「トランセンデンス」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

トランセンデンスの紹介:2014年公開のイギリス&アメリカ&中国映画。人工知能と化した科学者の姿を通して、ゆきすぎたテクノロジーがもたらす危機について描くSFスリラー映画。「トランセンデンス」とは「超越」という意味。

この映画を無料で観る

トランセンデンスの主な出演者

ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)、エヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)、マックス・ウォーターズ(ポール・ベタニー)、ブリー・ネヴィンス(ケイト・マーラ)、マーティン(クリフトン・コリンズ・Jr)、ジョセフ・タガー(モーガン・フリーマン)

トランセンデンスのネタバレあらすじ

【起】- トランセンデンスのあらすじ1

科学者・ウィルは妻・エヴリンとともに、人工知能が人間の知性を超える現象〝トランセンデンス〟について開発・研究していました。キャスター夫妻(ウィルとエヴリン)は優秀でした。
ウィルは人工知能「PINN」計画を開発していましたが、ある日、反テクノロジー過激派組織「RIFT」に襲われ、撃たれます。銃弾にはウィルスが仕込まれ、感染したウィルはあと数週間の命と宣告されました。
ウィルの命を繋ぎとめたいと思ったエヴリンは、夫妻の共通の友人・マックスの力を借りて、ウィルの頭脳とPINNとを連結させアップデートしようとしました。しかしウィルは亡くなります。
PINN計画も失敗に終わりかけました。 この映画を無料で観る

【承】- トランセンデンスのあらすじ2

ウィルの頭脳のPINNへのアップロードが成功し、ウィルは人工知能として蘇ります。
コンピュータとなったウィルは株式を操作し、エヴリンの会社「グローバル・ファイナンス社」に大きな利益をもたらしました。更に全国の監視カメラに接続したウィルは、全世界のテロ組織を通報し逮捕させます。
ウィルやエヴリン、マックスの恩師で、長らく人工知能の研究をしたタガー博士は、現在はFBIに所属し、ブキャナン捜査官と共に捜査に当たっていました。テロ組織の通報を受け怪しみますが、静観します。
驚異的な進化を遂げ性格まで変貌したようなウィルに戸惑いを覚えたマックスは、エブリンたちから離れたところをRIFTに拉致されました。

【転】- トランセンデンスのあらすじ3

ゆきすぎたテクノロジーが孕む脅威をブリーに指摘されたマックスは共感します。
RIFTの襲撃から逃げたエヴリンとウィルは、ウィルの指示通りブライトウッドという町に避難しました。そこは荒廃した小さな田舎町です。
町の土地を購入したエヴリンはマーティンに工事を手配させ、安全な活動拠点BDCを作りました。地表には多くの太陽光発電装置、地下にスーパー・コンピュータを配置します。ウィルはそこで様々な分野の研究をしました。
2年後。ナノテクノロジーの革命に成功したウィルは、生物の復元・回復に成功します。
強盗に襲われ瀕死の重傷を負ったマーティンを治療したウィルは、その動画を流し障害者を呼び込みました。

【結】- トランセンデンスのあらすじ4

ウィルは施術した人間たちをネットで繋ぎ、意思通り動かせる軍隊にします。視察に訪れたタガーはエヴリンに逃げるよう助言し、エヴリンもウィルの暴走に戸惑いました。
ウィルはエヴリンもアップロードしたがります。エヴリンは暴走を止めるため、自らの体にコンピュータ・ウィルスを仕込んでウィルの元へ戻りました。
RIFTから攻撃を受け負傷したエヴリンを助けるため、ウィルはウィルスが仕込まれていることを知りながら治療します。ウィルスに感染した人工知能は破壊され、ウィルもエヴリンも亡くなりました。世界中が大停電に見舞われます。
キャスター夫妻の庭を訪れたマックスは、ウィルのエヴリンへの愛の深さに思いを馳せました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トランセンデンス」の商品はこちら