「ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼの紹介:2005年公開のアメリカ映画。ロバート・デ・ニーロと人気子役ダコタ・ファニングの共演が話題のスリラー映画。森に囲まれた邸宅を舞台に、父娘を襲う怪事件とその衝撃的な真相をスリリングに描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼの主な出演者

デイヴィッド・キャラウェイ(ロバート・デ・ニーロ)、エミリー・キャラウェイ(ダコタ・ファニング)、キャサリン(ファムケ・ヤンセン)、エリザベス・ヤング(エリザベス・シュー)、アリソン・キャラウェイ(エイミー・アービング)、ハファティ保安官(ディラン・ベイカー)

ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼのネタバレあらすじ

【起】- ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼのあらすじ1

キャラウェイ家は父・デイヴィッド、母・アリソン、娘・エミリーの3人家族でした。
しかしある日、母・アリソンが風呂場で手首を切って自殺をし、娘・エミリーがその自殺現場を見てショックを受けます。
それ以来、エミリーは心を閉ざしてしまいました。
父・デイヴィッドは心理学者でした。デイヴィッドは娘・エミリーの心の傷を癒そうと考えて、ニューヨーク郊外にある、湖のほとりの小さな町にエミリーを連れて転居します。
家は古くて大きな屋敷でした。
引っ越してしばらくすると、エミリーは想像上の友達・チャーリーと遊ぶようになります。

【承】- ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼのあらすじ2

ある日の深夜。デイヴィッドは風呂場に「彼女を殺したのはお前だ」とクレヨンで書かれた文字を見つけました。エミリーに聞くと、それを書いたのはチャーリーだと言います。
デイヴィッドは娘・エミリーの病状が悪化していると考えました。
その頃デイヴィッドは町でエリザベスという女性と知り合います。エリザベスの家には、エミリーと同じ年の頃の女の子・エイミーというエリザベスの姪がいました。
デイヴィッドはエリザベスに頼み、エミリーとエイミーを親しくなるよう努めました。
しかしエミリーは、エイミーの持ってきた人形の顔をつぶして「もう来ない方がいい。次はあなたの番かも」と脅しました。

【転】- ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼのあらすじ3

デイヴィッド宅に児童心理学者のキャサリンが訪問します。エミリーはキャサリンに「ママと同じようにならないといいね」と言います。
デイヴィッドはエリザベスと親しくなり、エリザベスはデイヴィッド宅に遊びに来るようになりました。
すると飼い猫が殺され、さらにエリザベスも窓から落ちて死にます。エミリーはそれら全てを「チャーリーがやった」と言いました。
デイヴィッドはエミリーの奇行に悩みますが、ある時、自分の荷物を整理していておかしなことに気づきます。エミリーのことを書いた日誌が白紙だったのです。
実はチャーリーは実在しました。デイヴィッドのもう1つの人格だったのです。 この映画を無料で観る

【結】- ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼのあらすじ4

妻・アリソンは浮気していて、それを知ったデイヴィッドが作りだしたもう1つの人格・チャーリーが、アリソンを自殺に見せかけて殺したのです。
隣人の通報で駆け付けた保安官を、デイヴィッドはシャベルで撲殺し、地下室に入れました。児童心理学者・キャサリンもデイヴィッドに襲われて、地下室に入れられます。
エミリーは逃げ出し、父・デイヴィッド(チャーリー)が追いますが、なんとか地下室から脱出したキャサリンが保安官の銃でデイヴィッドを射殺しました。
エミリーはキャサリンが引き取って育てます。しかし、エミリーにも父同様に、二重人格に似た症状が出現しはじめました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ」の商品はこちら

「ハイドアンドシーク 暗闇のかくれんぼ」と同じカテゴリの映画