「ドッペルゲンガー凍てつく分身」のネタバレあらすじ結末

ドッペルゲンガー 凍てつく分身の紹介:2014年公開のドイツ映画。他の人には見えない男の姿が見える中年の男性の姿を描いている。ユルゲン・フォーゲル主演で贈るスリラー作品。

予告動画

ドッペルゲンガー凍てつく分身の主な出演者

エリック・ケプラー&ツィレ(ユルゲン・フォーゲル)、ヘンリー(モーリッツ・ブライプトロイ)、ユリア・ウェーバー(ペトラ・シュミット=シャラー)、カイテル(ゲオルク・フリードリヒ)、ヴォルフガンク・ウェーバー(ライナー・ボック)、ガスパー(マルク・ツァク)

ドッペルゲンガー凍てつく分身のネタバレあらすじ

【起】- ドッペルゲンガー凍てつく分身のあらすじ1

とある田舎町で、エリックは恋人のユリアの家に向かうため、バイクを飛ばしています。警官のウェーバーに停められて、違反切符を切られます。
エリックはバイクの修理屋として働いています。ある日、数台のキャンピングカーが店の前を通り過ぎていきます。
一台の車が停まって、バックしてきます。店の横に来た後、また再び発進します。なぜか車の上には人が乗っていました。キャンピングカーに乗った一行は、エリックの店の近くで生活をし始めます。
エリックはユリアの娘のリンダを迎えに行きます。幼い彼女を乗せて、バイクを押して帰ります。その途中、遠くから人影が見えて、エリックは不思議に思います。
ユリアの父はウェーバーでした。ウェーバーはエリックが娘の恋人と知って、厳しい顔をしています。
リンダがバイクで帰ってきたと言うと、エリックは押して帰ってきたと、ウェーバーに説明します。フランクに会話をして、何とか乗り切ります。
ユリアは来週末にノルディック・ウォーク大会があるから、エリックに参加して欲しいと頼みます。ウェーバーも参加し、ストックを使って森の中を10キロ歩く大会です。
エリックが窓の外を見つめてると、フードを被った男が見つめていました。追いかけて行くと、その男は店の中に入っていきます。店の店主に聞きますが、男は来てないと言われてしまいます。
エリックはバイクに乗って店に帰ります。そこへ公園でリンダを助けてくれて、キャンピングカーに乗ってきた男・ガスパーと、フードを被った男がやってきます。
ガスパーはエリックに、監視されている気持ちが分かると話します。また、借りを返すために、カイテルを殺す手伝いをするように要求してきます。
エリックはフードを被った男がガスパーを工具で殴る姿を想像します。ガスパーは自分に何かあれば、カイテルに居場所がバレるぞと脅します。
ガスパーにフードを被った男は見えていませんでした。また、近くで遊んでいる子供に聞いても、彼は見えません。

【承】- ドッペルゲンガー凍てつく分身のあらすじ2

自分が病気なのかもしれないと、エリックは病院に行きます。フードを被った男が、入院させられるぞと脅してくるので、エリックは処置を拒みます。すると医師から、能力のある女性を紹介してもらいます。
フードを被った男は、自分がヘンリーだと名乗ります。そしてエリックを助けたいのだと言い出します。しかし、エリックは相手にしません。
エリックは能力のある女性に診てもらいます。針を首に刺されて、集中するようにと言われます。
そしてヘンリーのことを聞かれて、彼女の指示通りに、エリックは彼に命令をしていきます。ヘンリーはこの女の好きにさせるのかと怒り出し、エリックは針を抜いて終わりにします。
エリックは自分の状況をユリアに話すことができませんでした。横でヘンリーが喋ってくるのに苛立ち、ついきつい口調で言い返します。ユリアは自分に言われたのだと思って帰ります。
再びガスパーがやってきて、ヘンリーは自分の言う通りにすれば、ユリアと会えると助言します。ガスパーがカイテルのことを話し始め、エリックは指示をするなとヘンリーに言い返します。
ガスパーは自分に言ったのだと考え、カイテルの部下・ハイゼンにツィレが生きていると伝えます。
ガスパーはカイテルの部下に、ツィレことエリックの居場所と恋人の情報を書いたメモで取引をします。
自分を殺すリストから外すことを条件に、メモの交換をガスパーは提示します。しかし、カイテルは取引に応じないと部下に伝えておきます。部下はガスパーを痛めつけようとしますが、扉が開いて恐怖します。
エリックはユリアに事情を説明して和解します。しかし、ヘンリーが彼女を襲っている幻覚を見ます。
また、リンダを殺される悪夢も見て目を覚まします。なぜかエリックの手の甲には歯が刺さっていました。
ウェーバーがやってきて、エリックの過去を聞いてきます。エリックはこっちに来てから、違反切符を2年で16回も切られています。
都会にいた頃はまったくの0でした。ウェイバーはそれを調べていて、怪しんでいます。
エリックは妊娠中の妻を火事で亡くし、新しい生活をしにここに来ました。過去の話しは辛いため、別の話しにして欲しいと提案します。

【転】- ドッペルゲンガー凍てつく分身のあらすじ3

ガスパーと仲間たちがやってきて、エリックはカイテルの部下の死体を見せられます。ガスパーは計画に協力するように言ってきますが、エリックはツィレではないと言い返します。
ガスパーは来なければ、ユリアたちがどうなるかと脅してきて去ります。エリックはユリアから、自分が夜中に起き上がることを聞きます。
そしてユリアとウェーバーに避難するように指示して、能力のある女性の元に行きます。
エリックは診察してもらうことにします。針を何本も打たれ、拘束された状態で目を覚まします。するとエリックではなく、ヘンリーとなっていました。
しばらくしてエリックは元に戻って起き上がります。近くにいた老人が、首の後ろに針を打ったと説明します。それを抜けば、本来の姿に戻ると知らせてきます。
エリックはヘンリーの忠告を無視して、ユリアたちを守るためにも、ガスパーに指定されたカイテルのクラブへとやってきます。カイテルらは監視カメラでエリックに気づきます。
男たちがドアを閉め始め、エリックはヘンリーから外に出た方が良いと言われます。向かった先はトイレで鍵が閉まってしまいます。
ユリアたちはカイテルの部下に連れてこられていました。カイテルは、ユリアにツィレを愛してるか聞きます。
頷く彼女を見て、カイテルは女性を物としか思わない奴なのにと言います。そしてユリアに、ウクライナの売春宿で一日50人の男の相手をするんだと言います。
カイテルはツィレが罠をはっていると考えて、一人の部下にボコボコにするように指示します。エリックは何も出来ず、その部下に暴行を加えられていきます。
エリックはヘンリーに、ユリアたちを助けることを頼みます。代わりにヘンリーは、自分の人生が偽物だと認めるように要求します。
エリックはユリアたちを助けることを約束させ、人生が偽物だということを認めて首の針を抜きます。自分が誰なのか問いかけます。

【結】- ドッペルゲンガー凍てつく分身のあらすじ4

実はヘンリーは、エリックの実の弟でした。エリックは仕事でトラブルを起こし、弟がいると知れたら、ヘンリーが危ないと考えます。
ヘンリーと、彼の妻で妊娠中のカーリンに、島へ逃げようと提案します。するとカイテルの部下が押し入ってきて、カーリンが銃殺されます。
火炎瓶を投げ入れられ、家には火が燃え移ります。そしてヘンリーは首を切られて殺され、エリックは逃亡しました。
思い出したエリックは立ち上がり、カイテルの部下をボコボコにします。外ではカイテルの部下が15人以上待ち伏せていました。
カイテルの部下のダイスラーはガスパーの仲間でもありました。ガスパーらはその15人以上の中に潜り込んでいます。
カイテルはダイスラーがグルだと気づいて撃ち殺します。そしてハイゼンに知らせに行かせます。
エリックはボコボコにしたカイテルの部下を盾にして突き進みます。ガスパーらがカイテルの部下を殺していきます。
エリックとガスパーは、ユリアを人質にしているカイテルの部屋へとやってきます。エリックはユリアらを差し出し、元のヤクを売買する生活に戻りたいと話します。
カイテルは演技だと思って話し返します。エリックは護衛を撃ち殺し、ガスパーがハイゼンを撃ち殺します。
カイテルはエリックの腹を撃ち、エリックはカイテルに向かって銃弾を連続で撃ち続けます。
ガスパーがエリックを撃とうとしてきて、ウーイバーが落ちてた銃を拾って助けます。
エリックは腹を抑えながら、ウーイバー、ユリア、リンダを出口まで護衛します。到着して、エリックは扉の前で座り込みます。
ユリアが助けようとしますが、扉は閉まってしまいます。ヘンリー(幻覚)がやってきて、エリックに火をつけた煙草を渡してきます。
父が言っていた言葉を語り合いながら、エリックは動かなくなっていきます。
ユリアが助け出してくれて、バイクに乗って運びだしてくれる夢を見て、エリックは最後に微笑みます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、全体を通してゆっくりとしていますが、アクション場面ではスピード感があります。その強弱が迫力と面白さを与えてきます。
エリックが本来の姿を取り戻してからの強さや口調が、ワイルドで格好良いです。彼を演じるユルゲン・フォーゲルの演技が冴え渡っています。
本来の姿に戻る前に、妻を火事で亡くしたと語る場面の演技も凄いです。善人と悪人を両方演じるユルゲン・フォーゲルの凄さを見れる作品になっています。
濃厚なストーリーも見所で、ヘンリーの正体やエリックの過去など良く考えられています。エリックとユリアの仲の良い様子や、リンダと遊ぶ微笑ましい姿も見れて、癒される映画でもあります。
また、今作は田舎の風景が美しくも映し出されています。その中をバイクで走っているエリックの姿が印象的でした。

映画の感想を投稿する

映画「ドッペルゲンガー凍てつく分身」の商品はこちら