「デイアフタートゥモロー」のネタバレあらすじ結末

デイ・アフター・トゥモローの紹介:2004年公開のアメリカ映画。『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督作品。地球規模で発生した異常気象の脅威と極限状況下で展開する人間模様を、壮大なスケールで描くパニック大作。

予告動画

デイアフタートゥモローの主な出演者

ジャック・ホール(デニス・クエイド)、サム・ホール(ジェイク・ジレンホール)、ローラ・チャプマン(エミー・ロッサム)、テリー・ラプソン教授(イアン・ホルム)、ルーシー・ホール(セーラ・ウォード)、ジャネット・タカダ(タムリン・トミタ)、フランク(ジェイ・O・サンダース)、ジェイソン(ダッシュ・ミホク)、J.D.(オースティン・ニコルズ)、ブライアン(アージェイ・スミス)、トム(ネスター・セラーノ)、ベッカー副大統領(ケネス・ウェルシュ)、ブレイク大統領(ペリー・キング)

デイアフタートゥモローのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①気象学者・ジャックは地球温暖化が高じると氷河期に突入する危険性を説くが、要人たちは聞き入れない。その矢先、北半球を異常気象が襲い、さらに超大型台風が襲う。台風の目に入ると数秒で凍死する規模。 ②ジャックはニューヨークにいる息子・サムを助けに向かう。サムはジャックの助言通りにして助かった。嵐は去ったが環境問題を考え直すと大統領は声明を出す。

【起】- デイアフタートゥモローのあらすじ1

〔南極〝ラルセンB〟棚氷(たなごおり)〕
アメリカの気象学者の中年男性ジャック・ホールは、気象観測士仲間のフランク、ジェイソンと共に南極の氷をドリルで掘削して、調査をしていました。氷の中の温室効果ガスを調べているのです。
その調査の最中に、目の前で棚氷にひび割れができました。
機械を止めてひび割れを知ったので、ジェイソンとジャックは落下を免れましたが、ドリルは海に落ちてしまいます。フランクはテント内で成分分析の作業中で、難を逃れました。
目の前にえんえんと亀裂が走るのを、ジャックたちはあぜんと見守ります。

〔地球温暖化 国連会議 インド・ニューデリー〕
世界各国の要人が集うこの席で、ジャックは地球温暖化が氷河期を引き起こすことを告げます。
南極の棚氷が氷解したことにも触れますが、要人たちの理解度は低いものです。
逆説的になるのですが、地球の温暖化がやがて寒冷化を招くのだと告げても、会議の出席者は首をひねるだけでした。
ジャックは素人にも分かるように説明します。
北半球の気温を左右するのは、北大西洋海流です。この海流が赤道一帯から太陽熱を北に運ぶのです。
ところが地球温暖化が進むと、極地の氷を解かしてしまい、海流の流れを変えます。さらにそれが進むと流れをせき止めることになり、温暖な気候が失われるというわけです。
今すぐただちに温暖化について対策を練らないと、いずれ子や孫の世代にそのツケが回って来る…とジャックは警鐘を鳴らしますが、アメリカの副大統領レイモンド・ベッカーは「京都議定書で大枠はすでに決めている。いたずらに不安を煽るな」とジャックを戒めました。
「ロードアイランド州と同じ大きさの氷が落ちたんだ!」とジャックが声を大にしても、出席者の胸には響きませんでした。
ただひとり、海流研究の権威テリー・ラプソンはジャックの発言に感銘を得て、ジャックを飲みに誘います。

ところでそのインド・ニューデリーに雪が降っていました。すでに変化は起き始めているのに、まだ誰も気付きません。
マスコミが「珍しい光景だ」と取り上げる程度でした。
ジャックにしても、温暖化が氷河期の到来を招くと訴えたものの、すぐ間近にその危機が迫っているとまでは思っていません。

〔スコットランド ヘドランド研究所〕
ヘドランド研究所では、世界各国の海水温を調査していました。
ラプソンの部下のデニスと、黒人男性・ブッカーが、海洋ブイから送られてくる気温をコンピューターで解析します。
警報音を聞いたブッカーが「ジョージスパンクの海洋で、急に海水温が12度下がった」とデニスに報告しますが、サッカーに夢中のデニスは「海が荒れたせいだろう」と軽く考えます。
その後、海洋ブイから送られてくるデータが次々に警告音を鳴らし、ただごとではないことをデニスもブッカーも知るわけですが、その時はもう事態は悪化していました。

故郷であるアメリカ・テキサス州北部のアーリントンに帰国したジャックは、医者である妻のルーシーに、17歳の息子・サムを空港まで送ってくれと頼まれます。
サムは数学で落第点を取っていました。ジャックは車中で事情を聞きます。
高学歴のジャックやルーシーに似て、サムも天才肌でした。計算式を書かずに頭の中で計算し、答えだけ書き込んだところ、先生から「そんなことができるわけがない。カンニングをしたのだろう」という容疑をかけられたのです。
ジャックはそれを聞いて、あとで先生と話し合うとサムに言いました。
ジャックは気象学者で、一年中あちこちに行って留守にしがちでした。サムは参観日などに来てもらったことがありませんが、父のことを尊敬し、父は必ず約束を守る人間だと思っています。

【承】- デイアフタートゥモローのあらすじ2

ニューヨークで開かれる高校生クイズ対抗試合に、サムは参加予定でした。
サムは同じクイズ研究会の仲間、ローラ・チャプマンという少女と、眼鏡をかけた黒人青年ブライアン・パークスと共に飛行機に乗ります。

超大型ハリケーン・ノアラニがアメリカの沖合で発生し、猛威をふるっていました。
宇宙ステーションからは、巨大な台風の目まで見えます。
渋滞に巻き込まれたタクシーの車中で、サムは鳥が大移動をしているのを見ました。動物園では動物が騒ぎます。
ニューヨークで高校生クイズに参加したサムたちは、その後のパーティーで、親が金持ちでクイズでも互角だった青年・J.D.に声をかけられました。
J.D.の両親が留守のため、サムたちは家に泊めてもらいます。

翌日、早朝。
まだ夜が明けきらないうちに、ジャックにラプソンから電話が入ります。
大西洋の各地の海洋ブイが、水温の急激な低下を知らせたラプソンは、異常気象が予想よりもはるかに早く起こると知らせました。
日本の東京都千代田区では、人間の頭部ほどの雹が降り、大騒動が起きています。
カリフォルニア州ロサンゼルスでも、ゴルフボール大の雹が降り始めました。
さらに竜巻がいくつも発生し、HOLLYWOODのサイン看板が吹き飛びます。
ジャックは勤務先の国立海洋大気庁(NOAA)に行きました。
大都市であるロサンゼルスを襲う大災害を受け、ブレイク大統領は連邦航空局に飛行禁止令を出します。
NASAに問い合わせますが、太陽活動には異常はありませんでした(太陽フレアなどでも磁気異常など、異常気象が起こることがある)。
昨日はジャックをやんわりと戒めた上司・トムが、ジャックに何が起きているのかと聞きます。
ジャックは予想よりも早く、氷河期突入の前兆が現れているのだと答えました。

ジャックはベッカー副大統領に、ただちに大規模な避難対策を練るべきだと進言します。
下手をすれば6~8週間先には氷河期が来るかもしれないと言いますが、ベッカー副大統領は信じませんでした。
アメリカ、イギリスで大雪が降ります。
スコットランドで飛行中の3機のヘリが台風の目に入り、急な温度変化でオイルが凍り、墜落する事故が起きました。オイルが凍るには零下101度になるほどです。
墜落したヘリの搭乗員は、一瞬で身体が凍っていました。

ニューヨークでは大雨が3日続いていました。
サムは地下鉄で帰ると言ったものの、3日間の大雨で地下鉄は浸水し、マンホールから下水が噴き出すありさまです。
J.D.宅で避難するサムたちは、J.D.が弟を車で迎えに行くと聞き、一緒の車に乗ります。
動物園ではその頃、オオカミが脱走していました(映画の終盤、忘れた頃に出てくる 笑)。
マンハッタンのはるか沖合では津波が発生し、陸地に押し寄せようとします。
自由の女神が津波に飲まれました。
車が立ち往生し、サムたちは近くにあった公立図書館に避難します。

ジャックにラプソンから連絡が入ります。
解析データを送ってきたラプソンは、6~8週間どころではなく、この24時間以内に北半球全体を寒波が覆い、48時間以内には北半球全体が氷河期に突入すると言いました。
すでに陸上で台風が発生するという「ありえない現象」が起きつつあります。
ジャックはラプソンに避難するよう言いますが、「もう遅いよ」と言ってラプソンは苦笑しました。
ジャックの勤務先に妻のルーシーがやってきました。そこへサムが電話をかけてきます。
ジャックはサムがニューヨークの公立図書館にいると知り、「台風の目の中では数秒で凍死する。南への避難はもう遅い。外へ出るな。火を起こして暖を取れ。必ず迎えに行く」と助言しました。
ジャックは約束したとおり、息子のサムを迎えに行く決意をします。

【転】- デイアフタートゥモローのあらすじ3

ニューヨークの公立図書館に避難したサムたちは、津波にまぎれて図書館の外にロシア船が漂着したのを見ました。
やがてニューヨークも雪が降り始め、小止みになった時に何百人かの人間が外を歩いて移動します。
それを見た図書館の警備員が、「今のうちに避難しよう」と言いました。
サムは自分の父が気象学者だと言い、外に出るのは危険だと訴えます。
しかし外はまだ天候が荒れていないので、その場にいる者の殆どは警備員に従い、外へ出て行きました。
残ったのはサムの仲間たちと、ホームレスの男性・ルーサー、図書館員の女性・ジュディスたち数人だけです。
サムたちは図書を焼いて暖を取り、ルーサーはホームレス経験を活かして「紙を皮膚と服の間に入れろ(保温)」と言いました。

ブレイク大統領に呼ばれたジャックは、国民をただちに南へ避難するようにと進言します。
今度はさすがに、ジャックの言い分を誰もが受け入れました。
ジャックはアメリカ合衆国の地図の中央に、横に線を入れ「線から上はもう(助けることが)無理、南の人はすぐにメキシコなどに避難させろ」と言います。
大統領はアメリカ南部に避難命令を出します。
大量のアメリカ難民を受け入れがたく思い、国境を封鎖するメキシコに対し、大統領が交渉して門戸を開いてもらいます。

ラプソンたちのところでは、最後の石油缶が空になりました。
ラプソン、デニス、ブッカーは、置いていたスコッチで乾杯します。その直後、照明が消えました。(この3人は生存が絶望的)

ジャックは大統領へ進言した後、サムを救うために移動を開始します。フランクとジェイソンも協力を申し出ました。
車で行けるところまで移動しましたが、フィラデルフィアで吹雪に見舞われ、車が進めなくなります。雪駄を履いてジャックたちは、徒歩で移動を始めました。

図書館を出て移動を始めたものの、天候が荒れて気温が低下してきており、警備員たちは図書館を出たことを悔います。しかしどうしようもありませんでした。
(彼らも絶望的っぽい)

空港のショッピングモール上空に到達したジャックたちですが、床(本来はショッピングモールの天井)がガラス張りだったために踏みぬき、最後尾のフランクが落ちそうになります。
荷物を捨てジェイソンが助けに行こうとしますが、ジェイソンの乗るガラスにもひび割れが入り始めました。
フランクは犠牲を少なくするため、自分のロープを切って落ちます。
ジェイソンとジャックは、仲間・フランクの死に嘆きます。

ジャックの妻・ルーシーは難病患者の少年・ピーターに付き添っていました。
ピーターを運ぶ救急車が手配できず、ルーシーは落胆します。
あきらめかけた時、そこへ救急隊員がやってきました。ルーシーとピーターは救い出されます。
ブレイク大統領はすべての指示を出した後、最後にホワイトハウスから撤退しました。
ところがその車が遭難し、生存は絶望的とされます。
メキシコの避難民キャンプにいたベッカー副大統領が、大統領指揮権を引き継ぎました。

ジャックの上司・トムのところに宇宙ステーションからデータが届きます。
ヨーロッパとアジアで過去最大級の台風ができており、最大1時間でアメリカ本土に到達するという知らせでした。

図書館でジャックを待つなか、サムが思いを寄せるローラが発熱します。
ローラは図書館に避難する直前に、足に切り傷を負っていました。それが化膿して敗血症を引き起こしていたのです。ペニシリンか抗生物質を投与しないと、命の危険に関わります。
サムは図書館の横に漂着しているロシア船に乗り込み、医薬品を探そうと考えました。J.D.とブライアンも行くと言います。

【結】- デイアフタートゥモローのあらすじ4

3人で船に入り込み、ペニシリンを探し当てました。調理場があるので、当座の食料も得ようと考えます。
戸棚を開けていたブライアンが悲鳴を上げました。避難用のゴムボートが戸棚に突っ込まれており、戸棚を開けた拍子に膨らんだのです。サムは、ゴムボートもいざという時に使えると思いました。
そこへ、動物園から脱走したオオカミの群れが3人を襲ってきます。
J.D.が足を噛まれて負傷しました。隣室に避難したサムたちですが、空を見るとニューヨークに明らかに異様な雲が接近しており、台風の目が近いと感じます。
台風の目に入ると数秒で凍死するので、それまでに図書館へ戻らねばならないと思ったサムは、自分が走ってオオカミの群れをひきつけ、その間にブライアンとJ.D.を避難させようとします。
船内を猛ダッシュしたサムは、突きあたりの部屋のドアを閉めてオオカミを封じました。
その間にブライアンとJ.D.は食料とゴムボートを得て、移動します。
船の外に出た瞬間、風がやみ、不穏な気配がしました。
上空から一気に冷気が押し寄せ、エンパイア・ステート・ビルのアンテナ部分から、一気に凍り始めます。(オオカミは凍ったか)
サムたちは図書館内に避難し、扉を閉めました。
閉じた扉が凍るのを見て、その威力に驚いたサムは、次々に図書の本を足して暖炉の火を守ります。

その少し前。
ジャックとジェイソンは歩き続けていました。途中でジェイソンが気絶し、ジャックはジェイソンをそりに乗せて引っ張って行きます。
空の異変に気づいたジャックは、ジェイソンをひきずって屋内に入り、厨房でガスコンロを燃焼させながら屋内にテントを張って、寝袋でやりすごします。
旗までが凍る世界が終わった後、ジェイソンの意識が回復しました。
マンハッタンまであと60kmの距離まで来ており、ジャックはすぐに出発しようとします。
ジェイソンが「明日にしよう」と言いますが、ジャックが「サムに明日があるか?」と聞き返しました。2.人は吹雪の中、歩き始めます。
氷点下の世界を迎えた路上には、大勢の凍死者が倒れていました。ジャックはせつない思いで、無言で歩き続けます。
ジェイソンが「言いたくはないのだが、サムはもう(死んでいるのではないか)…」と口にします。ジャックは「それでも、行くと約束したから」と答えました。

目当ての図書館に着いたジャックは、建物内を捜索します。
すると扉の中から灯りが漏れる部屋がありました。そこを開いたジャックは、暖炉を囲んで眠るサムたちを見つけ、再会を喜び抱き合います。

宇宙センターから「暴風の勢力が弱まっている」という知らせが、ヒューストンに寄せられました。
地上でもそれを感じていました。外へ出ると、氷の世界ではありますが、陽射しが見られます。

アメリカ合衆国大使館。
上司のトムがジャックとその息子たちの生存の知らせを聞き、ベッカー大統領に知らせます。
ベッカー大統領はニューヨークに生存者がいると公表し、途上国への感謝の念や、先進国が率先してこれからの環境問題を考えることをスピーチします。
ニューヨークに生存者がいたというこの知らせは、大いに国民を勇気づけました。すぐにジャックのところへ救助のヘリが向かいます。
救出されたジャックたちは、ほかにも生存者がニューヨークにおり、屋上で救出を待つ姿を見て心強く思いました。みんなそれぞれ、なんとか生き抜いたのです。
ニューヨークはまだ一面氷の世界ですが、嵐は過ぎ去ったことが分かりました。
宇宙ステーションから見る地球は、これまでになく清浄な景色でした。
(どうやら氷河期突入ではなく、一過性の荒天候だった。
しかしいつ氷河期が到来してもおかしくない、ということを示唆している)

みんなの感想

ライターの感想

『インデペンデンス・デイ』の監督だけあって、見た目のインパクトは大!
特にクライマックスの、エンパイア・ステート・ビルのアンテナからピキピキと凍って行く映像は圧巻。
津波のシーンもすさまじい。…ので、津波見たくない~という人は要注意です。
相変わらずアメリカ色は濃かった。気象学者でありながら、仕事を放って息子を助けに行くとことか…。
ホームレスのルーサー&犬のブッダコンビも、地味に笑いを誘ってくれる、ムードメーカー。
できればほんとは、ラプソン博士に生き残ってもらいたかった…。
  • 蚊帳の外さんの感想

    違う作品ですが、「フローズン」(バカ3人がスキー場リフトに置き去りになる映画)も、極寒の世界での脅威は「他の人の意見を聞かない」事により「凍りつく」→「オオカミ」の既視感があったのを思い出した。スケールは全然違うけれど、どうやら極寒物は意外と「シチュエーションが少ない(または、被る)様だ。デイアフタートゥモローは前半を超巨大ハリケーンにしたのは関連性の描写のパートだと思うのだけど、パニック物に大災害が二つもあるのは禁忌な所。おそらく紹介資料等に使われる凍りついた世界がメインディッシュだったのが、極寒世界を想定するとやれる事が「吹雪」と「凍傷」と「オオカミ」等しか出来なかったのかも(大都会で南極と同じ事はやりにくい)。
    大迫力の台風 &冷凍シーンだけど、この監督作品は「(この自体で)右往左往する政治家」と「ハブられた主人公の活躍」のテンプレが主体で災害場面はテレビCMや予告編で見たもの+αと寂しいのが特徴。「人々のドラマの映画」だといえばそれはそいなんだけど、それにしても客側が見たい部分が少なく感じる。この監督の都市伝説としてある「政治利用としての映画作りを米政府から依頼されている」を感じざるを得ない…そんな作品。

映画の感想を投稿する

映画「デイアフタートゥモロー」の商品はこちら