「ドラゴンタトゥーの女」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ドラゴン・タトゥーの女の紹介:2011年製作のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。スティーグ・ラーソンの推理小説「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」の実写映画化。日本公開は2012年。

予告動画

ドラゴンタトゥーの女の主な出演者

ミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)、リスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)、ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)、マルティン・ヴァンゲル (ステラン・スカルスガルド)、ディルク・フルーデ(スティーヴン・バーコフ)、エリカ・ベルジェ(ロビン・ライト)、ニルス・ビュルマン(ヨリック・ヴァン・ヴァーヘニンゲン)、アニタ・ヴァンゲル(ジョエリー・リチャードソン)

ドラゴンタトゥーの女のネタバレあらすじ

【起】- ドラゴンタトゥーの女のあらすじ1

記者のミカエル・ブロムクヴィストは、実業家ヴェンネルストレムの不正を暴いた記事を掲載したところ、名誉毀損で訴えられ敗訴してしまいます。そんなミカエルのもとに、スウェーデン有数の財閥ヴァンゲル・グループのヘンリックから依頼が舞い込みます。
彼の孫娘のハリエットは、40年前に一族が住む島から突然消え、ヘンリックは一族の誰かが彼女を殺害したと信じていました。ヴァンゲル・グループはヴェンネルストレムの敵会社で、事件が解決できたら彼の弱みを報酬として提供すると約束し、ミカエルは依頼を受けます。一族からの証言とハリエットの手帳に残された謎のメモをもとに、調査を開始します。
あるとき、ミカエルは一族の弁護士から優秀な調査員を紹介されます。23歳のリスベット・サランデルは、ヘンリックがミカエルに仕事を依頼する際に、彼の身辺調査を行っていました。彼女は精神的に不安定な部分があるとして、後見人を付けられています。

【承】- ドラゴンタトゥーの女のあらすじ2

リズベットと調査を進めていくうちに、ミカエルはハリエットの手帳に書かれた数字と名前が旧約聖書の引用であることに気付きます。
一方リズベットは、旧約聖書の引用と40年前にロシアの国境付近で起きた婦女連続猟奇殺人事件の関連性を見つけます。殺害された女性たちの勤務先は、ハリエットの父親・ゴットフリートが経営する会社でした。しかしゴットフリートはハリエットが失踪する前に死んでおり、それ以降にも同様の事件が起きていました。
ミカエルは40年前に撮影されたハリエットの写真から真犯人を突き止め、単身で犯人の家に乗り込んでいきます。書庫で調べ物をしているリズベットは、1967年の事件の犯人がゴットフリートの息子マルティンだと解明し、ミカエルの元へ向かいます。

【転】- ドラゴンタトゥーの女のあらすじ3

40年前の猟奇殺人事件の犯人はゴットフリートとマルティンでした。マルティンは女を殺すことで性的興奮を得る異常者で、自宅の地下室で何人もの死体を処理していました。
マルティンに捕えられたミカエルは、妹のハリエット殺しの真実を尋ねたところ、彼は激しく動揺します。ハリエットを殺したのは自分ではないと主張し、マルティンもハリエット失踪の真実を知りたがっていました。
そこにリスベットが到着し、車で逃走を図ったマルティンを追いかけます。ハンドル操作を誤ったマルティンは車を横転させ炎上し、彼は死亡します。
後日、ミカエルはロンドンで暮らす一族の女性アニタ・ヴァンケルに会いに行きます。彼女こそがハリエット本人で、40年間偽名を使って生活していました。彼女はゴットフリートから日常的にレイプされ、父を殺害したあとは兄のマルティンから同じ目に遭わされていました。
ハリエットはヘンリックのもとへ帰り、依頼は完了します。

【結】- ドラゴンタトゥーの女のあらすじ4

ミカエルはヘンリックからヴェンネルストレムの不正の情報を得るも、すでに時効で無意味となったものでした。みかねたリズベットは、ヴェンネルストレムのマフィアとの癒着の証拠を調べ上げます。
さらに変装してスイスへと出向き、彼の口座から20億円を下ろして架空の複数の口座に振り込みます。リズベットによる偽装工作を突き止められたヴェンネルストレムは、結果マフィアに射殺されます。
騒動が終わったあと、リズベットは初めての大切な友人であるミカエル宛にクリスマスプレゼントを購入します。しかし、ミカエルが長年の恋仲である編集長のエリカと歩いているところを目撃し、プレゼントをゴミ箱に捨ててバイクで去って行く場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ドラゴンタトゥーの女」の商品はこちら