娘と再会し号泣します。
数日後、スッキ邸を訪ねたジヨンは天使の彫刻の手首がないことで誘拐犯が彼女だと気づきます。彼女は凶器を発見し死刑より重い復讐をしたのです。彼女は寂しく微笑み、駆け付けたキム刑事に連行されていきました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する