「ダヴィンチコード」のネタバレあらすじ結末

ダ・ヴィンチ・コードの紹介:2006年公開のアメリカ映画。世界的なベストセラーとなったダン・ブラウンの同名小説をトム・ハンクス主演で映画化。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号の謎を追う、ある大学教授の姿を描いたサスペンス・ミステリー。

予告動画

ダヴィンチコードの主な出演者

ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)、ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)、リー・ティービング(イアン・マッケラン)、シラス(ポール・ベタニー)、アリンガローサ(アルフレッド・モリーナ)、ファーシュ警部(ジャン・レノ)、ジャック・ソニエール(ジャン=ピエール・マリエール)、アンドレ・ヴェルネ(ユルゲン・プロホノフ)、レミー・リュガルテ(ジャン=イヴ・ベルトロット)、ジェローム・コレ警部補(エチエンヌ・シコ)、シスター・サンドリーヌ(マリー=フランソワーズ・オードラン)、バチカン長官(フランチェスコ・カーネルッチ)、サンクレール夫人(リタ・デイヴィス)

ダヴィンチコードのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ルーブル美術館のソニエール館長が殺害され、現場に残された文字からハーバード大のラングドン教授に殺害容疑がかかる。ラングドンはソニエールの孫娘・ソフィーと逃げながら謎を解く。 ②シオン修道会(キリストを人間とする派、ソニエール側)VSオプス・デイ(キリストを神としたい派、シラスなど)の戦いに発展。ソニエールはシラスに殺害された。オプス・デイが得たい(消したい)のはキリストが人間である証拠「聖杯」。 ③「聖杯」=「女性の印(子宮の形)」=「キリストの妻・マグダラのマリアの娘・サラ」=「キリストの子孫」=「ソフィー」。謎を解いた後、ラングドンはさらにルーブルの中庭のピラミッド下にサラの棺があると想像する。

【起】- ダヴィンチコードのあらすじ1

フランス、パリ。
ルーブル美術館の初老の館長ジャック・ソニエールが、閉館後の深夜の美術館でシラスという男に銃で脅されていました。
ソニエール館長は「サン・シュルピス教会の〝ローズ・ライン〟だ。その下にある」と答えましたが、シラスは館長を撃ちます。
シラスが去った後、ソニエール館長はラングドンにある秘密を知らせようと考え、腹を撃たれて重傷でありながらも移動をし、手がかりを残しました。そして、あるポーズを取って亡くなります…。
…ロバート・ラングドンはアメリカ・ハーバード大学の教授をする中年男性です。ラングドンは宗教象徴学を研究しており、新作『図像の解釈』を出版したため、フランス・パリに渡って講義を開き、サイン会をしていました。
そのサイン会の最中に、フランス警察のコレ警部補がラングドンを訪問し、上司のファーシュ警部が呼んでいると告げます。
「死体に残されたしるしを見て、専門家のあなたのお力を(いただければ)」と言われたラングドンは、昨晩会う予定だったはずの相手・ソニエール館長の遺体写真を見て驚き、サイン会を中止して遺体発見現場に駆け付けました。
遺体発見現場はルーブル美術館の館内2階のグランド・ギャラリーで、なんとソニエール館長は、胸に五芒星のマークを傷で刻み、レオナルド・ダ・ヴィンチの〝ウィトルウィウス的人体図〟のポーズを自ら取って亡くなっていました。現場にはファーシュ警部がおり、ソニエール館長とラングドンの関係を聞き出します。
実際のところ、ラングドンはソニエール館長とあまり親しくなく、妙な仇名(後に記載)をソニエール館長につけられたことから、ラングドンは「嫌われている」と思っていました。ところが前日、急にそのソニエール館長から電話をもらい、会うことになったのですが、館長は現れなかったのでした。
そこへ数学の専門家で暗号解読の権威と言われる女性ソフィー・ヌヴー捜査官が現れると、米国大使館の電話番号を渡しながら、生死にかかわることなのですぐに連絡を取ってくれと言われた…とラングドンに携帯電話を渡します。
これはソフィーがラングドンに「ファーシュ警部に気づかれないように動け」というメッセージを与えるための真っ赤な嘘でした。ラングドンは友人が事故に遭ったとファーシュ警部に嘘をつき、トイレに行くと言って中座します。
ラングドンがトイレに行くとソフィーが先回りしていて、遺体発見現場に残されたALS(血痕反応を見るライト)で見える文字の最後の1行をファーシュ警部がわざと隠したのだと教えます。そこには「P.S.ラングドンを探せ」と書かれていました。ファーシュ警部は、表向きは捜査協力という名目でラングドンを呼び出しましたが、実はラングドンは最有力容疑者になっているのです。
やけに情報に詳しいと思ったラングドンが聞くと、ソフィーはソニエール館長の孫でした。ただしソフィーとソニエールは何年も疎遠の関係だったのですが、昨日の昼に電話をもらったそうです(ラングドンが電話をもらったのは午後3時)。
ラングドンは残された手がかりから、ソフィーと共にソニエール館長の死の謎と、ソニエール館長が隠したものを読み解こうと考えました。
ファーシュ警部につけられたGPSを外に放ると、緩衝材で石鹸につけたGPSは車の荷台に乗り、遠方まで運ばれます。ファーシュ警部らがそれを追って出かけた間に、ラングドンはソフィーと2人でルーブル美術館内の絵を見ました。

【承】- ダヴィンチコードのあらすじ2

遺体のそばに書かれた数字が、フィボナッチ数列にしてはおかしいと思ったラングドンは、アナグラム(文字の並べ替え)だと思います。書かれた英文(日本語では「ドラゴンのごとき悪魔! 役に立たぬ聖人め」)を並べ替えると「レオナルド・ダ・ヴィンチ」になりました。2人は「モナリザ」の絵を見に行きます。
そこには新たな英文(日本語では「人の欺瞞はかくも邪悪なり」)が絵の隅に書かれていました。これもアナグラムで読み取って「岩窟の聖母」の絵にたどりつきます。
「岩窟の聖母」の絵の裏には〝百合の紋章〟のついた鍵(銀行の貸金庫の鍵)がありました。GPSがダミーだと気づいて戻ってきたファーシュ警部らと入れ違いに、ラングドンとソフィーは美術館を立ち去ります。
その百合の紋章の鍵にソフィーは見覚えがありました。祖父であるソニエール館長が持っており「いつかあげるよ」と言っていたものです。
ラングドンは「秘密集会みたいなものに、ソニエール館長は出ていたか。シオン修道院に聞き覚えがあるか」と聞き、ソフィーは考えました。
ソフィーは今まで聞かされていませんでしたが、キリスト教の宗派の中に、シオン修道会という秘密友愛組織と、それと対立するオプス・デイという組織があります。
事の発端は約1000年前に、フランス王が聖地エルサレムを征服したのですが、十字軍を指揮したのは実際にはシオン修道会とその軍団〝テンプル騎士団〟でした。
テンプル騎士団の真の目的は、キリストの時代に失われた〝宝物(ほうもつ)〟を探すことでした。それは「聖杯」と呼ばれているものです。
テンプル騎士団はそれを探していましたが、14世紀に入ると教皇がヨーロッパ全土に指令を出し、「悪魔崇拝団、異端者である騎士団を始末せよ」と言い渡しました。いわれなき疑いです。結果、テンプル騎士団は1307年10月13日金曜日に壊滅しました。いわゆる、「13日の金曜日」です。
しかし水面下ではまだシオン修道会(テンプル騎士団)は残っており、宝物が受け継がれていました。ソニエール館長はそれを知っていた可能性があります。
百合の紋章の鍵には「HAXO24」と書かれていました。これはパリの住所で、該当住所のチューリッヒ保管銀行に行ったラングドンとソフィーは貸金庫の口座番号(フィボナッチ数列もどきが該当)を開けます。
金庫の中身は、長さ16cm、幅5cmほどのバラのマークが刻まれた木箱でした。その中にはアルファベット5桁を入力するダイヤル錠が入っています(クリプテックス)。
チューリッヒ保管銀行のヴェルネ支配人が、警察の手から2人を逃がしてくれますが、ヴェルネ支配人もオプス・デイの手先でした。命を狙われそうになったラングドンは、機転を効かせて車を奪って逃走します。
そのまま車でラングドンは旧友リー・ティービングの住むシャトー・ヴィレットへ行きました。
リー邸で、まだ状況が呑み込めないでいるソフィーに、ラングドンとリーが説明をします。
「イエス=キリストは神である(人間ではない)」としたいのは、オプス・デイの集団です。キリストを絶対的存在とするためには、キリストは人間であってはならないと考えています。ソニエール館長を殺したシラスはオプス・デイの手先でした。
その対照的な立場にあるのがシオン修道会です。シオン修道会は「イエス=キリストは人間である」と認めたうえで、広く世界に信仰を布教しようと考えています。

【転】- ダヴィンチコードのあらすじ3

シオン修道会が持つ「宝物(ほうもつ)」=「聖杯」とは「キリストが人間であった証拠」すなわち「キリストの直系の子孫」でした。
それはレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵「最後の晩餐」でも見てとれます。その絵でキリストの右側にいる人物は、一般的には娼婦と言い伝えられたマグダラのマリアで、彼女は本当はキリストの妻でした(異端視&迫害を受けた時に娼婦説がでっちあげられた)。キリストが磔にされた時にマリアは妊娠しており、後に娘・サラを出産していました。
「聖杯」とは「さかずき」の意味ではなく、女性の印(子宮の形)をあらわすものです。
オプス・デイがソニエール館長を殺してまで躍起になって聖杯(キリスト直系の子孫)を探すのは「キリストを人間としてはならない」「キリストの権威を受け継いだ者(子孫)が女であることが許せない」からでした。シオン修道会はオプス・デイからずっと聖杯を守り続けています。
ソニエール館長が金庫に残していたクリプテックスは、5桁のアルファベットを組み合わせて解錠する、ダ・ヴィンチの発明品でした。秘密にしたい情報をパピルスの巻紙に書いて、酢(ビネガー)入りのもろいガラスの瓶に巻きつけます。
無理に開けると瓶が割れて、ビネガーがパピルスを溶かしてしまう仕組みでした。
リーの館を刺客・シラスと警察が襲います。
シラスはソニエール館長から聞いたローズ・ライン(地球の南極と北極を結ぶ線)を壊して「ヨブ38・11」と書いた石板を見つけていました(「これ以上進むな」という意味)。これは時間稼ぎのためにソニエール館長がシラスに掴ませた、偽の情報でした。シスター・サンドニールを殺したシラスは、アリンガローサ司教の手引きでリー宅に突入していました。
シラスは「キー・ストーン(要石=聖杯のこと)を寄越せ」と銃を手に詰め寄りますが、ラングドンの旧友・リーが仕込み杖でシラスを刺して拘束すると、お付きの若い男性・レミーに運転させ、ラングドンとソフィーを連れて納屋から車で脱出します。
飛行機を用意させたリーは、操縦士にスイス・チューリッヒへ行けと指示しました。機内でソフィーはソニエール館長を殺したのかとシラスを詰問し、ビンタします。ラングドンはクリプテックスを解錠しようとしました。
「バラの下に眠る」という言葉から、まず木箱のバラのマークの裏側に金属の文字が刻まれているのを見つけたラングドンは、その鏡文字を読みます。「教皇の葬った騎士がロンドンに眠る。彼の辛苦の果(か)は神の怒りを招く。その墓を飾るべき球体を求めよ。それはバラの肉と種宿る胎(はら)を表す」と書かれており、リーは飛行機の行き先をイギリス・ロンドンに変更させます。
ソフィーはリーから、ラングドンが狭い場所を苦手とすることを聞きました。ラングドンが7歳の頃、井戸に落ちて一晩中立ち泳ぎをし続け、半死半生で救助されて以来苦手なのだそうです。
いっぽうのソフィーは4歳の頃に両親と兄を自動車事故で亡くしており、以来、祖父であるソニエール館長の元で育ちました。
ロンドンの騎士団の墓に行った一行は、球体のあるものを探しますが、シラスが脱出してソフィーを人質に取って手がかりを寄越せと言いました。リーのお付きの男性・レミーの仕業です(オプス・デイの味方)。
鳩が飛んだ隙にラングドンはソフィーを連れて逃げ、リーはトランクに詰められました。シラスはオプス・デイの宿舎で待てと言われます。
レミーはリーによって酒に毒を盛られて死に(リーもオプス・デイ)、リーはシラスの居場所を警察に通報しました。シラスは警官隊に殺されます。

【結】- ダヴィンチコードのあらすじ4

逃げたラングドンとソフィーは、チェルシー図書館に行くつもりでしたが、バスの乗客の男性から携帯電話を借り、インターネットで図書館のデータベースに入って「騎士&教皇」で検索しました。検索結果に「アレグザンダー・ポープ」という名が出てきたことで、ラングドンは図書館に行くのをやめます。
アレグザンダー・ポープとは、アイザック・ニュートンの葬儀を行なった人物でした。ニュートンの墓に行くとリーが先回りしており、銃で2人を脅します。
リーはラングドンに、クリプテックスを解錠しろと言いますが、ラングドンはしばらくいじった後「ダメだ」と言うと、放りだしました。宝の手がかりが入ったクリプテックスが壊れると意味がないので、床に落ちる前にリーが手を差し出し(間に合わずクリプテックスは割れた)、リーが放り投げた銃をソフィーが取りました。
警察が突入すると、ファーシュ警部がリーを逮捕して酒を押収しました(リーはレミー殺害の容疑で逮捕された。リーはオプス・デイの手先ではなく、聖杯の探究をしたかった宗教学者)。
ラングドンはクリプテックスを解いていました。「ニュートンの、欠けた球体」=「APPLE(リンゴ)」が解除の単語でした。
パピルスには「聖杯は古(いにしえ)のロスリンの下で待つ。剣と杯が門を守り、匠(たくみ)の美(い)しき芸術に囲まれ、それは輝く星空の下で眠りにつく」と書かれています。
聖杯は故郷に帰ったのだと思ったラングドンは、イギリス・スコットランドにあるロスリン礼拝堂へ行きました。
礼拝堂に行く道中、ラングドンはソフィーに「ソニエールに嫌われていると思った。つけられた仇名は『パトロール警官』だ」とぼやきますが、ソフィーはラングドンの誤解を解きます。ラングドンは歴史の見張りをしている学者先生という意味で、バカにしてその仇名がつけられたものと思っていましたが、そうではありません。ソニエールの父は警官をしており、ソニエールは父を尊敬していました。決してバカにしていたわけではなく、むしろ敬意を表しての仇名だったと、ラングドンは知りました。
ロスリン礼拝堂に行くと、ソフィーは「ずっと昔にここへ来たことがある」と言います。地下室におりた2人は、カーペットを剥いで百合の紋章のある場所を開けました。そこには、かつてマグダラのマリアの娘・サラの棺が納められていたようです(何もなかった)。
その部屋には大量の文献がありました。ラングドンはふと思いつき、ソフィーにソニエールと諍いになった理由を聞きます。それは、ソフィーが両親の事故の詳細を知りたがったからでした。
諍いになってすぐにソフィーは寄宿舎に入れられました。
ラングドンはソフィーに「ソニエールは君の祖父じゃない」と言います。その部屋には交通事故の新聞記事の切り抜きがありましたが、4歳の女児も含め全員が死亡していました。
苗字はソニエールではなく、サン=クレールでした。つまり、ソフィーこそがキリストの血を継いだ直属の子孫だったのです。
真実を知ったソフィーは驚きますが、そこへシオン修道会の人たちが集まります。うち1人の初老女性がソフィーの本当の祖母だと告白し、ソニエールにずっとソフィーを守ってもらっていたと言いました。
ソフィーはシオン修道会の人たちに守られることになりました。ラングドンはロスリン礼拝堂でソフィーと別れます。
宿泊するホテルに戻ったラングドンは、ひげそりの最中に思い付き、外出します。ルーブル美術館にも聖杯の形(V)がありました。中庭にあるルーブル・ピラミッドです。ピラミッドの下には正対称にV字があります。
そのピラミッドのはるか地下に、マグダラのマリアの娘・サラの棺が納められているのを想像したラングドンは、頭を下げて祈りました。

みんなの感想

ライターの感想

けっこう大変な作品…です。
というのも、書いたように次から次へと歴史のことが出てくるので、理解がなかなか追いつかない。
キリストとマグダラのマリアが夫婦だったなんて言われて「えっ!」とか思っている間にも、次々に謎解きは進んでいくのです…。
通常版でも2時間半、エクステンデッド版ですと実に3時間もあります。
今年の秋、第3作『インフェルノ』が公開予定。これも話についていくの、大変なんだろうな…(笑)。
ただし謎解き要素が好きな人や、歴史が好きな人にとっては楽しい一作品だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「ダヴィンチコード」の商品はこちら