「チェンジリング」のネタバレあらすじ結末

チェンジリングの紹介:2008年制作のアメリカ映画。1920年代に起きた実話をもとに映画化。「チェンジリング」とは「取り替え子」という意味で、自分の子が醜い子に取り替えられるヨーロッパの伝承に基づいた言葉。

この映画を無料で観る

予告動画

チェンジリングの主な出演者

クリスティン・コリンズ(アンジェリーナ・ジョリー)、グスタヴ・ブリーグレブ牧師(ジョン・マルコヴィッチ)、J.J.ジョーンズ警部(ジェフリー・ドノヴァン)、ジェームズ・E・デーヴィス市警本部長(コルム・フィオール)、ゴードン・ノースコット(ジェイソン・バトラー・ハーナー)

チェンジリングのネタバレあらすじ

【起】- チェンジリングのあらすじ1

1928年。LA郊外で電話局に勤務するクリスティンは妊娠中に夫に逃げられ、以後女手ひとつで9歳の息子・ウォルターを育てていました。
3月10日。急な仕事が入り出社したクリスティンが帰宅すると、ウォルターの姿がありません。警察に連絡するも「24時間経過しないと捜索はできない」と言われました。
翌朝から捜査が開始されても、ウォルターの足取りは不明です。
5ヵ月経過した8月、ロス市警・ジョーンズ警部に「イリノイでウォルターが見つかった」と報告を受けたクリスティンは駅に向かいました。
しかしその子はウォルターとは全くの別人です。クリスティンはジョーンズ警部に違うと訴えますが、無理に帰宅させられます。

【承】- チェンジリングのあらすじ2

連れ帰った子は行方不明前のウォルターより背が7cmも低く、割礼(宗教儀式の一つで、性器の包皮の一部を切除すること)の痕があり、別人だとクリスティンは確信しました。
翌日ジョーンズ警部を訪れたクリスティンは捜査続行を頼みますが、聞き入れられません。
その頃グスタヴ牧師はロス市警の不正を暴く運動をしていました。グスタヴ牧師はクリスティンに協力を申し出ます。
かかりつけの歯科医から歯列が違う報告書を提出してもらい、学校の担任教諭も別人だと断言してもらいました。
それでも無視する警察に対し、クリスティンは記者会見を開きます。するとジョーンズ警部はクリスティンを錯乱状態だとして精神病棟に収容しました。

【転】- チェンジリングのあらすじ3

病棟には警察に逆らったために収容された女性たちがいて、コード12と分類されています。クリスティンは治療という名の拷問を受けました。
その頃、クラークというカナダからの不法移民の少年を確保した警察は、驚愕の事実を知ります。クラークは従兄弟のゴードン・ノースコットに強制され、ゴードンと共に20人もの子供を誘拐、殺害していました。
ある刑事が最近行方不明になった子どもの写真を見せると、クラークはウォルターの写真を取り上げます。ウォルターは誘拐殺人の被害者でした。
この猟奇事件はゴードン・ノースコット事件と呼ばれ、新聞に取り上げられます。クリスティンは退院を許可されますが、新聞で事実を知り嘆きました。 この映画を無料で観る

【結】- チェンジリングのあらすじ4

クリスティンは警察と闘う覚悟を決め、グスタヴ牧師や牧師の友人の弁護士の協力を得て、警察を訴えます。
市民の声を味方につけたクリスティンは有利で、結果、ジョーンズ警部は永久停職、市警本部長は解任となりました。
一方ゴードン・ノースコットが逮捕されます。ゴードンはウォルターを殺害していないと訴えますが、裁判で死刑判決が言い渡されました。
ちなみにウォルターだと引き渡された子は、映画スターに憧れて家出した少年だと分かり、母親のところに戻ります。
数年後、誘拐された少年の1人から「誘拐された時ウォルターに助けられ、一緒に逃げ出した」と聞いたクリスティンは希望を抱き、生涯ウォルターを捜し続けました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「チェンジリング」の商品はこちら