「トゥモロー・ワールド」のネタバレあらすじ結末

トゥモロー・ワールドの紹介:2006年公開のイギリス&アメリカ映画。P・D・ジェイムズの小説『人類の子供たち』を原作とし、子供が生まれなくなった近未来を描いたサスペンスタッチの映画。

この映画を無料で観る

予告動画

トゥモロー・ワールドの主な出演者

セオ・ファロン(クライヴ・オーウェン)、ジュリアン・テイラー(ジュリアン・ムーア)、ジャスパー・パルマー(マイケル・ケイン)、ルーク(キウェテル・イジョフォー)、キー(クレア=ホープ・アシティー)、ミリアム(パム・フェリス)、シド(ピーター・マラン)

トゥモロー・ワールドのネタバレあらすじ

【起】- トゥモロー・ワールドのあらすじ1

2027年11月、ディエゴ・リカルドが18歳4ヵ月で世を去ったというニュースが流れ、世は落胆していました。ディエゴは最も若い人間だったからです。
…2008年、インフルエンザが世界中に猛威をふるい、子供の大半が亡くなりました。翌2009年には、世界中の妊婦が流産して、出生率が0%になります。原因は不明です。
それから18年後の現在。
人類は繁殖能力を完全に喪失し、各国で秩序が崩壊しています。既存の国家は次々にほろび、今ではイギリスだけがかろうじて国家の体裁を保っていました。
しかしそのイギリスも、全世界からの不法移民が押し寄せて、治安は悪化しています。 この映画を無料で観る

【承】- トゥモロー・ワールドのあらすじ2

イギリスのエネルギー省に勤務するセオは、ある日武装集団に拉致されました。その集団は反政府組織『FISH(フィッシュ)』で、リーダーはセオの元妻・ジュリアンです。
ジュリアンはセオに、通行証が欲しいと言いました。
ジュリアンとセオにはかつてディランという息子がいましたが、ディランを2008年のインフルエンザで失って以来、ジュリアンは過激組織に身を置き、セオと別れます。セオはジュリアンに未練がありました。
結局セオはジュリアンの頼みを受けて通行証を手に入れます。
ジュリアンは黒人女性・キーを移動させようとしていました。
移動途中にジュリアンは警察に銃撃され、死にます。セオはショックを受けました。

【転】- トゥモロー・ワールドのあらすじ3

しかしさらにショックを受けるできごとがありました。キーという女性は妊娠していたのです。出生率0%になって久しい世界からすると、これはとんでもない出来事でした。
世間に公表すればよいというセオをキーが止めます。不法移民のキーが妊娠していると知られると、子どもは政府に取り上げられ里子に出されると分かっていたからです。
キーは極秘裏に『ヒューマン・プロジェクト』と呼ばれる、国境のない組織に行きたいと言いました。その組織は『トゥモロー号』というとても大きな船で移動しています。
FISHのリーダーだったジュリアンが亡くなった後、後継者たちはキーの子供を政府との取引に利用しようとしました。

【結】- トゥモロー・ワールドのあらすじ4

キーに頼まれ、セオはキーと助産師・ミリアムを連れてFISHから逃げます。年上の友人・ジャスパーやその仲間・シドなどの力を借りました。
ベクスヒル入国管理局にあえて不法移民として入り込み、セオたちは海に近づきます。
妊娠8ヵ月のキーは、隠れ家でセオの助けを借り、女の子を出産しました。
銃撃戦のただなか、セオはキーと赤ん坊を連れて移動します。ボートを手に入れたセオはキーとともに、トゥモロー号が立ち寄ると言われる気象浮標(ブイ)に行きました。
時間になり、本当にトゥモロー号が海上に現れました。キーは喜びます。
しかし、セオは腹部に銃弾を受けており、すでにボートの上で息絶えていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トゥモロー・ワールド」の商品はこちら