「ソウ4(SAWⅣ)」のネタバレあらすじ結末

ソウ4(SAWⅣ)の紹介:2007年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラー『ソウ』シリーズ第4弾。前作で死んだジグソウに代わり、何者かがゲームを再開する。

予告動画

ソウ4(SAWⅣ)の主な出演者

ジョン・クレイマー〔ジグソウ〕(トビン・ベル)、ダニエル・リッグ(リリク・ベント)、マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)、エリック・マシューズ(ドニー・ウォルバーグ)、アート・ブランク(ジャスティン・ルイス)、ピーター・ストラム(スコット・パターソン)

ソウ4(SAWⅣ)のネタバレあらすじ

【起】- ソウ4(SAWⅣ)のあらすじ1

ジグソウと呼ばれる連続殺人鬼の正体は、末期の脳腫瘍患者・ジョンです。ジョンは命を軽んじる人物を拉致し、ゲームを仕掛けます。
ゲームにはルールが決められていて、クリアするには痛みを伴ったり何かを失ったりします。耐えれば生還可能ですが、クリアできる人は今まで殆どいませんでした。
ジョンもジョンの後継者候補の女性・アマンダも死に、ジグソウによるゲームは終わったはずでした…(『ソウ』シリーズ参照)。
両目を縫われた男・トレヴァーと口を縫われた男・アートが、首を鎖で繋がれていました。
瞼を縫われ目が見えない男・トレヴァーは、人の気配を感じて「誰だ」と問いかけますが、口を縫われた男・アートは答えられません。
2人の中央にある機械が鎖を巻き込み始めます。互いの首についた鍵を取れば鎖は解錠できますが、それを知るのは「見える」アートだけでした。
アートはトレヴァーの頭を斧で連打して倒し、トレヴァーの首の後ろについた鍵を手に入れて助かりました。
…SWAT隊長・リッグとエリック刑事の同僚である女性刑事・ケリーが、胸郭(あばら骨)を開かれて吊り下げられた死体として発見されます。エリック刑事も依然として行方不明で、リッグはあせりの色を隠せません。
ケリー刑事のゲームは間に合っているのに逃げられない仕組みで、ジグソウことジョンの仕業ではありません。逃げられないゲームを仕掛けるのはアマンダなのですが、アマンダとケリーは体重差が12kgあり、ケリーを吊り下げるのはアマンダには不可能でした。
現場を捜査したFBIの男性・ストラム捜査官は、アマンダ以外にもジグソウの後継者候補がいるのではないかと、同僚のFBI女性・ペレーズ捜査官に言います。
新たに医者が行方不明になったという知らせを聞きながら(注:この医者は『ソウ3』のリン)、ストラム捜査官とペレーズ捜査官は、ジョンの元妻・ジルに事情聴取しました。

【承】- ソウ4(SAWⅣ)のあらすじ2

ジルはジョンとは離婚したことを告げ、元夫・ジョン(ジグソウ)の過去を、時間をかけて話します。
ジルは麻薬中毒患者更生施設で働く女性で、夫・ジョンとの仲もよいものでした。計画妊娠したジルをジョンも歓迎し、ジョンは子どもにギデオンという名をつけるつもりでした。
ところがある夜、男性患者・セシルが施設に強盗に入り、ドアを乱暴に開けたはずみでジルは腹部を扉に挟まれ、妊娠7ヵ月で流産します。
直後に自分が脳腫瘍に侵されたことを知ったジョンは、世間に復讐しようと思い立ったのでした。
ある都市開発会社の仕事で、弁護士アート・ブランクと、設計図担当のジョンは諍いを起こします。アートは口を縫われた男で、ある弁護(後述)でも弁護人に有利な計らいをした男でした。
ジョンはジルを流産させた男・セシルを椅子に拘束し、手首と足首を金属で縛ります。
時間が経過するごとに金属が締まり、手首と足首を失います。顔の前に置かれた、刃が向けられた包丁の束を顔に押しつけて開けば、顔は傷だらけになりますが手足を失わずにすみます。
セシルは途中まで頑張りこじ開けて、顔を血まみれにしながらも解放されますが、ジョンに飛びかかろうとして避けられ、罠に飛びこんで自滅しました。
…リッグは疲れて家に帰宅します。仕事で留守がちな夫・リッグに妻・トレイシーは怒っており、母の元へ行くと家を出ます。
仮眠を摂ったリッグは自宅で何者かに襲われ、浴室で目覚めました。ドアを開くとTV画面のスイッチが入り、頬に赤い螺旋を施した白い顔の人形が映り、ゲーム開始を言い渡されます。
モニター画面に映ったのはエリック刑事とホフマン刑事でした。
行方不明だったエリック刑事は、首吊りの格好で氷の上に吊られ(靴ではないが凍傷にならぬよう配慮されている。前回足首を折った右足は補強されている)、氷が溶けると首が締まります。
横のホフマン刑事は椅子に拘束され、時間が来ると水が流れて感電死します。制限時間は90分です。

【転】- ソウ4(SAWⅣ)のあらすじ3

「私の見方で見ろ」という指示のもと、リッグはゲームに参加させられました。
第1のテストはブレンダという売春斡旋をしていた女性で、髪の毛が機械に巻きつけられています。機械の歯車のネジに書かれた3つの番号が解錠番号です。
ブレンダの頭皮の皮が剥けかけましたが、リッグは解放に成功しました。
ところがブレンダはリッグを襲って来て、リッグはブレンダを殺します。逮捕から逃れるには相手を襲えと、ブレンダも言われていました。
第2のテストはアレクサンダー・モーテルの店主アイヴァン・ランズネスでした。アイヴァンは女性を部屋に拘束し、無理にレイプして撮影する連続強姦魔です。
アイヴァンは目を潰すか身体を引き裂かれるかの二択を60秒以内に決断することを要求され、目を潰すのを選択しました。しかし目潰しは脳天まで貫き、アイヴァンは死亡します。
リッグへの第3のテストは廃校となった教室の一室で、そこにはかつてリッグが、妻と娘を虐待している疑いをかけた夫・レックスと妻・ローガンがいました。
妻も夫から暴力を受けていましたが黙っているという罪、夫は暴行の罪で、背中あわせにくくられた2人は串刺しになっています。
そして夫・レックスの弁護をしたのは、アート(口を縫われた弁護士)でした。
痛みに耐えて串を抜き取れば解放されますが、妻・ローガンは「急所を外されている」のに対し、夫・レックスは「急所に串が刺さっている(抜くと大量出血する)」状態です。
妻・ローガンは自ら抜いていき、最後の1本をリッグが抜き、ローガンは助かりました。
リッグは最後のテストになる、エリック刑事とホフマン刑事の居場所を知ります。
リッグは全く知りませんが、ケリー刑事の部屋にリッグの銃弾が残されていたことから、FBIはリッグを疑って部屋を訪問していました。
リッグ自身にジグソウからのメッセージが残されていることから、リッグの容疑はすぐに晴れ、リッグの行方を追う形でFBIも追います。

【結】- ソウ4(SAWⅣ)のあらすじ4

リッグが最終テストに到着した頃、FBIのストラム捜査官とペレーズ捜査官もジルへの聴取で、「ギデオン(ジョンが子どもにつける予定だった名前)」という建物だと知ります。
現場に行ったストラム捜査官とペレーズ捜査官は、中から出て来た男・ジェフ(『ソウ3』の生存者)を銃殺しました。
ストラム捜査官とペレーズ捜査官は頬に赤い螺旋の模様のある人形を見つけますが、人形が爆発して破片がペレーズ捜査官の顔に刺さり、救急車で運ばれます。
エリック刑事とホフマン刑事の部屋にはもう1人の男・アート(口を縫われた生存者でジョンと揉めた弁護士)がいました。
アートは90分が経過しても誰も来なければ、「2人の男を解放する」役目でした。
しかしリッグ刑事が到着し、無防備に扉を開いたため、あと1秒のところで、エリックは天井の両側に仕掛けられた巨大氷に頭部を挟まれ、死亡します。
リッグは首謀者と思われる男・アートと撃ち合い、アートは死にました。リッグも瀕死状態です。
そんな中、感電死した筈のホフマン刑事が立ちあがり「ゲームオーバー」と言いました(ホフマン刑事が後継者)。
…後日、ジョンの遺体が解剖され、胃袋の中からロウで固められたテープがあり、「まだ終わっていない」というメッセージが入っていました。
(補足:映画は冒頭にジョン解剖シーンから始まるため混乱しそうになる。本編は『ソウ3』とほぼ同じ時間帯に描かれた別の話で、終盤になってリンクする。ジェフがその最たる例。
シリーズ3でアマンダに宛てた手紙を書いたのがホフマンだと明らかになるも、手紙の内容は不明のまま)
〔生き残った者〕ホフマン刑事、元妻・ジル、ストラム捜査官
〔生死不明の者〕ペレーズ捜査官(生きてるんじゃないかと思う)

みんなの感想

  • とある一般人さんの感想

    はじめてみたときはうっとなったけどストーリー的には凄く面白い映画です!

映画の感想を投稿する

映画「ソウ4(SAWⅣ)」の商品はこちら