「トレーニングデイ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

トレーニングデイの紹介: 2001年にアメリカで製作されたサスペンス映画。犯罪が多発するロサンゼルスの実体が本物のストリートギャングの協力によってリアルに描かれている。監督のアントワーン・フークアはミュージックビデオ出身で、本作は長編映画の第三作目に当たる。主演のデンゼル・ワシントンは知的で善良な役が多いことでも知られているが、本作では徹底して非道な悪徳警官を演じたことで、アカデミー主演男優賞およびロサンゼルス映画批評家協会賞男優賞を受賞した。新人刑事役のイーサン・ホークもアカデミー主演男優賞にノミネートされたが、こちらは惜しくも受賞を逃している。

この映画を無料で観る

予告動画

トレーニングデイの主な出演者

アロンゾ・ハリス(デンゼル・ワシントン)、ジェイク・ホイト(イーサン・ホーク)、ロジャー(スコット・グレン)、スタン(トム・ベレンジャー)、サラ(エヴァ・メンデス)

トレーニングデイのネタバレあらすじ

【起】- トレーニングデイのあらすじ1

ロサンゼルス市警の真面目で正義感のある警察官ジェイクは、交通課から麻薬取締課に移動となりました。妻子のために出世を望む彼でしたが、初日からさっそく先輩刑事のアロンゾに現場に呼び出されます。
麻薬捜査のベテランであり、いくつもの事件を解決してきたアロンゾに尊敬の目を向けるジェイクですが、アロンゾは「今日はお前のトレーニングデイだ! ついて来れるか?」と不敵な笑みを浮かべ、さっそく子飼いのタレコミ屋を使っておとり捜査を行います。
アロンゾは押収した薬物をジェイクに勧め、「麻薬捜査の現場で麻薬を吸わなかったら命にかかわるぞ!」と言って強引に吸わせるのでした。
さらにアロンゾは麻薬の影響の残るジェイクを連れ、元麻薬の売人であるロジャーの家を訪れます。ロジャーはアロンゾと親しげに話ながら、ジェイクに酒を飲ませるのでした。
アロンゾの運転する車で移動していたジェイクは、路地裏で女学生のレティーがレイプされかけているのを見つけ、車を停めさせて助けに行きます。
相手は二人組でしたがジェイクは辛くも彼らを倒し、手錠を填めました。彼らを逮捕するためレティーから調書を取ろうとするジェイクでしたが、手間を嫌ったアロンゾは彼女を帰らせてしまいます。代わりに捕まった男たちを痛めつけて持っていた麻薬を取り上げて放置し、どうせあの連中は始末されると嘯くのでした。
釈然としないジェイクでしたが、レティーが落とした生徒手帳を拾い、自分のポケットに収めるのでした。 この映画を無料で観る

【承】- トレーニングデイのあらすじ2

アロンゾはジェイクを連れ、礼状無しの違法捜査で強引に被疑者の家に乗り込みます。ジェイクは不審に思いながらも彼に従うしかありませんでした。しかし令状を持ってないことが知られ、銃撃戦となってしまい、二人はなんとか車で逃げ出しました。
次にアロンゾが向かったのは貧困層の黒人が多く住む地域でした。ジェイクもそこが危険な地区だと知っています。アロンゾはそこで顔役として幅を利かせているようでした。しかし、住人たちは陰でアロンゾへの不満を口にしています。
アロンゾが訪れたのは、その地区にある愛人の家でした。そこで彼が愛人と会っている間、アロンゾの息子と居間に取り残されたジェイクは、いつの間にか眠ってしまいます。
目が覚めたジェイクは、再びアロンゾに連れられてロサンゼルスのお偉方が集まるというレストランに向かいます。
アロンゾはジェイクを離れた席に座らせてから、会食をしている検事と警察幹部のテーブルに着きます。彼らは汚職グループの一員で、アロンゾがロシア人とトラブルを起こしていることを指摘します。しかしアロンゾは余裕の姿勢を崩しませんでした。

【転】- トレーニングデイのあらすじ3

レストランを出たアロンゾはジェイクを伴って賄賂により捜索令状を入手し、仲間の悪徳警官を集めてロジャーの家に向かいます。彼の目的はロジャーが地下に溜め込んでいた多額の現金でした。それを入手したアロンゾはジェイクを仲間に引き入れようとします。
しかしジェイクは不正な金を受けとろうとしません。アロンゾは口封じのためロジャーを射殺してしまいます。さすがに激昂するジェイクでしたが、アロンゾはジェイクの銃を使っていました。さらに麻薬や酒を摂取しているジェイクの証言は誰も信じないと指摘します。自分がはめられたと気づくジェイクですが、それでもまだアロンゾから金を受けとるのは拒否するのでした。
アロンゾは情報提供者への見返り用だといい荷物を運ぶのをジェイクに手伝わせます。しかし、そこはギャンググループの家でした。アロンゾがトイレに行くといって消えた後、ジェイクはギャングたちに誘われてポーカーを始めます。そこでジェイクは、アロンゾがロシア人とのトラブルを解決するため金を必要としていることを聞かされます。
さらにギャングたちは動揺したジェイクを襲い、命を奪おうとします。これもアロンゾの罠で、ギャングたちはジェイクの始末を頼まれていたのです。
殺されかけたジェイクですが、ギャングの一人が彼のポケットに入っていたレティーの手帳に気づきます。彼女はギャングの従姉妹でした。身内を助けられた恩でジェイクは見逃され、ギャングの家を後にするのでした。

【結】- トレーニングデイのあらすじ4

怒りのジェイクはアロンゾの愛人の家に向かいます。家の前にいた黒人たちも、ジェイクを止めようとしません。
ジェイクはロシア人に渡す金を数えていたアロンゾに銃を突きつけ、証拠として押収しようとします。しかし、一瞬の隙を突かれて反撃され、銃撃戦になってしまいます。ジェイクがアロンゾの愛人と息子に気を取られている間、アロンゾは二階の窓から外に逃走します。
追いかけたジェイクですが、ベランダで待ちかまえていたアロンゾと格闘になり、一方的に叩きのめされてしまいました。
ロシア人に金を渡すため、大急ぎで車を出そうとするアロンゾですが、執念のジェイクはベランダから車に飛びついてきました。アロンゾはそれを振り払おうとするうち、車が衝突し、脳震盪を起こしてしまいます。
ジェイクはアロンゾから金を取り上げ、銃を突きつけます。物音を聞きつけ、近所の住人たちが集まってきました。アロンゾは彼らに助けを求めますが、彼の日頃の横柄な態度に腹を立てていた住人たちは、誰も味方をしようとしません。それどころかアロンゾに銃をつきつけ、ジェイクが無事に立ち去るよう助ける始末でした。アロンゾは彼らをひたすら罵倒しますが、既にその言葉に耳を貸す者は誰もいませんでした。
金を失い、街から逃げ出そうと一人で車を走らせていたアロンゾは、とつぜん数台の車にまわりを塞がれ、出てきた男たちの銃撃で蜂の巣となってしまいます。
自宅に戻ったジェイクは、アロンゾの死体が発見されたのニュースを聞くのでした。

みんなの感想

    ジョナサンさんの感想

    きのうテレビでやってたのをたまたま見て怖いながらもひきこまれてしまって。。。実話ベースなんですよね?デンゼルがペリカン文書とは大違いでほんとに怖かった。。。あらすじ丁寧にありがとうございます。

映画の感想を投稿する

映画「トレーニングデイ」の商品はこちら