「トモダチゲーム2テレビ版」のネタバレあらすじ結末

トモダチゲーム2の紹介:2017年4月放送の日本テレビドラマ。山口ミコト&佐藤友生の人気コミックのテレビドラマ化ならびに映画化シリーズの、テレビ版後半。劇場版は2部作になる予定。今作品では第Ⅰゲームのゲーム結果について描かれる。

予告動画

トモダチゲーム2テレビ版の主な出演者

片切友一(吉沢亮)、美笠天智(山田裕貴)、沢良宜志法(内田理央)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(根本凪)、マナブくん(天月-あまつき-・声)、水瀬マリア(上野優華)、東條レン(久保田悠来)、門倉十蔵(上松大輔)、鬼瓦百太郎(シルクロード)、柱谷千聖(財木琢磨)、紫宮京(浦上晟周)、丹羽万里(町山博彦)

トモダチゲーム2テレビ版のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①第Ⅰゲーム・コックリさんゲームは、友一の機転でなんとかクリア。友一たちは解放されるが、互いに疑心暗鬼になってしまう。最初に申込人を追及しなかった理由として、志法は友一が犯人だと思っていたと告げ、愛を告白する。 ②第Ⅱゲームの招待状が、昼間の教室に届く。運営側が学校に入れる人間であることが判明。友一たちが目覚めると昼間の屋上におり、陰口スゴロクの開催が言い渡される。

【起】- トモダチゲーム2テレビ版のあらすじ1

…静岡県立福沢高等学校の2年A組には、友一の友だちがいました。

・片切 友一(かたぎり ゆういち)…黒髪の男子。両親がいない貧乏学生。新聞配達などのバイトをして生活費を捻出し、安アパートで独り暮らしをしている。
・沢良宜 志法(さわらぎ しほ)…ロングストレートの女子。父が警察官で、正義感の強い副委員長。最初に友一に声をかけてきた人物。
・四部 誠(しべ まこと)…金髪に染めた男子。父が市議会議員の息子でお金持ち。お調子者だがムードメーカーのクラス委員長。両親は離婚しており、父親に引き取られている。
・美笠 天智(みかさ てんじ)…眼鏡をかけた男子。学年トップの天才。常にクールで冷静沈着。
・心木 ゆとり(こころぎ ゆとり)…ショートカットの女子。心やさしいアニメ好き。いじめられている。

ある日、クラス全員の修学旅行費200万円が盗まれたことがきっかけで、友一たちは『トモダチゲーム』に参加することになりました。
ゲームの進行役はマナブくんというキャラクターの着ぐるみです。2等身の、少年のような格好をしています。
第Ⅰゲームの『コックリさんゲーム』は全部で5問でした。1問でも正解すればゲームクリアです。
このコックリさんゲーム最大の特徴は、少人数の方に10円玉が動くことです。
そして、問題を出す時以外、しゃべってはいけないというルールが課されています。
1問目から3問目までは、簡単な問題ばかりが出題されましたが、クリアすることができませんでした。
友一の問題用紙には、「いいえ」を選んでわざと不正解にすることで、自分の借金が半額になるという減額ルールが書かれていました。
簡単な問題を正解できなかった理由に気づいた友一は、信頼する友だちを疑い、自分の借金を半額にしたいという誘惑に負けそうになりましたが、友だちを作るきっかけをくれた志法を救うために、「はい」を選んでゲームを終わらせようとしました。
しかし誰かが「いいえ」を選び、第4問も不正解になってしまいます…。

友一は確かに「はい」を選びました。
それでも10円玉が「いいえ」に動いたことで、誰かが「ブービーペナルティ」で、わざと志法に全部の借金を背負わせようと考えていることに気づきます。

…その頃、裏では運営側のヒゲの男・東條レンとツインテールの女子・水瀬マリアが、カメラ越しに友一たちのゲームを見ていました(『トモダチゲーム1』参照)。

【承】- トモダチゲーム2テレビ版のあらすじ2

〔第3話〕
自分が「はい」を選んだのに誰かが「いいえ」を選んだらしく、少数派の「いいえ」に流れたことで、友一は混乱します。
そして、確実に誰かが全ての負債を志法ひとりにかぶせようと目論んでいることに気付きました。ゲームオーバーの場合は、その時点で借金額が一番多かった者に、全員の借金が課されるからです。
すでに先の3人、誠、ゆとり、天智は「いいえ」を選んだことで、借金額が半額になっているはずです。
そうなるとゲームをクリアしないかぎり、最後に出題文を読み上げる志法が最も借金が多い計算になります。

友一の出題文に記されていた「10円玉が〝はい〟に行けばゲームクリア。10円玉が〝いいえ〟に行けば、出題者のみ借金が半額になる」というのは、志法の出題文には記されてないだろうと、友一は考えます。最後の出題文にそれが記されても意味がないからです。
運営側の水瀬マリアと東條レンは、こそこそと話していました。
やはり5問目は、普通の出題文のようです。

5問目の封筒を開いた沢良宜志法が、出題文を読み上げました。

第5問 私たちは、これからも友達だ

ゲームオーバーにならない方法を、友一は必死で考えます。
そして「ちょっと待て」としゃべりました。

友一がしゃべったことは、他の4人も驚きますが、運営側の2人も驚きました。しゃべると借金が倍になるペナルティがあるからです。
友一は「今日の沢良宜の下着の色、知ってるか?」と言うと、誠や天智、ゆとりらの顔色をうかがいました。教えてほしければ声に出して聞けと言います。
そして「今しゃべったら、せっかく半額にした借金が元に戻るからな」と付け足しました。暗に、みんな同じことが書かれていたのだろうということを、友一は言いたいのです。
友一はさらに、自分がいましゃべったことで借金が倍になり、現段階では最下位になったことを告げたうえで「俺のところには、ブービートラップのルール改変が書かれてあった。ゲームオーバーになった時点で、最も借金が少なかった人が全借金を背負うと書かれていた」と言います。
本当かどうか確かめる術はないので、3人は戸惑いました。
最後に友一は「なーんてな」と冗談めかして「空気を変えようとしただけだよ。お前たちを信じてる」と言います。
友一の発言のどこまでが本当で、どこからが嘘なのか分からない誠、天智、ゆとりは、ゲームをクリアさせるしか、なくなりました。

【転】- トモダチゲーム2テレビ版のあらすじ3

第5問はみんな「はい」を選びました。初めて5人全員の意見が揃い、コックリさんのキツネの置物の両手が挙がります。
ゲームはクリアし、5人は第Ⅰゲームを勝ち抜きました。
運営の2人は、友一の機転と度胸を評価します。

友一のネームプレートの借金額は、360万円になっていました。
他の3人の金額が分かれば、誰が裏切り者か分かるのですが、見るとペナルティが課されます。
第Ⅱゲームは後日連絡すると知らされ、5人はアイマスクをして車に乗せられ、帰るそうです。
靴ひもがほどけたと嘘をついて部屋に残った友一は、全員の出題文をチェックしました。
志法のは読み上げられたとおり出題文が記載されています。
ところがあとの3人のものは、「10円玉が〝はい〟に行けばゲームクリア」しか書かれていませんでした。友一は混乱します。
自分の出題文を見ると、後半の「10円玉が〝いいえ〟に行けば、出題者のみ借金が半額になる」という部分が消えかかっていました。一定時間で消えるインクを使っており、証拠が隠滅されるようになっていたのです。

5人が目覚めると、学校の近くの河川敷にいました。
その日はそのまま別れながらも、友一は内心「早く裏切り者を見つけないと」と思います。
一方で、友一は志法のことも疑い始めていました。自分たちを『トモダチゲーム』に追いやった犯人が誰かを追及しないと最初に言い始めたのは、志法だったからです。
こうして、『トモダチゲーム』によって、友一たちは互いに疑心暗鬼の芽を植え付けられました。

〔第4話〕
『トモダチゲーム』運営側は、友一らが所属するCチーム以外にも、ゲームを行なっていました。
門倉十蔵が所属するKチームは、第Ⅰゲームを第1問でクリアしました。第Ⅱゲームへの出場が決まります…。

翌日。
登校した友一は、クラスのムードが変わっていることに気付きます。友一が教室に入ると、クラスメイトがしんとしました。
さらに志法が教室に入ると、クラスの女子が志法を詰問します。
修学旅行費がなくなったことで、担任のマルヤマ先生がクビになるかもしれないのです。
クラスメイトたちは、「盗んだのは貧乏な友一で、志法は友一をかばっているのではないか」あるいは「貧乏な友一のために志法が盗み、友一に金を渡したのではないか」と思っていました。
誠が「俺は金持ちだ。もし友一が金に困っていたら、まっさきに俺に相談するだろう」と言いますが、クラスメイトは納得しません。

【結】- トモダチゲーム2テレビ版のあらすじ4

誠がクラスの修学旅行費を立て替えると言い出しました。その言葉で、クラスメイトの騒ぎは収まります。

昼休み。友一は屋上にいる志法に最前の疑問「なぜ申込者を追及しなかったのか」をぶつけます。
友一が『トモダチゲーム』を申し込んだ人物ではないかと思っていたと、志法は答えました。その疑いも、第Ⅰゲームで違うと確信したそうです。
かばいたかったからと言った志法は、「友一が好きだから」と告白しました。
2人で教室に戻ると、他の3人が血相を変えていました。机の中に第Ⅱゲームの招待状が届いていたそうです。
封筒には『Cチームの皆さんへ』と書かれており、中身は『第Ⅱゲームのご案内 今晩21時、体育館裏へ集合だよ~ マナブ』とありました。
運営側の人間が、昼間の教室に潜りこめる立場にあるということが判明したと、友一は思います。

帰宅した誠は、市会議員の父が出かけるところを見かけました。父と誠が顔を合わせるのは、2週間から1か月に1度くらいの頻度です。
誠は父に200万円を無心しましたが、父に断られました。
下校途中、ゆとりが金髪の男に慰謝料と言って金をせびられているところを、天智が目撃します。

待ち合わせ場所に30分早く到着した志法と友一は、互いの借金額を話しました。
志法の借金額は、友一が想像していた360万円ではなく、その倍の760万円だそうです。
第1問で10円玉が「いいえ」に動いた時、志法が声をあげそうになりました。
ゆとりと天智が制止してくれたのですが、実際には声が出ており、カウントされていたそうです。(注:確かに声が出ていた)
10円玉を拾った友一は、コイントスをして「10円玉は右に入っている」と言いました。信じるか信じないかは志法次第だと言います。
友一が言ったとおり、コインは右手に入っていました。「信じろよ、少なくとも俺のこと」と言い、志法は頷きます。
そこへ、残りの3人も到着しました。
友一は「これはゲームで、俺たちはチームだ」と絆を確かめ合います。

5人が目を覚ますと、夜だったはずなのに昼間になっており、知らない屋上にいました。
ネームプレートはすでにみんなの胸につけられています。
マナブくんが来ると、『第Ⅱゲーム 陰口スゴロク』と言いました。
すると屋上のタイルの色が変化し、マス目が現れます…。

(…劇場版『トモダチゲーム』の予告が入る。第Ⅱゲームで友一たちの友情が崩壊することに…。)
(劇場版『トモダチゲーム』に続く…)

みんなの感想

ライターの感想

トモダチゲームの5人メンバーのキャラクターは、ステレオタイプとはいえ、非常に判りやすい設定となっている。ここは評価。
ぶっちゃけた話、第Ⅰゲームの『コックリさんゲーム』は単純すぎるルール。
『人狼ゲーム』のようにいろんな役柄があるわけでもなく、『ライアーゲーム』のような心理戦が描かれているわけではない。
なので、劇場版の2作品に期待する。
それにしても、これ、登場人物が高校生である必要があったんだろうか。
高校生で2000万円の借金を背負っている(これが参加のきっかけだった)って、よほどの事情がないと無理だと思うので。
そこについても今後きちんと回収されることを望む!

映画の感想を投稿する

映画「トモダチゲーム2テレビ版」の商品はこちら