「ソウ2(SAWⅡ)」のネタバレあらすじ結末

ソウ2(SAWⅡ)の紹介:2005年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラーの続編。毒ガスが充満しつつある館に閉じ込められた8人の男女を主軸に展開する、『ソウ』シリーズ第2弾。

この映画を無料で観る

予告動画

ソウ2(SAWⅡ)の主な出演者

ジョン・クレイマー〔ジグソウ〕(トビン・ベル)、エリック・マシューズ(ドニー・ウォルバーグ)、アリソン・ケリー(ディナ・メイヤー)、アマンダ・ヤング(ショウニー・スミス)、ダニエル・マシューズ(エリック・ナドセン)、ザヴィエル・チャベス(フランキー・G)

ソウ2(SAWⅡ)のネタバレあらすじ

【起】- ソウ2(SAWⅡ)のあらすじ1

世間ではジグソウと呼ばれる連続殺人鬼が、命を粗末に扱う人物にゲームを仕掛ける事件が続発していました。犯人・ジグソウは、いまだ捕まっていません。
ジグソウはジョンという人物で、脳腫瘍の末期癌患者です。来るべき死を恐れ自殺を図るも死ねなかったジョンは、命を軽んじる人物を処刑することが自分に課せられた天命だと思います…。
…エリック刑事は妻と離婚しており、妻に引き取られた息子・ダニエルは非行に走っていました。
盗みを働いて補導されたダニエルは、未成年のため保護者のエリックが迎えに行きますが、保釈されたダニエルと口論になります。
エリック刑事自身も、罪をでっち上げて無実の容疑者を逮捕しており、内務調査課から目をつけられていました。
密告屋・マイケルが拉致され、「死の仮面(デスマスク)」を装着されました。仮面の内側には針が埋め込まれており、首で固定されています。
時間内に右目に埋め込まれた鍵を取り出さないと、仮面が閉じて顔が潰されるジグソウのゲームでした。
慌てて手術用のメスを手にしたマイケルですが、眼球をえぐり出す痛みにもたついているうちに時間が来て仮面が閉じ、マイケルは死にます。
帰宅して寝ているエリックは電話に起こされ、同僚の女性刑事・ケリーにジグソウの犯行現場に呼び出されました。
被害者・マイケルは、エリック刑事がよく利用している情報屋(密告屋)です。顔が潰れているため確認できませんが、足のいれずみでマイケルだと確認できます。
天井に書かれたメッセージに「近くで見ろ、マシューズ」と名指しされたエリック刑事は、デスマスクの首に書かれた住所に気付き、ジグソウのアジトを割り出しました。 この映画を無料で観る

【承】- ソウ2(SAWⅡ)のあらすじ2

エリックとケリーはSWAT隊と共に現場に行きました。
入口でSWAT隊が罠にかかって命を落としますが、エリックとケリーはジグソウことジョンを見つけます。
末期癌のジョンは点滴や酸素マスクを装着した状態で、奥の部屋でエリックを待っており、「2時間エリックと話をしたい」と要求します。アジトには沢山の監視カメラがあり、別室で8人の男女によるゲームが行われていました。
男女8人の中にはエリックの息子・ダニエルもおり、エリックは焦って居場所を問い詰めますが、ジョンは「2時間、自分と話をすれば教える」と言います。
…8人の中には、前回ゲームで唯一生き残ったアマンダという女性がいました(『ソウ』参照)。アマンダはすぐにジグソウのゲームだと気づき、Xという文字を探してレンガを発見し、レンガの奥のビデオテープを見つけました。
ビデオテープを再生すると、部屋の8人にルール説明がなされます。頬部分に赤い螺旋模様が描かれた白いマスクの人形が登場し、メッセージを告げました。
別室の館にはくまなく神経ガスが流れており、解毒剤を注射しないと2時間後に全身の毛穴から血が出て死にます。
館内に注射器が隠され、8人にゲームが用意されています。
さらに部屋の中央にある金庫の開け方として「頭脳の後ろ」「順番は虹の彼方に」というヒントが出され、「Xの場所にもヒントがある」と言われました。金庫が開けられれば全員の注射が一気に手に入ります。
アマンダは「ゲームのルール通りにすれば必ず助かる」と皆を説得しました。
冷静になってヒントを元に皆で協力して探せばいいのですが、パニックでそれぞれが勝手に動き、自ら惨劇を招きます。

【転】- ソウ2(SAWⅡ)のあらすじ3

横領容疑の中年男・ガスが、メモに入っていた「開けるな」という注意書きと皆の制止を無視して入口扉を開き、覗き穴に仕込まれた銃で脳天が吹き飛びました。
ガスの犠牲により部屋の扉は開かれ、他の7人は部屋から出ることができました。しかし館の内部はすべて神経ガスが流れているので、ガスを吸わない方法はありません。
地下室入口に、オビ用のミニゲームが用意されていました。パーカを着た放火犯・オビが焼却炉の奥にある2本の注射器を取りに入りますが、注射器を手に取った瞬間に焼却炉の扉が閉まって火がつき、焼死します。皆は助けようとしましたが、間に合いませんでした。
ザヴィエル用のミニゲームは、注射器がたくさん入ったプールに入って扉の鍵を探すものでした。扉の向こう側には注射器が置かれています。ザヴィエルはアマンダをプールに落として代わりに探させますが、時間切れで駄目でした。
ギャングの黒人・ジョナスがザヴィエルと口論になり、釘が打ち込まれた金属バットでザヴィエルに撲殺されました。
盗癖女性・ローラに毒が回り、血を吐いて倒れます。毒が効くのは個人差があるようで、身体の弱いローラは2時間経たないうちに毒が効いて死んでしまいます。
売春婦・アディソンは水槽の中に注射器を見つけますが、手を入れると剃刀が刺さったまま固定されました。アディソンはザヴィエルに助けを求めますが、無視されます。
館の内部を探索しつつ会話をするうち、ふと誰かが洩らした「ジョリエット刑務所」という単語から共通点が見え始めます。最初は「前科者」が共通点かと思われましたが、ダニエルには前科がありません。
共通点は「エリック刑事」でした。メンバー全員がでっち上げの罪でエリック刑事によって逮捕された者で、ダニエルはその息子でした。

【結】- ソウ2(SAWⅡ)のあらすじ4

Xと書かれた額縁の裏にあった写真から、ダニエルがエリックの息子と知ったザヴィエルが逆上し、アマンダはダニエルを連れて逃げました。
その麻薬ディーラー男性・ザヴィエルが、死体のうなじに色の異なる数字を見つけます(「頭脳の後ろ」)。8人の色と数を虹の色の順に揃えれば、部屋中央の金庫の鍵が開く仕組みでした。
死体をチェックしてメモしたザヴィエルは、生き残った2人・アマンダとダニエルを追います。
薬物中毒でゲームをして生き残り、今回自殺未遂で再びゲームに参加しているアマンダとダニエルに、ザヴィエルはうなじを見せろと脅しました。
「自分のうなじは誰が見るのだ(協力しないと駄目だ)」とアマンダに指摘されたザヴィエルは、自分でうなじの皮膚をはぎとります。
そのまま襲いかかったザヴィエルは、弱ったふりを装っていたダニエルに、返り討ちに遭いました。
…エリック刑事は話をするだけの状態に我慢できず、ジョンの指を折って脅します。ジョンは「ゲームオーバー」と言い、エリックだけを案内すると言いました。SWAT隊はジョンとエリックの乗った車を追いますが、見失いました。
館に案内されたエリックは、車中でジョンを殴りまくって単身館に突入し、ブタのマスクをかぶった人物・アマンダに注射されて意識を失います。
SWAT隊は画像分析で館の住所を突き止め、突入しますが、そこはカメラだけの部屋でした。
実はSWAT隊とエリック、ケリーたちは、録画した「過去の映像」を見せられていたのでした。金庫が開き、瀕死のダニエルが解放されます。
…アマンダはジョンに弟子入りし、ジョンの遺志を継ぐ役目を担いました。アマンダはエリックを拉致すると「ゲームオーバー」と言います。
エリックはこれから、アマンダのゲーム最初の被験者になる予定です…。
〔生き残った人〕アリソン刑事、ダニエル・リッグSWAT隊長、ジョン、アマンダ
〔生死不明の人〕息子・ダニエル(瀕死状態)、エリック刑事(後のシリーズで明らかに)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ソウ2(SAWⅡ)」の商品はこちら