「デジャヴ」のネタバレあらすじ結末

デジャヴの紹介:2006年のアメリカ映画で、監督は『トップガン』『クリムゾン・タイド』などのトニー・スコット。プロデューサーは『アルマゲドン』『パイレーツ・オブ・カリビアン』など数多くのヒット作を生み出したことでも知られるジェリー・ブラッカイマー。初めて体験することなのに、何故か記憶があるという現象「デジャヴ(既視感)」をテーマで、細部のディティールを緻密に積み上げられた物語で観る者の興味を最後まで惹きつける作品となっている。

この映画を無料で観る

予告動画

デジャヴの主な出演者

ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)、クレア・クチヴァー(ポーラ・パットン)、ポール・プライズワーラ(ヴァル・キルマー)、 アレクサンダー・デニー博士(アダム・ゴールドバーグ)、キャロル・オースタッド(ジム・カヴィーゼル)、ジャック・マクレディ(ブルース・グリーンウッド)

デジャヴのネタバレあらすじ

【起】- デジャヴのあらすじ1

ニューオリンズのミシシッピー川を渡るフェリーで爆破され、543名もの人が犠牲になるという事件が起きました。
調査にやってきた連邦捜査官のダグ・カーリンが川岸で爆弾の破片を見つけたことから、捜査主任のジャック・マクレディはこれがテロであるとマスコミに発表します。
ダグは保安官からクレアという女性の水死体の発見の報告を受けます。その死体を調べたダグは、彼女の口元にガムテープが貼られていた痕跡を発見します。
彼女の自宅を訪れたダグは、壁に「お前は彼女を救える」というメッセージや、部屋のあちこちに血痕に気づきます。彼は留守番電話のメッセージから、彼女が何者かの訪問を受けたことを知りました。さらにメッセージを続けて聞いたダグですが、そこにはダグ自身からのメッセージが録音されていました。
ダグはマクレディにクレアが爆発前に殺された事を報告し、それが事件解決の糸口になるという推理を伝えました。
その時、ダグは捜査本部の近くに相棒ラリーの車がある事に気づきます。それは事故の犠牲者の車でした。相棒のラリーも犠牲になっていたのです。
捜査に協力していたFBIのプライズワーラ捜査官は、ダグの有能さを認め、新しい捜査チームへの協力を求めます。その捜査は「白雪姫」というハイテクシステムによるものでした。人工衛星や街中の監視カメラによる情報を統合して作られたデジタル再現映像によって市内近辺の4日前からの映像を観て、手がかりを掴もうというものです。 この映画を無料で観る

【承】- デジャヴのあらすじ2

ダグがそのシステムで調べる対象に選んだのはクレアの家でした。クレアの映像を見ているうち、次第ダグは彼女へ惹かれていきます。
映像の中のクレアは誰かの視線を感じて怯えています。最初は犯人に監視されていたかと思われましたが、ダグは自分たちの視線が原因ではないかと感じ始めました。
一方、レストランで働くクレアの映像を観ているうち、何者かが彼女の携帯に電話をかけてきました。それこそが爆破犯で、彼は犯行に使う車を調達するためにクレアに接触したのです。
犯人がクレアと電話で話していた公衆電話を特定すると、監視カメラによって犯人の姿が特定します。
再びクレアの映像に戻ったダグは自分が見ている光景が過去の再現映像ではなく、現実の光景だと気づきます。このシステムがデジタル再現映像だというのは嘘で、実は過去の光景をリアルタイムで見ることができるタイムマシンの一種だったのです。
そのことを知ったダグは、システムの責任者アレクサンダー・デニー博士やスタッフを説き伏せ、過去の自分に犯行を止めるよう警告文のメモを送らせました。しかし、過去のダグはメモに気づかず部屋から出て行ってしまい、かわりに相棒のラリーが気づいてしまいました。

【転】- デジャヴのあらすじ3

仕方なくダグたちは、犯人の監視を再会します。犯人がフェリーに乗り込もうとするところにラリーがやってきて、犯人に銃を突きつけたものの、逆に撃たれて拉致されてしまいます。
そのまま犯人は車でアジトに向かい、ラリーをガソリンをかけて焼き殺してしまったのです。
監視カメラの映像から犯人キャロル・オースタッドが特定され、逮捕されました。ダグの取り調べで、オーステッドが愛国心を拗らせた狂信者であることが判明します。
自白も取れて立件が可能であると判定され、マクレディは捜査の打ち切りを決定します。しかし、このシステムを使えばクレアを助けるも可能ではないかと考えたダグは、デニー博士を説得し、システムを使って過去へと向かうのでした。
過去に到着したダグは、近くにあった救急車を強奪し、オーステッドのアジトへ向かいます。
そこでは誘拐されたクレアが殺害される寸前でした。オーステッドに撃たれながらも間一髪のところでクレアを救出したダグでしたが、オーステッドには逃げられました。

【結】- デジャヴのあらすじ4

爆破が行われるまで時間がなく、警察に説明する余裕はありません。ダグはクレアを連れて彼女の家に立ち寄り、撃たれた傷の応急処置を行います。最初はダグを疑っていたクレアですが、次第に彼の言葉に心を開いていきます。
しかし、治療の際に落ちた血痕が最初にこの部屋で見たものと同じだと気づいたダグは、歴史が変わってなく、クレアが殺される可能性が残っていることを知ります。
仕方なくダグはクレアを連れて、フェリー乗り場に向かいます。オーステッドの姿を確認したダグは、クレアに警官に助けを求めるように指示し、自らは爆破を止めるためフェリーに乗り込みます。
一度フェリーから降りたオーステッドですが、異変に気づいて再びフェリーに戻ります。その姿に気いたクレアは、自分もフェリーに飛び乗りました。しかし、オーステッドに捕まってしまい、爆弾を積んだ車のハンドルに手を縛られます。警備員に見つかったオーステッドは銃を乱射しはじめます。ダグは彼を射殺しましたが、爆弾はまだ残っています。
ダグは爆弾を詰んだ車を走らせ、川へ飛び込みます。クレアは無事に脱出しましたが、ダグが車内に取り残されたまま爆弾が川で爆発しました。
フェリーは救われたものの、すぐ近くで爆発が起きたため現場は騒然となりました。
助けられ、川岸で呆然としていたクレアですが、そこにこの時間のダグがやってきます。何も知らないこの時間のダグと一緒に車に乗り込んだクレアは、素直に再会を喜ぶのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「デジャヴ」の商品はこちら