「ダブル・ジョパディー」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ダブル・ジョパディーの紹介:1999年制作のアメリカ&カナダ合作映画。タイトルは「二重処罰」を意味し、同一の犯罪で二度有罪にはならない〝二重処罰の禁止〟をモチーフとしたサスペンス映画。

予告動画

ダブル・ジョパディーの主な出演者

リビー・パーソンズ(アシュレイ・ジャッド)、トラヴィス・レーマン(トミー・リー・ジョーンズ)、ニック・パーソンズ(ブルース・グリーンウッド)、アンジー(アナベス・ギッシュ)、マーガレット(ローマ・マフィア)、マティ・パーソンズ(スペンサー・トリート・クラーク)

ダブル・ジョパディーのネタバレあらすじ

【起】- ダブル・ジョパディーのあらすじ1

〝ダブル・ジョパディー〟…同じ罪で二度罰せられることはない(法律の条項)。
主婦・リビーはハンサムな夫・ニックと幼い息子・マティと幸福な生活を送っていました。
しかしある日突然ニックがヨットの上で血痕を残して消えます。
ニックに高額の死亡保険金がかけられていたことから、ニックを殺して死体を海に捨てたとして、リビーは夫殺しの容疑で警察に逮捕されました。
リビーは息子・マティを親友・アンジーに預けて刑務所に入ります。その後アンジーとマティが消息不明となりました。
刑務所仲間とともに調査すると、なんとニックは生きており、アンジーはニックと暮らしていることを知ります。 この映画を無料で観る

【承】- ダブル・ジョパディーのあらすじ2

リビーは罠にはめられたのでした。
怒りに震えるリビーは、元弁護士の女囚人・マーガレットから〝ダブル・ジョパディー〟の条項を教えてもらいます。
ニックとアンジーに復讐しマティを取り戻すため、リビーは体を鍛えながら6年間刑務所で暮らしました。
仮出所となったリビーは、レーマン保護観察官の監視下に置かれます。
レーマンの厳しい目をかいくぐって、リビーはニックたちの居場所を探し始めました。
アンジーが勤務していた事務所に侵入したリビーは、保安官に捕まります。
レーマンに引き渡されたリビーは、移送途中に手錠に繋がれたまま車ごと海に落ち、フェリーから逃げ出しました。レーマンは慌ててリビーを追跡します。

【転】- ダブル・ジョパディーのあらすじ3

故郷を訪ねたリビーは、母親が畑に隠してあった現金を譲り受けます。
アンジーの事務所で手に入れた情報から、リビーはアンジーの居場所を突き止めました。
しかしリビーは数年前、アンジーがガス爆発事故で死亡したことを知ります。
その記事に載っていたアンジーの写真の横にあったカンディンスキーのリトグラフ(版画)から、ニックとマティの居住地を割り出しました。
レーマンはリビーが訪れた画廊でリビーの車を見つけますが、取り逃がします。
リビーはニューオーリンズに行きました。レーマンもリビーを追います。
ニックは名前を変え、ホテルのオーナーの座に納まっていました。 この映画を無料で観る

【結】- ダブル・ジョパディーのあらすじ4

チャリティーパーティでニックを1万ドルで競り落としたリビーは、ニックを問い詰めます。
ニックは「破産寸前だった、保険金をリビーとマティに残して逃げたつもりだった。リビーが逮捕されると思わなかった」と言い訳しました。
マティを連れてくるよう要求したリビーは、翌日ニックに墓地に閉じ込められます。
いっぽうレーマンはニックと接し、リビーの言うとおり彼女は無実で、ニックこそが怪しいと確信しました。
レーマンにリビーは捕まりますが、レーマンはリビーがニックのところへ行くことを許可します。
ニックは罪を認めてレーマンとリビーに銃を向けました。レーマンは負傷します。
その時リビーがニックを銃殺しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ダブル・ジョパディー」の商品はこちら