「ソウ6(SAWⅥ)」のネタバレあらすじ結末

ソウ6(SAWⅥ)の紹介:2009年公開のアメリカ映画。謎の殺人鬼に拉致されゲームに参加させられる、ヒット・スリラー『ソウ』シリーズ第6弾。今作では悪徳な保険会社の重役が、部下と共にゲームに参加させられる。

予告動画

ソウ6(SAWⅥ)の主な出演者

ジョン・クレイマー〔ジグソウ〕(トビン・ベル)、マーク・ホフマン(コスタス・マンディロア)、ダン・エリクソン(マーク・ロルストン)、ウィリアム・イーストン(ピーター・アウターブリッジ)、パメラ・ジェンキンス(サマンサ・レモール)、ジル・タック(ベッツィ・ラッセル)

ソウ6(SAWⅥ)のネタバレあらすじ

【起】- ソウ6(SAWⅥ)のあらすじ1

ジグソウと呼ばれる連続殺人犯は末期の脳腫瘍患者・ジョンで、命を粗末にしたり悪事を働いたりする人物を拉致してはゲームを仕掛けました。
ゲームにはルールが決められていて、クリアするには痛みを伴ったり何かを失ったりします。耐えれば生還可能ですが、クリアできる人は今まで殆どいませんでした。
ジョンも後継者候補の女性・アマンダも死にましたが、ホフマン刑事がジグソウの仕事を引き継ぎます…(『ソウ』シリーズ参照)。
FBIのストラム捜査官を罠に陥れて犯人に仕立て上げたホフマン刑事は、残ったホフマン刑事の左手と眼球を摘出し、保管しました。ストラムの仕業にするため、器具に指紋を残します。
ホフマン刑事はまだジョンに言い残された仕事がいくつか残っており、ゲームは続けられます…。
悪徳金融業者の男性・エディと女性・シモーネが、廃墟の牢屋の中で目覚めます。同僚の2人の頭には、こめかみ部分にボルトがついた装置がつけられていました。
TV画面に、頬に螺旋模様が描かれた白い人形が映し出され、ゲーム内容が言い渡されます。制限時間内により多くの肉を削った方が生き残ることができ、負けるとボルトが脳を貫きます。
ゲーム序盤は肥満の男性・エディが有利でした。エディは腹の贅肉を切り落として秤に載せます。意を決したシモーネは駆血帯をして、肉切り包丁で左肘から先を切断し、秤に載せました。
ゲームはシモーネの勝ちで、エディはこめかみにボルトが刺さって死に、シモーネは解放されました…。
アンブレラ保険会社のウィリアムが拉致され、廃墟となった動物学研究所でゲームが始まります。「歯の手術を隠していた」「その手術が心臓病に関係する可能性がる」などと難癖をつけ、契約した顧客に支払いを拒否する手口で、ウィリアムの保険会社は儲けており、その分多くの顧客が満足な治療を受けられずに死んでいました。
ジョンもこの保険会社の顧客でした。ガンと判明した折、ノルウェーの遺伝子治療を受けると3~4割の生存率が見込める治療を知ったジョンが、医療費を負担してもらうために保険会社を訪れた際に「保険支払いの対象外だ」と断ったのが、ウィリアムでした。

【承】- ソウ6(SAWⅥ)のあらすじ2

ウィリアムには人形ではなく生前のジョン自身がTV画面からルール説明をします。両手足に4つの起爆装置がつけられたウィリアムは、60分以内に4つのゲームをしなくてはなりません。1つクリアするごとに装置を外す鍵が手に入ります。
1つ目のゲームは会社の掃除夫・ハンクとの対決で、より長く息を止め続けられた方が勝ちです。ウィリアムもハンクも体を固定され、息を吸う度に体の両脇についた圧迫装置が体を絞めつけます。
ヘビースモーカーの肺気腫持ちのハンクが負け、肋骨が潰されて死にました。ウィリアムは右手首の装置を解錠します。
次の部屋には2つのガラスケースの展示室で、右側には若い独身男性の書類係・アレンが、左側には中年女性秘書・アディが首吊り台に乗せられていました。手前の操作パネルに2つのハンドルがあり、引っ張り続けないと2人は首を吊られて死に、ウィリアムは選択を余儀なくされます。
両方のハンドルを引っ張り続けるのは難しく、ウィリアムはアディのハンドルを選択しました。アレンは首を吊って死に、アディは助かりました。ウィリアムは鍵を手に入れ、左手首の装置を外します。
次の部屋は鉄パイプが組まれた赤い部屋で、蒸気があちこちで噴出しています。法務担当者の女性・デビーが90秒以内に迷路をクリアせねば、デビーは死にます。
蒸気がデビーの通路を塞ぐので、ウィリアムは蒸気抜きをしますが、蒸気抜きをした時はウィリアムに蒸気がかかりました。
ゴールまで辿り着いたデビーですが、胸についた処刑装置の鍵は、ウィリアムの脇腹に入っているとエックス線写真で知りました。ゲーム最初の時点でウィリアムの右脇腹に切り傷がありました。
デビーは闇雲に電動のこぎりで襲いましたが、時間が経過して胸に装置が刺さり、死にます。鍵を入手したウィリアムは足首の装置を外しました。
最後のゲームは回転木馬(回転する椅子)に手足を拘束された6人の部下のうち、2人を助けるというものです。助ける時にはウィリアムは左手を串刺しにせねばなりません。
選ばれなかった人はライフル銃で撃たれます。
黒髪男・ジョッシュ、ブルネット髪の若い女性・ジーナ、黒人男性・デイブ、若い金髪男性・アーロンが銃で撃たれて死に、2人の子持ちの女性・エミリーとヒステリックな金髪女性・シェルビーが助かりました。

【転】- ソウ6(SAWⅥ)のあらすじ3

4つのゲームをクリアしたウィリアムは次の部屋に進みます。そこには2組の牢屋に3人が拘束されていました。
その牢屋の片方は母・タラと息子・ブレンドの親子で、もう片方はパメラ・ジェンキンスというジグソウ事件で派手な報道をした女性ジャーナリストです。
この2組は監視カメラで、ウィリアムのゲームの一部始終を見せられていました。
2つの牢屋の中央には「HF(フッ化水素酸)」のタンクがあり、タンク下部には「上=LIVE(生)」「下=DIE(死)」のレバーがあります。
母子はこれらを最初、自分たちの罠だと思ってLIVE側に操作しましたが、何事も起こりませんでした。
…実はその2組の牢屋の人物はウィリアムと関連の深い人物たちでした。女性ジャーナリストのパメラはウィリアムの妹です。再会を喜びます。
しかし…タラとブレンド母子にとってのウィリアムは、自分の夫(父)・アボットの医療保険を支払わず死に追いやった憎い相手でした。2人はレバーの意味も知ります。
タラは躊躇いましたが、息子のブレンドは死のレバーを選択しました。ウィリアムに針の板が背中から刺さり、HFが注入されます。ウィリアムは腸を溶かされて息絶えました。
一度は部下のストラム捜査官を疑った上司・エリクソンですが、次第にホフマン刑事を怪しみ始めます。ストラム捜査官の相棒で、負傷して休職していたペレーズ女性捜査官(『ソウ4』参照)も同じ意見です。ペレーズ捜査官はストラム捜査官と5年コンビを組んで仕事をしていましたが、特にストラム捜査官に怪しい点はなかったと言い、エリクソンもその発言を重視します。
また幾つかの矛盾点が出てきました。「ジグソウの残したジグソウパズルのマークを切り取る器具が異なる」手術用のメスを用いる筈が、切れ味の悪い刃物に変わっています。後継者候補・アマンダの仕業にしてもおかしいのです。
そしてその切れ味の悪い刃物を使った死体は、セスという被害者につけられたものと同じで、セスはホフマン刑事の妹を殺した殺人犯でした…。

【結】- ソウ6(SAWⅥ)のあらすじ4

エリクソンとペレーズ捜査官は女性事務官にテープの声紋解析をさせながら、ホフマン刑事を呼び出しました。ホフマン刑事はペレーズ捜査官が生きていたことを知り、ショックを受けます。
現場にストラム捜査官の指紋が見つかるのですが、指紋の皮脂成分の尿酸値から「死んだ指の指紋」らしい…とエリクソンがホフマン刑事に話した時、声紋鑑定結果が出ます。
真犯人がホフマン刑事だと知れた瞬間、ホフマンはエリクソンの喉を掻き切り、女性事務官を盾にしてペレーズ捜査官の銃弾を避け、ペレーズ捜査官の腹をナイフで刺しました。
3人のFBIを殺したホフマンは部屋に灯油を撒き、火をつけて証拠を隠滅しました。
…ジョンの元妻・ジルが託された遺品の箱には、「アマンダが生還した拷問用具(『ソウ』参照)」「まだやり残した仕事内容の封筒1~5(ホフマンに渡せ)」「6の封筒はジルへ」「大きな茶色い紙袋(注:次作で内容が明らかに)」でした。
ジルはジョンの犯行を初期から知っており、ジョンがアマンダやホフマン刑事を仲間に取り入れるのを見ていました。
ジルは大きな茶封筒を、聖ユースタフ病院の新聞受けに入れます。
そして自分用の封筒を開くと、ジルが流産するきっかけだった「セシル襲撃の際、アマンダもいたという事実」「それを知らされたくなければ女医・リンを殺せ」という内容の手紙のコピーが入っていました。
この手紙はホフマン刑事がアマンダに託したもので(『ソウ3』)、手紙に脅されたアマンダはリンを撃ったのでした。
車の解体工場(注:次作で登場)の監視カメラでウィリアムのゲームを見るホフマン刑事を、ジルは電気ショックで気絶させて拘束し、アマンダに使った拷問用具を顔に装着すると「ゲームオーバー」と言って立ち去ります。制限時間内に外せないと顎が上下に引き裂かれるものです。
ホフマン刑事は左手首を負傷して椅子から立ち上がり、右の口を少し裂かれながらも装置を窓の鉄格子に取りつけ、解錠します。拷問用具は鉄格子で作動しました。
(エンド後)『ソウ3』の一部。拉致されたジェフの娘・コルベットに、「覚えていて、忘れないで。あなたを助ける人を信じないで」とアマンダが言い聞かせる。エンド後に映像があるのは今作品のみ
〔生き残った者〕シモーネ、アディ、エミリー、シェルビー、パメラ、タラ、ブレンド、ホフマン刑事、元妻・ジル
〔生死不明の者〕特になし

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ソウ6(SAWⅥ)」の商品はこちら