「ナインスゲート」のネタバレあらすじ結末

ナインスゲートの紹介:1999年公開。ジョニー・デップ主演による悪魔の書「影の王国への九つの扉」の真実を探す探偵の姿を描いた作品。稀覯本を発掘することを生業とするコルソは、収集家のバルカンに仕事を依頼される。それはテルファーから買った悪魔書が本物かどうか調べてほしいといった内容だった。世界に3冊しかない悪魔書を所有者に見せてもらうコルソだったが…。

この映画を無料で観る

ナインスゲートの主な出演者

ディーン・コルソ(ジョニー・デップ)、ボリス・バルカン(フランク・ランジェラ)、リアナ・テルファー(レナ・オリン)、緑目の女性(エマニュエル・セニエ)、ケスラー男爵夫人(バーバラ・ジェフォード)、ヴィクター・ファルガス(ジャック・テイラー)

ナインスゲートのネタバレあらすじ

【起】- ナインスゲートのあらすじ1

コルソは稀覯本を発掘する仕事をしていました。今日も言葉巧みに稀覯本のドンキホーテ4冊を破格で手に入れます。古書店の友人のバーニーに自慢しにいくコルソでした。
悪魔書の収集家で有名なバルカンにコルソは呼ばれます。バルカンの講演で謎の女性と目が合います。その後、バルカンから依頼を受けます。
依頼内容は悪魔書「影の王国への九つの扉」が本物かどうか確認してほしいとのことでした。この1666年出版の悪魔書は世界に3冊しかありませんでした。著者は火刑になって本も残っていないのです。
1冊はバルカンが先日自殺したテルファーから買ったものです。他の2冊はファルガスとケスラーが所有しています。報酬が多額のため、コルソは依頼を受けます。悪魔書を見比べるため、コルソがバルカンの1冊を持って行きます。
まずコルソは元の所有者であったテルファーの家に行きます。テルファーの妻のリアナから悪魔書について聞きます。悪魔書が売られた事をその時初めて知ったリアナでした。

【承】- ナインスゲートのあらすじ2

次にテルファーに悪魔書を売ったセサニ兄弟の店に行きます。兄弟は自信をもって本物であると言います。悪魔書の中の版画にLCF(堕天使ルシファー)の署名がある事を自慢気に話します。
尾行されている事に気づいたコルソは、100万ドルはする悪魔書をバーニーに預けます。しばらくしてバーニーの様子を見に行くと、版画の絵のように吊るされて殺されていました。
危険な仕事だと感じたコルソは辞退を要求しますが、バルカンは報酬金額をあげるから続けるように言ってきます。
コルソは仕方なく、ファルガスの家に行きます。ファルガスに悪魔書を見せてもらいます。すると、LCFが書かれている場所が違うことに気づきます。また、鍵を持つ手が違うなど3箇所ずつ合計9箇所違うことに気づきます。
コルソは尾行していた女性を何度も見かけます。ついに声をかけます。その女性は講演の時に出会った女性でした。彼女は目が緑色に光る女性でした。バルカンの部下で警護してくれる女性だとコルソは思います。
朝早く緑目の女性に起こされて、ファルガスの家に行きます。するとファルガスは殺されていて、悪魔書の版画部分だけ抜き取られていました。そして悪魔書は半分以上燃やされていました。

【転】- ナインスゲートのあらすじ3

緑目の女性とコルソはケスラーの家に向かいます。悪魔書を見せてもらおうとしますが、バルカンの手の者だと知ると否や追い返されます。
バルカンに相談して秘書が昼休みに行くようにと指示をもらいます。コルソはコピーしたバルカンの悪魔書の版画を見せます。違いがある事を証明すると、ケスラーは調べることに協力してくれます。
コルソが調べていると後ろから殴られます。気絶してしまって、目が覚めるとケスラーが殺されていて、火を放たれていました。ケスラーの悪魔書は版画だけ抜かれて、燃やされてしまいます。
コルソは盗まれないために、ホテルの冷蔵庫の後ろにバルカンの悪魔書を隠していました。しかし、ホテルに帰ると盗まれていました。
犯人はリアナでした。元々この悪魔書はリアナが購入したものでした。リアナは魔女集会を開いて男達と遊んでいたのです。それを知ったテルファーは自殺をしたのです。リアナは財産狙いでテルファーと結婚していたのです。
バルカンに犯人を報告して、コルソと緑目の女性はリアナの後を追います。リアナの実家の城に行って、彼女から悪魔書を取り返そうとします。しかし、銃をつきつけられて逆にボディーガードに地下に連れて行かれます。 この映画を無料で観る

【結】- ナインスゲートのあらすじ4

隙を突いてボディーガードを倒します。魔女集会を開いているリアナの会場に忍び込みます。
すると、バルカンが押し入ってきます。リアナの持っている悪魔書を奪い返してバルカンはリアナを絞め殺します。
そして、ケスラーとバルカンが調べていた約束の場所に向かいます。コルソも後をつけますが、途中の川で立ち往生してしまいます。
喫茶店に入って、ケスラーから預かっていた約束の場所の写真を店員に見せます。場所を教えてくれて、コルソは向かいます。
コルソはリアナの銃でバルカンを脅します。しかし、銃を奪われて穴にはまってしまいます。バルカンは揃えた版画と悪魔書を使って儀式を始めます。
自らに火を放って、術が成功した事を喜ぶバルカンでした。しかし、術は失敗していてバルカンは死にます。
緑目の女性がやってきて、コルソに真実を言います。最後の版画が偽物だったのです。コルソが欲しいと言うと、車のワイパーに「セサニ兄弟」と書かれたメモを挟んで緑目の女性は消えます。
セサニ兄弟の家にいったコルソは、タンスの上から落ちてきた本物の版画を手に入れます。約束の場所に戻ったコルソは九つの扉(ナインスゲート)を開いて影の王国へ行きます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ナインスゲート」の商品はこちら