「ドラマ銭形警部」のネタバレあらすじ結末

ドラマ銭形警部の紹介:2017年放送の日本テレビドラマ。日テレ×WOWOW×Hulu共同制作ドラマの第1弾、金曜ロードSHOW!で2月10日21時から放送された作品。ルパンを追っていない時の銭形警部の活躍を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ドラマ銭形警部の主な出演者

銭形幸一(鈴木亮平)、桜庭夏希(前田敦子)、国木田晋太郎(三浦貴大)、城ヶ崎等(渡辺いっけい)、設楽浩(袴田吉彦)、阿部貴浩(渡部篤郎)、渕上丈三郎(山寺宏一)、小津勇一(上川隆也)

ドラマ銭形警部のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ルパン三世による上野タワービル爆破予告が入り警視庁が警戒、予告時刻に花火があがり近くの美術館から名画が盗まれた。逃走時に警備員が殺されたことから銭形警部はルパンを騙る者の犯行と断言し、捜査して警備員の三田村を逮捕。 ②Mr.クエスチョンが警察相手の知恵比べを挑んでくる。爆弾を作ったのは渕上だが、それを裏で操っていたのは実業家の小津で、株で儲けた金で事業の失敗を補填するのが真の目的。銭形警部は小津を逮捕した。

【起】- ドラマ銭形警部のあらすじ1

銭形幸一警部は、警視庁国際捜査課の刑事です。ルパン三世逮捕に命を賭ける、警視庁でも名物刑事でした。頑固でまっすぐで、決して悪を許さないその姿勢は一貫しています。
「とっつあん」こと銭形警部がルパン三世を追いかけていない時、何をしているかはあまり知られていません。どうやらいろんな事件をズバ~っと解決しているそうです。
これは、ルパン三世永遠のライバル、愛すべき銭形警部の物語です…。

…2017年、2月21日。
20時に警視庁へ爆破の予告メールが届きました。
『今夜0時 上野タワービルを 爆破する』という内容のものです。
警察は高層ビルの上野タワービルを取り囲み、各階に不審物がないか総動員でチェックしました。マスコミも爆破予告について報道します。
警視庁捜査一課に所属する若い女性刑事・桜庭夏希と、同じく若い男性刑事・国木田晋太郎も駆り出され、不審物の捜索をしていました。若いながら優秀な夏希に比べ、先輩格にあたる国木田はあまり役に立たず、そのせいか後輩の夏希に何かと尻に敷かれます。
不審物が見つからないまま午前0時を迎えました。と同時に、上野タワービルの上空に盛大な花火があがります。
上野タワービルのすぐ近くにある東京帝國美術館では、爆破騒動を聞いた館長が、物騒だから早く帰るようにと警備員に指示していました。手薄になった美術館で、館長はじめ数人の警備員が花火の音を聞きつけて、思わず外に見に行きます。
その間に美術館に侵入者があり、2階展示室のマルセル・ガリマールの絵画『ジャスミン夫人の肖像』が盗まれました。
すぐに気づいた警備員・服部孝史が見に行って犯人と遭遇し、殺されます。盗まれた絵画のところには「お宝はいただいた ルパン三世」というカードが置かれており、ルパンの仕業と目されました。
今回ルパンは上野タワービルの爆破予告をすることにより、すぐ近くにある美術館の警備を手薄にしました。そのうえで暗証コードを入手して内部へ侵入、午前0時の花火によって警備員の目をそらしてセキュリティを切断し、時価15億円相当のガリマールの絵を盗んだとみられます。
逃亡中に警備員の服部と鉢合わせて争いになり、ルパンは殺害しました。
監視カメラが断片的ではあるものの、ルパンの動きを記録しています。絵画を持ち去る人影や、美術館から立ち去る車も撮影していました。
警視庁捜査一課管理官の城ヶ崎等は「なんとしても捕らえなければならない、この卑劣きわまりない犯人、ルパン三世を」と捜査本部で息巻きますが、「これはルパンの犯行ではありませんな」と言いながら捜査本部に乗り込んできた者がいました。銭形警部です。

銭形警部の主張は「ルパンは盗っ人ではありますが、決して無意味な殺人など犯しません」という一点張りでした。花火など派手な仕掛けはルパンらしいと指摘しながらも「らしい」というだけで、殺人という一点でルパンではないと断言します。
いつもルパンに逃げられていることを知る管理官・城ヶ崎や、捜査一課の設楽浩が嫌味を言いますが、銭形警部には嫌味として通用しませんでした。
「ルパンの名を騙る悪党のにおいがぷんぷんする」と言った銭形警部は、独自に調査を開始しました。城ヶ崎は国際捜査課の銭形警部に2人の部下・夏希と国木田をつけます。
2人もつけたのには理由があります。国木田は戦力にならないので抜けても支障がなく、優秀な夏希には銭形警部の行動を逐一報告するように指示していました。
国木田は、ルパン専任担当の銭形警部の助手として働けることに感激しますが、夏希は銭形警部のことを冷ややかに見ており、指示されたとおり定期的に城ヶ崎管理官に報告を入れます。
銭形警部は報告書に目を通したうえで「自分の目で確認する」と言い出し、事件現場に足を運びました。館内の現場検証をひたすら行ない、職員に聞き込みし、監視カメラ映像をチェックします。
すでに捜査しつくされた現場には新たに得られるものはない、と主張する夏希ですが、銭形警部は現場にこだわります。
絵画は125cm×90cmのかなり大きなものでした。監視カメラでチェックしたのち、銭形警部は同じサイズの絵を持たせ、国木田に2階展示室から裏口まで何度も走らせます。
すると、何度試しても7分以上かかることが判明しました。監視カメラ映像では、絵画を盗む犯行から車を出すまでおよそ5分です。
国木田は絵を持ってただ走るだけで7分かかっていますが、実際の犯人は途中、警備員と格闘して殺しています。そこで銭形警部は、大きな絵は盗み出されておらず、美術館をよく知る内部の者の犯行と見抜きました。
そして夜間定期巡回の時に、こっそり館内見取り図の下に隠した絵を回収しに現れた警備員の三田村英一を逮捕します。 この映画を無料で観る

【承】- ドラマ銭形警部のあらすじ2

三田村がギャンブル好きで借金を作っていたことを職員への聞きこみで知った銭形警部は、警備員・服部と鉢合わせしたのが予想外なので急遽計画を変更して館内に隠したことも見抜いていました。鉢合わせた服部を足払いで階段から落とした手際などから柔道経験者と見抜き、三田村に容疑を絞って見張っていたのです。
三田村を確保しようとした国木田は、柔道の技で倒されますが、銭形警部が捕まえました。
三田村は強盗殺人容疑で逮捕されました。

翌日。
事件は解決し、ルパンではないと見抜いた銭形警部は、マスコミから賛辞を送られます。
銭形警部はマスコミのインタビューに対して「日本の警察は優秀だ」とアピールしました。
事件解決のお祝いに、銭形警部は夏希、国木田を呑みに誘います。夏希は「どうしてルパンじゃない犯人を捕まえるのに必死だったのか」と質問します。
銭形警部は「人を殺めた人物は、ルパンであろうとなかろうと見逃せない」と答えました。
犯人の三田村に格闘で負けた国木田が落ち込み、銭形警部は励ましました。

翌日。
朝一番に、警視庁捜査一課宛の荷物が届きます。箱を開けると、中には腹話術用の眼鏡をかけた人形が入っています。
同封の封筒の中にはカードがあり『優秀な警察の皆様へ(笑) これよりあなた方を 素敵なクイズショウに ご招待しまーす Mr.クエスチョン』と書かれていました。
その直後、捜査一課宛にボイスチェンジャーで声を変えた電話がかかります。Mr.クエスチョンからです。
Mr.クエスチョンは昨日の銭形警部のマスコミインタビューで「日本警察が優秀」と言っていたことに触れ、「警察との知恵比べをしたい」と言いました。
これから電話でクイズを出すと告げます。
「第一問 そこに物を置くとすぐに盗まれてしまう方角は? 分かったら、そっち向いてね」
ダジャレで、東南(盗難)だと国木田が指摘してその方角を見ると、遠くのビルが爆発しました。建設中の日比谷スクエアというビルです。
工事は休みの日で、負傷者はありませんでした。城ヶ崎管理官は人形を鑑識に回し、現場に捜査班と爆発物処理班を派遣します。
銭形警部、国木田、夏希も出動しました。
再びMr.クエスチョンから電話がありました。要求は何かと城ヶ崎管理官が聞きますが、Mr.クエスチョンは「警察がどれだけ無能なのか思い知らせたい」と答えると、次の問題を出します。
「第二問 英語で犬はドッグ、ウサギはラビット、トラはタイガー。では、カッパは?」
制限時間は30分で、それを過ぎれば爆発するそうです。答えが分かれば、爆弾を仕掛けたビルが分かる仕組みになっていました。
動物の河童ばかり考えますが、該当する英語が思いつきません。
第一問のようになぞなぞだと考えれば「雨が降った時に着用する合羽ではないか」と夏希が指摘し、レインコートという答えが出ました。
品川コートタワーに、黄色いレインコートを着用した警備保障会社の広告が出ていることから、そのビルは通称・レインコートビルと呼ばれています。
銭形警部たちは品川コートタワーへ急行しました。

品川コートタワーの1階に、人形がありました。携帯電話が置かれています。
その電話を取った銭形警部に対し、Mr.クエスチョンは「爆発は銭形警部が普段行かない方のトイレにある」と言いました。女子トイレです。

【転】- ドラマ銭形警部のあらすじ3

ビル内の避難を呼び掛けに夏希が1階防災センターに行き、銭形警部と国木田の男2人が女子トイレに入って不審物を探しました。変態扱いされます。
アナウンスで避難の呼びかけが始まりました。
その頃警視庁では、人形に猫の毛が付着していたことと、日比谷スクエアに作業服の人物が監視カメラに映っていた報告があがります。
作業服の人物は男で身長175~180cmで、爆発物はC4プラスチック爆弾でした。過去の検挙者から洗い出し作業が始まります。
銭形警部は22階の女子トイレの個室に爆弾を見つけました。解除キーを書いたカードが横に置かれており「5963(ご苦労さん)」でした。爆弾に付属したテンキーボードに入力すると爆発は防げました。
ところが別の階で爆発音がします。24階の女子トイレで爆発が起きました。
Mr.クエスチョンから電話がかかり「爆弾は1つとは言っていない」と告げます。
次のクイズでは爆弾は1つだと言い、制限時間は45分と告げたMr.クエスチョンは、問題を出題しました。
「第三問 ご飯をいっぱい食べる街で、次のものを見ることができる場所は? そこに爆弾があります」
電話の後メールで「次のもの」が示されました。
「やしとぎ はくしとちょう ことしぐま きしとりとん ヒント:老人になったらわかるよ!」
ご飯をいっぱい食べる場所ということで、警視庁のメンバーは大森(大盛り)を挙げます。
「老人になったら分かる」=「トシを取る」=「リストのなかの『と』と『し』を抜く」
「やぎ はくちょう こぐま きりん」となりました。
ただのクマではなく「こぐま」であることに着目した国木田が、これは星座だと言います。星座が見える場所としてプラネタリウムを連想し、銭形警部たちは大森国際プラネタリウムに行きました。
警視庁は先に大森国際プラネタリウムに連絡を入れ、避難をさせます。その日は一般の観客以外に、社会科見学に来ている小学生の集団もいました。

現場へ移動中、夏希が城ヶ崎に電話して、犯人は渕上という男ではないかと言います。
それは3年前に夏希が関わった時の犯人でした。南新宿で起きた飲食店爆破未遂事件の爆弾の形状が、ちょうど品川コートタワーに仕掛けられたものと同じものでした。銭形警部が解除した爆弾を見て、夏希が言います。
その容疑者・渕上丈三郎は52歳、身長176cmでC4プラスチック爆弾を扱っており、しかも半年前に出所していました。容疑者として警視庁は渕上の行方を探します。

その渕上は大田区平和島である人物(後述)と組み、爆弾を作っていました。自分の作った爆弾が爆発して騒ぎが起きていることに興奮し、喜びます。渕上は黒猫を飼っていました。警視庁に届いた人形に付着した猫の毛は黒猫のものです。
最後の爆弾を受け取ったある人物は、渕上の爆弾を使って倉庫を爆破しました。渕上は死亡します。
平和島の倉庫爆破の知らせが警視庁に入りました。城ヶ崎は鑑識を回します。

銭形警部らが大森国際プラネタリウムに着くと、爆弾は見つかっていました。Mr.クエスチョンから電話が入ります。解除コードは、ラストの問題で分かると言います。
「ラスト問題 丸くて三角で四角で、赤くて緑で黄色い果物ってなーんだ」
それを解いた銭形警部は落胆しました。「存在しない」=「なし(梨)」=「解除コードは、ない。爆発する」ということです。
全員撤退の指示が出て残りの人員も避難しますが、銭形警部は足を痛めた少年を見つけ、助けました。爆発ぎりぎりで少年を背負ってプラネタリウムから脱出します。
爆弾を作った犯人が渕上と聞き、倉庫で爆死したと聞いた銭形警部は「それはMr.クエスチョンではない。電話で話した相手とは違う。刑事の勘だ」と言います。

【結】- ドラマ銭形警部のあらすじ4

警視庁公安部の阿部貴広が、城ヶ崎管理官に情報をもたらしました。証券会社から取り寄せた資料を渡します。
今回爆発のあった3つの建物は、すべて新斗(しんと)グループのものでした。
そして…株の空売りによって、莫大な利益をあげた者がいるのです。証券会社からの告発が、城ヶ崎管理官に渡した資料でした。
空売りとは証券会社から金を借りて売っておき、それが値下がりした時にまた買い戻すという手段です。銭形警部は理解できませんが、まあとにかくそれで儲けた人物がいるのです。
それは、いくつもの関連企業を抱えるオズ・グローバルインクのCEO(最高経営責任者)・小津勇一でした。
小津は遺伝子組み換え事業やロケット工学など、常に新しい分野に切り込んでいく、業界の革命児とも呼ばれている男です。
ところがトウモロコシの遺伝子組み換え事業の失敗で、多額の損失を出していました。
今回の株の空売りで小津が手に入れた利益は20億円で、事業失敗の補填の可能性があります。
但し証拠がありません。
城ヶ崎管理官は小津の任意同行をかけますが、強制ではないために小津に断られました。
小津は3~5年くらいシンガポールへ行って、そちらでビジネスを展開すると答えます。要は高飛びです。
夏希は警視庁に戻りますが、銭形警部と国木田はパトカーを借りて、渕上が死んだ倉庫に証拠を探しに行きました。
証拠がないとあきらめる夏希に対し、銭形警部は「俺はあきらめんぞ。地の果てまでも悪党を追いかけてやる」と言います。夏希は心を打たれ、自分も何かできないかと考えました。
倉庫へ行った銭形警部は、渕上の飼い猫が生きているのを見つけます。その首輪につけられたSDメモリーカードを回収しました。
銭形警部と国木田は、成田国際空港へ急行します。

成田国際空港では、小津が満足げな顔で渕上容疑者死亡の街頭ニュースを見ていました。そこへ、銭形警部が「Mr.クエスチョン」と声をかけます。
小津が「警察への復讐のためと言葉巧みに渕上をそそのかして手を組み、爆弾を作らせて口封じのために殺した」ことを銭形警部は指摘します。
小津はしらばっくれますが、証拠の音声テープを銭形警部は聞かせました。SDメモリーカードに入っていたものです。
渕上は最初の取引の時から、何か起きた時の保険か、事件後に脅迫しようと考えたのか、すべての会話を録音していました。そして猫の首輪に隠していたのです。
証拠を突きつけられた小津は、投降する振りをしてバッグを投げつけ、逃げ出しました。銭形警部と国木田は追います。
第2ターミナル駐車場に逃げた小津を国木田が見つけましたが、格闘技が苦手な国木田は、小津の持つ杖でこてんぱんにやられました。それでも小津の足を離しません。
そこへ銭形警部がやってきました。
小津はトウモロコシの遺伝子組み換え事業を、あきらめていませんでした。事業に成功すれば世界中の飢餓問題を解決できると言い、その研究を再開することの方が何万人もの命を救えてすばらしいことだと告げます。
ところが銭形警部は小津を否定しました。
「お前は、たとえ犯罪者とはいえ、1人の人間を殺めたんだ。そんな輩に命を語る資格はない。命ってのはな、もっととんでもなく重いもんだ」
小津は「もっと物事を大局的に見ろ」と言いますが、銭形警部は認めませんでした。
銭形警部と小津は戦います。
柔道の有段者の銭形警部に接近戦で負けると思った小津は、杖で距離を取って攻撃します。
近寄れないので技をかけられず、苦戦した銭形警部でしたが、夏希の乗った車が駐車場に乱入してきました。
その隙をついて銭形警部が近寄り、小津を一本背負いして手錠をかけました。事件は解決しました。

翌日。
出勤してきた銭形警部に、公安部の阿部が声をかけます。
「君の正義感は、俺にはまぶしすぎる。いずれ現場で相まみえるかもしれん。その時はよろしく」
そう言って阿部は立ち去りました。
有能ではあるものの、何かと熱い銭形警部を持て余す城ヶ崎管理官は、設楽と共に「どうせならCIAやFBIの試験を受けてみればどうか」と嫌味を言いますが、銭形警部相手では嫌味が通用しません。
銭形警部は「警視庁に骨をうずめる覚悟です」と熱く語ります。
そこへルパンの予告状が送られた知らせが入りました。イタリアの王家に伝わる宝石を盗むとの予告状が届いたことを知った銭形警部は、前言を翻し、日本を留守にすると宣言して去ります。
その後ろ姿を見ながら、すっかり銭形警部に心酔した国木田と夏希は「ついていきたいかも」と呟きました。

(エンドロール)連動ドラマWOWOW版『銭形警部 漆黒の犯罪ファイル』、Hulu版『銭形警部 真紅の捜査ファイル』の予告映像。

みんなの感想

ライターの感想

鈴木亮平なので、実写化されても大きくイメージが異なることはなかった。
話もスムースに進み、違和感なく最後まで見られる。
しかし…やっぱりルパン不在だと、なんかイマイチ。
ストーリー的に悪くはないんだが、よくもない。もうひとひねりほしかった。
ただし、なぞなぞというのはテレビでは、いいのかも? 視聴者も考えられるから。
そうそう、爆弾を作った犯人役・渕上は、アニメ版で銭形の声優をつとめる山寺宏一だが、手配写真が…「悪人面!」で笑った。

    謎解き得意さんの感想

    丸くて三角で四角で、赤くて緑で黄色い果物=『梨』=『ない』じゃなくて、
    『梨』=『74』で解除コードかと思ったよ。

映画の感想を投稿する