「ソウレイザー」のネタバレあらすじ結末

ソウ・レイザーの紹介:理髪師のヘイゲンは死んだ妻のエリザベスが戻ってくると信じていた。ある日トラヴィスと名乗る男がエリザベスを蘇らせる方法を教えてやると言ってくる。騙されたヘイゲンは黒魔術によって地獄へと連れて行かれてしまう。一方トラヴィスはモービウスという地獄の使者から、弟に会わせる約束でヘイゲンに近づけと言われていたのだった。地獄の門が開かれて起こった想像を絶する運命を描いた作品。

ソウレイザーの主な出演者

モービウス(レイトン・マシューズ)、トラヴィス(チャド・グライムズ)、ヘイゲン(サンティアゴ・グレイグ)

ソウレイザーのネタバレあらすじ

【起】- ソウレイザーのあらすじ1

理髪師のヘイゲンは妻のエリザベスの遺体を保管して夜な夜な愛でていました。最後に戻ってくると話したエリザベスを信じていたのです。
ある日閉店後に二人の男が押し入ってきます。一人はトラヴィスと名乗る男でした。彼はヘイゲンに夜な夜な死体で何をしているか知っていると脅します。その後、死んだ人を蘇らせる方法があると言ってきます。
ヘイゲンはエリザベスを蘇らせたいため、トラヴィスの話しにのります。しかし、体を拘束されて背中に黒魔術の印を書かれて気絶します。目を覚ますと、不気味な死者が襲ってきてヘイゲンに苦痛を与えてきます。
ここで物語は11ヶ月前に戻ります。トラヴィスは両親が死んで弟のトーマスの世話をすることになります。弁護士から遺産の相続の話しがありますが、金額は満足のいくものではありませんでした。

【承】- ソウレイザーのあらすじ2

トーマスは一人で生活するのが困難な状態でした。食事を与えようとしても、トラヴィスの言う事を聞いてくれません。何とかしてテレビの前にトーマスを置いてトラヴィスは仕事に行きます。
トラヴィスは客から薬をもらいます。その薬なら別世界に行けると言われていました。精神的に弱いトラヴィスはもらった薬を使います。そして別世界に行って現れたのは不気味なモービウスと名乗る化け物でした。力を貸すようにいってくるモービウスにトラヴィスは拒否します。
現実に戻って家に帰ると、トーマスが刃物を持っていました。世話をする人をつけないとトーマスが自殺してしまうと弁護士に相談します。
トーマスの見張りに一人の男を雇います。彼にまかせてトラヴィスは仕事に行きますが、帰ってくると男は殺されていてトーマスはいなくなっていました。

【転】- ソウレイザーのあらすじ3

トーマスの居場所を知るためにトラヴィスはモービウスを頼ります。弟に会わせてやるから力を貸せと言ってくるモービウスでした。トラヴィスはその話しにのります。
まずは雇った男の体を使ってモービウスを復活させます。その後、ヘイゲンという男を探しだして、蘇らせる方法を教えるようにとモービウスはトラヴィスに指示します。これが現在に至る経緯になります。
次はモービウスについて描かれます。彼は夜のバーで働いていました。家ではエリザベスと一緒に暮らしていました。ヘイゲンの前にエリザベスはモービウスと付き合っていたのです。
モービウスとエリザベスはお互いに我慢をしていました。我慢の限界にきたエリザベスはヘイゲンと浮気して妊娠します。モービウスが生きていると辛いからヘイゲンに彼を殺すように頼みます。

【結】- ソウレイザーのあらすじ4

モービウスは飲み物に毒を入れられて苦しみます。様子を見に来たヘイゲンとエリザベスでした。最後の力を振り絞り、モービウスはエリザベスの首を絞めます。それを見たヘイゲンがモービウスにとどめを刺します。しかし、エリザベスはその時死んでしまいます。
モービウスは生前から地獄について学んでいました。この作品にでてくる地獄はモービウスの怨念が生み出したものだったのです。モービウスはヘイゲンに復讐するために化け物に変わります。
つまりモービウスとエリザベスの不仲からヘイゲンが浮気相手として関わり、モービウスとエリザベスが死にます。モービウスはヘイゲンに復讐するためにトラヴィスを利用します。トラヴィスは利用されてヘイゲンを地獄に送ります。ヘイゲンは地獄の死者から苦痛を与えられます。モービウスが復讐を遂げる物語だったのです。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ソウレイザー」の商品はこちら