「ナイロビの蜂」のネタバレあらすじ結末

ナイロビの蜂の紹介:2005年公開。妻の死に隠された陰謀を追って、アフリカの大地を駆け巡る男の姿を描いている。レイチェル・ワイズがアカデミー賞助演女優賞を受賞した作品。ジョン・ル・カレの小説が原作。監督は「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス。音楽は「君のためなら千回でも」のアルベルト・イグレシアス。編集は「愛を読むひと」のクレア・シンプソン。主演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。

この映画を無料で観る

予告動画

ナイロビの蜂の主な出演者

ジャスティン(レイフ・ファインズ)、テッサ(レイチェル・ワイズ)、サンディ(ダニー・ヒューストン)、ペレグリン(ビル・ナイ)、アーノルド(ユベール・クンデ)、ロービア(ピート・ポスルスウェイト)

ナイロビの蜂のネタバレあらすじ

【起】- ナイロビの蜂のあらすじ1

ジャスティンは、愛する妻のテッサが医師団のアーノルドと湖に行くのを見送ります。そしてしばらくして、友人のサンディから彼女の死を聞かされます。
ジャスティンは、テッサと出会った時の事を思い出します。彼女は、イギリス外交官であるジャスティンの演説に勇気をもって、戦争に対する異議を唱えます。
二人はそれから仲良くなって結ばれます。アフリカのケニアで働くことになったジャスティンは、テッサから連れて行って欲しいと頼まれます。
夫婦となって、テッサは妊娠します。ケニアのナイロビで暮らすことになります。
ケニアでは、無料で薬が提供されていました。検査はHIVや結核かどうかを調べていました。
ジャスティンは、医師団のアーノルドとテッサが一緒に仕事をしていることから、二人の関係に関して悪い噂がメールで送られてきます。彼女を疑ってしまいます。
外務省のアフリカ局長のペレグリンが出席するパーティーでは、悪い大人達が何かを企んでいる様子です。ペレグリンとケニアの保健相や製薬会社が話し込んでいます。
テッサはスラムの病院で子供を産もうとします。しかし、死産してしまって、15歳の女の子のワンザが生んだ子供に乳をあげます。 この映画を無料で観る

【承】- ナイロビの蜂のあらすじ2

ワンザはしばらくして死亡し、弟のキオコが赤ん坊の世話をします。ワンザの死亡を医師のロービアが看取ります。
テッサは、農薬を使っているジャスティンに激怒します。その理由は農薬の製薬会社にありました。
実はテッサは、仲間達と新薬の危険性を調べていました。そのレポートを作って訴えていたのです。
その返信があった事をサンディから聞きます。しかし、そのペレグリンの返信の手紙を見せれば、サンディは職を追われることになります。
テッサは自分を好きにしていいという条件を出して、サンディに見せてもらいます。サンディは妻がいるのですが、テッサを愛していました。
テッサは日記にこの時の条件に悔います。引き出しに戻しておくように言っていましたが、テッサはそのまま持ち去ってしまいます。
そして、アーノルドとテッサは湖に行って殺されてしまいました。犯人はアーノルドと言われていましたが、彼は同時刻に拷問されて殺されているのが見つかって、無実だと分かります。
テッサの荷物が荒らされていました。ジャスティンが残っていた荷物から、サンディがテッサに書いた恋文を見つけます。見つけた事を明かさずに取って置きます。
ジャスティンは葬儀に来てくれたキオコに会いに行きます。彼に質問していると、ケニアの警察がやってきて拘束されます。サンディが助け出してくれます。

【転】- ナイロビの蜂のあらすじ3

テッサはジャスティンを守るためにも、この陰謀について隠していました。しかし、ジャスティンはテッサがやっていた事を引き継ぐことにします。
そして、パーティーに出席していた製薬会社のケニーに、レポートの事を聞きに行きます。しかし、白を切られてしまいます。
それから監視され始めたジャスティンは、旅行券を偽造されていると言われて取り上げられます。
ペレグリンと食事をすることになって、手紙について聞きます。サンディの恋文以外にも手紙があることに気づきます。
ジャスティンは、テッサの従兄で弁護士のハムと会います。テッサの残した資料がメールで送られてきていて見ることにします。彼女との思い出も残されていて、ジャスティンは見続けます。
ハムに違う名前での旅行券を手配してもらって、ジャスティンはテッサと連絡を取っていた本部に向かいます。
そこは何者かに侵入されて、臨時閉鎖になっていました。担当者から事情を聞きだします。
ペレグリン達は、製薬会社の作った新薬で巨額の富を得ようとしていました。しかし、その薬の危険性をレポートにまとめたテッサが邪魔になったのです。
薬の作り直しをすると、巨大な損失が出てしまいます。彼らはそれを恐れていたのです。

【結】- ナイロビの蜂のあらすじ4

ホテルに戻ったジャスティンでしたが、殺し屋が監視していてボコボコにされます。最後の警告を出されます。
ジャスティンは、恋文で脅してサンディに真実を話させます。サンディがペレグリンに話したら、殺し屋に話しがいってテッサが殺された事が分かります。恋文を返してやります。
その後、ケニーが銀行からの請求がきはじめて、自分だけでなくペレグリンも道連れにしようとします。ケニーは、ジャスティンに新薬で死亡した人達の墓の場所を知らせます。
ケニアに戻ったジャスティンに、友人でもありペレグリンの部下のティムがイギリスに帰るように説得してきます。ティムは癌で先が長くないこともあり、ジャスティンを救いたかったのです。
応じないジャスティンに、ティムは銃を授けます。ジャスティンは、食料を供給している飛行機に乗せてもらって、医師のロービアのいる村を訪ねます。
すると、盗賊が襲ってきて飛行機で慌てて逃げます。ロービアから、ペレグリンの返信の手紙を受け取ります。
パイロットにその手紙をハム宛てに送ってもらいます。ジャスティンは、テッサが殺された湖に向かいます。そこで自殺に見せかけて殺し屋に殺されます。
テッサとジャスティンの葬儀が教会でも開かれて、ペレグリンが立派な挨拶をします。その後、ハムがペレグリンの返信の手紙をマスコミもいる皆の前で読み上げます。
手紙には、薬について隠し通すことや、テッサやアーノルドを監視するようになどが書かれていました。ペレグリンは会場を後にします。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、夫を守るために陰謀を隠した妻の強さと、妻の意志を継いで命を懸けて陰謀を暴く夫の姿が強く描かれていると思います。
劇中、二人が愛し合った思い出が映し出されていて、ジャスティンの悲しさが伝わってきます。また、テッサの陰謀に負けない強い心も映し出されていて、ジャスティンには死なないで欲しいと思ってきます。
テッサが徒歩で帰る赤ん坊を抱えている人達を車に乗せようとする場面があります。それをジャスティンは、他の人も大勢いるから無理なんだと説得します。テッサは彼等だけなら、今救えるじゃないかと訴えます。
その後、ジャスティンは盗賊に襲われた子供を、パイロットに乗せて欲しいと頼みます。パイロットは大勢いるからできないんだと言います。テッサと同じことをしたジャスティンの姿が目に焼き付きました。
ストーリーは、アフリカで大儲けしている海外企業の陰謀を暴くといった内容です。金に目がいく悪い大人達と、非情な企業論が描かれていて、何が大切なのかを見る人達に訴えかけている作品です。
耳に残ったのは、エンドロールの音楽です。心地よい雰囲気の中、どこか悲しみを伝えてくる曲で、ずっと聞いていたくなります。
最後まで見終わって、奥深い映画で多くの人に見てもらいたい作品です。このような事が起こらない世界であって欲しいと思います。

映画の感想を投稿する

映画「ナイロビの蜂」の商品はこちら